Article square balloon green

スマホアプリ開発・作成ツールまとめ | 初心者でも製作可能?【iOS/Android】

スマホ用のアプリ開発はiPhone(iOS)・Androidプログラミングの知識や経験がないとできない、と思い込んでいませんか?どのような知識と環境が必要なのか、おすすめのツールとともに紹介します。※初回公開日2017/8/22
開発
Large

iPhoneやAndroidのスマートフォンやタブレット端末は、日本国内はもちろん世界中で普及が進んでいます。これらの端末が持つ最大の特徴は、インターネット上にあるオンラインで登録されているさまざまなアプリを追加でインストールできることでしょう。

アプリは、毎日その種類と数を増やしており、数億人を超える人々が好みのアプリを自在に活用しています。アプリ開発には、企業のみならず多くの個人も参加しており、ヒットすれば莫大な収益を得ることができます。そのため、アプリ開発を手がけてみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、プログラミングの知識や経験のない方は、アプリ開発を始めるのをためらってるかもしれません。ここでは、そんな初心者の方がアプリ開発を行うため、どのような知識が必要なのか、開発のためにどのようなツールが必要なのかを、アプリ開発のおすすめツールとともにご紹介していきます。

アプリ開発の前に

実際にアプリ開発を始める前に、アプリ開発のために何が必要なのかという知識を得て、対象にするOSを選定したり、開発環境を整えたりする必要があります。今回は、アプリ開発に「必要な知識」と「必要な環境」に分け、それぞれを解説していきます。

アプリ開発に必要な知識

  • アプリ開発の現状

スマートフォンOSには、大きくiPhone用のiOSとAndroidが存在し、日本でのシェアはほぼ半々となっています。それぞれのOS向けに開発されたアプリは、iOS用の「App Store」Android用の「Google Play」などの販売プラットフォームを経て購入・ダウンロードする仕組みになっています。開発環境が充実してきた現在では、膨大な数のアプリが公開されているだけでなく、新たなアプリのリリースも次々に行われ、競争は激化しています。

  • アプリ開発のメリット・デメリット

競争が激化しているということは、時間をかけて開発・公開したアプリが注目されず、利用される可能性が低いというデメリットがあるかもしれません。

しかし、有料アプリの開発や、無料アプリ内に広告を埋め込むなどで、副収入としての利益を上げることは可能ですし、アプリ開発を通じてプログラミングに慣れ親しむことによって、転職や就職の助けになるというメリットもあります。アプリ開発は、ゲーム業界等に限らず行われる傾向もありますので、特に転職や就職には有利になるかもしれません。

アプリ開発に必要な環境

  • Apple社製PC(Mac)

iPhone用のiOSアプリ開発を行うにはApple社のMacが必要になります。MacがあればiOSアプリ開発だけでなく、Androidアプリの開発も可能です。

Windowsでは、これまでAndroidアプリ開発は行えても、iOSアプリ開発は行えませんでした。それが2017年5月、Xamarin Live Playerという開発ツールが登場し、iOSアプリの開発が可能になりました。

しかし、まだまだiOSアプリの開発ではMacを使うケースが多く、どちらのアプリも開発する可能性があるならば、Macを準備しておくのが効率的かもしれません。

Macを準備する際は、デバッグというアプリの動作確認作業に耐えうるマシンスペックが必要ですが、現時点で販売されているMacであれば問題ないでしょう。

  • Xcode

AppleがiOSアプリ開発のために無償提供しているソフトウェアがXcodeです。詳細はAppleのWebで見ることができますが、iOSアプリの構築、実機検証、デバックという、アプリ開発を一元化した統合開発環境を持っており、iOSアプリ開発のためにXcodeは欠かせないソフトウェアとなっています。

XcodeはApp Storeから入手可能ですが、Apple IDが必要になりますので、Macを導入した際は忘れずにApple IDを作成しておきましょう。

  • Apple Developer Program

上述したように、開発したiOSアプリはApp Storeを通じて販売・ダウンロードされますが、アプリ開発者が作成したiOSアプリをApp Storeで公開するためには、Apple Developer Programに登録を行う必要があります。

Apple Developer Programの登録は有料となっており、年間1万1,800円が登録料としてかかります。しかし、解約すると公開したアプリのダウンロードができなくなってしまいますので、継続してダウンロードしてもらうには登録の継続が必須となります。

