{{ message }}
Article square balloon green
2018-03-15

ジョブカン経費精算の使い方・導入事例 | ツールの評判・価格・機能を解説

ジョブカン経費精算は、申請・承認・精算という経理業務を一括管理して合理化する経費精算システムです。その効果を導入事例を元にご紹介するとともに、機能や価格を含めた詳細を解説していきます。※初回公開日:2017/11/18
経費精算システム
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

市場経済の変化が激しい現代では、効率的な業務遂行と生産性の向上が企業の生き残りの必須条件となり、そのためには、全社的にコア業務に集中できる環境を整える必要があります。

ジョブカン経費精算は、経費精算業務を合理化することによって、人的リソースをコア業務へ集中させるために最適なツールです。

たとえば業務のさらなる拡大を目指すトライフのように、企業の仕組みという基盤を築くのにも役立っており、経費精算業務に課題を抱えていたベアーズの例でも同様の効果が見られています。

ジョブカン経費精算が企業の生産性向上にどのような貢献を果たすのか、詳しく解説していきます。

ジョブカン経費精算とは

ジョブカン経費精算とは、経費の申請〜承認〜精算〜支払いという一連の業務をクラウドで一括管理できる経費精算システムで、従業員数10名以下の企業から1,000名を超える大企業まで、幅広く愛用されています。

日々の営業活動で発生する交通費や雑費などの経費精算、必要なことだとは理解しつつも申請・承認を含めた手続きの煩雑さは、本来のコア業務への集中を妨げる原因となり、多くの企業で悩みの種となっているのではないでしょうか。

これを解決して精算業務を合理化し、企業全体の生産性を高めるべく、ジョブカン経費精算は誕生しました。

2016年6月に製品版リリースされたためまだまだ歴史は浅いジョブカン経費精算ですが、姉妹製品のジョブカンワークフローとともに多くの企業で採用されてきた実績を持っています。

その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?どのように活用されて、どのような効果が得られたのでしょうか?価格や機能の解説を行っていくとともに、導入事例をご紹介していきます。

着実なユーザー数増加

下図は、2016年2月のジョブカンワークフローリリース以降の累計導入社数実績をグラフ化したもので、2016年6月のジョブカン経費精算リリース以降は両シリーズ合計の実績となっています。

出典:ジョブカンお知らせ 社内の申請・承認業務を効率化する「ジョブカンワークフロー」「ジョブカン経費精算」の導入実績が3,000社を突破!

ジョブカン経費精算ジョブカンワークフローはお互いに補完関係にある製品ともいえるので、合計の累計とはいっても、どちらも導入している場合が多いと思われます。

それを考慮に入れても3,000社という導入実績は賞賛に値するものであり、特筆すべきはキレイに右肩上がりの成長を続けていることです。

ビジネスアプリケーションのクラウド移行が加速するなか、経費精算の分野も例外なくその傾向が強くなっており、今後ジョブカン経費精算も着実な成長を遂げていくと予想されます。

製品版リリースから次々に新機能追加

もともとジョブカン経費精算は、ジョブカンワークフローに組み込まれていた経費精算機能を独立させ、さらに機能が強化されて登場しました。

製品版リリース時点で盛り込まれた機能は以下の3点です。

その後も細かなアップデートが繰り返され、確実に使いやすいツールとして進化しつづけ、2017年3月のスマートフォンアプリのリリース、5月の英語切替え機能、仮払い機能の搭載を経て、つい最近の9月には、ついに交通系ICカードとの連動が実現しました。

ユーザーの声が確実に反映されているこれらの新機能追加は、ジョブカン経費精算が愛されるツールとなった一因ともいえるでしょう。

交通系ICカードに特化した経費精算システムとしてジョブカン経費経費も含めて掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

経費精算とICカードの連携に対応した経費精算ツールまとめ | メリット解説 | ボクシルマガジン
交通費を中心とした経費精算について、ICカード連携に対応したツールを導入する企業が増えています。ICカードから履歴...

業界最安値クラスの料金体系

ジョブカン経費精算が愛されるもうひとつの要因として、使いやすさを確保しながらも、多機能なのに業界最安値クラスという、クラウド型ならではの料金体系が挙げられます。

その内容は、1ユーザーあたり月400円という明快かつシンプルなもので、もちろん初期費用やサポート料金は発生しません。

さらに姉妹製品のジョブカンワークフローが1ユーザーあたり月300円となっており、組み合わせての導入の場合は合計600円になる割引も適用されます。

無料お試し期間に加え、機能限定版を無料で利用できるプランも用意されており、導入へのハードルは非常に低いことがうかがえます。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

