Article square balloon green

販売管理システムでできること | 導入のポイントまとめ・サービス

販売管理についてお困りの方、システム導入を検討している方必見。販売管理にはどんな課題があり、それをシステムがどう解決するのか実例をもとに紹介!システム導入の際、気を付けるポイントも紹介してますので是非ご覧ください!初回公開日:17/04/23
ECサイト販売管理システム
Large

販売管理は効率化できる?

ここ数年どうも販売管理の事務に時間がとられてきた、事務作業が煩雑になってきたという方、いらっしゃいませんか?そのような方必見!今回の記事では、販売管理システムの導入にどのようなメリットがあり、導入にあたってどこに注意しなければならないかを詳しく解説します。

そもそも販売管理とは?という方、販売管理についてより詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

販売管理とは | 役立つ知識・目的・メリットまとめ | ボクシルマガジン
「販売管理とは」知っているようで知らない販売管理の目的を解説。そもそも何のために「販売管理」をする必要があるのか、...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
販売管理システムのサービス資料を無料DL

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
販売管理システムのサービス資料を無料DL

1. 販売管理システムとは?導入で何が変わるの?

販売管理にこんな問題抱えていませんか?販売管理についての課題をピックアップしました。

人的入力による人為ミス

販売管理では、その過程において商品やサービス、顧客、数量、受注日から納品日、請求金額と請求日、代金回収などの多くの情報が発生します。これらの情報入力をエクセルや売上台帳などで管理している場合、販売管理では人為的なミスが発生しやすい状況になります。 

また、入力作業の時間も短縮することが難しく、業務効率向上はなかなか期待できず、結果としてコストが削減できない状態となっていることが多いです。

見積書や請求書などの書類やタイミングが取引先ごとに違う

多くの会社はどのような見積書や請求書フォーマットでも受け取るということはなく、会社が大きくなればなるほど、フォーマットを自社独自のもので指定されることが多くなります。この場合、取引先ごとに書類のフォーマットを管理しなければならず、このフォーマットを管理するだけでも業務は非常に煩雑になってしまいます。

また、見積書や請求書を出すタイミングや、支払いタイミングも各社で異なるので、手間や請求ミスなどが生じる可能性が出てきます。

案件ごとの管理ができない(受注生産や特注品)

受注生産や特注品の生産では、一般商品の受注に比べ、受注から出荷までの作業にいくつもの業務が加わります。

一般商品では「受注→在庫確認→出荷」という流れであるのに対して、受注生産や特注生産では「受注→仕様確定→サンプル作成→生産→出荷」となり、業務が多くなるとともに、受注から出荷までの期間も長くなるため、それぞれの業務の間で管理を行うことが難しくなります。

販売チャネルがバラバラで一元管理できない

販売チャネルが代理店、直営店、ネットショップなどがあると、リアルタイムでの販売管理が難しく、受注が集中する繁忙期などにおいては、在庫が足りなくなってしまったり、売上データのリアルタイム集計などが難しいという問題があります。

顧客データがバラバラで活用できない

販売管理における請求から入金までの情報がバラバラで一元化されていないため、各業務において前工程の部門に確認しなければならないことがあったり、重複して業務を行ってしまうなど部門間の確認業務が煩雑になりがちです。

また顧客データの一元管理ができていないため、販売に係わったデータの蓄積や分析が行えません。その結果、この時期にはある顧客から一定ボリュームの受注がありそうだといった受注予測や販売予測を立てることが難しくなり、効率的な人員、人件費、設備へのコスト投入を行えません。

2. そのお悩み販売管理システム導入によって解決できます!

それでは、上記のような問題が、販売管理システムを導入することによってどのように変わるのでしょうか?早速見てみましょう。

販売管理システムによる自動管理で入力ミス削減

販売管理システムにより、商品名やその商品コード、販売価格、原価、在庫状況などを登録することで、人がかかわる業務を削減し、日々の入力業務を効率化。また、人がかかわる業務が削減されることで、人為的なうっかりミスに起因するトラブルが少なくなります。

見積書や請求書などの書類を管理

販売管理システムにより、取引先ごとの見積書や請求書フォーマットの登録が可能です。取引先を入力することで、販売管理システムから見積書や請求書を選択可能。請求締切ごとにまとめて請求書を発行することもでき、取引先に異なるフォーマットでの見積書や請求書を送付するミスや請求漏れも防止できます。

案件ごとの販売管理が可能

販売管理システムにより、案件単位で見積・請求・仕入などの各情報を登録し、案件情報を一元管理可能です。

販売チャネルの一元管理が可能

販売管理システムでは、販売チャネルが多数ある場合にもリアルタイムでの一元管理ができ、各店舗での売上が自動集計されます。また、受注状況もリアルタイムで反映されるため、在庫があると考えて受注したところ受注が集中し、在庫切れを起こしてしまうことも防げます。

顧客データの自動蓄積と可視化

販売管理システムの導入で、請求から入金までの情報が一元管理できるため、各業務において前工程・後工程の部門との連携がシステムを介して容易になります。

また顧客データを蓄積するため、分析が容易になり、受注予測や販売予測を立てられ、効率的な人員、人件費、設備へのコスト投入を行うことが可能になります。


販売管理の流れはこちらの記事も参考にしてみください。

販売管理の流れを受注から在庫管理まで詳しく解説 | 目的・ポイント | ボクシルマガジン
一口に販売管理といってもその流れはかなり細かいところまで分けることが出来ます。販売管理を行っている方、ぜひ一度どん...

