{{ message }}
Article square balloon green
2017-08-10

生産性向上のポイントまとめ|生産性の考え方や取り組み手順・成功事例を解説

日本の労働人口は減少する一方です。こうした中、政府や企業では働き方改革の重要性が叫ばれています。企業や組織が生産性向上を実現するために何をすべきなのでしょうか。企業の生産性を向上させるポイントを紹介します。
- PR -
- PR -
Large

グローバル競争が激しくなっている現代では、生産性向上が企業生き残りのためのキーワードともなっています。

しかし、世界的に見た日本の労働生産性は、主要7か国の中で20年連続で最低水準にとどまっているだけでなく、OECD加盟34か国の中でも下位に位置しており、とても生産性が高いとは言えない状況です。

その原因の一つには、「製造現場での改善から生産性という概念が普及」したという、製造業が中心となって発展を遂げた日本の状況があり、「生産性向上は改善によるコスト削減」という感覚になってしまい、製造業を含む多くの企業で、生産性向上に取り組みたいがそのための方法が分からなかった、ということが考えられます。

少子高齢化が進み、労働人口が減少する日本では、一人ひとりの生産性を高めることでこうした状況を乗り切る必要があります。この記事では、生産性とは何か、生産性向上を実現させるための方法、事例とともに生産性向上へのおすすめの取り組みをご紹介します。

そもそも、「生産性」とは何か

そもそも生産性とは、企業などが生み出す成果をどれだけの経営資源を投入して達成したのか、という比率であり、「生産性 = 成果 ÷ 投入資源」で割り出すことが可能です。

つまり、生産性を向上させるというのは、この比率を高めることであり、生産性向上を達成した企業の経営状態が安定することで、業務の効率化による労働時間の短縮、成果の増加による賃金の上昇というメリットを生み出します。

では、生産性向上のためにはどのような方法があるのか考えてみましょう。

上述の計算式から見えてくることは、大きく「成果を増やす」「投入資源を減らす」かの2つがあり、さらに、それぞれにはそれを「改善によって」行うか「革新によって」行うかという2つがあるため、合計で4つの方法があるということになります。

たとえば、付加価値の高い商品やサービスを開発して成果を増やすのは「革新によって成果を増やす」方法、業務工程を減らして納期を短縮するのは「改善によって投入資源を減らす」方法ですが、生産性向上を実現するため具体的にどのようなことが行われているのか、いくつかの事例をご紹介していきます。

事例(1)リフト付特殊車両送迎車を導入した介護事業者

介護サービスの利用者を車で送迎していた介護事業者ですが、利用者には車椅子を使用している方も多く、車椅子の運搬は重労働で複数人で対応していました。

この問題を解決するためリフト付特殊車両送迎車を導入したところ、従来の半数の人数で送迎をすることができるようになり、人員体制を見直して付加価値の高い業務に割り振ることが可能となりました。

この例では、一見投入資源を増やしているように見えますが、長期的に見ると人的リソースを有効活用することによって成果を増やす、つまり改善によって成果を増やす方法であることが分かります。

この場合の投入資源となる車両費用は、条件によっては国の助成金が得られる場合もありますので、投入資源を抑えることも可能でしょう。

事例(2)定例会議をすべて廃止したソフトウェア開発会社

東京と松山に拠点を持つソフトウェア開発会社は、生産性の向上と効率化を目指し、業務プロセスの中で意味のない業務をしていないか見極めるため、一定期間、すべての定例会議を廃止しました。

期間中のコミュニケーションにはオンラインを活用しましたが、定例会議をなくすことにより、必要な時にはメンバー間で柔軟にミーティングを行えることが判明する一方、別の拠点のメンバーとは意思の疎通が難しくなることも判明しました。

これを踏まえて、拠点間の定例会議は維持しつつ、議題がなかったり、急ぎでない場合は定例であっても会議をスキップするという方針が固まり、効率化が果たせました。

この場合は、定例会議に費やされるリソースを減らして効率化を図る、つまり改善によって投入資源を減らす方法となっていますが、達成された効率化によって成果を上げていくことも期待でき、最終的に生産性向上につながっていきます。

これはまさに業務改善策の基本となるスクラップ&ビルドであり、ムダなことの削減・効率化(スクラップ)を行った上で、注力したい業務に集中できる体制を再構築(ビルド)した例と言えます。

生産性向上のポイント

1. 生産性向上の目的と改善したい領域を明確化

何のために生産性向上を目指すのか、売上げや利益を増やすため、というような目的を決めます。次に、現在の業務がこのまま続いたとしたら将来はどうなってしまうのか、という予測を行うことで、新規顧客を増やさなければ、というような改善ポイントが見えてきます。この2つのポイントを明確にし、関係者間で常に共有しつつ意識していくことが重要です。

2. 現状の問題を洗い出し方向性を決定

改善したいポイントが明確になれば、現状で改善できていないのはなぜなのか、問題がどこにあるのかが明確になり、問題解決を行い、目的に向けて進むべき方向性が見えてきます。その方向性には、全く正反対を向いた複数の選択肢があるかもしれませんが、最善の策だと思える方向性を見極め、決定していく必要があるでしょう。

3. スクラップ&ビルドの業務改善

生産性向上を実現する事例でも述べましたが、改善によって投入資源を減らす方法、つまり業務改善策の基本となるスクラップ&ビルドを行い、達成された効率化によって成果を上げ、生産性向上を実現していく方法です。この方法は、比較的実行に移すのが容易なこともあり、業務プロセスに問題を感じている場合には効果的です。

4. 個々でのスキル習得

限られた時間の中で従来と同じ成果をあげるためには、個々のスキル習得が効果的です。具体的にはプロジェクトマネジメント能力および、タイムマネジメント能力を向上させ、改善によって投入資源を減らしていきますが、さらに個々が専門的なスキルを習得することによって、革新による成果の増加をもたらすことも可能になります。

生産性向上の実現に必要なものとは

人材が不足していく中で、企業が健全な経営を維持していくためには生産性向上の取り組みは欠かせません。

そのためにできることを事例を含めてご紹介させていただきましたが、一口に生産性向上の実現と言っても、マネジメント側と現場では問題意識にズレがあることも多いのが現状です。

意見もまとまらず方向性も定まらない、または実行してみた方法が機能しない、といった経験をお持ちの方も多いでしょう。

企業が生き残っていくために生産性向上を実現させることは、もはや必須とも言える状況の中、こういった問題が起こってしまうのは、現状を把握するためのコミュニケーションが足りていない、関係者間で問題点や改善点を共有できていない、ということが原因なのかもしれません。まずは、基本的な意思疎通を重視し、コミュニケーションを行うことをおすすめいたします。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
生産・販売管理
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業、株式会社ZAICO、株式会社イー・コモード
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
編集部からのオススメ