Article square balloon green
2017-11-15

モバイルアプリ成長支援ツール「Repro」、オムロンの医療アプリ「オムロン コネクト」に導入へ

Reproは15日、血圧計や体重計などの健康医療機器と連携するアプリ「オムロン コネクト」への導入が決定したことを発表した。モバイルヘルスケア市場への取り組みをアプリの分析・マーケティング面から支援するねらい。
データ分析アクセス解析ツール
Large

(出典:プレスリリース)

スマートフォンの普及、健康医療機器の高機能化などによって、世界的に拡大しているのがモバイルヘルスケア市場だ。

モバイルヘルスケア市場では、「さまざまな測定機器で収集したバイタルデータを一元的に管理したい」というニーズが高まっているという。

オムロン ヘルスケア(以下、オムロン)でも、同社製の健康医療機器で測定したバイタルデータの管理や、他社のアプリ・サービスと連携が可能なモバイルアプリ「オムロン コネクト」を提供している。

同アプリはバイタルデータの一元管理だけでなく、機器の習慣的利用を促進することで、機器の販売にとどまらない継続的な関係を顧客との間に構築することもねらいの一つだそうだ。

しかし、健康医療機器の習慣的な利用をアプリを通じて促進する取り組み事例・ノウハウはまだまだ世の中に少なく、世界的にみても成功を収めている企業が限られているのが現状とのこと。

そこで、さまざまな業種においてアプリを活用した事業の創出・成長に貢献してきた実績を評価されたReproが「オムロン コネクト」を通じた健康医療機器の利用の習慣化を支援していくこととなった。

具体的には、ヘルスケアサービスの継続的利用に重要な血圧測定の促進や測定忘れの防止、生活習慣の改善アドバイス提供などを、機器の利用者にアプリを通じて行い、血圧測定の習慣化を促進していく。

ReproでCEOを務める平田 祐介氏は次のように述べている。

本取り組みは、来るIoT時代につながるものであると同時に、世界中の製造業が進めている「サービス化」の流れに沿った取り組みだと考えている。モバイルアプリの戦略立案・改善・マーケティングの専門企業としてデバイスとアプリを連携させた新たなビジネスモデルの創出に貢献していきたい。

オムロン コネクト

「オムロン コネクト」は、血圧や体重などオムロンの健康医療機器で測定したバイタルデータを簡単に管理できる無料アプリ。

2016年4月に台湾と中国でサービスを開始以降、日本では2016年11月よりサービスを開始した。2017年10月20日には欧州50か国を追加し、現在までに110か国で30万を超えるダウンロードを記録している。

また、Apple社の健康管理アプリ「ヘルスケア」をはじめ、さまざまな健康管理アプリとのデータ連携が可能で、2017年10月25日時点で18のアプリケーションと連携している。

連携可能アプリ一覧

  • 「ヘルスケア」(Apple)
  • 「あすけん」(ウィット)
  • 「あすふぃっと」(ダックケーブル)
  • 「わたしムーヴ」(ドコモ・ヘルスケア)
  • 「curon(クロン)」(情報医療)
  • 「ポケットドクター」(オプティム)
  • 「HEALTHPLAYER」(Practechs)
  • 「HiVivo」(ASUSTek)
  • 「ippo-ippo ヘルレコ」(SOMPOリスケアマネジメント)
  • 「StaMap(スタマップ)」(PKBソリューション)
  • 「Welbyマイカルテ」(ウェルビー)
  • 「RenoBody〜歩くだけでポイントが貯まる歩数計アプリ〜」(ネオス) (※1)
  • 「HACARUS(ハカルス)」(ハカルス) (※2)
  • 「Mealthy(メルシー)」(Mealthy) (※2)
  • 「カロミル」(ライフログテクノロジー) (※2)
  • 「ひろしま健康手帳」(HMネット) (※3)
  • 「DialBetics」(NTTドコモ) (※3)
  • 「Google Fit」(Google) (※3)

※1:auスマートパス版、アプリ超ホーダイ版にも対応
※2:iOSのみ対応
※3:Android OSのみ対応

オムロンの直近の取り組み事例

ヘルスケア領域の中で同社が最も着目をしているのが血圧であり、全社員が同社製の機器を使用し、毎日血圧を測定する「オムロン ゼロイベント チャレンジ」というプロジェクトを10月1日より開始している。

測定結果に合わせて通院や服薬、高血圧の予防・改善のための生活習慣改善を継続し、適正な血圧値を達成するというものであり、日本における死因第2位の心疾患はが高血圧に起因するものであることから、特に高血圧の予防を啓蒙する取り組みを社員自ら行うというもの。


Reproは今後もさまざまな業種のクライアントにソリューションを提供し、新規アプリの開発支援やアプリ内マーケティングの運用支援なども行い、アプリやアプリを活用した事業の成長を支援する企業としてクライアントに貢献していくとのこと。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事