3. 実際どれくらいの効果があるの?

システム導入によってさまざまな課題が解決できることはわかりましたが、それではどのくらい改善されるのでしょうか。実際に見てみましょう。

「本部の担当者は、商品入力に丸1日かかることもあった。過剰在庫や機会ロス、入力ミスも発生しやすかった」

〜システム導入後↓〜

「以前は店が増えるごとに処理する伝票量が増えて悲鳴を上げていたが、システムの導入によって負担が減り、店舗が増えても同じ人員数で対応できるようになった」 とのこともあるそうです。
引用 Aladdin office

4. 製造業での販売管理システム

製造業では、自社で製造した製品を販売する形態が多いため、販売管理に加え、購買管理、製造管理、工程管理を行う必要があります。

  • 購買管理
    製品を製造するための原料や部品などの購入・管理
  • 製造管理
    受注予測・計画から製造計画を行い受注に対しての納期を返答
  • 工程管理
    製造された製品の在庫管理やその品質の管理

販売管理システムでは、これらの製造管理・工程管理と連携させることが必要となります。販売管理システムで蓄積された受注データをもとに、製造管理で受注予測、計画を立てることにもなります。また製造管理からあがってきた納期に対する返答をもとに、顧客に対して納品期限を伝えられます。

製造業での販売管理システムで気をつけたいポイント

製造業において、販売管理システムを選ぶ際に注目するべきポイントは、販売管理と製造管理の連携がどれだけできるかです。販売管理によって受発注量を把握、分析し、不足なくかといって製造しすぎることない製造計画がリアルタイムで構築できることが重要です。

製造業では、急な受注によって製造現場に残業をさせて製造していては、当初の販売管理システムで打ち出した原価以上にコストがかかってしまうことになりかねません。

そこで、販売管理システムが製造管理と直結するものであると、在庫・受注数・受注予測・製造管理という流れがスムーズに流れていくこととなります。
それゆえ、製造業者が販売管理システムを導入する際には、販売管理システムによって、自社の製造工程をどれだけ正確に詳細に把握できるのかという点がポイントになります。

5. 小売業・卸売業での販売管理システム

小売業・卸売業では、製造業と異なり、生産管理システム工程管理システムはありません。小売業・卸売業では販売する商品を管理する販売管理とその商品を仕入れる購買管理になります。商品の仕入れとその販売は裏表の関係となりますので、販売管理システムでは購買管理との連携が重要となります。

小売業での販売管理システムで気をつけたいポイント

小売業において、販売管理システムを選ぶ際に注目するべきポイントは、販売管理と販売チャネルとの連携がどれだけできるかです。

小売業では業態の性質上、多数の店舗の日々の売上と売上計画との差異や受発注の状況を把握することで、より正確な売上計画と人員配置を行えるのです。それゆえ、小売業者が販売管理システムを導入する際には、販売管理システムによって、自社の多数ある販売チャネルとの連携がリアルタイムにできるかという点がポイントになります。

卸売業での販売管理システムで気をつけたいポイント

卸売業において、販売管理システムを選ぶ際に注目するべきポイントは,
販売管理と在庫管理・品質管理がどれだけできるかです。卸売業では商品の消費期限や有効期限がしっかりと管理できることが重要となります。

それゆえ、卸売業者が販売管理システムを導入する際には、販売管理システムによって、在庫管理・品質管理までが十分にできるかという点がポイントになります。

販売管理システム導入にあたっての他のポイントや具体的なシステムの比較を知りたい方はこちらからどうぞ。

販売管理ソフト比較 | 導入前に比較すべき5つのポイント | ボクシルマガジン
販売管理システムを検討中の方に、販売管理ソフトの選び方や比較のポイントを解説します。クラウド型は導入が簡単で初期費...

