コピー完了

記事TOP

パッケージ型CRM(顧客管理システム)おすすめ比較!クラウドとの違い・メリット

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
膨大な数の顧客情報の管理や分析を行う際に欠かせないのが、顧客管理システム(CRM)です。パッケージ型のCRMを導入すれば、クラウド型と比較した際、場合によっては安全かつ安価に運用できます。今回は、パッケージソフト型のCRMを紹介します!

CRMシステムを導入したいけれど、なるべく費用をかけたくない。そんな方にはパッケージ型ソフトのCRMがオススメです!

現在のパッケージ型ソフトは、クラウド型CRMと比べても勝る点がいくつかあります。今回はパッケージ型CRMを紹介します。

ボクシルおすすめのCRMシステムの資料はこちらから無料でダウンロードできます。各サービスの料金プランや機能、特徴をまとめて比較したい方はぜひご利用ください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

CRM(顧客管理システム)とは

まずは、CRM(顧客管理システム)について解説していきます。顧客管理システムとは、一言で表すと、顧客一人ひとりと友好的な関係を構築し、価値を創造することをいいます。

つまり、顧客管理とは単に顧客の情報を管理するだけのシステムではありません。

潜在ユーザーに対して広告を通して名前を知ってもらうことや、現在の顧客を促進者にすることも顧客管理システムに含まれます。

もっと詳しくCRMとは?を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

また案件管理についてはこちらの記事で紹介しているので、合わせてご参照ください。

パッケージ型CRMシステムのメリット

CRMに限ったことではありませんが、パッケージソフトのサービスを利用することには次のようなメリットがあります。

  • 早く導入できる
  • 長期的に見ると安価
  • 性能が安定している

それぞれのメリットについて説明します。

早く導入できる

パッケージ型ソフトでは、ソフトウェアをインストールするだけで使用できるので、導入はあっという間に終了します。

長期的に見ると安価

近年はクラウドサービスが普及していますが、クラウドの売りは「ネット環境が整っていればどこでも利用でき、機器導入の必要がなく安価である」ことです。

しかし、クラウド型のCRMは月額(年額)で従量課金されたり、利用するアカウントIDの数によって金額が左右されたりする場合が多いです。

つまり、一度購入すれば継続して利用できるパッケージ型の方が、安価で利用できる場合があるのです。

性能が安定している

さまざまな企業に導入されているパッケージ型CRMは、その販売実績に裏打ちされた安定した機能性が魅力です。ベンダーのサポートも手厚く、個別の不具合や脆弱性への対応にも柔軟に対応してくれる場合が多いです。

パッケージ型CRMシステムのデメリット

その一方で、パッケージ型ソフトには次のようなデメリットがあります。

  • カスタマイズが難しい
  • 社外からの利用が難しい
  • 初期導入コストがかかる

カスタマイズが難しい

一般的にパッケージソフトは、標準的な業務に合わせて機能が用意されていることが多く、自社の独自業務に合わせた機能を持ち合わせていないことがあります。

備えている以上の機能を利用するには別途カスタマイズが必要になり、追加費用がかかることも多くあります。

社外からの利用が難しい

クラウド型は、インターネットに接続できる環境であればどこでも利用することができます。しかし、サーバーにインストールして利用するパッケージ型では、社内ネットワークでなければ利用できないことも多くなります。

初期導入コストがかかる

パッケージ型・オンプレミス型の場合、自社にデータベースやサーバー機器を設置する必要があるので、初期導入コストがかかり、クラウド型のシステムと比較して費用が高くなります。


初期導入コストを安く抑えたい、テレワークや在宅ワークに向けてどこでも接続できる体制を整えたいという方にはクラウド型のCRMがおすすめです。

\ クラウド型CRMシステムをまとめて比較! /

おすすめパッケージ型CRMシステム

ボクシルおすすめのパッケージ型CRM(顧客管理システム)を紹介します!

メールワイズ

  • 二重対応・対応漏れが防げる
  • 案件の属人化が防げる
  • 顧客情報を管理できる

メールワイズは、届いたメールを複数人で共有し、履歴を一元管理できるツールです。

メールをチーム全員で共有できるので、過去の履歴や現在行われている案件について認識を統一できます。

ユーザーの人数と利用期間によって料金が決定されていて、5ユーザー版が年間298,000円で利用できます。メールワイズは、パッケージ型だけでなく、クラウドでの利用も可能です。

All Gather CRM

  • 高い操作性と洗練されたデザイン
  • CTIをもっと身近に
  • 自由なカスタマイズが可能

All Gather CRMは、顧客の各種分析やマーケティング、コールセンター業務や通販業務など、さまざまなシーンに対応するオプションを備えているCRMです。
営業支援業務、見積もり作成、受注までを処理し、奉行シリーズでは請求、仕入れ、発注業務と連携することが可能です。CRMと奉行シリーズ、どちらを基準にするかなど、細かな設定が可能です。

Sales Force Assistant(セールスフォースアシスタント)

  • 業務の負担を軽減
  • リード管理からのリード育成のための仕組み
  • マーケティングシナリオの仮説検証

セールスフォースアシスタントは、顧客の情報を蓄積する「ダム」を作って営業活動に善循環と勢いを生み出す、 見込み顧客発掘・育成支援システムです。

売上につながるメール配信とリード管理を一元化して見込客を発掘します。標準価格は、5ユーザーライセンスで300,000円です。

おすすめのクラウド型CRMシステム

次の内容に当てはまる方はクラウド型CRMシステムの導入がおすすめです。

  • 初期費用やランニングコストを抑えたい
  • 時間と場所を選ばずに利用したい
  • システム構築やメンテナンスを任せたい

上記の内容が当てはまる方にボクシルおすすめのクラウド型CRMシステムを紹介します。

注目のCRM、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめCRMをまとめてチェック!

