Article square balloon green
2017-08-22

iPhoneアプリ開発の基本 | 知っておくべき公開までの手順【初心者向け】

iPhoneアプリを開発してビジネスに活用したい、ゲームアプリを開発してみたいと考えていても、プログラミング初心者はなかなか実行に移せないでいるかもしれません。そんな方に向けて、iPhoneアプリ開発の手順、その入門編をご紹介します。
その他職種
Large

日本でのスマートフォン普及率は非常に高くなっていますが、その中でもiPhoneはおよそ半数のシェアを占めており、世界的に見ても日本では圧倒的にiPhone人気が高くなっています。

その人気を特徴付けているものにアプリの存在があり、iPhoneアプリを開発してビジネスにつなげたいと考えながら、具体的にどうしたらいいかわからないという方も多いでしょう。

ここでは、iPhoneアプリ開発初心者の方に向け、iPhoneアプリ開発に何が必要で、具体的にどのような手順を踏んで作成、公開、収益までつなげたらいいのかをご紹介していきます。

iPhoneアプリ開発に必要なもの

iPhoneアプリを開発するには、iPhone本体やネット環境の他に、ハードウェアとソフトウェアが必要になります。といっても、特別なものが必要だというわけでもありません。順番に見ていきましょう。

Apple Mac

後述するソフトウェア「Xcode」をインストールするためにApple Macが必要となります。これはXcodeがMacにのみインストール可能となるためですが、そのMacもハイエンドのMac Proが必要というわけではなく、現行で販売されている機種であればMacBook Airでも問題ありません。しかし、メモリやストレージ容量はできる限り大きなものにした方が無難です。

また、ディスプレイのサイズが小さいと、作業面積も小さくなってしまいますので、この点は留意するようにしてください。

Xcode

Xcodeは、iPhoneアプリ開発に必須のソフトウェアとなり、これだけでアプリの開発からテスト、アップロードまでを行えます。

その機能は、プログラムを書くためのテキストエディタ、グラフィカルにアプリを作成できるインターフェイスビルダー、アプリにバグがないかテストを行うデバッガ、iPhone端末画面をシミュレートするiOSシミュレータなど、多岐にわたっています。

このXcodeは、App Storeより無償ダウンロードが可能ですが、Apple IDが必要になるので、登録は忘れずに行いましょう。

iPhoneアプリ開発の手順

Apple MacとXcodeの準備ができたら、早速、XcodeをインストールしてiPhoneアプリ開発を始めましょう。Xcodeインストール手順は、通常のmacOSアプリケーションと同様です。

プロジェクト作成

まずはアプリを構成するソースコードや画像を含む、必要なもの全てを格納しておくプロジェクトを作成します。

初期設定でテンプレート画面が表示されている場合もありますが、表示されていない場合はメニューバーからFile > New > Projectをクリックし、テンプレート画面を表示させます。

iPhoneアプリを作成するためiOS > Applicationを選択し、今回は一番シンプルなSingle View Applicationを選択し、Nextをクリックします。

オプション設定

次にプロジェクトのオプションを設定する画面になりますので、それぞれ設定を行っていきます。

  • Product Nameには、アプリの名称を入力します。変更も可能です。
  • Organization Nameには、会社名を入力しますが、空欄でもかまいません。
  • Organization Identifireには、通常com.会社名を入力します。
  • Bundle Identifireは、アプリを識別するIDが自動作成されます。
  • Laguageには、開発言語を選択します。Apple推奨はSwiftです。
  • Deviceには、アプリが対応する端末を選択します。

デバッグを行う際には、Unit Test / UI Testにチェックを入れ、Nextをクリックします。

プロジェクトの保存画面になりますので、保存場所を指定してCreateをクリックします。

ソースコード編集

プロジェクトの作成が完了すると、プロジェクト画面が表示されます。

プロジェクト画面は大きく分けて、左側に編集するファイルを選択するナビゲーターエリア、中央にファイルをファイルを編集するエディターエリア、右側にパーツの設定などを行うユーティリティエリアの3つになっており、ナビゲーターで選択したファイルによってエディターの表示内容が変わります。

Swiftを表示させて、ソースコード編集を行いたい場合は、ナビゲーターにあるViewController.swftをクリックします。

ビジュアル作成

同様に、ナビゲーターからMain.storyboardを探してクリックすると、エディターがiPhoneの画面になったのがわかります。この画面でアプリのビジュアルを作成することになります。

