Article square balloon green
2017-09-15

トライベックのMA製品「HIRAMEKI management」が通販CRMシステム「LTV-Lab」とデータ連携

トライベック・ストラテジー(以下、トライベック)は14日、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」の一部機能をコアフォースが提供する通販CRMシステムの「LTV-Lab」と連携させるオプション機能の提供を開始した。
MAツール(BtoC)
Large

コアフォースが提供する通販CRMシステムの「LTV-Lab」は、ショップに蓄積されている購買履歴や購入金額、購入期間など、顧客データをさまざまな切り口で大量の顧客データをセグメント(分類)することができる。また、セグメントした顧客グループごとにカスタマイズした提案や、訴求したい商品、趣向に合った顧客だけにピンポイントでアプローチすることが可能だ。

しかし、これらのセグメント条件にはWebサイト内の行動データは含まれておらず、あくまで購買情報や顧客属性情報が中心だった。

今回、オウンドメディア内の行動データ解析に強みを持つ「HIRAMEKI」の機能と連携することで、購買検討段階の顧客セグメントを対象にもさまざまな条件分岐でメールやLINEを配信する事が可能となるという。

この機能は「LTV-Lab」のオプションとして月額2万円から利用できる。

通販向けCRM×マーケティングプラットフォーム活用共催セミナー開催

トライベックとコアフォースは、サービス連携の記念として、通販・ECサイト事業者さま向けにCRMとマーケティングプラットフォームの活用について、無料共催セミナー「ECサイトにおける接客と追客」を開催する。セミナー概要は次の通り。

セミナー概要

日時:2017年10月12日(木) 16:00~18:00
会場:トライベック・ストラテジー 会議室
住所:東京都港区赤坂7丁目1番1号 青山安田ビル3階
定員:20名
受講料:無料
内容:
第一部:RFM分析・CPM分析とは? LTV向上に向けたECサイトにおける購買分析の考え方(コアフォース)
第二部:ECサイトにおけるユーザーエクスペリエンスとマーケティングアプローチについて(トライベック)
対象:これからECサイトのマーケティングを始めようという方、これまでのCRM分析に次の一手を加えたい方
詳細:https://www.hira-meki.jp/seminar/cf_ec.html

Article whitepaper bgS3 0
MAツール(BtoC)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事