6. おすすめ販売管理システムを紹介

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
販売管理システムのサービス資料を無料DL

アラジンオフィス(販売管理システム)

  • あらゆる業種・業態に対応
  • 柔軟なカスタマイズ性
  • 各種ソリューションとシームレスに連携

アラジンオフィスは、導入実績5,000社以上、あらゆる業種・業態・ビジネス戦略にフィットする販売管理パッケージです。

基本パッケージを元に自社の業種や業態にフィットさせるイージーオーダーパッケージになっており、最低限の必要な機能だけカスタマイズして追加できるのでコストも抑えられます。Webとリアル全領域をカバーする独自の「CROSS-OVERソリューション」の各種ソリューションとシームレスな連携が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
アラジンオフィス(販売管理システム)の資料を無料DL

Odoo

  • 海外で5万社の導入実績
  • 販売・購買・製造・在庫管理のすべてが可能
  • 78の言語・169の通貨に対応でグローバルでも安心

Odooは、海外で5万社以上の導入実績を誇り、78の言語・169の通貨に対応しているクラウドERPです。グローバル対応のため、導入・運用において内部統制や一元管理が実現できます。また、45もの機能を標準搭載しており、必要に応じて機能を追加することもできるため、自社にマッチしたERPにすることが可能です。新機能も日々開発されています。

収益管理クラウド「uconnect」

  • 管理会計機能が標準搭載
  • 経理業務の効率化とリアルタイム収益管理
  • いつでもどこでもアクセス可能

uconnectは、業務で使用する各帳票の発行と販売管理ができるシステムです。収益管理機能や、現金の収支予定が一目でわかる資金繰り表の作成などの管理会計機能を標準で搭載しているため、さまざまな用途で利用可能です。

繰り返し入力・部門間の確認作業等にかかる作業時間を削減し、経理業務を効率化。登録した売上・原価等の情報は自動的に集計されるので、収益をリアルタイムに把握できます。

複数のPCやスマホから使用可能で、外出先での急な問い合わせにもすぐに対応を可能にします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
uconnectの資料を無料DL

iDempiere(アイデンピエレ)

  • 低コスト経営ができるERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「販売管理」だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。オープンソースのためライセンス費用は無料になり、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるのもポイントです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiereの資料を無料DL

弥生販売ソフト

複数のPCからの同時にデータ入力や確認ができ、複数店舗での売上入力などがある小売業に向いています。店舗ごとの売上データなどもリアルタイムに更新可能で、販売・仕入・在庫データを一元管理できます。

販売管理システムの選び方ガイド

販売管理システム選定のポイントとしては、

  • 販売チャネルの統一
  • 販売管理業務のミスを減少

などが挙げられるます。

販売管理システムの選び方ガイドでは、選ぶ際のポイントだけでなく、導入のメリット・デメリット、導入の事例などの情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽商

販売管理・在庫管理に特化し、多くの業種・業態に合わせたカスタマイズも可能。営業支援機能で商品画像付きの商品カタログが発行でき、新商品の案内などに使用できます。また、オプション機能が充実しており、見積管理、受注管理、ロット管理、CRM(顧客管理)、発注管理の追加ができます。

Exequint

受注・売上・発注・仕入、在庫、債権・債務管理が基本機能としてついており、受注、納品・在庫管理が必要な製造業や商社にも対応可能な販売管理ソフトです。品種別、寸法別の「ロット別在庫管理」、金属製品製造業などで重宝する「重量計算」が可能など製造業向きのソフトです。

販売大臣NX

見積伝票から仕入・売上伝票への情報連携など伝票入力を省力化でき、多数の伝票を起票する必要のある業種には非常に助かるソフトです。自社独自の請求書や、取引先の要求するフォーマットでの伝票が必要となる場合の帳票のレイアウトが自由に設定可能です。柔軟性・拡張性があり、さまざまな業種で使用できます。

GLOVIA きらら

販売管理機能に加え、在庫精度向上のため適正在庫支援機能、原価・利益管理機能がついています。業種の商慣習などにあわせ、電気機械器具の卸売業向けの受発注紐付けができるモデルや、製造管理機能を搭載した製造業向けのモデルもあります。

販売王18

画面を見るだけで直感的に操作が可能です。売上伝票、仕入伝票を入力することで売掛管理、買掛管理から在庫管理までできる販売・仕入・在庫管理ソフト。銀行明細から自動で入金伝票を作成可能なので、多数の入金データがある卸売業では、入金伝票作成の手間が大幅に省けます。

7. 販売管理はシステムを導入するべし!

今回解説させていただいたように販売管理システムを導入することによって、抱えている問題を解決することや生産性向上・コストダウンを行うことが可能となります。

とはいえ、販売管理システムはお金がかかるものであり、また、システムの導入に当たっては現場で行っていた今までのやり方を抜本的に見直すことが必要となります。しかし、実際にシステムを導入することで大きく売り上げを伸ばした企業も数多くあることも事実です。

販売の管理責任者や会社の経営者、システム導入検討担当者の方は、ぜひしっかりとメリットと注意点を検討いただき、最適なシステム導入を行ってください!

そして、この記事が少しでも、その手助けができたならば幸いです。

販売管理システムの紹介はこちらから。

販売管理ソフトまとめ | サービス導入検討中の方必見【無料&有料】 | ボクシルマガジン
販売管理システムの導入検討者必見。さまざまなソフトがありますので、ご自身の販売管理を最も効率化してくれるソフトを見...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
販売管理システム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事