コピー完了

記事TOP

プレミアムフライデーとは「月末金曜」は失敗したのか?導入目的・事例・割引サービス

最終更新日:
公開日:
プレミアムフライデーとは、毎月末の金曜日を早期退社することで、空いた時間を買い物や趣味の時間に充てて消費行動を促そうという取り組みです。プレミアムフライデーの現状や実施企業の例から、本当に意味はあったのか注目。プレミアムフライデーで受けられる割引も紹介します。

目次を閉じる

【無料eBook】働き方改革を実現する企業事例を大公開

プレミアムフライデーとは

プレミアムフライデーとは、毎月末の金曜日を早期退社することで、空いた時間を買い物や趣味の時間に充て、消費行動を促す取り組みです。働き方改革の一貫として、経済産業省と経済団体連合会が中心となって始まりました。「プレ金」とも呼ばれます。

プレミアムフライデーにおける早期退社は、「月末の金曜日は15時に仕事を終えましょう」という意味があります。働き手にとっても金曜日に仕事を早めに切り上げると、金曜日の午後から旅行を開始し、週末に2泊3日の旅行も実現できます。

プレミアムフライデーの目的

「働き方改革」と「経済活性」という2つの観点から、プレミアムフライデーは始まりました。

目的1:働き方改革を促す

プレミアムフライデーの日は15時までに仕事を終わらせることにより、新しい働き方を実現させることを目的としています。

プレミアムフライデーにより、社員それぞれが「15時までに仕事を終わらせる工夫」をすることに期待しています。限られた時間の中で効率よく仕事をする意識があることにより、労働時間削減の糸口を掴む手立てとしても有用です。

目的2:消費行動の活性化

プレミアムフライデーは消費行動の活性化を目的としています。普段仕事を遅くまでしていると、消費行動を活発にできません。

しかし、15時以降の時間を自由に使えるようになると、仕事帰りにそのまま買い物をしたり、夕方から家族や友人と食事ができたりするため、消費行動の促進につながります。

プレミアムフライデーはいつから始まった?

プレミアムフライデーがいつから始まったかというと、2017年の2月に経済産業省と経済団体連合会が中心となり提唱・推進されました。民間企業にプレミアムフライデーの導入を求めましたが、義務ではないため導入の有無は企業に委ねられました。

2020年のプレミアムフライデーはいつ?

2020年のプレミアムフライデーがいつなのかを把握し、時間を有効的に使いましょう。

2020年のプレミアムフライデー 1月31日/2月28日/3月27日/4月24日/5月29日/6月26日/7月31日/8月28日/9月25日/10月30日/11月27日/12月25日

プレミアムフライデーの現状

プレミアムフライデーの早期退社に取り組んでいた企業は当初136社のみだったのが、2017年6月5日時点では約4倍の524社が取り組んでいます。

一方で、業種によっては恩恵を受けられなかったり、月末締めの会社にとっては一番忙しい時期であり、経理などの固定部署だけが残業せざるを得ない状況があったりと、まだまだ課題点は多いとの批判もあります。

プレミアムフライデーの導入企業は1割程度

プレミアムフライデーの導入企業の割合は、全体の1割程度であり非常に低い数値だといえます。また、プレミアムフライデー推進協議会によると、プレミアムフライデーの日に早期退社をした人の割合も1割であり、まだまだ浸透していないことがわかります。

一方で、プレミアムフライデーの認知度は9割台であり、多くの方が認識しています。そのため、あとは企業がどのくらいプレミアムフライデーにおける早期退社を実施できるかに委ねられます。

プレミアムフライデーの経済効果は目標に届かず

プレミアムフライデーが提唱された当初は、1年間で5,000億円ほどの経済効果を目標にしていました。プレミアムフライデーにより、多くの方が外食をするようになると予測していたからです。

今のところ、プレミアムフライデー推進会が実際にどの程度の経済効果をもたらしたのかを発表していません。そのため、正しい数値はわかりませんが、DeNAトラベルが行った出費額がどのくらい変化したかのという調査では約7割の方が「変化なし」と回答しています。

プレミアムフライデーによって経済効果を期待していましたが、実際は出費額がほとんど変化していないようです。

プレミアムフライデーは失敗したのか?

