Article square balloon green
2017-06-04

デジタルサイネージとは|メリット・種類・費用・使用方法を徹底解説!

電車内や繁華街の大型ビジョンで目にする広告を「デジタルサイネージ」と呼ぶことを知っていますか?近年急速にその需要が高まっているデジタルサイネージの価格から機能、費用やメリットを徹底的に解説しました!
デジタルサイネージ
Large

低価格で効率的な広告

近年急速に目にすることが増えたデジタルサイネージ。デジタルサイネージを使えば、CMや新聞広告よりも遥かに低予算で効率的な広告効果を期待できます。今回の記事ではデジタルサイネージとは、という基礎の部分からメリット、費用、デジタルサイネージの様々なタイプまで徹底的に解説します!これから企業や製品の広告をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

デジタルサイネージとは

まず、デジタルサイネージの定義について説明します。デジタルサイネージとは、電車やバス、屋外などの公的な場所でディスプレイなどを使用して情報を発信するシステムのことです。電車内についている運行状況や広告を流すスクリーンや、繁華街のビル上部に設置してある大型ビジョンが当てはまるといえば、想像しやすい人が多いのではないでしょうか。

デジタルサイネージのメリット

では、デジタルサイネージにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ターゲットを絞って発信できる

デジタルサイネージは場所や時間を指定して利用できるため、製品を売りたいターゲットに絞って広告活動を行うことが出来ます。

情報がリアルタイムで更新できる

通常の広告と異なり、デジタルサイネージを利用した広告ではデータを更新すればすぐに最新の情報に変化します。期間限定、タイムセールなどのリアルタイムな情報を届けるにはデジタルサイネージを利用した広告が良いでしょう。

動画を流せる

現代の技術で、最も情報を効率的に伝えられるのはやはり動画でしょう。写真や文字だけでは伝わなかった情報も、動画を使えば簡単に伝えることができます。

デジタルサイネージの種類

次に、デジタルサイネージの種類について説明していきます。デジタルサイネージには大型から小型のものまであり、用途が様々です。

小型

スーパーやホームセンターで目にすることが多いのが小型のデジタルサイネージ。その日の特売情報や商品の情報を目にすることができます。集客効果はあまり強くありませんが、ランニングコストは低く自動販売機として扱うのが良いでしょう。

中型・大型

最近増加傾向にあるのが中型~大型のスタンド型のデジタルサイネージです。店の前などに置いておくとある程度の集客を見込めます。ランニングコストは低いとは言えませんが、それなりに効果のあるツールです。

LEDビジョン(大型)

渋谷や新宿などの繁華街でよく目にするのが大型のLEDビジョンに映された広告。かなり高額ですが、その分集客効果は大きいです。大規模な宣伝をしたい場合にはオススメです。

プロジェクター型(投影型)

近年飲食店や商業施設で目にするのが、プロジェクターを使って壁や天井にコンテンツを映すプロジェクター型のデジタルサイネージ。明るい場所では使用不可能という弱点はあるものの、ディスプレイを購入しなくても良いという利点はあります。このプロジェクター型のデジタルサイネージが発展したものがプロジェクトマッピングです。

デジタルサイネージの使用法

デジタルサイネージには主に3種類の使用法があります。

スタンドアロン型

ディスプレイにUSBなどの記憶媒体をセットし、記憶されているコンテンツを流す方法。

最も簡単な方法で、記憶媒体を挿入できるディスプレイを購入すれば利用できます。小型から、中型のディスプレイを使った広告に向いています。

ローカルネットワーク型

続いて、配信システムをインストールしたPCからネットワークを介して発信するローカルネットワーク型です。

ローカルネットワーク型は、中型から大型のディスプレイを使った広告に向いています。データはPCに保存されます。

クラウド型

クラウド型は、大規模な広告の際に使われ、LEDビジョンなどで使う時に使用されます。

サービスプロバイダーとの契約が必要で、自社のPCからサービスプロバイダーのクラウドにデータが発信されてディスプレイに流れます。

デジタルサイネージの費用

デジタルサイネージを利用して広告を行う場合、どれぐらいの費用が必要なのでしょうか。大体の相場を紹介したいと思います。まずディスプレイですが、小型だと約1万~5万円ほどで買うことが出来ます。中型(32インチ程度)だと、約40万~70万円が大体の相場のようです。大型ビジョンなどで広告する場合はプロバイダーとの相談が必要ですが、一つの例として渋谷の大型ビジョンを利用する場合、1つのスクリーンに15秒間の動画を1日30回放送する契約で1日約10万円程度からで、1か月だと約110万円〜といった費用感になります。

さらなる可能性を秘めたデジタルサイネージ

現在は主に広告や、商業的な場面で利用が多いデジタルサイネージですが、最近では会社内でのコミュニケーションツールとして使われることも多いようです。さらに、緊急時に情報を流したり、街の空間アートとして使われることも増えてきたいて、テレビ、パソコン、携帯電話に続く第4のメディアとして認識されてきています。

デジタルサイネージで効果的な集客を!

近年急速にその形を変える広告方法。情報があふれる時代だからこそ最も効果的な広告を行う必要があります。その中の1つのツールとして、デジタルサイネージは欠かせない存在になるでしょう。うまく活用して最良の集客、そして売り上げアップを目指しましょう。

デジタルサイネージのコンテンツを制作する業者やサービスを知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください。

デジタルサイネージとは|メリット・導入までの流れ・サービス | ボクシルマガジン
新しい広告形式として近年急速に普及が進むデジタルサイネージ。今回はデジタルサイネージとは何か、デジタルサイネージの...

デジタルサイネージの導入について知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください。

デジタルサイネージ|コンテンツ制作サービスを徹底比較! | ボクシルマガジン
デジタルサイネージのコンテンツ制作におすすめのサービスを紹介します。設置場所や表示方法だけでなく、動画・映像などの...

販売促進の知識や手法、広告方法を知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください。

販売促進とは | 意味・施策・方法など徹底解説します【基礎知識】 | ボクシルマガジン
マーケティングの中核を担う販売促進の基礎知識から意味、方法まで徹底的に解説します。具体的な施策や販売促進の原則であ...

ボクシルとは

ボクシルは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業様はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成など様々なニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事