{{ message }}
Article square balloon green
2017-07-10

ITツールを探すなら最初からボクシルで検索しよう|西村さんに聞いたボクシルとは

- PR -
- PR -
Large

西村 創一朗(にしむら そういちろう)株式会社HARES
代表取締役
ランサーズで複業社員、ファザーリング・ジャパン理事、フリーランス協会理事など。採用をメインとして幅広く活動。

ーーーー採用をメインに活動されているとのことですが、現在のところ課題に感じているところはありますか?

昔であれば大手の求人広告に載せて、来た応募を書類選考して、面接をして、といったオペレーション業務が中心となっていたのですが、今はもうそういった単純な採用手法だけでは優秀な人材を採用できなくなってきています。

応募を待つのではなく、自ら優秀な人材にアプローチする手法をダイレクトリクルーティングと言うのですが、優秀な人材を採用するためには自ら採りに行かなければならない時代になっています。
一方で、日々の作業的な仕事はなくなっているわけではないので、人事という領域においても働き方改革や生産性を高める仕組みが必要だと思っています。
仕事はどんどん増えているものの、未だに作業的な業務に忙殺されていて、新しいことにチャレンジできていないのが課題だと思います。

ーーーーそんなに人事が大変だと、オペレーション業務だけで終わってしまいそうですね。そういう作業的なものをクラウドサービスなどで削減するというのはひとつのテーマだと思いますが、人事領域だといかがですか?

いわゆるHR Techと呼ばれる領域があります。
FintechだったらFinance と Technology をかけ合わせているように、HR Techだったら Human Resource と Technology という風にかけ合わせてできた単語ができていて、盛んにITツールが開発されてきています。

例えば、社内人材を管理するためのタレントマネジメントシステムだったりとか、勤怠はタイムカードではなくてITで管理するようなシステムだったりとか色んなシステムがでてきています。

サービスは数えればきりがないのですが、比較するための情報が十分ではないために、人事の方々も上手に比べられないし、日々の仕事が忙しすぎて、新しいサービスができても情報が収集できていないんですよね。
世の中に便利なHR Techのサービスがたくさんあるのに、ちゃんと届いていないのは感じています。

ーーーーボクシルでは色んなサービスが探せるのはご存知だと思います。西村さんのお仕事だと、コンサルティングという形でサービスを紹介する場面もあるかと思いますが、その際にボクシルを活用されているんですか?

はい、活用させていただいております。

まさに採用のコンサルティングもそうですし、働き方を変えていく上で、どんな無駄が発生しているかを見える化して、そこから先はツールを入れて改善していかなければなりません。

「こういうようなサービスがありますよ」と、例えばボクシルの社内SNSの比較のページなどをお送りした上で、お客様にご提案することがあるので非常に役立っていますね。

ーーーー紹介する立場でボクシルを利用されているとのことですが、実際にどういった部分が評価されていますか?

ボクシル以外にも比較サイトは色々あると思いますが、項目だけずらっと並べられていても「結局、自分たちに最適なものはどのサービスなのか知りたい」というのが人事の方の本音の部分です。

情報を並べるだけでなく自社の状況を伝えると、何が最適なのかを提案をしてくれるようなところをやりきれているサービスは少ないです。

ボクシルですと電話やチャットで提案もしてくれるので、他のサイトに比べると評価が高いですね。

私もコンサルティングで提案する際にはボクシルに助けられていて、パートナー的に活用させていただいております。

ーーーーコンサルティングでよくお使いになるんですね。それではユーザーとして使う場合はありますか?

ありますね。
意図してボクシルを使おうと思ったというよりは「社内SNS 比較」というキーワードで検索したときに1番にボクシルが出てくるんですよね。

他の分野でも1位に出てくることも多いのですが、Google検索などですと、よくわからないブログ記事だとかも多くあり玉石混交なので、ITツールを探すなら最初からボクシルで検索しようということが最近では多いです。

そこででてきた比較ページのURLを他の人に送って、「こういうサービスはどうかな?」と共有するなどはよくやっています。

ーーーー西村さんにとってボクシルとは?

僕の中での昔のボクシルは「ITお道具箱」というイメージでした。
人事なりマーケティングなり、仕事をするひとたちのためのお道具箱という感じです。
ここにくればITツールが少なくとも全部集まっているというサービスでした。

最近ではコンシェルジュのサービスも始まって、自社の課題を伝えると提案をしてくれます。
これからもっと精度が上がってくると思っていますので、「ITツールのコンシェルジュサービス」という意味で、ボクシルが広まってくれることを期待しています。

提案込みでITツールが探せる!登録も利用も完全無料です!

ボクシルにサービスを掲載したい企業さまはこちら

インタビュー動画はこちら



Article whitepaper bgS3 0
タレントマネジメントシステム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事で紹介されたサービス
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