コピー完了

記事TOP

法人カードの名義は個人?会社?個人事業主の場合は?徹底に解説します!

最終更新日:
法人カードの「名義」は会社なのか、実際に利用する個人なのか疑問に思ったことはありませんか?ここが曖昧だと意図せず不正利用になってしまう可能性もゼロではありません。不安な方は本記事必読です!

法人カードの疑問にお答えます!

法人カードの仕組みについて細部まで確かな知識を持ち合わせているという人は少ないです。しかしその一方で、法人カードを所持しているという企業は非常に多いです。この理由は、会社の運営上付き合いのある金融機関に勧められるがままにとりあえず作った、というケースでほぼ占められると言っても過言ではないでしょう。

このような背景から、法人カードの総発行数に対して、法人カードを日常的に利用しているという方の割合は決して高くはないでしょう。しかし、法人カード自体は本来とても便利なもので、上手に利用すれば日々の業務をより効率化してくれるツールです。そこで今回は、よく疑問を持たれることが多いポイントの法人カードの名義の仕組みに解説し、法人カードへの疑問を解決します!

法人カードの名義の仕組み

まずは、法人カードの名義について解説していきます。法人カードは、表面に従業員個人の名前が印字されています。実はこれが法人カードの名義を少し複雑にさせている理由です。

法人カードは個人名義で契約される

法人カードは法人の名前で契約されるものではありません。これは、法人の代表者個人の名義で契約されています。したがって最初の一枚は代表者の名義で発行されています。また、追加で発行された法人カードには、従業員の個人名義で発行されます。

名義は個人だが、引き落としは法人の口座

法人カードは、カードの表面に従業員個人の名前が印字されていますが、その引き落とし口座は法人名義の口座になります。法人カードを利用している企業の多くでは、従業員のために何枚もカードを作っていることが多いです。それらのカードの引き落とし口座はすべて法人名義の口座です。

契約者が個人事業主の場合は引き落としは個人口座

個人事業主でも事業の決済用に法人カードを作成することができます。カード会社の中には、個人事業主向けのカードと法人カードの名前が違うこともありますが、基本的に中身は同じです。このカードは個人事業主の個人名義で発行され、引き落としもその個人事業主の銀行口座になります。

法人カードの名義についてよくある疑問

上記で説明したことのおさらいも含めて、法人カードの名義について分かりづらい点を解説します。

法人カードの引き落とし口座は誰の口座なのか?

法人カードの引き落とし口座は法人名義の口座です。
法人カードはそのカードの利用者が誰であれ、引き落としは法人の銀行口座になります。もし、法人カードの持ち主が法人ではなく個人事業主であれば、引き落とし口座はその名義人個人の銀行口座になります。

法人カードのサインは社名と従業員名のどちらなのか?

法人カードは個人名義でサインします。
法人カードは引き落としが法人の口座なだけで、名義は従業員個人で契約されています。よって法人カードであっても、サインするときは個人名を書きます。そうでないと誰がどれくらい経費を使ったかが把握できません。

法人カードは印字されている人以外は使えるのか?

印字された従業員以外はそのカードを使えません。
法人カードは、あくまで個人の名義で契約されたカードです。ですから、名義人と異なる従業員が利用するのは不正になります。十分注意しましょう。

法人カードでのよくある疑問

ここからは、法人カードの発光を検討している方が疑問に持ちやすいことについて解説していきます。

法人カードを導入するメリット

法人カードの導入メリットは様々ありますが、簡単にまとめると次の3つになります。

  • 経理作業の時間を圧縮
  • 法人カードならではの特典多数
  • キャッシュフローの安定化

まず挙げられるのが経理作業の簡素化です。経費支払いの多くを法人カードで行うことで、経理作業にかかる時間を大幅に削減できます。また、空港でラウンジを利用できるなどといった様々な特典が付いているカードが多いです。法人カードを付与された従業員側には、立て替え払いがなくなるといった利点もあります。さらに、設立間もない企業では支払いのペースを調整できるのでキャッシュフローを安定させられることは大きなメリットと言えるでしょう。

法人カードの導入に関するメリットやポイント、細かな点に関しては下記記事にて詳しく紹介しています。

法人カードの審査基準

法人カードの審査基準は多くの方がどのようになっているか疑問に思うことかもしれません。それもそのはずで、法人カードの審査基準は公に公開されていません。したがってあくまで憶測ではありますが、下記の三点が重要であると言われています。

  • 設立年数
  • 固定電話や企業HPの有無
  • 代表者の信用力

会社が設立されてからの年数は、企業が倒産するリスクを如実に反映していると言われています。中小企業の90%が設立から10年以内に倒産してしまうというデータがあるくらいなので、設立年数が長いほど信用力があると見られることが多いようです。また、固定電話と企業HPの有無はその企業が実際に存在しているのか容易に確認がとれるポイントでもあるので、そうした点から重視されています。また、法人カードは企業の代表者が契約するものなので、代表者個人の信用力は言うまでもなくとても重要です。

人気の法人カードランキング

ここからはおすすめの法人カードを紹介していきます。各カード会社ごとに代表的なものを中心に紹介しますが、もっと詳しく知りたいという方はそれぞれにより詳しく記載がされた記事のリンクがありますのでそちらをどうぞ!

