Article square balloon green
2017-06-23

在宅勤務とは|メリット・デメリット - 場所を気にしない「イマドキ」な働き方

ここ最近在宅勤務を実施している企業は増加傾向にあります。言葉どおり家で仕事をすることですが、実際にはどんなことに気を付ければいいんでしょう。意外に知らない在宅勤務について解説します。
その他職種
Large

近年リモートワークやテレワークといった働き方がどんどん社会に受け入れられてきました。現在様々な面で働き方改革が進んでいますが、場所にとらわれない働き方も大きな改革の1つでしょう。今回はそんな在宅勤務について解説します。

在宅勤務とは

読んで字のごとく家にいながら働くことを指します。今までは勤務といえばオフィスに行って仕事をするというのが主流でしたが、ここ最近ではそれが当たり前ではなくなってきています。

近年インターネットの発達により仕事の多くがパソコン上で完結できるようになりました。また、Skypeなどの無料会話ツールも充実してきており、離れた場所にいながら会議も可能になりました。企業としても従業員としても、特に育休・産休中に時間を調節しながら働けるという特徴を持つ在宅勤務はどんどん注目されています。

メリット・デメリット

ここでは在宅勤務のメリット・デメリットについて解説します。働きやすいのはいいことですが、在宅管理のデメリットもしっかり確認しておきましょう。

メリット

  • 通勤時間なし
  • 家事・育児等と両立が可能
  • 住む場所を自由に選べる
  • 人間関係の煩雑さからの解放

やはり時間の短縮とそれによってできることが増えるというのが一番のメリットですね。子育てしながら働く、を実現できる1つの方法です。

デメリット

  • 会社の人と連絡を取るのが面倒なことも
  • 働いている時間が曖昧になりがち
  • 人事評価が難しくなる
  • 情報セキュリティに不安

デメリットとしては、同じ場所で働いていた時には普通にできていたことが、対面ではないということで難しくなるというものが多いです。実際に筆者も経験したことがありますが、ちょっと聞きたいということがあってもわざわざチャットで連絡をとるというのはやはり煩雑ではあります。

どんな企業が導入している?

では実際にはどんな企業が在宅勤務を実施しているのでしょうか。当然といえば当然ですが、パソコン業務がメインの企業が導入していることが多いようです。具体的にはシステムエンジニア、それからITベンチャー企業での導入事例をよく聞きます。

しかし最近では大企業もこの在宅勤務を取り入れているようで、例えばトヨタ、JAL、リクルートなどでは率先して行われています。こういった名だたる大企業が実際に導入しているという事実は社会にとってもいいことですね。

働き方の1つとして在宅勤務を選択肢に!

在宅勤務には企業や業界によってはなかなか難しい場合もあると思います。しかし重要なことは企業、従業員が一緒になって働き方を考えるという事にあるのではないでしょうか。その際に、在宅勤務という働き方もあるということを認識しているか否かでその会社の働き方の在り方が大きく違ってくるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業様はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成など様々なニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事