CRMの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。サイトのUI・UX改善、メルマガの文面、コールセンターへの活用など、サービスごとにさまざまな機能のあるCRM比較にお役立てください。サービス比較はこちら

Salesforce Sales Cloud(セールスフォース セールス クラウド) - 株式会社セールスフォース・ドットコム

Salesforce Sales Cloud - 株式会社セールスフォース・ドットコム 画像出典:Salesforce Sales Cloud公式サイト

セールスフォースは、規模や業種・業態を問わず幅広く利用できるサービスです。顧客満足度を向上させるための機能が多く備わっていて、分析や予測から、各営業担当者の進捗状況のレポートまで細やかな自社の営業部門を可視化します。月額18,000円からで利用できます。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料 概要
Essentials 無料 3,000円/人 ユーザー数10名まで
Professional 無料 9,000円/人 基本機能を網羅
Enterprise 無料 18,000円/人 細かいカスタマイズが可能
Unlimited 無料 36,000円/人 24時間フルサポート

スタートアップ、中小企業なら「Essentials」がおすすめ。ミニマムですぐ導入できるうえ、上位プランへスムーズに移行できるため、チーム単位でのスモールスタートにも最適です。

セールスフォースの使い方を解説 - 他社製品と何が違う?

Zoho CRM - ゾーホージャパン

Zoho CRM - ゾーホージャパン 画像出典:Zoho CRM公式サイト

クラウド型顧客管理・営業支援ツールZoho CRM(ゾーホー・シーアールエム)は、その圧倒的な機能性と低コストから多くの企業が導入しています。ユーザーフレンドリーなインターフェイスと柔軟なカスタマイズが特徴で、IT知識がなくても簡単に使いこなせます。

データを元に自動でリアルタイムレポートを作成できるほか、ワークフローによる庶務の自動化からAI(人工知能)機能まで豊富な機能が備わっています。初期費用なし月額1,440円(税別)から利用できます。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料
スタンダード 無料 1,440円
プロフェッショナル 無料 2,400円
エンタープライズ 無料 4,200円

Knowledge Suite(ナレッジスイート) - ナレッジスイート株式会社

Knowledge Suite(ナレッジスイート) - ナレッジスイート株式会社 画像出典:Knowledge Suite公式サイト

  • SFAと名刺管理を一つのツールで
  • 営業報告が3ステップの簡単入力
  • 共有範囲を指定し情報の「見せる・見せない」を自動的に制御

Knowledge SuiteのGRIDY名刺CRMを使うと、名刺情報を正確かつ高速にデジタル化できます。名刺に直接手書きしたメモもデータ化。顧客情報を個人個人で完結させず、社内で共有することにより顧客管理の質が上がります。営業案件管理、グループウェアの機能とも連携できるので、あらゆる情報を紐付けて一元管理・共有ができます。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料
スタンダード 無料 50,000円-/月
プロフェッショナル 無料 80,000円-/月

Freshsales(フレッシュセールス) - OrangeOne株式会社

Freshsales - OrangeOne株式会社 画像出典:OrangeOne株式会社

  • 顧客ごとの接点履歴や留意事項を1つの画面で俯瞰できる
  • 見込み度合いの高い顧客や解約の可能性がある顧客を抽出
  • 営業力アップと課題解決に役立つレポート機能

Freshsales(フレッシュセールス)は、顧客情報の確認から見込み度合いを可視化し、顧客管理に役立つ機能を網羅したCRMです。

1つの画面で顧客1人1人のプロフィールから、現在までの接点履歴や担当者レベルの細かなメモまで、さまざまな情報を比較しながら確認できます。CRM上のデータにもとづき、顧客ごとの見込み度合いを可視化し、ランク付けすることも可能です。

成約済みの顧客に対しては、解約の可能性が高まっていると判断された際に通知を出すこともできます。見込み度合いの高い顧客へ効率的にアプローチすることで成約率を高めるだけでなく、解約抑止も行える包括的な顧客管理を実現するツールです。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料
GROWTH - 3,200円
PRO - 7,600円
ENTERPRISE 無料 13,800円


他のクラウド型サービスもご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

CRMシステム導入で失敗しないために

サービスを選ぶときには自社のニーズにあったものを選ぶのが1番です。適したサービスの提供形態、企業規模、必要な機能を明確にして、最も合致するサービスを選びましょう。

サービスによって長所や短所があるので、しっかりと比較して導入しましょう。CRMシステムの料金プランや機能、特徴を比較する際は、無料でダウンロードできる資料をぜひご利用ください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

顧客管理システムの関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

CRM(顧客管理システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
CRM(顧客管理システム)の最近更新された記事
CRM(顧客管理システム)のサービスに興味がありますか?
CLOSE
InfAjast ES3
Salesforce Sales Cloud
CT-MAX
eセールスマネージャーRemix Cloud
Sales Force Assistant
Knowledge Suite
しっかり比較検討したい方はまず、一括資料請求をご利用ください。