1位:NTTファイナンス Bizカード

お申し込み対象  法人または個人事業主
年会費 無料
カード利用枠 個別設定
メンバー会員 無料)
ETC 発行可(500円(税別)/枚)
旅行傷害保険 最高2000万円(利用付帯)
ショッピング補償 年間300万円
ポイント制度 各種景品と交換可能

NTT FINANCE Bizカード」はNTTグループの法人カードです。年間費無料でポイント還元率1%でお得に使えます。また、法人向けの割引価格で購入できるAmazon Businessも利用可能です。

2位:三井住友カード

日本を代表する銀行の一つである三井住友銀行のSMBCグループの法人カードです。
詳しくは下記記事からどうぞ!

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 1,250円(税別)
カード利用枠 10万円~80万円
メンバー会員 400円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 海外 最高2000万円
ショッピング補償 最高 100万円(海外のみ)
ポイント制度 ワールドポイント
電子マネー iD、WAON、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」は、満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。

三井住友ビジネスカード for Ownersは他のビジネスカードとは異なり、電子マネーが利用可能できます。コンビニや自動販売機での購入がスムーズになり便利です。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

お申し込み対象 満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費 10,000円(税別)
カード利用枠 50万円~300万円
メンバー会員 2,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 国内外 最高5000万円
ショッピング補償 国内外 最高 300万円
ポイント制度 ワールドポイント
電子マネー iD、WAON、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)」は、満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。

先ほど紹介したクラシックよりも一段階上の利用枠になっており、保険の対象も拡充されています。三井住友ビジネスカード for Ownersシリーズの嬉しいポイントは、さまざまな支払い方法から選べる点です。

三井住友ビジネスカードについて詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

お申し込み対象 満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費 本会員 税抜50,000円+税
パートナー会員1名につき 税抜5,000円+税
※初年度年会費無料
カード利用枠 200万円~500万円
キャッシングリボ 0~100万円 利率(実質年率)15.0% ※個人事業主の方のみ
海外キャッシュサービス 0~100万円 利率(実質年率)18.0% ※個人事業主の方のみ
旅行傷害保険 国内・海外旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング補償 年間500万円まで ※国内・海外でのご利用が対象
追加カード・電子マネー ETC、iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAON
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
決済口座 (法人代表者の方)法人口座、もしくはお申し込みご本人の個人名義口座
(個人事業主の方)お申し込みご本人の個人名義口座、もしくは個人事業主(屋号)名口座

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)」は、満30歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。申し込みの対象が満30歳以上とハードルが高くなっていますが、実質無料のETCや前述した電子マネーなどに加え、キャッシング機能等も拡充されています。あれもこれもという方にはありがたい一枚です。

三井住友ビジネスカードについてもっと知りたいという方は下記記事からどうぞ!

3位:ライフカード

少し前にはなりますが、俳優のオダギリジョーさんが出演していたCMが話題となったライフカード。法人カードはこちらです。

ライフカードビジネス

お申し込み対象   法人または個人事業主  
年会費   永久無料
カード利用枠   10~500万円(500万円超の限度額設定のご相談も承ります。)
メンバー会員   3枚まで発行可能
キャッシング機能   なし
ETC   発行可(無料)
旅行傷害保険   なし
空港ラウンジサービス   なし
ポイント制度   なし

ライフカードビジネスで特に注目すべき特徴は、年会費が永久無料という点です。経費の見える化や一本化、業務負担の軽減、無駄な経費削減を可能にする法人カードですが、年会費が高いのは避けたいと考えて躊躇していた方には、大変魅力的な法人カードだと思います。また、ライフカードビジネスには経費削減や業務効率に役立つサービスが他にもあります。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

ライフカードについてもっと知りたいという方は下記記事からどうぞ!

