{{ message }}
Article square balloon green
2017-10-27

ソサエティー5.0 | 超スマート社会が実現した未来とは

ここでは、第5期科学技術基本計画で提唱されているソサエティー5.0について紹介し、IoT、AI、ビッグデータを駆使した超スマート社会についても解説します。
Large

ソサエティー5.0とは

ソサエティー5.0とは、政府の総合科学技術・イノベーション会議で検討された2016年度から5年間の科学技術政策の基本指針のことです。

この基本指針を第5期科学技術基本計画といい、その中でソサエティー5.0について、「狩猟、農耕、工業、情報社会に続く、人間中心の社会をつくり、データと技術が統合された暮らしやすい社会を目指す」ということが説明されています。

ソサエティー5.0が提唱された社会背景や目指す姿、未来投資戦略や課題についてご紹介します。

社会背景

ソサエティー5.0が提唱された社会背景には、以下の3点の軸があります。

人口減少

今後日本の人口はどんどん減少していくと言われており、2017年現在約1億2672万人いるとされる総人口が、2053年には1億人を下回ると予想されています。

人口減少に伴った労働生産性向上の必要性

現在日本の労働生産性はOECD加盟35ヵ国中で20位です(2015年現在)。
今後人口が減少することによって労働力が不足するため、労働生産性をこれまでのように保持・向上するためには科学技術の利用が必要不可欠です。

ビジネス環境ランキングの低下傾向

ITの普及によりグローバル化が加速する現在、世界における日本のビジネス環境への評価は低下傾向にあります。2016年に34位まで落ちた順位を、2020年までに先進国3位以内まで引き上げます。

ソサエティー5.0が目指す社会

  
これまで日本は狩猟社会・農耕社会・工業社会・情報社会と変化を遂げてきて、それに次ぐ新たな社会として「超スマート社会」の概念が生まれました。

その「超スマート社会」を実現するためにソサエティー5.0が提唱され、社会変革を行なっていきます。
また英国では、2011年にドイツ工学アカデミーとドイツ連邦教育科学省が「インダストリー4.0」を発表し、製造業の高度化を目指す取り組みを行なっています。

超スマート社会とは

内閣府では、超スマート社会を「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会のさまざまなニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といったさまざまな違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会」と定義しています。

これを実現するための取り組みとして、IoT、AI、ビッグデータを駆使し、2020年までに超スマート社会のサービスプラットフォームの構築を行います。

未来投資戦略

ここでは、未来投資戦略の内容について、以下の項目ごとに解説をします。

Society 5.0 に向けた戦略分野

Society 5.0 に向けた戦略分野は以下の5つです。

  • 健康寿命の延伸
    自立支援に向けた科学的介護の実現や、AIの開発による遠隔診療などがあります。

  • 移動革命の実現
    無人自動走行を実現し、世界に先駆けた技術の実証や、それに伴うデータの戦略的収集や活用があります。

  • サプライチェーンの次世代化
    データ連携の制度を整備し、データ連携についての先進事例を創出・展開します。

  • 快適なインフラ・まちづくり
    もっと人々が快適に過ごすために、現在のインフラをより整備し、維持管理の生産性を向上します。

  • FinTech
    まだまだ現金主義の風潮がある中で、キャッシュレス化の推進やチャレンジを加速するために、これまでのお金の概念を変えるオープンイノベーションを起こします。

フィンテック(FinTech)とは何か!?活用できる領域まとめ! | ボクシルマガジン
フィンテック(FinTech)とはあなたは「フィンテック(FinTech)」という用語をご存知ですか?世界中で金融...

Society 5.0 に向けた横割課題

Society 5.0 に向けた横割課題は大きく分けて以下の二つあります。

価値の源泉の創出

価値の源泉を創出するためには、データ利活用基盤の構築・制度整備、教育・人材力の抜本強化、イノベーション・ベンチャーを生み出す好循環システム構築が必要です。

価値の最大化を後押しする仕組み

価値の最大化を後押しする仕組みとして、規制の「サンドボックス」制度の創設、規制改革・行政手続簡素化・IT化の一体的推進、「稼ぐ力」の強化、公的サービス・資産の⺠間開放が必要です。

ソサエティー5.0が目指す未来を見据えよう

以上がソサエティー5.0についてと、超スマート社会が実現する未来についてでした。今ではIT化によりこれまで以上に便利な世の中になりました。IoT、AI、ビッグデータを駆使した超スマート社会が実現する日はそう遠くない未来にあるため、ソサエティー5.0が目指す未来を見据えておくことが必要です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