コピー完了

記事TOP

クレジットカード決済とは|仕組みや導入するメリット・おすすめの法人システム

最終更新日:
クレジットカード決済とは、ネット通販などオンライン上で買い物ができる決済方法の1つです。本記事ではクレジットカード決済の仕組みや手数料、導入するメリットについて解説し、おすすめのクレジットカード決済システム比較を紹介します。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の仕組みを理解するには、「購入者」「ネットショップ店舗」「クレジットカード会社」の関係性について知る必要があります

3者間の関係性を説明した後に、クレジットカード決済代行会社を加えた4者間の関係について解説します。

クレジットカード決済の流れ

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の仕組み、流れは次のとおりです。

  1. 購入者がネット通販で商品を購入し、クレジットカード決済を選択
  2. クレジットカード会社から店舗に代金が支払われ、店舗からクレジットカード会社に決済手数料が支払われる
  3. クレジットカード会社から購入者に購入した分の代金が請求され、登録された口座から代金が差し引かれる

クレジットカード決済において購入者は、カード会社に代金を立て替えさせ後で代金を払っているのです。

また、日本国内では、クレジットカード会社が提示する「加盟店規約」によりネットショップ店舗が決済手数料を負担するよう定められています。(現金利用者よりもクレジットカードの利用者が金額を多く支払うことがないようにするため)

クレジットカード決済代行会社の仕組み

クレジットカード会社は多数存在し、店舗と直接契約を結んでいる場合もあります。しかし、数が多いと代金の受け取りや決済手数料の支払いに大きな手間がかかる場合があります。

そこで登場するのが「決済代行会社」です。クレジットカード決済代行会社の仕組みについて解説します。

クレジットカード決済代行会社の仕組み

決済代行会社はそれぞれのカード会社と連携し、店舗に対する代金の支払いと決済手数料の受け取りを一元化して管理できます。

決済代行会社によって、店舗側の負担を大きく減らせるようになりました。

クレジットカード決済の手数料

クレジットカード決済で「手数料」という言葉は主に2種類に分けて使われます。

購入者が支払う手数料

クレジットカード決済では、購入者が一括払いを選択した場合には手数料はかかりません。分割払い、リボ払いなど、一括払い以外の支払い方法を選択した場合に手数料がかかり、この手数料はカード会社によって異なります。

決済手数料(加盟店手数料)

店舗は、購入者がクレジットカードで商品やサービスを購入すると、利用したカード会社に決済手数料(加盟店手数料)が発生します。

この決済手数料を購入者に請求することは禁止されていて、必ず店舗が払わなければならないことになっています。

クレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済の導入は事業者と購入者の双方にメリットをもたらします。それぞれのメリットについて説明します。

事業側のメリット

店舗側がクレジットカード決済を導入するメリットは次のとおりです。

購入単価が上がる

現金払いと比べ、クレジットカード決済の方が購入単価が高くなる傾向があります。そのため、一回の買い物における利益貢献度が高いです。

多様な支払い方法による満足度向上

今やほとんどの店舗やネット通販でクレジットカード決済を使えることが当たり前になっており、1番選ばれている決済方法でもあります。

クレジットカード決済を行えない場合、不満を持った顧客が定着しない場合があります。

購入機会の損失を防止

現金の持ち合わせがないときでもクレジットカード決済を利用できることもクレジットカード決済の特長です。また、分割払いなど多様な支払い方法を選択することもでき、販売機会の損失を防げます。

購入者側のメリット

クレジットカード決済を導入した際の購入者側のメリットは次のとおりです。

負担軽減

高額商品を分割払いできたり、持ち合わせがなくてもその場で購入できたり、クレジットカード決済によって購入者の負担を軽減できます。

ポイントが貯まる

近年クレジットカードを利用するたびにカード会社がポイントを付与するケースが増えていて、ポイントを貯めて景品と交換できたりします。

クレジットカード決済の導入方法

クレジットカード決済の導入方法には、各カード会社に連絡をして個別に審査を受けて契約を結ぶ「直接契約方式」と導入手続きを決済代行会社にまとめて依頼する「決済代行会社経由契約方式」があります。

直接契約方式 決済代行会社経由契約方式
1社ずつ手続き 一括導入
各カード会社ごとの管理 精算や入金の管理が楽
セキュリティ力の向上に追加投資 セキュリティ対策も充実

クレジットカード決済の導入方法は、決済代行会社経由契約方式がおすすめです。決済代行会社経由契約方式なら導入の手間や時間がかからず、一度に複数のクレジットカードブランドを導入できます。

クレジットカード決済を導入する流れ

クレジットカード決済の導入審査は、数週間から1か月ほどかかります。導入する際は、遅くても1か月前には決済代行会社に申し込んでおきましょう。

クレジットカード決済を導入する流れは次のとおりです。

  1. ネット申し込みor電話問い合わせ
  2. 一次審査
  3. 二次審査
  4. 初期設定・利用可能
  5. 管理画面から運用開始

審査では、販売する商品のカテゴリーや画像の登録が行われているか、特定商取引法に基づくページが記載されているか、運賃や代引手数料が明記されているかなどが見られます。

