Article square balloon green
2017-04-24

マイルを貯めるのにおすすめの法人カード

今回の記事では、マイルを貯めるのにおすすめの法人カードについて、基礎から、比較する点までをまとめました。この記事が少しでも読んでくださった皆様のお役に立てれば幸いです。
法人カード一般カード
Large

はじめに

今回の記事では、マイルを貯めるのにおすすめの法人カードについて、基礎から、比較する点までをまとめました。
この記事が少しでも読んでくださった皆様のお役に立てれば幸いです。

マイルとマイレージについて

マイルとマイレージの基礎知識

まず、基本的なことですがマイレージとマイルについてです。

マイレージ:航空会社のポイントプログラムのこと

マイル:ポイントプログラムで貯まるポイントのこと

この航空会社のマイレージ(ポイントプログラム)ですが、航空会社ごとに運営しています。国内では、メジャーキャリアであるANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)が、それぞれANAマイル=(ANAマイレージクラブとJALマイル=(JALマイレージバンク)です。その他のLCC(格安航空会社)では、基本マイルを貯めることはできないので注意が必要です。

また、日本以外の外資系航空会社にもマイル制度があります。有名どころですと、デルタ航空やユナイテッド航空、シンガポール航空などです。日本の航空会社では、マイルに利用期限が設けてありますが、海外のマイル制度には、ポイント加算が一定期間内にあれば、利用期限も延長されるところが多く、実質無期限でマイルを貯めることができます。海外の航空会社の利用が多ければ、外資系航空会社も考えてみたほうが良いかもしれません。

貯まったマイルの使い方は、国内線・国際線の航空券に無料で交換出来たり、座席のアップグレード、電子マネーや特典との交換に利用できます。マイルは航空券に交換するのが一番ベストだと思われます。航空機利用でしたら、年に数回搭乗すれば、最低でも国内中距離なら無旅券と交換できるでしょう。

マイルの貯め方

飛行機に搭乗して貯める

当たり前ですが、マイルは航空機に搭乗することで貯まります。マイレージでは、ファーストクラスなどの上位のグレードが貯まりやすい訳ではなく、距離や頻度に応じたほうがマイルが貯まります。出張時に航空機を利用するのであれば、ぜひとも利用したほうが良いですね。

カード利用で貯める

クレジットカードで支払いをすることで、マイルが貯まる法人カードなら、マイルを貯まることができます。法人カード毎に、その機能が無かったり、制限があったり。マイルを貯めれる場合も、100円ごと・1000円ごとの様に変わってくるので、きちんと確認しておきましょう。また、提携先のホテル宿泊などでもマイルが貯まるサービスもあります。

カードポイントをマイルに交換する

法人カード利用でポイントが貯まるカードがありますが、そのポイントをマイルに移行するといったマイルの貯め方があります。そこでも移行レートがカードごとに異なります。その差は長期でみると非常に大きく異なりますので、注意して確認する点の一つです。

マイルを貯めるのにおすすめする法人カード

上記のことを踏まえて、おすすめする法人カードです。それぞれ特徴が異なります。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

お申し込み対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費 本会員 税抜1,250円+税
パートナー会員1名につき 税抜400円+税
初年度年会費無料
カード利用枠 10万円~80万円
キャッシングリボ 0~50万円 利率(実質年率)15.0% ※個人事業主の方のみ
海外キャッシュサービス 0~50万円 利率(実質年率)18.0% ※個人事業主の方のみ
旅行傷害保険 海外旅行のみ 最高2,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで ※海外でのご利用のみ対象
追加カード・電子マネー ETC、iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAON
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
決済口座 (法人代表者の方)法人口座、もしくはお申し込みご本人の個人名義口座
(個人事業主の方)お申し込みご本人の個人名義口座、もしくは個人事業主(屋号)名口座

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」は、満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。三井住友ビジネスカード for Ownersは他のビジネスカードとは異なり、電子マネーがご利用可能になっています。また、「ワールドプレゼント」にて、カードを利用するごとに貯まるポイントをマイレージに移行することができます。

UC法人カード ゴールドカード

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 10,000円
カード利用枠 50~500万円
メンバー会員 2,000円
キャッシング機能 なし
ETC あり
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 5,000万円
国内旅行傷害保険 5,000万円
ショッピング補償 ショッピング補償保険 年間300万円まで
他のワード 法人または個人事業主
空港ラウンジサービス あり
国際ブランド VISA / MasterCard
ポイント制度 永久不滅ポイント

UC法人カード ゴールド」も、法人または個人事業主向けの法人カードになります。「UC法人カード 一般」との違いはカード利用枠の増加といくつかの保険・保障が受けられる点です。保険・保障は外部要因による損失を防ぎたい企業視点では法人カード導入の重要なポイントになります。傷害保険では5,000万円もの保障を受けられるので、万が一のときも安心です。ポイントをマイルに替えることももちろん可能です。

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay

お申し込み対象 法人代表者 
年会費 初年度無料 / 次年度以降2,000円(税別)
カード利用枠 10万円~300万円
メンバー会員 年会費無料 (最大3枚)
キャッシング機能 なし
ETC あり(年会費無料)
ポイント制度 暮らスマイル(オリコカードのポイントサービス)
国際ブランド Visa / MasterCard
電子マネー iD と QUICPay の電子マネーを搭載

EX Gold for Biz iD×QUICPay(エグゼクティブ ゴールドフォービズ アイディ クイックペイ)」は、支払いが早くて便利なiD(アイディ)とQUICPay(クイックペイ)の2種類の電子マネーを搭載しています。カードをかざすだけで支払が完了する、便利でスピーディーな決済が可能です。
他にも、経費精算・管理に役立つサービスや、付帯保険なども付いています。マイル移行手数料も無料です。詳しくは下の詳細をご覧ください。