  • Android Studio

iOSアプリ開発に必要なのがXcodeだとすれば、Androidアプリ開発環境に必要になるのがAndroid Studioです。このソフトウェアはAndroid StudioのWebから無償ダウンロード可能となっており、Androidアプリ開発に必須のSDK Toolもダウンロードできます。

Android Studioは、Windowsだけでなく、MacやLinuxにもインストールが可能で、幅広いプラットフォームに対応しています。対応しているマシンスペックもWebに記載されていますので、確認してみることをおすすめします。

アプリ開発におすすめのツール紹介

Buildy

  • 手軽なスマホサイト・アプリの作成と連携
  • 双方向コミュニケーション含む多彩な機能
  • 低コストで簡単な運営を実現

Buildyは、グラフィカルなインターフェイスを持ち、直感的にスマホサイトやiOS / Androidアプリを作成できるツールです。スマホサイトとアプリ作成のみならば無料で利用できる手軽さに加え、アプリの公開やプッシュ通信、クーポン配信などを含む多彩な機能に対応するリーズナブルな月額プランも用意されています。アプリと連携したスマホサイトを運営し、売り上げや客足をのばしたいと考える店舗運営などに最適です。

Monaca

  • Web担当者向けのHTML5アプリ開発環境
  • クラウド/ローカル両対応の制作環境
  • アプリの開発・運用を統合サポート

Monacaは、企業のWeb担当者がアプリ開発を行いやすい、HTML5をベースとしたiOS / Androidアプリ開発ツールです。企業や開発者の用途に合わせ、ブラウザベースだけでなくローカル開発環境を整えており、アプリのパフォーマンス問題も解決しています。また、アプリ公開、データ分析を含むアプリのライフサイクルを総合的にサポートすることにより、アプリの開発・運用を効率的に行うことが可能です。

Yappli

  • テンプレートベースで簡単なアプリ作成
  • マルチプラットフォーム対応のアプリ作成
  • オプションでアプリ利用分析にも対応

Yappliは、使いたい機能を選び、デザインを設定、コンテンツを登録するだけでアプリの登録代行まで行ってくれる、簡単で素早い運用が可能なアプリ開発ツールです。さらに法人用プランであれば、スマートフォンだけではなく、iOS / Android搭載のタブレットやiWatch用にも最適化できるマルチプラットフォーム対応も可能。その他、各種オプションの利用、アプリの制作サービスにも対応など、要望に応じたカスタマイズも可能です。

appery.io

  • iOS / Androidハイブリットアプリの開発
  • 多彩なプログラミング言語を内包したIDE
  • アプリの機能性を高める多彩なプラグイン

appery.ioは、グラフィカルなインターフェイスを持ち、ドラッグ&ドロップで直感的にアプリの作成、Web上で開発からテストまで行うことが可能なアプリ開発ツールです。多彩なプログラミング言語を内包しているため、iOS / Androidをはじめとした多くのアプリ形式に書き出すことが可能なハイブリット開発環境を備え、データベースの構築やプラグインの実装など、幅広く開発できることが特徴と言えるでしょう。

Game Salad

  • ドラッグ&ドロップでゲームアプリを作成
  • 作成したゲームアプリをWebでプレイ可能
  • Game Salad PROはハイブリッド対応

Game Saladは、プログラミングの知識不要でゲームアプリを作成できるツールです。iOS / Androidはもちろん、多彩なプラットフォームに対応し、HTML5であればGame Salad Web上のArcadeにアップロードしてプレイすることも可能です。また、機能を充実させたGame Salad PROでは、作成したゲームアプリをそのままiOS / Androidなどのプラットフォームへ書き出しすることも可能です。

アプリ開発のハードルは高くない

プログラミングの知識や経験を持っていない方には、アプリ開発は技術的にハードルが高いもののように思えるかもしれません。しかし、ここまで紹介して来たように、グラフィカルなインターフェイスを持つiOS / Androidアプリ開発環境が整備され、ドラッグ&ドロップでアプリを作成する便利なツールが登場して来ている現在、アプリ開発のハードルは、思いのほか高くないことがお分かりだと思います。

そういった技術的な問題よりは、どのような目的で、どのようなアプリを開発するのかというアイディアの方が、アプリ開発成功のカギを握っていると言えるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事