Article square balloon green
2019-02-19

経理とは | 業務の基本・仕事内容・会計や財務との違いも解説

経理は、企業運営において欠かせない資産を管理する仕事で、出納管理から決算報告まで幅広く担当し、会計や財務の業務と異なります。仕事内容は日次・月次・年次業務の3つに分けられ、忍耐強く問題に着手し、解決する能力やマネジメント能力が求められます。 ※初回公開日 2017/07/30
求人・転職情報
Large

人気おすすめ転職サービスTOP3

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 doda 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 「年収査定」や「キャリアタイプ診断」などコンテンツが充実 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

経理とは

経理とは、会社の事業をすべて数値化し、どのようなお金の動きがあるのかを可視化する仕事です。金銭の出し入れを帳簿に記録し、収支のバランスを管理します。

経理が扱う情報は経営判断の重要な要素で、企業にとって欠かせないのはこのためです。

会社のお金を管理する大事なポジションであるため、経営者の考え方や方針を理解しておく必要があります。規模の小さな企業では会計・総務、または人事が経理を兼ねるケースも珍しくありません。

会計や財務との仕事の違い

経理と会計・財務が同じ業務だと、勘違いしやすいかもしれません。会社のお金を管理するという点では重なる部分はありますが、それぞれの業務は異なります。経理と会計・財務との違いを説明します。
   

経理と会計の違い

会計とは、お金の出入りを計算・記録する管理全般のことで、経理の仕事の一部にあたります。また設備や備品といった資産の管理も請け負います。

会計は管理会計(売り上げ・利益の管理)と財務会計(伝票の作成・帳簿の記帳)の二つに分かれます。これらの会計業務に加え、経理は幅広い仕事を担当します。

経理と財務の違い

経理と財務は全くの別物です。財務では主に今後の資金運用と、融資などの資金調達を扱うため、経営陣と相互の理解・認識が必要です。

経理は決算書を作成する人で、財務は経理の作った決算書を利用して計画を立てる人という違いがあります。

経理の仕事内容

経理の主な仕事は、伝票を作ったり帳簿への処理をしたりすることです。会社のお金が動くたびに伝票を作って帳簿にまとめるのは、経理の基本的な仕事です。

経理の仕事は、会社の規模によって異なりますが、主に日次・月次・年次業務の3つに分けられます。経理職についた際は、各サイクルを理解しスケジュール管理をすることが大切です。

経理の日次業務

日次業務としては、日々の出納管理や伝票への記帳、仕入れ・売上の管理などが挙げられます。金銭を実際に動かす業務が多く、一度に動かす金額も大きいため慎重に作業する必要があります。

  • 入出金をはじめとした出納管理
  • 経費精算業務
  • 伝票起票業務
  • 経理システムへの入力業務
  • 受発注・在庫管理業務
  • 取引先登録・与信業務

経理の月次業務

月次業務には、取引先への請求・支払い、月次決算書の作成などがあります。

  • 取引先売上入金管理
  • 取引先への支払業務
  • 売掛金管理業務
  • 請求書発行
  • 給与計算・支払業務
  • 源泉税・住民税計算・支払業務
  • 月次決算作成

請求書管理は営業が、給与計算は人事が担当することもあります。しかし出納管理や支払は経理が担当するので、全面的に他部署に任せることはできません。

経理の年次業務

年次業務には、税の申告・決算業務、翌年度の予算編成などがあります。また、企業によっては年末調整を担当することもあります。繁忙期は、各年度の始まりや終わり(4〜6月、1〜3月)であることが多いです。

  • 年次決算・連結決算作成
  • 税務申告・支払業務
  • 開示資料作成
  • 年末調整
  • 社会・労働保険料計算・申告業務

経理の詳しい仕事内容について知りたい方は、次に記事を参考にしてください。

経理業務の仕事の流れ(フロー) | 効率化ポイント・注目経費精算サービス解説 | ボクシルマガジン
日次、月次、年次で行われる経理業務の仕事内容と基本知識について詳しく解説します。また、経理業務を効率化させる近年注...

経理に必要なスキルは?