おすすめクレジットカード決済代行サービス比較

おすすめの法人向けクレジットカード決済代行サービス、システム比較を紹介します。

決済代行サービスの比較

ボクシルでは、実際にサービスを利用した人の評価や口コミをまとめて比較できます。
気になったサービスを選んで比較してみてください。

Paid(ペイド)

  • 請求業務から解放
  • 小口取引でも掛売り対応
  • 未回収リスクがない

ペイドは、掛売り決済に特化した決済代行サービスです。主にBtoBマーケティングで利用される掛売りに対して、与信管理から代金回収業務まですべての請求業務を代行し、未入金が発生した際も100%代金を支払ってくれます。

また、サービスの基幹システムやECサイトとPaidを連携できる「API連携サービス」を用意されていて、無駄な手作業なく請求フローを自動化できます。

SBペイメントサービス - SBペイメントサービス株式会社

SBペイメントサービス - SBペイメントサービス株式会社 画像出典:SBペイメントサービス

  • ソフトバンクグループの決済代行システム
  • 不正対策とマーケティング支援の無償附帯
  • カード加盟店契約会社の立場から対応

SBペイメントサービスは、あらゆるビジネスシーンで活用できる決済サービスを総合的にサポートする決済代行システムです。

幅広い決済方法に対応しており、クレジットカード決済をはじめ、キャリア決済・後払い決済・コンビニ決済など20種類以上の「オンライン決済」が可能です。

また、無償のプレスリリース配信サービスと、オンライン決済ASPに付帯する不正検知・保証サービスの利用もできます。決済代行会社でありながらも、Visa、MasterCard、銀聯の加盟店審査を行えるクレジットカード加盟店契約会社という立ち位置も有しているため、審査から決済サービスの提供までをスピーディーに行えます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SBペイメントサービスの資料を無料DL

NP掛け払い - 株式会社ネットプロテクションズ

NP掛け払い - 株式会社ネットプロテクションズ 画像出典:NP掛け払い公式サイト

  • 掛売りのリスク100%保証
  • 請求業務の一括代行
  • 個人事業主にも対応

NP掛け払いは、請求書後払いによる取引をリスクなしで可能にするアウトソーシング決済サービスです。
掛け払いをする際に発生する支払い遅延、未払い、倒産の場合でも代金を100%保証するため、未回収リスクなしで安心して利用できます。掛売りに必要とされる膨大な業務(与信管理請求書発行、督促、代金回収)などはすべて一括代行できて、決済業務にかかる非生産的な時間を減らせます。また個人事業主や中小企業といったリスクの高い取引先にも掛売りできるので、積極的な顧客層の拡大が実現できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NP掛け払いの資料を無料DL

以下の記事で決済代行サービスをまとめて紹介しています。ぜひご覧ください。

人気のキャッシュレス決済サービスTOP3

ここからは人気のキャッシュレス決済サービスを3つ紹介していきます。

1位:ゼロ円ではじめるスマホ決済「PayPay」

PayPayは、顧客の飲食代や販売商品・サービス代金をスマホで簡単に決済できる、話題のスマホ決済サービスです。システム加盟店舗は、初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円で利用できます。従業員の手間も削減でき、顧客満足にもつながるため、大手飲食店から個人店舗まで多く導入されています。申込みもWebから簡単に完了します。加盟店申込みはこちらから。

2位:AirPAY(エアペイ)

  • 振込手数料・月額固定費0円
  • 決済手数料3.24%~
  • 通常19,800円のカードリーダー代0円(期間限定)

エアペイは、リクルートグループのカード決済サービス。振込手数料・固定費・カードリーダー代(期間限定)は無料。決済手数料は3.24%と業界でも最安水準。

申し込み利用まで1週間ほどかかるので、スクエアと比較すると利用開始までに時間が必要となります。

3位:Square(スクエア)

  • 他サービスにはない低価格
  • 最短で翌営業日入金
  • 持ち運んでの利用も可能

スクエアは、決済手数料のみで運用できるクレジットカード決済サービスです。ICカードリーダーをスマートデバイスのイヤホンジャックンに差し込むだけで利用でき、WiFiまたは、4GやLTEなどのモバイルネットワーク通信で利用できます。

最短で申し込み当日から利用可能で、カード決済の申し込みはすべてオンライン、数分程度で完了します。最短当日から利用できるので、イベントでの利用も可能です。

クレジットカード決済サービスを導入しよう

クレジットカード決済には店舗側にも多くのメリットがあり、決済手数料を払わなければならないという事実にもかかわらず、普及の波は収まりません。

それに伴い、アプリをインストールするだけで利用できたり、スマートデバイスと連携してカード決済を簡単に行えたりするサービスが多く登場しています。

まだカード決済システム・サービスを導入していない店舗の方はぜひ導入を検討してみてください!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

クレジットカード決済
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
クレジットカード決済の最近更新された記事