Article square balloon green
2017-03-23

目の疲れを劇的に取るにはうなぎ、ほうれん草、レバー他100選が良い!

お知らせその他
Large

パソコン業務の大問題!目の疲れを取るためには

「目の疲れ」と一口に言っても種類は様々。

疲れ目、かすみ目、ドライアイ、近視、老眼などなど…。

そんな数々の疲れを取るために有効な食べ物があります。
本記事では、そんな食べ物を紹介していきます。

目に良い栄養素とは

そもそも目に良いってどんな栄誉が含まれているの?と思いますよね。

アントシアニン

効能

  • 視覚情報を伝えるたんぱく質「ロドプシン」の再合成をサポート
  • 夜間の視力アップや眼精疲労の回復

豊富な食べ物
カシス・ブルーベリー

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ビタミンA

効能

  • 涙を生成するさいに重要な働きをする粘膜の形成・修復を助ける
  • ムチン層(涙の一部)の生成に働きかける

豊富な食べ物
鶏・豚・牛肉などのレバー・うなぎ・あんこうの肝など

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)

効能

  • ビタミンB1:目の周辺の筋肉の疲れを和らげる
  • ビタミンB2:目の粘膜の正常化
  • ビタミンB6:水晶体の代謝と免疫機能を高める
  • ビタミンB12:視神経の機能を正常にする

豊富な食べ物

  • B1:豚肉・玄米・うなぎ・ニンニク・ピーナッツ・ごま・大豆など
  • B2:卵・納豆・牛乳・ほうれん草・レバー・うなぎ・干しシイタケ・さばなど
  • B6:まぐろ・鶏肉・レバー・バナナ・にんにく・小麦胚芽・ピスタチオなど
  • B12:レバー・にしん・牡蠣・チーズなど

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ビタミンE

効能

  • 血行促進作用による疲れ目やドライアイの防止
  • 老眼予防

豊富な食べ物

うなぎ・いか・えび・うに・かずのこ・ツナ油漬け・かぼちゃ・ほうれんそう・さつまいも・植物オイル

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

亜鉛

効能

  • 視神経の伝達をサポート
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける

豊富な食べ物
牡蠣・豚レバー・ほや貝・牛肉(肩、ひれ)・たまごなど

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

DHA

効能

  • 網膜細胞を正常に保ち、視機能の改善を助ける。近視の改善が見られたという調査結果有り

豊富な食べ物
アジ・イワシ・うなぎ・サケ・サバ・サンマ・シシャモ・ニシン・ハモ ・マグロ・マス・めざしなど

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ルテイン

効能

  • 水晶体や網膜の酸化・紫外線によるダメージを防止
  • 目の老化が原因の白内障の予防
  • 飛蚊症、黄班変性症の予防

豊富な食べ物
ケール・ブロッコリー・ほうれんそうなど

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

リコピン

効能

  • 抗酸化作用による視機能の改善
  • ルテインとの相互作用で効果を発揮する

豊富な食べ物
トマト・すいか・ピンクグレープフルーツなど

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

カテキン

効能

  • 抗酸化作用による視機能の改善
  • 緑内障などの眼病予防

豊富な食べ物
緑茶など

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ベータカロテン

効能

  • 目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ
  • 夜盲症の軽減

豊富な食べ物
かぼちゃ・にら・にんじんなどの緑黄色野菜

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

ビタミンC

効能

  • 水晶体の酸化防止・透明度を保つ
  • 白内障の予防

豊富な食べ物
小松菜・ブロッコリー・キャベツ・さつまいも・イチゴ・カシス・キウイ・オレンジ・グレープフルーツ

引用:視力回復.jp 目に効く栄養素と食事

食べ物で目の機能を回復

こんだけ紹介されても何が結局目に良いのかわからない!という方向けに、以上の情報をまとめて目に良い栄養素が多く含まれている順に紹介します。

うなぎ

実はうなぎはたくさんの栄養素を含んでいるんです!おそるべし高級食材…。
うなぎが含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンA:ドライアイ、夜盲症
  • ビタミンB1:目の周辺の筋肉のコリを緩和する
  • ビタミンB2:目の粘膜のを正常に機能させる
  • ビタミンE:老眼・疲れ目・ドライアイの防止、目の血行促進
  • DHA:ドライアイ・疲れ目予防・視力改善

ドライアイや疲れ目を改善してくれるのが嬉しいですね。

ほうれん草

目に良い栄養素を含むおすすめ野菜ナンバーワンはほうれん草です。
ほうれん草が含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンA:ドライアイ、夜盲症
  • ビタミンB2:目の粘膜のを正常に機能させる
  • ビタミンC:疲れ目・充血予防、白内障の予防、水晶体の酸化の防止、水晶体の透明度の維持
  • ビタミンE:老眼・疲れ目・ドライアイの防止、目の血行促進
  • ルテイン:疲れ目・老眼・近視・ドライアイの防止、目の水晶体や網膜を酸化から守る

ドライアイ・疲れ目・充血・近視・老眼など、目の疲れの原因となる要素をほとんど防いで、目の機能を改善してくれるようです。

かぼちゃ

目に良い栄養素を多く含むおすすめ野菜ナンバーツーはかぼちゃです。
かぼちゃが含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンA:ドライアイ・夜盲症
  • ビタミンC:疲れ目・充血予防・白内障の予防・水晶体の酸化の防止・水晶体の透明度の維持
  • ビタミンE:老眼・疲れ目・ドライアイの防止・目の血行促進
  • ベータカロテン:目の細胞や粘膜の新陳代謝を維持

かぼちゃも目の機能を全般的に改善してくれます。

ブロッコリー

目に良い栄養素を多く含むおすすめ野菜ナンバースリーはブロッコリーです。
姿はまるで凝縮された森のようだ…。そんなブロッコリーが含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンA:ドライアイ、夜盲症
  • ビタミンC:疲れ目・充血予防、白内障の予防、水晶体の酸化の防止、水晶体の- 透明度の維持
  • ルテイン:疲れ目・老眼・近視・ドライアイの防止、目の水晶体や網膜を酸化から守る

こちらもドライアイや疲れ目を防ぐビタミンA・Cやルテインが含まれています。

レバー

紹介した中ではレバーも多くの栄養素が含まれていました。
含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンA:ドライアイ、夜盲症
  • ビタミンB2:目の粘膜のを正常に機能させる
  • ビタミンB6:水晶体の代謝と免疫機能を高める
  • ビタミンB12:視神経の機能を正常に機能させる

人によってはニガテかもしれないのであまりおすすめはできません。私も少しニガテなので、積極的に食べるのは難しいですね。

玄米

紹介した中で他に栄養素が多く含まれていたのは玄米です。
玄米が含んでいる栄養素とその効果は以下の通りです。

  • ビタミンB1:目の周辺の筋肉のコリを緩和する
  • セレン:ビタミンEと一緒に取ることで、活性酸素から目の細胞を守る
  • マグネシウム:眼球の血液循環を一定に保ち、網膜の色素を守る

玄米は身体に良い!みたいなことをよく耳にしますが、何に良いかは知りませんでした。まさか目に良いとまでは思わなかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

紹介した中で普段食べているものはありましたか?何気なく食べている物でも実は目にいい食べ物はいっぱいあります。
私が普段食べている中だとマグロが一番の驚きでした。これだけあれば1つくらいは好きな食べ物があると思うので、意識して摂取してみてはどうでしょうか。

Article whitepaper bgS3 0
その他
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事