ライフカードビジネス

お申し込み対象   法人  
年会費   永久無料
カード利用枠   10~500万円(500万円超の限度額設定のご相談も承ります。)
メンバー会員   使用者カード発行上限なし
キャッシング機能   なし
ETC   発行可(無料)
旅行傷害保険   なし
空港ラウンジサービス   なし
ポイント制度   なし

ライフカードビジネス」で特に注目すべき特徴は、年会費が永久無料という点です。経費の見える化や一本化、業務負担の軽減、無駄な経費削減を可能にする法人カードですが、年会費が高いのは避けたいと考えて躊躇していた方には、大変魅力的な法人カードだと思います。また、ライフカードビジネスには経費削減や業務効率に役立つサービスが他にもあります。「LIFEサンクスプレゼント」で貯めたポイントはANAマイレージクラブのマイルへ移行が可能です。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

ANAカード法人一般カード

  • お申し込み対象:  法人または個人事業主
  • 年会費:  JCB : 2,250円(税抜) 
  • メンバー会員:  750円(税別)
  • 国際ブランド:  Visa / MasterCard / JCB

<特徴>
ANAカード法人一般カード(JCB)です。他の国際ブランドもありますが、JCBでは利用の際にもOki Dokiポイントが貯まります。貯まったポイントはマイルへの移行が可能です。もちろんANAカードとしても、搭乗時や提携先でもマイルを貯めることが可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • お申し込み対象:  法人または個人事業主
  • 年会費:  通常年会費20,000円(税抜)  年間200万円以上利用で次年度年会費を10,000円(税抜)に優遇
  • 国際ブランド:  AMERICAN EXPRESS 

<特徴>
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイルを貯める際に非常に便利なカードです。マイルと同時に永久不滅ポイントも貯まりますし、JALマイル還元率は、JAL公式に匹敵、もしくは超えるほどと言えます。さらに、このプラチナカードでは「SAISON MILE CLUB」の年会費もかかりません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

  • お申し込み対象:  個人事業主
  • 年会費:  12,000円税別
  • 国際ブランド:  AMERICAN EXPRESS 

<特徴>
アメリカン・エキスプレス・カードで貯まるポイントも、マイルへの移行が可能です。さらに、ポイントには期限が設けられていないので必要な時にマイルへ移行することができます。これは期限が設けられている国内のマイレージより便利です。
さらに、アメックスカードでは、ポイントを国内・海外のあらゆる航空会社のマイルに移行できるので、特定の航空会社を必ず利用する必要がないのもメリットです。

マイル法人カードの比較

ANA

カードデザイン カード名称 年会費(本会員) 国際ブランド
ANAカード法人一般カード JCB:2,250円(税抜)
VISA・MasterCard:2,750円(税抜)
ANA法人ダイナースクラブコーポレートカード 20,000円(税抜)
ANA法人ワイドカード JCB:11,750円(税抜)
/VISA・MasterCard:12,250円(税抜)
ANA法人ワイドゴールドカード 19,000円(税抜)

JAL

カードデザイン カード名称 年会費(本会員) 国際ブランド
JAL法人カード CLUB-Aカード 10,800円
JAL法人カード 普通カード 2,160円

法人カードで貯まったマイルの所有権

法人カードで貯まったポイントやマイルは、一体誰のものとなるのでしょうか。個人事業主で利用する際はあまり問題になりませんが、法人の場合はそうはいきません。
しかし、この点に関しては今のところ、税法上やそのほか適切なルールが設けられておらず、非常に曖昧です。ですのでまずは法人利用の場合、企業ごとに規則があるはずなので、そのルールをきちんと守ることが重要です。法人カード利用が始まる前にきちんと確認しておくと良いでしょう。

マイルを貯めるのにおすすめの法人カードのまとめ

いかがでしたか。マイルを貯める方法も様々で効率的に貯めるためには、カード選びも事前にしっかりと準備しなければなりません。また、法人カードを持つことで事業の効率化や無駄なコスト・労力・時間の削減に繋がると言った、本来のメリットも考慮してベストな法人カードを選んでください。

この他にも、カードの種類、発行会社ごとなと様々な観点から記事を書いています。ぜひ他の記事も読んでみてください。

その他の法人カード・ビジネスカードの記事 

アメリカンエキスプレス(Amex/アメックス)法人カード/ビジネスカードまとめ | ボクシルマガジン
アメリカンエキスプレス(Amex/アメックス)の法人カード・ビジネスカードとはアメリカンエキスプレス(Americ...
三井住友のコーポレートカード/ビジネスカード/法人カードのまとめ | ボクシルマガジン
三井住友のコーポレートカード/ビジネスカード/法人カードを各特徴にフォーカスを当てて紹介します。※本記事は2017...
UCコーポレートカード/UC法人カード(一般カード/ゴールドカード)まとめ | ボクシルマガジン
UCコーポレートカード/UC法人カードについて法人カードは社内でのやりとりを簡略化したり、余計な経費を削減したりで...
オリコ(orico)の法人カード・ビジネスカードを全種徹底比較! | ボクシルマガジン
オリコ(orico)の法人カード・ビジネスカードとは今回の記事では、株式会社オリエントコーポレーション(通称オリコ...
ライフカードビジネス(法人カード/コーポレートカード)まとめ | ボクシルマガジン
ライフカードビジネス(法人カード/コーポレートカード)について無駄な経費削減や、事務処理の軽減、効率的な資金運用を...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事