プレミアムフライデーの導入企業は少なく、また経済効果も期待値まで届かなかったため、このキャンペーンは失敗したのではないかと考える方も多いようです。では、なぜ今のところプレミアムフライデーは浸透しなかったのでしょうか。失敗したと考えられる原因を紹介します。

月末は繁盛期の企業が多い

月末は決算の関係で繁盛期を迎える企業が多くなります。そのため、休日前の金曜日には仕事がどうしても多くなってしまうようです。特に3月では、年度末の決算に加えて新入社員の受け入れるための準備があり、仕事量が多くなってしまいます。

そのため、15時に仕事を終わらせるのが困難な場合が多く、プレミアムフライデーを導入する企業が少ないようです。

参加できる業種が限られる

プレミアムフライデーによって早期退社できる業種は、小売業や飲食業以外の方がメインとなってしまいます。なぜなら、小売業や飲食業の方々は、プレミアムフライデーによって起こる消費行動を支える役割を担うからです。

業種の偏りが大きいため、制度として導入する企業が増えないことが課題となっています。

15時帰宅は任意であり、帰りにくい

企業がプレミアムフライデーを導入していても、15時に帰宅するかは本人次第の場合が多いようです。そのため、早く帰ろうと思っても、同僚や上司が仕事を続けている場合には、どうしても帰宅しにくい状況になってしまいます。

また、15時に退社しても仕事が終わらなかった場合は、別の日に埋め合わせをしなければいけません。そのような場合、残業の必要性が出てくるため、プレミアムフライデーが必要ないと考える方もいるようです。

プレミアムフライデーへの参加企業

実際にプレミアムフライデーを導入し、実施した企業の事例を紹介します。

「どんな企業がどのようにして導入しているのか?」ということを知り、自社への導入のヒントにしてみてはいかがでしょうか。

住友商事株式会社

住友商事株式会社では、プレミアムフライデーの日は全休もしくは午後の半休を取得するようにと会社で奨励しています。

月末の金曜日にすべての社員が休むことは難しいため、月末以外の金曜日でも同様に有給休暇の取得やフレックスタイムでの退社を奨励しています。

これらを「プレミアムフライデーズ」という名で設定し、それぞれのライフステージに合わせた働き方にメリハリを作るように、企業として新しい働き方を促進しています。

また同社では、各社員の有給休暇取得を最低でも14日以上、全社員の平均取得を16日以上と設定し、プレミアムフライデーを実現するための施作を独自で取り組んでいます。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン

トリンプ・インターナショナル・ジャパンでは、プレミアムフライデーの日の15時に会社のチャイムを鳴らし、オフィスを消灯する取り組みをしています。

また同社では、女性が月末金曜日の午後を楽しめるように「プレミアムフライデーブラ」を開発し、消費行動の促進を後押ししています。

この製品では消費行動を拡大させようという意味を込めて、パットの部分がかまぐち財布になっています。お金を入れることで財布が膨らみ、バストアップをするという仕組みにもなっています。

大和ハウス工業株式会社

大和ハウス工業では、独自のルールを作りプレミアムフライデーを実施しました。

それは、定休日前日(水日定休と土日定休の両者がいるため)の終業時間を15時と設定し、繁忙期である9月・2月・3月を除いて通年で実施されています。

また同社では、フレックスタイム制度も導入しています。そのため、働き方に応じたルール設定がされており、社員全員が働き方改革の恩恵を受けられるようになっています。

そして、スーパープレミアムデーと呼ばれる会社が設定した日程での有給休暇を取得することで、会社から1日1万円の手当てを支給され、消費行動の促進がされています。

ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループでは個々の消費行動を活発にするために、全社員約16,000人に対して毎月1万円を「Smart & Fun!支援金」として支援しています。

その結果、1回目のプレミアムフライデーから約8割の社員が早期退社をすることに成功しました。

また、これを機に働き方改革を促進し、在宅勤務制度の拡充やスーパーフレックスタイム制を導入する方針です。日本のリーディングカンパニーとして、新しい働き方を創造しているのです。

プレミアムフライデーによる割引サービス

プレミアムフライデーは早期退社を促すだけでなく、それに合わせて多くの企業がお得なサービスやイベントを提供しています。にプレミアムフライデーに関連して割引が受けられるサービスを紹介します。

まだ実施しているものは次の通りです。

飲食店による割引サービス

銀座ライオン・吉野家・ガストといった飲食店では、プレミアムフライデーの取り組みが行われています。

その他にも居酒屋や大手飲食チェーンでも、プレミアムフライデーによる割引を受けられるのです。

串カツ田中による割引

串カツ田中では、プレミアムフライデーの日は15時に全店オープンし、串カツを100円で提供するサービスを行っております。このイベントを楽しみしている方は多くいるようです。

伊勢丹による飲み歩きサービス「週末めぐらナイト」

三越伊勢丹ホールディングスでは、プレミアムフライデーに限り、飲み歩きができるイベント「週末めぐらナイト」を開催しています。

これは、伊勢丹新宿本店本館7階のレストラン街で開催されており、各レストランごとにおつまみ&ドリンクセット(1,001円)が用意されます。これは一つのレストランで長居するというよりも、このレストラン街全体をバルのようなイメージで食べ歩きができるようにというコンセプトで始められました。

なかなか一度の食事で複数ハシゴをするということがない場所であるため、ぜひこのプレミアムフライデーをきっかけに、行ったことのないお店へ行ってみてはいかがですか?

