{{ message }}
Article square balloon green
2017-08-09

白色申告とは | 青色申告との違いやメリット・手順を徹底解説

白色申告の意味やメリット、青色申告との違いをご存じですか?手順は確定申告をする際の、白色申告と青色申告との違い、個人事業主に最適なのはどちらなのか、白色申告の手順などを解説します。
- PR -
- PR -
Large

個人事業主として事業を行っている方は毎年、確定申告を行っていることだと思います。

業種や規模はさまざまでしょうが、その事業主が行う確定申告は、「白色申告」もしくは「青色申告」の2種類に分けることができます。

しかし、実務に追われる中で深く考えずに白色申告で確定申告をされている方もいるのではないでしょうか。今回は、白色申告とはどのようなもので、どういった手続きになるのか、青色申告と比較しながらご紹介していきます。

白色申告とは

白色申告とは、年収が300万円を超えない事業主が確定申告をする方法です。日本では、納税者が所得と税額を計算して確定申告する「申告納税制度」が採用されていますが、白色申告では記帳や帳簿保管の義務がないなど、簡易的に手続きができるメリットがありました。

しかし、平成26年1月より制度が変更になり、事業所得、不動産・山林取得のある、白色申告を行う全ての人が、帳簿等書類を保管しなければならなくなりましたので注意が必要です。

白色申告と青色申告の違い

白色申告と青色申告は、大きく上図のような違いがありますが、一番大きな違いは、青色申告には届け出および、開業届を行う必要がありますが、白色申告はその必要がありません。

その他、青色申告では決算書に損益計算書 / 賃借対照表の用意が必要なのに対し、白色申告では収支内訳書と簡易的にされているメリットがある反面、専従者給与の制限や、特別控除がない、赤字の繰越ができないなどのデメリットもあります。

白色申告か青色申告か?事業者によって最適なのはどっち?

白色申告の場合

白色申告のメリットは、申告が収支内訳書という比較的簡単に作成できる事務作業で済むことであり、現金出納帳や家計簿とあまり変わりません。また、経費の総額が少ない事業者も、青色申告にするメリットがないと言えます。つまり白色申告が向いている事業者は、経理の経験がない、年の中途から事業を開始し収入が少ない、収入の少ない副業である、経費の総額が少ない、などが当てはまります。

青色申告の場合

青色申告のメリットは、専従者給与の制限がなく特別控除額があるということですが、その分準備しなければならない書類も専門的になってきます。つまり青色申告が向いている事業者は、10万円の節税を希望する、不動産・株式の収入がある、経理担当者がいる、収入が65万円以上などが当てはまります。さらに、法人設立予定がある、事業に高額の資産を投じている、従業員を雇用しているなどの場合は、青色申告が必須です。

青色申告について詳しく知りたい方は、次の記事もぜひご覧ください。

青色申告の必要書類・書き方を画像や図で解説 | テンプレート付き | ボクシルマガジン
独立したての個人事業主やフリーランサーにとって必要となるのが「青色申告」についての知識でしょう。ですが、簿記や会計...

白色申告の手順

白色申告の流れは、まず経費申請の準備として、前年の1月〜12月の領収書、レシートを集めることです。その後、領収書を科目事に仕分けし、収入と経費を記帳した帳簿を作成して決算を行います。その内容を元に提出書類を作成して提出まで行えば完了です。もちろん都度、帳簿の記帳と同時に領収書等の仕分けも行っておけば、慌てることはありません。

記帳

すでにご紹介した通り、白色申告の場合でも帳簿への記帳が義務化され、帳簿は7年間、請求書・領収書等は5年間保管しなければなりません。

しかし、この帳簿は「収入」と「経費」を取引年月日、取引先、金額とともに記帳するというシンプルなものですので、難しいことはありません。帳簿自体は文房具店で販売している簡易帳簿を利用しても、Excelを利用しても、会計ソフトを利用してもかまいません。

決算

法人企業の場合は、決算期間を自由に設定可能ですが、個人事業主を含んだ白色申告で確定申告を行う方は、決算期間が申告の前年、1月1日〜12月31日と決まってしまっています。このため、必然的に決算は12月末に行うことになります。前段階で帳簿への記帳は済ませていますので、対象期間で区切って決算を行いましょう。

書類作成

決算が完了したら、税務署への提出書類を作成します。白色申告の場合は「確定申告書B」および「収支内訳書」の作成が必要となります。国税庁のホームページから申告書をダウンロード・プリントして記入する、国税庁の書類作成ページで申告書類作成してプリントする等の方法がありますが、申告書類作成ページを利用すると、記入例やQ&Aが充実しているのでおすすめです。

提出

白色申告での確定申告は、1月1日〜12月31日の決算期間翌年、2月16日〜3月15日の期間に提出する必要があります。前段階までで作成した申告書類を、この期間内までに税務署に提出しにいくか、郵送してください。書類を作成せずにインターネット上で申告できるe-Taxも利用できますが、事前準備と経費が必要になりますので、提出方法は必要に応じて選択してください。提出前に、記入モレやミスがないか再度チェックを忘れずに。

青色申告へ切り替えよう

ここまで、白色申告の概要や申告の手順をご紹介しましたが、実は青色申告の控除10万円枠の場合、記帳が簡易帳簿となっており、申告の手間が白色申告とあまり変わりません。異なっている部分は、「所得税の青色申告承認申請書」を提出しているかいないかだけであり、白色申告のメリットが少なくなってしまった現在、しかるべきタイミングで青色申告に切り替えてしまうのがおすすめです。

所得税の青色申告承認申請書は、国税庁のホームページからダウンロードできますが、提出期限が次のように定められていることに注意が必要です。

  • 新規開業:開業日が1月1日〜16日の場合は、その年の3月15日まで。それ以外は開業から2か月以内。
  • 白色申告からの切り替え:青色申告をしようとする年の3月15日まで。

青色申告のすすめ

過去には、帳簿への記帳や保管の義務がなく、申告のための事務作業が減らせた白色申告ですが、現在ではそのメリットもなくなってしまい、事務作業負担がそれほど変わらない、控除額10万円の青色申告の方が多くのメリットを持っています。一定の条件で、白色申告が適している事業者も存在することはご紹介しましたが、そういった方も今から準備を進めて、青色申告に挑戦してみることをおすすめいたします。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