Article square balloon green
2016-12-22

ビジネス会話・メールでよく使う「取り急ぎ」の意味とは?正しい使い方&言い換え表現

「取り急ぎ〜」という表現をよく目にするかと思います。そんな取り急ぎという言葉ですが、きちんと意味と使用法を理解しているでしょうか。ここでは取り急ぎを使う場面と、正しい使用法のポイントを紹介していきます。
経営企画・マーケティング

取り急ぎとセットの表現「お礼まで」の使い方は?

お礼まで(御礼まで)という言い方は、「取り急ぎお礼まで」といったように、「取り急ぎ」とセットで使われることの多い言葉です。

これもあまり目上の方に対して使うことは好ましくありません。

きちんとお礼をしたい場合はどのように言い換えれば良いのか。こちらも前述のとおり、「まずは」に置き換えてみると丁寧さがアップします。「まずはお礼まで」ということもできます。

取り急ぎを使う場合は「取り急ぎメールにてお礼申し上げます。」という形で使ってみると、真摯さが伝わるでしょう。

取り急ぎの意味や正しい使い方のまとめ

取り急ぎを使用する際には、急用があってどうしても十分な対応ができないことを理解していただいていることが前提になります。よってあまり毎回使うことは好ましくありませんし、目上の方には頻繁に使わないようにしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事