Article square balloon green
2017-04-25
会員限定記事

生産管理システムとは?定義や役割・仕事内容まで徹底解説!

生産管理とは?の定義から、管理すべき項目、生産方式ごとのポイント、仕事の一連の流れからおすすめのツールまでご紹介します!
ECサイト生産管理システム
Large

1. 知っておくべき生産管理の全て!生産管理とは?

生産管理は製造業にとって重要な業務の一つです。
生産管理はモノを生産、つまり製造する部分だけの管理のように思われがちですが、原料の仕入れから製造・販売まで広範囲にわたって管理する業務であり、特定のスキルが必要です。

そもそも生産管理とは何を指すのか、具体的にどのような仕事内容なのか、おススメのツールとしてはどんなものがあるのか、どんな資格が必要なのかについて、徹底解説します。

生産管理とは?

生産管理とは、モノを作って売る製造業の中心部分となる一連の流れを無駄がないように効率よく進めるために管理することを指します。
生産管理にて管理しなければならない項目には、以下のものがあります。

  • 生産計画
  • 原材料や資材の購買
  • 生産工程
  • 過不足を出さない在庫
  • 不良品を出さない品質
  • 原価
  • 納期

必要なものを必要な数量、必要な時に納品できるように完成させることが生産管理部門の重要な役割であり、生産管理の目的となります。

生産方式の違いによる生産管理のポイント

生産方式には大きく分けて4種類あります。それぞれの生産方式により特に注意して管理すべきポイントが異なります。

【ライン生産方式】
製品を組み立てながら製造するもので、ベルトコンベアによる流れ作業になります。
生産管理においては、製造する製品の数を中心とした全体の流れを管理する必要があります。流れのどこかで不具合が生じると全てがストップしてしまうからです。またあるステップでの品質の低下が次のステップの品質低下にもつながり、不良品の発生すると取り返しがつかない為、品質管理が重要です。

【セル生産方式】
ライン生産方式のような流れ作業ではなく、一人又は複数の作業者が最初から最後まですべての作業を行う方式です。この場合は製造する製品の数ではなく、納期や生産量に応じて作業員の数を管理する必要があります。

【ロット式生産方式】
製造する製品の種類が多い場合、複数の種類の製品を並行して製造するのではなく、一定数量の製品を順番に生産していくものです。少ない作業員や機材をうまく回していく必要がありますから、使う機材や作業員の計画や、一度にどれだけの量を生産しておくかの計画が重要となります。

【個別生産方式】
注文に応じて生産する、オーダーメードの生産方式です。
いつどのくらいの注文が入るかがわからないため、フレキシブルに対応出来る生産計画と管理が必要です。また受けた注文の確実な納期をすぐにお客様に伝えられるように、現在の全体の生産状況を正確に把握しておく必要もあります。

Article whitepaper bgS3 0
生産管理システム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事