コピー完了

記事TOP

IPO(新規公開株)とは | 株式公開との違いを解説

公開日:
IPO(新規公開株)のメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか。IPOの概要と利益を出す方法、株式公開との違いについて解説します。

IPOとは

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、新規公開株のことです。これは具体的には、企業が資金集めをする際に、一般の投資家に向けて自社の株を売り出すことで株に保有させることを指します。未上場だった企業が、新規に株式上場をし、上場前に株主が保有していた株式を売り出すことからInitial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)と呼ばれています。

公募価格とは

公募価格とは、新規上場をする企業と証券会社が話し合いをして決める上場前の株価のことです。これは企業が資金を集めることを目的としているので、基本的には売れ残りが出ないように安めに設定されます。

初値とは

 
初値とは、株式を公開した最初の日につく株価のことです。新規公開株を初値で売った場合、公募価格が初値よりも上回れば利益が出て、下回ると損失が出ます。

ブックビルディングとは

 
ブックビルディングとは、専門性の高い人の意見を参考にして仮条件を設定し、その仮条件で投資家に提案することで実際の需要を把握して、市場にあった発行価格を決める方式のことです。このブックビルディングは、価格が高くなりすぎてしまうことを防ぐことができるため、最近ではブックビルディングが主流になりつつあります。

EPSとは

EPSとは、一株当たりの当期純利益(Earnings Per Share)のことです。これは当期純利益を普通株式の期中平均発行済株式数で割って算出することができます。

PERとは

PERとは、株価収益率(Price Earnings Ratio)のことです。これは、株価を一株当たりの当期純利益で割って算出することができ、どれくらいの利回りで運用できているかの指標になります。

証券取引所とは

証券取引所とは、株式や債券の売買を取引ができる場所のことです。ここで各上場会社の株式を扱うことで、公正な価格形成ができ、市場への流動性を高めることに繋がります。実際には証券取引所で取引が直接行われるのではなく、取引された株式の変動を管理する場所です。

証券取引所一覧

以下が日本にある証券取引所の一覧です。

  • 東京証券取引所1部(東証1部)
  • 東京証券取引所2部(東証2部)
  • 東京証券取引所マザーズ(マザーズ)
  • 東京証券取引所ジャスダック(JQS)
  • 東京証券取引所ジャスダックグロース(JQG)
  • 名古屋証券取引所1部(名証1部)
  • 名古屋証券取引所2部(名証2部)
  • 名古屋証券取引所セントレックス(セントレックス)
  • 福岡証券取引所(福証)
  • 福岡証券取引所Q-Board(Q-Board)
  • 札幌証券取引所(札証)
  • 札幌証券取引所アンビシャス(アンビシャス)

IPOのメリット

IPOのメリットについて紹介します。IPOのメリットは、普通の株と比較した際に期待できるものであり、IPOだからこそのメリットがあります。以下ではIPOのメリットを具体的に4つ解説します。

高確率で利益が見込める

IPOは、上場したタイミングで大きく株価が上昇するケースが多いため、高確率で利益が見込めます。その理由は、上場初日は買いが殺到することによって初値が公募価格を上回ることが多いからです。

手数料がかからない

通常株式の売買は売買手数料などを証券会社に支払う必要があります。しかし、 IPOであれば売買手数料などの手数料が一切かからないため、出費を最小限に抑えることができます。

株購入後の事業飛躍率が期待できる

IPOは歴史の浅い会社が多いので、企業の資金調達が資本家の株買い取りによるものが大きく、今後の事業飛躍や業務の拡大が期待できます。事業が飛躍すれば会社も成長して売り上げが伸びるため、投資家への分配にも期待できます。

公募価格が割安なことが多い

IPOは冒頭の語句の解説でもあるように、売り残りが出ないようにするために、公募価格は割安で設定されることが多くあります。そのため、上場後の価格よりも安く手に入れることができるので、利益が出やすい場合が多いです。

IPOのデメリット

IPOにはメリットが多く、「誰でも買えば儲かる」という印象を抱きがちですが、メリットの一方でデメリットもあります。メリットだけに目がいってしまっていては痛い目に遭うこともあるため、デメリットも理解しておきましょう。以下ではIPOのデメリットを3つ紹介します。