ジョブカン経費精算が支持される特徴

ジョブカン経費精算が成長を続けている要因には、使いやすく進化しつづけている、導入のハードルが低いなども挙げられますが、基本となる機能が業務効率化を実現して生産性を高めるのに非常に効果的であるからでしょう。

その特徴は大きく2つにわけて説明が可能です。

シンプルなユーザーインターフェイス

経費申請から精算・支払いまでのフローを考えた場合、重要なことは一体なんでしょうか。

従来の紙やExcelを使用したフローが煩雑なのは、それぞれが分離した複数のツールを使用することによる複雑さが原因です。

ジョブカン経費申請では、これを解決するため、徹底的にシンプルで使いやすく、かつ簡単に操作ができるユーザーインターフェイスを採用しました。

さらに企業固有の事情によるカスタマイズ性も重視しており、運用のしやすさに重点が置かれているのです。

経費精算に必要な機能すべてを凝縮

交通費や交際費を含め、発生した経費を精算するまでの承認基準や方法は企業によってさまざまであり、申請者が同じでも金額が異なれば承認プロセスが変わる場合も多々あります。

ジョブカン経費申請は、多様なニーズに対応して経費申請業務を効率化するため、考えられる機能をすべて凝縮して搭載しています。

それぞれの機能は状況に応じた設定やカスタマイズも自在にでき、企業に最適な運営形態を実現します。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

ジョブカン経費精算の豊富な機能

それでは、ジョブカン経費精算が愛されるもっとも重要な要因、経費精算に必要なすべてを網羅する
といわれる豊富な機能を解説していきましょう。

乗換案内連携

製品版リリース当初に搭載された乗換案内連携機能は「乗換案内Biz」との完全連携を行っており、申請者・承認者の負担を軽減する簡単操作を実現しています。

もちろん、定期券区間の控除機能も搭載しており、二重支払いの防止も行えます。

ICカード読み取り

Suicaなどの交通系ICカードの読み取りは、2017年9月に搭載された最新の機能です。

カードリーダーにかざすだけでICカード履歴が交通費明細に反映され、あとは対象となる交通費のチェックボックスを選ぶだけです。

スマートフォンアプリで申請・承認

スマートデバイスのブラウザで経費申請を行えるツールは多数存在しますが、ジョブカン経費申請は最適化されたスマートフォンアプリもリリースしています。

これによって時間と場所を選ばない経費申請・承認をより簡単に行えるようになり、移動時間やすき間時間を使った効率的なフローが実現します。

アプリで経費精算ができるサービスについては以下の記事で詳しく解説しています。

経費精算とスマホを活用して、ムダな残業や交通費申請を減らす方法 | 使い方説明も | ボクシルマガジン
昨今、交通費を中心とした経費精算のあり方が大きく変化しています。普及しているスマホとアプリをあわせて活用することで...

仕訳データ自動作成

申請時のインターフェイスに、仕訳に連動した項目を設定することによって自動的に仕訳データを作成できます。

もちろん、CSVでの出力が行えるため、会計ソフトに読み込むだけで仕訳作業が完了し、二重入力の手間を排除します。

FBデータ自動作成

振込作業にもジョブカン経費申請は有効です。

仕訳データ同様、FBデータ(振込データ)も自動作成するため、これをネットバンクに読み込むだけで振込業務は完了です。

承認経路を柔軟に作成

かかる経費の種類によっては、承認者が複数、あるいはすべての承認者が必要になる場合もあります。

このような場合でもジョブカン経費申請ならば、無制限の承認ポイント設定によって柔軟に対応することが可能です。

承認経路の分岐

上記でも少し触れたように、金額によって承認者が変更になるということは企業内で多々あることです。

ジョブカン経費申請は承認経路を条件に応じて柔軟に設定することが可能です。
たとえば申請者が同一でも3万円以内なら課長決裁、それ以上なら部長決裁など細かな設定に対応します。

チャットを含めた多彩な通知機能

経費申請を行う場合、申請者は承認がどの段階まで進んでいるのか気になるものです。

ジョブカン経費申請は、メールはもちろんのこと、SlackやChatWorkなどのチャットツールにも対応し、多彩な手段を使っての通知機能を持っており、アラート通知などを通じて承認漏れを徹底的に排除します。

チャットワーク(Chatwork)の使い方・機能を解説|ビジネスチャット導入事例・プラン比較 | ボクシルマガジン
企業間の情報伝達ツールとして注目されているビジネスチャットサービス「チャットワーク」について、基本的な使い方から便...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

さまざまな立場の問題解決

このように豊富で使いやすい経費申請機能を持つジョブカン経費精算ですが、経費申請に関わるそれぞれの立場で見た場合、それがどのように問題解決に貢献するのか、ケーススタディとして考えてみましょう。