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

お申し込み対象 個人事業主
年会費 1,000円(税別)
追加カード 4名まで永久無料
カード利用枠 一律の制限なし
旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし
国際ブランド AMERICAN EXPRESS 
ポイント制度 永久不滅ポイント

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」は個人事業主やスタートアップ向けのビジネスカードです。aws・Yahoo!ビジネスセンター・エックスサーバー・クラウドワークスなど10の人気サービスのポイントが通常の4倍付与される特典もあります。Apple Payも利用でき、追加カード4名まで無料利用できるため、個人事業主・小規模事業者に人気のカードです。

UCカード

UCカードの特徴としてまず出てくるのが「永久不滅ポイント」です。ポイントが減ることなくどんどん溜まっていきます。

UC法人カード 一般カード

お申し込み対象   法人または個人事業主
年会費   1,250円
カード利用枠   20~300万円
メンバー会員   1,250円
キャッシング機能   なし
ETC   あり
旅行傷害保険   なし
ショッピング補償   なし
他のワード   法人または個人事業主
空港ラウンジサービス   なし
国際ブランド   VISA / MasterCard
ポイント制度   永久不滅ポイント

UC法人カードは、法人または個人事業主向けの法人カードになります。UC法人カードの大きなポイントは先ほども述べたように永久不滅ポイントが付与されることです。1,000円=1ポイントで付与されるこのポイントで商品券や家電などと交換することが可能です。その名の通り、永久に消えることはないので、好きなときに用意された商品へと交換できます。

UC法人カード ゴールドカード

UC法人カード ゴールド

お申し込み対象    法人または個人事業主
年会費   10,000円
カード利用枠   50~500万円
メンバー会員   2,000円
キャッシング機能   なし
ETC   あり
旅行傷害保険   海外旅行傷害保険 5,000万円
国内旅行傷害保険 5,000万円
ショッピング補償   ショッピング補償保険 年間300万円まで
他のワード   法人または個人事業主
空港ラウンジサービス   あり
国際ブランド   VISA / MasterCard
ポイント制度   永久不滅ポイント

UC法人カード ゴールド」も、法人または個人事業主向けの法人カードになります。「UC法人カード 一般」との違いはカード利用枠の増加といくつかの保険・保障が受けられる点です。保険・保障は外部要因による損失を防ぎたい企業視点では法人カード導入の重要なポイントになります。傷害保険では5,000万円もの保障を受けられるので、万が一のときも安心です。

UCカードについてもっと知りたいという方は下記記事からどうぞ!

オリコ(orico)カード

株式会社オリエントコーポレーションが発行しているオリコカードの総会員数は約1000万人と相当なシェアを誇ります。そんなオリコカードは法人カードも豊富な種類を取り揃えています。

オリコビジネスカードGold

お申し込み対象 法人
年会費 2,000円(税別) / キャンペーン期間のお申込に限り初年度無料
カード利用枠 1法人あたり、10万円~1,000万円 
メンバー会員 1枚につき 2,000円(税別) / キャンペーン期間に限り初年度無料 (発行枚数20枚)
キャッシング機能 なし  
ETC あり(年会費無料、最大20枚) 
電子マネー (MasterCardコンタクトレス)を搭載電子マネー
国際ブランド MasterCard
ポイント制度 なし

オリコビジネスカードGoldの際立った特徴は、空港ラウンジサービスが付帯しており、さらに他のオリコカードのサービスもほぼ備えている点です。また、かざすだけで支払いができる電子マネー(MasterCardコンタクトレス)を搭載しています。その他にも充実なサービス・付帯保険などがあります。詳細は下のリンクをご参照ください。

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay

お申し込み対象 法人代表者 
年会費 初年度無料 / 次年度以降2,000円(税別)
カード利用枠 10万円~300万円
メンバー会員 年会費無料 (最大3枚)
キャッシング機能 なし
ETC あり(年会費無料)
ポイント制度 暮らスマイル(オリコカードのポイントサービス)
国際ブランド Visa / MasterCard
電子マネー iD と QUICPay の電子マネーを搭載

EX Gold for Biz iD×QUICPay(エグゼクティブ ゴールドフォービズ アイディ クイックペイ)」は、支払いが早くて便利なiD(アイディ)とQUICPay(クイックペイ)の2種類の電子マネーを搭載しています。カードをかざすだけで支払が完了する、便利でスピーディーな決済が可能です。
他にも、経費精算・管理に役立つサービスや、付帯保険なども付いています。詳しくは下の詳細をご覧ください。

オリコカードについてもっと知りたいという方は下記記事からどうぞ!

法人カードの「名義」を正しく理解し積極的に利用を

一件ややこしい決まりや仕組みが多くありそうな印象を持たれがちな法人カードですが、実際はそんなこともありません。もちろん利用するにあたっては正しい知識が必要にはなりますが、その知識を身につける労力を遥かに上回るプラスのインパクトを会社にもたらしてくれうるものです。ぜひボクシルを活用して積極的に導入してください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事