上場後の値動きが激しい

上場後の株価はなかなか落ち着かず、値動きの上下が激しいことがあります。実際にどの程度で落ち着くかということがわかるまでには、早くても3ヶ月から半年程度かかるとも言われています。そのため、資金に余裕がない人は精神的に落ち着かない可能性もあります。

公募価格より初値が下がる可能性がある

IPOでは、公募価格を安く設定するケースが多く見られるので、初値が公募価格を上回ることがよくあります。しかし、一方でそれは100%そうなると言えることではなく、公募価格より初値が下がる可能性があることも忘れてはいけません。

抽選に当選しづらい

IPOは通常の株式売買よりも利益が出しやすいという理由で、抽選によって購入者が決められます。そもそも倍率が高くて当選しづらいということに加え、ブックビルディングで入力した金額が公募価格よりも低かったら当選できないので、注意が必要です。

IPOで利益を出すためには

IPOで利益を出すためには、いかに上記で紹介しているデメリットである大きな値動きや、当選確率を上げられるかなどの対策がポイントになります。以下では、IPOでの利益の出し方について4つのポイントを紹介します。

人気のないIPOを避ける

IPOで人気がない銘柄というのは、直近の業績が赤字である、などと何かと理由があります。専門の投資家が数多く存在する中で人気がないIPOというのは、勝てる確率が低いという意味でもあるため、避けた方が無難です。100%負けるということはあり得ませんが、可能性が低いと考えられる勝負なのであれば避けるが吉です。
   

初値で売却する

IPOで利益を出すためには、初値の段階で売却をしましょう。せっかく高い倍率を勝ち抜いて手に入れた銘柄だから、という理由で保有したい気持ちはわかりますが、ずっと株価が上昇することはありません。そのため、最も負けにくいタイミングを選ぶという意味で、初値で売却をすることをオススメします。
   

証券会社の複数開設

IPOは証券会社から申し込みをすることができます。つまりこれは、手札を増やすことで当選確率を上げるという方法で、数打てば当たるという考え方ができるということです。しかし、口座を持っているだけでは意味がなく、各口座に最低でも20万円程度入金しておかなければ抽選に参加できないので注意が必要です。

当選人数の増加

IPOは複数の証券会社に分配されますが、その中でも主幹事となる証券会社があります。IPO株はすべての証券会社に平等に分配されるわけではなく、主幹事に約80%、残りの20%が他の証券会社で分配されることになります。そのため、主幹事の証券会社から申し込みをすれば、当選確率を上げることができます。

IPOスケジュール掲載サイト5選

お金の総合サイト ザイ・オンライン

ここでは、株式の初心向けの情報からオススメの株主優待制度までの幅広い情報を網羅しています。IPOの初値予想や銘柄の詳細データや分析なども見ることができ、銘柄の主幹事の情報なども掲載されているので、株式投資が初めての人にもオススメです。

庶民のIPO

ここでは、IPO上場予定一覧というページを見れば、銘柄の利益予想、初値の価格、仮条件の価格などを一目で知ることができます。また、IPOの一覧や上場予定の一覧などシンプルにカテゴライズされているので、IPOの情報だけピンポイント見たい人にオススメです。

TOKYO IPO

ここでは、IPO情報が見やすくまとめられており、IPOスケジュール、IPOレポート、IPOニュースなどの情報を簡単に探すことができます。IPO関連の必要情報がわかりやすくまとめられているので、周辺情報なども合わせて知りたい人にオススメです。

IPO Japan

ここでは、年ごとにIPOスケジュールが一覧でまとめられているので、直近3年の情報をすぐに知ることができます。また、マイページに登録することでIPO情報速報メールの取得もできるので、IPOのスケジュール情報だけを知りたい人にオススメです。

日本経済新聞

証券会社ごとに新規上場のスケジュールがまとめられています。マーケットの企業ページでは、東証だけでなく、他の証券会社の上場スケジュールを見ることができるので、すべての証券会社を確認したいという人にオススメです。

IPOはかなり高確率で利益を出せる!

以上がIPOのメリットとデメリット、利益を出すための方法についてでした。これまで全く株式について知識がなかった人でも、IPOをきっかけに興味を持ったのではないでしょうか?

特にIPOでは、手数料をかけずに売買することができ、もし抽選に当選することができれば、かなり高確率で利益を出せることができます。当選しなければ投資をすることができませんが、外れても損をすることはないため、もし株式投資に興味がある人は、これを機会にIPOへの投資を始めてみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
その他職種の最近更新された記事