イトーヨーカドーによる「プレミアム夕市」

イトーヨーカドーでは、全国180店舗でプレミアムフライデーの日にプレミアム夕市という名の特売がスタートします。

最初に行われたイベントは、「家族の団欒」をテーマにしたイベントとして開催され、家でのパーティーに適している「手巻きすし」や「揚げ物」をメインに提供していたようです。

このイベントは毎回同じではなく、時期によって変更することがあり、直前まで何をテーマにしたイベントが行われるかはわかりません。

主な対象商品としては、食料品、衣料品、雑貨、日用品などさまざまです。フェイスブックやツイッターなどで事前告知をすることがあるので、気になる人はSNSをチェックするようにしましょう。

旅行代理店による割引サービス

旅行代理店では、金曜日の夕方から出発し、2泊3日の旅行プランを提供しています。プレミアムフライデーにより、これまで計画できなかった2泊旅行が気軽にできるようになりました。

楽天トラベル

楽天トラベルでは、プレミアムフライデーに使える割引クーポンを用意しており、旅行(海外と国内)、レンタカー、バスが割引されるというものです。

これは、プレミアムフライデーの日出発にすることで利用でき、最大で10,000円の割引するものがあります。

HIS

HISでは金曜の夜に出発の海外旅行プランがお得になる商品を出しています。プレミアムフライデーを利用した旅行を促進しています。

帝国ホテルによる割引サービス

帝国ホテルでは、プレミアムフライデー限定で本館17階にあるインペリアルラウンジ「アクア」と本館1階ランデブーラウンジ・バーとパークサイドダイナーで、グループで楽しめる特別プランを用意しています。

ハイクラスな場所ということもあって日常的に使うことはない場所かもしれませんが、このプレミアムフライデーの際には気軽に利用できるプランとなっています。

ターゲットが「少し早く仕事終えられた人」向けということもあり、最終入店時間が17時や18時となっているので、ぜひこれを機会に利用してみてはいかがでしょうか。

終了したプレミアムフライデーによるキャンペーン

プレミアムフライデーが導入されてから、約3年が経ちました。今まで、どのようなキャンペーンをしてきたのでしょうか。

ミスタードーナツによる「プレミアムフライデー ドーナツ5個セット」

ミスタードーナツでは、129円(税込)以下のお好きなドーナツどれでも5個が税込500円で購入できるキャンペーンをしていました。現在は終了していますが、いつ再開されるのかわかりませんので、情報をチェックしておきましょう。

デニーズ「山盛りポテト99円」

デニーズでは、山盛りポテトが99円になるクーポンを配布していました。学生や社会人の方から非常に好評でしたが、残念ながらキャンペーンは終了しています。

キャンペーン終了前にプレミアムフライデー割引を活用しよう

過去には、プレミアムフライデーによるお得なキャンペーンがいくつも存在していました。今でも、継続して提供している企業はありますが、いつまで続くかはわかりません。そのため、今あるキャンペーンを存分に楽しむのがおすすめです。
後から、あのとき活用しておけば良かったと後悔しないようにしましょう。

プレミアムフライデーを導入してメリハリのある働き方を実現しよう

プレミアムフライデーを導入し、メリハリのある働き方を実現している会社はいくつもあります。自分たちにはできない、とは考えず今一度働き方を見直してみましょう。時間に余裕が生まれることで、余った時間を有効活用することで経済効果が高まることにつながるのです。

プレミアムフライデー推進協議会のサイトでは、キャンペーン情報を毎月発信しています。現在、プレミアムフライデーを導入している企業に勤めている方は、お得なサービスをうまく活用しましょう。

今後新しい働き方が必要となってくる中で、プレミアムフライデーは「プライベートを充実させる」「メリハリをつけた働き方」という面では非常に効果のある施策です。導入を検討している企業の担当者の方は導入事例を参考にして、自社にとって導入しやすい方法を見つけてみましょう。

働き方改革での活用や人材不足の解決に!

働き方改革や人材不足の解決策として注目されているクラウドサービスについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、クラウドサービスの人気カテゴリのシェア・市場調査の徹底解説や、無料トライアルありのサービス一覧をまとめています!常に最新版にアップデートしていますので、ぜひご覧ください。

【無料eBook】働き方改革を実現する企業事例を大公開

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事