コピー完了

記事TOP

eラーニングでコスト削減!社員教育・社員研修を効率化するシステムの選び方

最終更新日:
ここでは、研修を行う際のコスト削減を実現するeラーニングの選び方や運用方法について解説します。

注目のeラーニング(システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめeラーニングをまとめてチェック!

eラーニングの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。資格取得や社内研修における時間やコストを削減し、効率的な学習を可能にするeラーニングのサービス比較にお役立てください。サービス比較はこちら

eラーニングとは

eラーニングとはネットワークを活用した教育や研修のことで、学びを電子化したものです。一般的にはパソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットを利用して学ぶ学習形態のことをいいます。

またeラーニングは、「Webラーニング」「ITラーニング」「ICTラーニング」など、さまざまな呼び方がされています。

もっと詳しく知りたい方はこちらから。

システム導入をお考えの方はこちらから。

eラーニングの導入メリット

eラーニング導入の大きなメリットとして研修・教育のコスト削減と効率化が可能になります。ここでは、具体的なeラーニングの導入メリットを解説します。

教育・研修コストの削減

従業員1人あたりの2015年度実績額は35,662円でしたが、前回調査と比較すると約1,200円の減少という結果でした。

しかし、それに対し、2016年の企業が従業員1人あたりにかける研修予算コストは、約44,892円と増加傾向にあります。

特に実施率が高い研修は、

  • 新入社員教育
  • 新入社員フォロー教育
  • 初級管理者教育

の3つで、主に「研修主催の会場費・宿泊費・交通費」「外部講師費」「教材費」などのコストがかかっています。

しかし、eラーニングを利用することで、これらのコストを大幅に削減することができます。

効率的・安定的な研修環境を提供

   
eラーニングの導入によって、受講者・講師(研修提供者ともに、効率的な研修環境を安定して受講・提供できるようになります。

一般的に行われている集合研修では、研修の日付と時間を全員合わせて行わなくてはいけなく、研修者が多ければ多いほど融通が効きにくいという大変さがあります。

以下では、eラーニングの導入によって、受講者側と講師(研修提供者)側で、それぞれにどのようなメリットがあるかを紹介します。

受講者へのメリット

・時間や場所の制約を受けない
eラーニングは、基本的にネット環境が整っているところであれば受講できます。最近ではスマートフォンなどのモバイル端末での受講も可能となっています。

・進捗状況や理解度がすぐに確認できる
受講後のテスト結果や受講の進み具合などがすぐに確認できるのもeラーニングの大きな特徴です。

講師側、企業側のメリット

・細かい費用がかからない
集団での授業や研修は会場のレンタル代、交通費、印刷代などの細かい費用がかかります。eラーニングを活用すれば、これらの細かい費用を低減することができます。

・それぞれのレベルにあった授業の提供が可能
これは受講者側のメリットでもありますが、eラーニングでは受講者の理解度やレベルに応じて適した授業を提供することができます。

効率的なeラーニングの選び方のポイント

目的別に選ぶ

eラーニングによって行える研修には大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

  • モチベーション、意識の向上(意識や態度の変化)
  • 知識の習得
  • 実務(スキル)の習得

この3つでは、それぞれ行うべき研修の内容が異なるため、目的にあわせた研修の選択が必要です。

eラーニングはコンテンツを集めて研修者に行わせるだけのような単純なものではなく、どのように運用するかによって、その得られる成果はまったく異なります。

そのため、効率的なeラーニングの選び方のポイントとして目的別に選ぶことが重要です。

受講人数で選ぶ

  
eラーニングは導入すれば全員が利用できるわけではありません。

システムによって受講できる人数には制限があり、プランの変更やオプションなどに合わせて、受講者数を増やします。

そのため、eラーニングを導入する前に、最終的な利用する人数を把握してから選ぶ必要があります。

研修環境で選ぶ

昔はeラーニングはPCでの学習が前提となっていましたが、近年ではスマホやタブレットなど(マルチデバイス)で学習する環境が一般化しています。

外出先や通勤での利用を想定していたり、「スマホでやりたい」など研修環境を気にする方もいます。

そのため、受講者の希望する研修環境をに合ったものを選択することで、研修がより定着しやすくなるようにすることが大切です。


効果的なeラーニングの運用方法

eラーニングを取り入れても、うまく定着・運用できず効果が発揮しないことがあります。ここでは、そんな失敗をしないために、効果的なeラーニングの運用方法を紹介します。

eラーニングの取り入れ方

eラーニングの取り入れ方は、習得してほしいスキルに合わせて変える必要があります。以下では、それぞれの導入例の解説をします。

eラーニング+集合研修:集合研修を行う前に、事前に知識や理論を学んでおくことで、集合研修では、すぐにその知識を活かしたロールプレイングなどの実践的な学習の実施ができます。

eラーニング+集合研修+eラーニング:集合研修後のフォローとして、eラーニングで復習することによって、知識・スキルを定着させます。そうすることで、より業務での実践をスムーズに行えるようになります。

集合研修+eラーニング:集合研修後のフォローアップと確認テストを実施することで、集合研修での学習効果を見える化します。「どれだけ意味のある集合研修だったのか」ということは、アンケートや実践だけでは測りきれないので、効果測定の意味を込めてeラーニングを活用します。

eラーニングの効果的な運用方法

ここでは、eラーニングの効果的な運用方法の手順を紹介します。

  • 業務に必要なスキル・意識を体系化
  • 必要なコンテンツを選択
  • 一貫性のある教育計画を設定
  • 受講者がアクティブに利用できる環境づくり
  • テスト・改善

以上のような手順で進めていくことで、eラーニングを使った効果的な研修を行うことができます。

研修の管理体制を整えることで研修の質も上がり、企業への貢献スピードもアップするため、無駄のない運用を行えるようになります。


eラーニングの具体的な導入事例

実際にeラ−ニングを導入し、コスト削減や効果的な研修体制を確保した導入事例をご紹介しています。ぜひ、ご検討にお役立てください。


コスト削減かつ効果的な社員研修を!

以上がeラーニングを導入することによるメリットと効果的な運用方法についてでした。

最初の導入には手間がかかってしまうものではありますが、集合研修を行う際にかかるコストを削減する必要があるのであれば、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

eラーニングを導入し、コスト削減かつ効果的な社員研修を実現しましょう。


ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

eラーニング(システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
eラーニング(システム)の最近更新された記事