経理の仕事において絶対に必要ではありませんが、簿記は2級以上が好ましく、くわえてエクセル・ワードのスキルがあると望ましいとされています。

簿記などの資格勉強をお考えの方は、次の通信講座の活用も視野に入れましょう。

Foresight(フォーサイト)

Foresight(フォーサイト)は、さまざまな難関資格に対応した通信講座です。教材のテキストはフルカラー、専任講師による講義DVD・CD、スマホやパソコンで学習できるeラーニングなど充実しつつリーズナブルな価格を実現しています。

それ以外にも経理で活躍するために身につけておくべき4つのスキルがあります。
   

問題解決能力

会社の未来は誰にも予想はできません。突然予期せぬ問題が起きてしまうかもしれません。そんなとき、経理として問題を解決できるか、改善策を提案できるかが重要になります。

経理はお金を管理することだけが仕事ではなく、会社のお金の流れを見て、具体的な解決策や提案をする問題解決能力が求められます。自分が経営者だったらという視点を持ちつつ、管理することがポイントです。
   

忍耐力

経理の仕事はお金の数値管理がメインになるので、細かい作業がたくさんあります。取引の量だけ作業が増えるため、忍耐強く作業をさばいていくことはもちろんのこと、細かい部分にも目を配らせなくてはいけません。

マメな作業を面倒がらずにこなす忍耐力と、作業の正確性が求められます。1円のズレも許されない作業ばかりなので、几帳面な性格の人に向いているでしょう。
 

マネジメント能力

経理としてお金の流れを把握する仕事は、会社がどのような事業やプロジェクトで動いているのかを把握することでもあります。スタッフの動き方を指示し、管理するマネジメント能力も同時に必要になります。

リーダーシップを持ってマネジメントし、チームとして仕事をこなすことが重要です。任せれた仕事をこなすだけではなく、自発的に動ける人材でなくてはなりません。

コミュニケーション能力

経理の仕事では円滑に意思疎通するコミュニケーション能力も必要です。企業内の部署はもちろん、税理士とのやり取りもあります。

ほとんどの従業員は経理に関する知識が乏しいので、不備の訂正や改善要望の伝達が繰り返し行われます。これらのやり取りをスムーズに行うためにも関係性を悪化させないコミュニケーションが必須です。


プロジェクト全体をマネジメントする能力を獲得したい方は、次の記事を参考にしてください。

プロジェクトマネジメントとは?プロジェクトを管理する代表的な手法を解説 | ボクシルマガジン
プロジェクトマネジメントとは、与えられた目標を成し遂げるために、人材配置・資金調達・設備・スケジュールなど、プロジ...

経理はやりがいがある重要な仕事

経理はコストとリターンを可視化するのが主な業務です。データをもとに経営層が事業計画を策定するため、経理の仕事は重要です。

地道な日々の業務には根気が求められるものの、健全経営には欠かせない存在であるといえます。企業を支えているという誇り・やりがいを感じられる職務だといえるでしょう。

事業の舵取りに重要な知見が得られる経理の仕事に挑戦してはいかがでしょうか。

経理への転職、経理からの転職をお考えなら

「いい就職.com」

いい就職.comでは未経験でも応募できる求人が多く、職種の選択肢が広いのが特徴です。またサービスは全国対応なためどこにいても利用可能です。いい就職.comの最大の特徴としては入社前に1~4週間ほど、入社予定の企業に、体験入社できるインターンシップ制度があります。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用している社会人向けの大手転職サイトです。掲載人数は9,000件超、新着・更新求人は毎週2,000件以上となっています。求人の幅も業種・業界ともに広く、どの年代であっても利用できるのが強みとなっています。料金プランとオプションは情報量と表示順に応じて5段階のオプションがあるので、好みに応じて好きなように選択できます。

「DODA(デューダ)」

DODA(デューダ)は、転職サイトとしての機能以外に、転職エージェントのサービスも充実しています。そのため、あなたの適正年収を教えてくれる「年収査定」やどんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」などのコンテンツが充実しています。

「ウズキャリ既卒」

ウズキャリ既卒は既卒者に対してたくさんの求人を紹介してくれるのが最大の特徴です。また、ウズキャリ既卒は「他社の20倍サポートに時間をかけます」と宣言していますがこれは決して誇張ではなく、献身的でかなり充実したサポートを受けることが出来ます。離職率の高い企業は紹介しないというポリシーもあり、その結果カウンセリングを経て就職した人の離職率は極めて低いです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事