具体的には、ユーティリティの右下にライブラリパレットがあり、ここから様々なツールを選択してエディターへドラッグ&ドロップしていく、という流れになります。

たとえば、「Label」をドラッグ&ドロップすればテキストが入力できますし、「Image View」を見つけてドラッグ&ドロップすれば、画像を配置することができます。

この例では、Image Viewをドラッグ&ドロップして、画面いっぱいに広げています。

テスト

アプリの開発が一段落したら、XcodeのツールからiOSシミュレータを起動して、アプリの動作をテストすることが可能です。メニューバーからXcode > Open Developer Tool > iOS Simulatorをクリックすると、iOSシミュレータが起動しiPhoneの画面が表示されます。

ここに開発中のアプリのアイコンが表示されるので、クリックしてアプリの動作を確認します。

iPhoneアプリのリリース

開発の完了したアプリをリリースするには、有償のiOS Developer Programへの登録が必須となり、証明書作成などの段階を経てアップロード、アプリの登録と申請を行う必要があります。

iOS Developer Programへの登録

まず、AppleのDeveloperサイトにアクセスし、Apple IDを使用して登録後、iOS Developer Programを購入してアカウントを作成します。このアカウントは、開発者情報の登録だけでなく、アプリの製品証明書としてのProduction Cerfiticateの作成、アプリ毎のIDとなるApp IDの作成、それらと登録端末IDのUDIDを結びつける役割をする、Provisioning Profileを作成するために使用されます。

iPhoneアプリのアップロード

必要なファイルが作成されたら、iTunes ConnectにアクセスしてマイAppからアプリを登録し、Xcodeでアプリの「Archive」を行います。Archiveが完了するとアプリがリストアップされますので「Validate」=検証を行い、最終的に問題がなければ「Submit to App Store...」ボタンをクリックしてアップロード完了です。

iPhoneアプリの登録と申請

アプリのアップロードが完了したら、先ほどiTunes Connectで新規登録したアプリに、アプリ情報を追加登録して申請を行います。この際に必要になるのが、1024 x 1024ピクセルのアプリアイコン、アプリのスクリーンショット2枚以上の登録で、アプリのバージョン情報や概要、サポートURL、年齢制限指定などの情報入力も必要になります。

ここまでで全ての準備が整いました。iPhoneアプリは、Appleによる審査に通常、一週間ほどの時間が掛かりますので、リリースが完了するまで待ちましょう。

iPhoneアプリから収益を得る

アプリ開発から収益を得るためには、リリースするアプリを有料にする、アプリ内に広告を表示する、アプリ内課金を設定するという、3つの方法があります。

有料ダウンロード

リリースしたアプリを有料で販売するのが有料ダウンロードです。ゲームアプリや一部のユーティリティアプリなどが有料ダウンロードとなっていることが多いようですが、知名度のあるアプリや、人気ゲームのアプリ版などでない限り、概要やレビューを読んだだけでは、ユーザーが購入にいたるまでにはならない可能性もあります。

広告収入

アプリ内に広告を表示させることによって、広告による収益を得ることが可能です。アプリ自体は、ユーザーに無料で使ってもらうことを前提とした収益モデルですが、Webサイトに広告を表示させたり、Youtubeで広告表示させて収益を得るのと同じ考え方といえます。個人でアプリによる収益を見込むのであれば、可能性の高い方法といえるでしょう。

アプリ内課金

ゲームアプリなどでよく使われる収益モデルがアプリ内課金です。これは、ゲーム内で追加のアイテムなどを登場させて販売する、追加ステージに進む場合に課金するなどの方法がありますが、アプリ自体は無料か、もしくは低料金で利用してもらうという前提になるでしょう。間口は広がりますが、課金してもらうためにはアプリの作り込みが必要です。

iPhoneアプリ開発は大胆に、公開は慎重に

ここまでiPhoneアプリ開発に必要なもの、アプリ開発の手順、アプリのアップロードとリリースの手順、マネタイズの方法を順番にご紹介してきましたが、試行錯誤しなければならない点、慎重に手続きを行う必要がある点はあるにしても、アプリ開発は決して難しいものではないことがお分かりだと思います。

しかし、慎重に行わなければならないアプリ公開手続きはともかく、アプリ開発自体は、ローカル環境で時間をかけた試行錯誤が可能です。公開したアプリが多くの人に活用されるよう、様々なアイディアを試して開発を行うことをおすすめいたします。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事