申請者

紙の申請書を使用した経費申請の場合を申請者の立場から見てみると、

  • 経費申請がどの段階なのか差し戻しなのかわからない
  • 期限が迫っているのに承認者が捕まらない

などが考えられます。

通知機能の充実したジョブカン経費精算であれば、申請と同時に承認者への通知・アクションが期待できるとともに、申請がどの段階にあるのか可視化されているので安心です。

承認者

同様に承認者の立場から見ると、

  • 出張中などに紙の申請書を提出されても確認できない
  • 書類不備が多く、内容確認が大変

などが考えられます。

スマートデバイスに対応したジョブカン経費精算であれば、申請と同時に内容が確認でき、移動時間やすき間時間を有効に使えるほか、申請画面に必須項目を設定するなどで内容の不備を排除できます。

経理担当者

紙の申請書を使用していた従来のフローで経理担当者が悩んでいたことには、

  • 一件ずつ確認が必要な仕訳作業や会計ソフトへのデータ入力に時間がかかる
  • それとは別に発生する膨大な振込作業に時間がかかる

などが考えられます。

仕訳データ/FBデータの自動作成に対応したジョブカン経費精算であれば、それぞれ会計ソフトとネットバンクにデータ取り込みを行うだけで作業が完了、本来のコア業務に集中できます。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

ジョブカン経費精算の導入事例

豊富な機能で経費精算業務を合理化し、企業の生産性を高めるジョブカン経費精算の特徴をご理解いただけたと思います。

それでは、実際の導入事例を元に、ジョブカン経費精算がどのような課題を解決し、どのような効果をもたらしたのか、ご紹介していきます。

ベアーズの導入事例

会社名:ベアーズ業種:サービス業
事業内容:家事代行サービス、ハウスクリーニング、キッズ&ベビーシッターサービスなど

課題:使い勝手の悪い従来ツールからの刷新

ベアーズでは他社のワークフローシステムとチャットツールを併用した経費申請・承認のフローを構築していた。
しかし、従来システムの使い勝手の悪さと、ログの残らないチャットツールでの申請・承認で社内統制が取れないという課題を抱えていた。

効果:承認ステップの可視化と検索機能で業務効率化

チャットツールを通知専用とし、申請・承認フローをジョブカン経費精算に一元化したことにより、承認ステップが可視化され、確認業務の負担が大幅減。
社内コミュニケーションが改善されるとともに、充実した検索機能は社内統制にも役立っている。

トライフの導入事例

会社名:トライフ業種:人材
事業内容:採用イベントの実施、採用業務におけるコンサルティングなど

課題:規模の拡大とともに困難になった経費申請

チャット、口頭、書類による経費申請フローを行っていたトライフは、事業拡大による従業員増にともなって、従来の手法を続けていくことが困難となり、早急にワークフローを確立可能なシステムの導入を迫られていた。

効果:スピーディな導入で今後の規模拡大に備える

導入ハードルが低く、スタートアップに最適ということでジョブカン経費精算を選定、その使いやすさから、社内での周知や設定を含め、1か月での運用開始を実現した。
サービス改善スピードも圧倒的に速く、導入当初の不満が解消された現在では、今後の企業規模拡大にも充分対応していけると確信している。


その他の経費生産システムの導入事例はこちらの記事で紹介しています。

経費精算システム導入事例から見る企業の課題 | 業務効率化&コスト削減 | ボクシルマガジン
煩雑かつ膨大な業務で経理担当を苦しめる、交通費申請や経費精算。「経費精算システム」の導入によって、業務を効率化し、...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

圧倒的な改善スピードでさらなるニーズに対応

経費申請フローを効率化し、企業の生産性を高めることに貢献しているジョブカン経費精算は、歴史がまだ浅いにも関わらず、リリース以来、企業ニーズに応えながらも圧倒的なスピードで改善を続けています。

事例でもご紹介したトライフでは、リリース当初からの導入でジョブカン経費精算の充実した内容とスピード感を充分実感しており、今後の進化に大きな期待を持っているようです。

さらなる進化が期待されているジョブカン経費精算は、これからも業界をけん引していく存在となるでしょう。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL


以下の記事では、経費精算システムについてより詳しく解説しています。

経費精算システムとは?徹底比較【2018年最新版】クラウド | 交通費精算 | ボクシルマガジン
経費精算システム・交通費精算システム49サービスを徹底比較。連携重視、特化型、アプリ、パッケージなどカテゴリー別に...

経費生産システムをより詳しく知りたい方は以下から無料でダウンロードしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
経費精算システムの資料を無料DL

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
経費精算システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード、株式会社Donuts、株式会社ラクス
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事で紹介されたサービス
あなたにオススメの記事