コピー完了

記事TOP

ETLとは?BIやDWHとの違い、機能 | 基礎から図解

最終更新日:
ETLとは、バラバラな情報を整理しDWHに格納する処理を指します。ETLの意味、BIやDWHとの違い、ETLの機能について解説。少しでも不安に感じる方は必読です。

次の記事では、troccoReckonerなどの代表的なETLツールを比較しています。具体的なETLツールの事例を知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

ETLとは

ETLとは、雑種多様な情報(Data source)をDWHにまとめる処理のことです。ETLの略は「抽出(Extract)」「変換(Transform)」「書き出し(Load)」を順にこなすことに由来します。また、データがまとめられる倉庫をデータウェアハウス(DWH)と呼びます。

Data sourceがETLによってDWHへ保存される

たとえば、販売管理システム顧客管理システムからデータを取り出し、加工しやすい状態に変換、DWHに保管するのがETLの役割です。

ETLとDWH、BI、EAIとの違い

ETLと混同されやすいDWHやBI、EAIについて説明します。

ETLとDWH

ETLを通じて適切な形の情報を保存する倉庫がDWHです。DWHには目的別にデータが整然と並べられており、その後BIをはじめとした分析ツールにて利用されます。営業やマーケティングで活用するために情報を整理しているのがDWH、保存するのがDWHです。

取り扱わなければならない情報が飛躍的に増加している現代において、必要な情報を迅速に集めるために、多くの企業でDWHが積極的に活用されています。

ETLとBI

ETLとBIの違いは、データを処理する段階にあります。雑多なデータを整理されたデータへ変換しDWHに保存するのがETL、DWHに保管されているデータを用いて分析するのがBIです。

ETLとBIはどちらもデータを取り扱うという点では同じものの、ETLはデータを整える役割、BIはデータを分析する役割をもつという点において別の機能を所有しているといえます。

ETLとEAI

EAI(Enterprise Application Integration)とは、特に企業内における異なったシステム同士を統合させることを言います。簡単に説明すると、バラバラに存在しているシステム同士を相互に連携させてシステム全体としての生産性を劇的に向上させることを目指した技術です。

各所に分散しているデータを集約して最終的にDWHへと投入する役割をもつETLに対して、EAIはシステム同士を連携させること自体が目的になっているのです。

どちらもビジネス全体の生産性を上げるために実施されるものですが、行われる目的や何に重点が置かれているかはそれぞれ異なります。

どんな目的で行われるか重点
ETLDWHに統合された情報を利用して最適な経営判断を行う集約された「データ」
EAIビジネスにおけるさまざまなプロセスの最適化と円滑な情報伝達などを実現することによって企業のパフォーマンスを向上させるデータ同士の「連携」

ETLの機能

Extract(抽出)

まずはDWHにとって外部情報にあたる企業の販売・生産・顧客管理などのそれぞれの基幹情報システムに蓄積された情報を抽出(Extract)します。

それぞれの情報が別個のサーバーにある場合はそこから情報を取り出すことになりますが、多くの場合、担当者は「どういった目的で情報を抽出するのか」を念頭に置きながら情報の抽出を行います。それによって後の工程を効率的に行えるからです。

ある程度ETLのノウハウが確立されている企業では、この「抽出」の時点で最終的にどういう目的で使われるのかある程度パターン化されています。

また、それに見合った情報を重点的に抽出ような工夫がされていたり、ファイル形式も厳密に規定されていたりします。

Transform(変換)

次に抽出したデータを加工してデータベースに取り込めるようにします。データをDWHに格納しやすいように一定の規則のもとで形式の「変換(Transform)」を行うわけです。

先ほどの「抽出」プロセスですでにDWHに見合った形式になっている場合は、この過程そのものを飛ばしてしまうこともあります。

ただし別会社にあるデータを加工してまとめるようなケースだと、先方が最終的にどういった形式でDWHに取り込まれるのかがわからずに、思わぬ時間的なコストがかかってしまうこともあります。

そのため、各種データの抽出時点で最終的にどのように統合されるのかを担当者同士で情報の共有をすることが必要となります。

Load(書き出し)

そして最後に統合データベースであるDWHにそれらの情報を「書き出す(Load)」ことになります。DWH側からすればデータを「取込む(インポート)」ことになりますが、多くのDWHでは独自のインポート命令をもっているので一度に大量のデータを取込めます

逆にDWH側の取込み機能ではなく、これまでのプロセス(データの抽出、変換、書き出しまで)を効率的に行うための「ETLツール」を導入してLoadさせることもあります。むしろ最近はこちらが主流といえるでしょう。

ETLの特徴

ETLツールではこれまで説明してきた「抽出」「変換」「書き込み」処理がGUIとして使えるようになっており、ある程度データベースに関する知識があれば簡単にデータの連携を実現できます。具体的には次のような機能が特徴として挙げられます。

抽出機能

多くのETLツールは収集元となるデータベースからそれぞれの管理システムに応じたデータの収集が可能であり、企業で標準的に使用されているCSVやXMLなどのデータ形式での抽出が可能です。

複雑な処理に対応

データベースの管理・操作にあたっては、本来SQLをはじめとした言語でデータの加工を行うわけですが、そういった言語をよく理解していなくても、ある程度視覚的に複雑な処理を行えます。

ネットワーク対応

近年は企業のデータベースもクラウド環境におかれるケースが増えました。しかし、多くのETLツールはクラウド下でのソフトウェア同士の機能共有が可能であり、そのためのさまざまなプロトコルにも対応可能となっています。

データ連携機能も充実

多くの企業では経営分析のために各種データを連携させるためのソフトウェアを導入しているケースが多いですが、連携ソフトに接続してETLプロセスに組み込むETLツールがほとんどです。

簡単にデータを加工

外部システムから抽出したデータ同士の結合や集約、あらかじめ条件付けをしておいたデータのみを加工するといったことが簡単にできます。マウス操作で直感的にデータのマッピングができる仕様のものが多いです。

高速処理が可能

元来高速動作を追及し続けてきたETLツールのなかでも、近年はデータ変換の処理速度に特化して開発されたものもあり、これまで以上に高速のデータ変換が可能になり、大量データの集計やソートが可能になりました。

ETLツールの導入を検討される方は、こちらの記事をご覧ください!

ETLやBIの活用でビジネスを効率化

「ETLとは何か?」「どういった特徴があるのか?」といったことについて、なるべく簡単に説明してきました。

あなたがもし経営者でそれぞれの基幹データが統合されないまま乱立している状態ならば、ぜひETLの導入を検討してみましょう。ビジネスの生産性が驚くほど向上するはずです。情報を制するものこそがビジネスを制するのです!

BIはサービスによって、機能や価格もさまざまです。目的に沿ったサービスの比較で効率的なサービス活用が可能になります。チャートでは、厳選したサービスの特徴や価格を比較できます。

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

BIツール
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ジャストシステム、株式会社ラキール、Tableau Software、ドーモ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
編集部のおすすめ記事
BIツールの最近更新された記事