コピー完了

記事TOP

【インフォグラフィック】味の素のギョーザが日本一になるまでの歴史を図解

公開日:
年間6億個以上が作られるという、味の素冷凍食品の「ギョーザ」。発売から45年、冷凍食品の中で売上日本一を誇るロングセラー商品の秘密を図解します。テレビ東京「図でわかるWBSロングセラー研究所」の公式転載コンテンツです。

年間6億個以上作り、横に並べると、地球一周以上にもなるという味の素冷凍食品の「ギョーザ」。発売から45年、冷凍食品、売上日本一を誇るロングセラー商品です。1972年に発売された、この冷凍「ギョーザ」。

しかし、認知度はなかなか上がらず、販売数は、横ばいが続きました。そんななか大きな転換点となったのが1997年。開発したのは、ギョーザの底に油を付ける技術。

油なしでも、パリパリの食感がするギョーザは、大ヒット。さらに、2012年、ギョーザの底に、油だけでなく、水の成分も付着させた「羽根の素」を付け、ついに、水なし油なしで、誰でも簡単に「羽根付きギョーザ」が作れる商品が誕生しました。

この技術革新がさらなるヒットを呼び、冷凍のみならず、チルドを含めても、味の素冷凍食品の「ギョーザ」は、日本一となりました。








制作・著作 テレビ東京
デザイン制作 スマートキャンプ
図でわかるWBSロングセラー研究所より転載
作者名:松岡 譲

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事