Article square balloon green
2017-11-20

事業承継はクラウドERP活用で対応!知っておくべき注目サービス6選

中小企業の事業承継が問題化する中、戦略的なクラウドERP活用にその解決策を求める事例が多くなっています。事業承継が直面する課題はなにか、解説するとともに、その対策となるERPの事例とサービス紹介を行います。
データ分析ERP(基幹システム)
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPの資料を無料DL

中小企業の事業承継がさまざまな問題に直面しています。後継者の不在は以前からささやかれ始めていたことではありますが、団塊世代の経営者が引退を控えた現在、事業承継は中小企業にとって緊急の課題であることは間違いありません。

こういった状況を打破するには、自社の経営状態を正確に把握し、それに基づいた成長戦略を行う必要があります。自社の成長をM&Aに見いだした新総企、事業承継後の自社環境に危機感を感じたUMEHARA&CO.は、その打開策にクラウドERPを活用しています。

なぜ事業承継にERPが有効なのか、中小企業を取り巻く環境を導入事例とともに解説するとともに、注目すべきクラウドERPサービスの紹介をしていきます。

事業承継の課題とは

経営者から後継者に事業を引き継いでいく事業承継は、中小企業において非常に重要なことになりますが、少子高齢化や価値観の多様化により「親族内承継減少による後継者の発見と育成」が大きな問題となっています。

また、経営者の手腕による経営基盤を持つことが多い中小企業では、経営状況の可視化が実現されていない場合が多いという課題もあり、事業承継をさらに困難なものとしているケースも見られます。

以下の記事では、事業承継についてより詳しく解説しています。

事業承継とは | 主な方法を解説・税制・補助金・システム投資の重要性 | ボクシルマガジン
経営者が後継者に経営を引き継ぐ事業承継、中小企業における近年の状況は、少子高齢化などの流れもあり、M&Aによるもの...

事業承継の4つのオプション

こうした状況の中で、中小企業経営者が取るべき事業承継の方法には4つのオプションが存在するといえます。

  • 株式公開(IPO)
  • M&A
  • 後継者への承継(親族外/親族外含む)
  • 廃業(会社精算)

M&Aには「会社の理念が失われる」「従業員の雇用問題が不安」など、従来はネガティブなイメージもありましたが、近年ではよりポジティブな形でのM&Aが主流になっており、これを背景とした事業承継も多くなっています。

いずれにしても、廃業以外の3オプションを選択する場合には、上述したような経営状況の可視化と、それに基づいた成長戦略が必須となります。

事業承継を取り巻く現状

後継者候補が見つからないという現状で、中小企業の社長平均年齢が1997年の55.9歳から2012年の58.7歳に上昇しているのは、「事業承継のためのオプションから何を選んでよいのか」「そのために何をすればよいのか」現経営者が自社存続のための方策を先延ばしにしているのかもしれません。

また、少子高齢化や価値観の多様化は後継者問題だけでなく、マーケットの縮小と労働力不足の要因でもあります。

後継者に事業承継を行う、M&Aを行うに関わらず、このような現状で企業を存続させるためには、市場競争を優位に進める付加価値を高め、コストを削減して生産性向上を実現させる必要があるといえるでしょう。

企業にとって重要な第二の利益

それでは、企業の付加価値を高めて生産性向上をはかるとは、具体的にどのようなことでしょうか。

経営者が企業を創業し中小企業となるまでの間には、利益を生み出すためのビジネスモデルを構築し、経営を拡大してきた歴史があるはずであり、これは第一の利益といえます。

しかし多くの中小企業では、このビジネスモデルが効率化されず、全体にも共有されていないため、結果的に機会損失を起こしている可能性が大きくなります。

第二の利益とは、こうした機会損失を最小限にするため、「経営管理戦略」「労務管理戦略」「税務戦略」を行い、経営の仕組みを整備することによって生まれる利益なのです。

ERP(統合基幹システム)とは

企業価値を高め、生産性向上によって「第二の利益」を実現するために最適なシステム、それがERP(統合基幹システム)です。

Enterprise Resource Planningの略であるERPは、企業活動に必要なすべてのシステムが統合され、一元管理された情報を参照することにより、業務効率化と判断の迅速化を通じて企業の生産性を向上させるものです。

近年ではその柔軟性と導入ハードルの低さから、クラウド型ERPが主流になってきています。

以下の記事では、クラウドERPについてより詳しく解説しています。

ERPとは | 導入メリット・デメリット・おすすめクラウド製品一覧&システム徹底比較 | ボクシルマガジン
今さら聞けないERPとは?クラウド型ERP導入のメリット・デメリットは?オススメのツールは?各システムの価格と評判...

デューデリジェンスをクリアするERP

経営者が事業承継を行う場合、その承継先が親族内の後継者であれ、第三者のM&Aであれ、重要になるのは企業の経営状態の可視化と、それに基づいた成長戦略であることは解説しました。

その経営状態が信頼に値するものか、成長戦略は現実的なものか、判断するのがデューデリジェンスです。これは第三者がM&Aを検討する場合はいっそう重要なものとなりますが、承継先の後継者の負担を軽減する意味においても非常に重要です。

ERPはデューデリジェンスを判断するにも、条件をクリアするにも最適なツールであり、事業承継に差し掛かっている中小企業に限らず、すべての企業で活用と導入が必須になるシステムといえるでしょう。

システム導入のポイント

それでは事業承継を視野に入れる中小企業が、ERP導入を行う際に気をつけるべきポイントとはなんでしょうか。

  • 導入目的と成功の定義を明確にする
  • 部門間の最適化にとらわれないようにする
  • 適切なベンダーを選択する
  • 機能を必要最小限に
  • 見えないコストを考慮する

ERPは企業活動を行っていくにあたって必要なシステムではありますが、目的と成功の定義をシンプルかつ明確にすることが重要です。
従来のビジネススタイルに固執するあまり、ERPの利便性を犠牲にするようでは本末転倒になってしまいます。

そういった意味では部門間の最適化や機能追加はこだわらない方がベターです。また、事業承継を見据えた企業であれば、運営にあたっての見えないコストを考慮することも重要です。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPの資料を無料DL

以下からは、クラウドERPを活用して事業承継/M&A戦略を実行した導入事例をいくつか紹介します。ぜひ、ERP選定のヒントとしていただきたいと思います。

NetSuite(ネットスイート)のM&A戦略事例

NetSuite(ネットスイート)は、会計システム、ERP、CRM(Customer Relationship Management)、Eコマースなどを含む主要な業務アプリケーション機能を、単一のシステムで提供するクラウド型ERPです。

全世界で4万社以上に導入されているNetSuiteは、世界の財務会計システムベンダー上位10社の中でもっとも急成長している企業です。

財務や販売、マーケティング、電子商取引など、業務の個別部門を管理するために必要な時に必要なものを追加可能であり、フローの可視化によって業務効率化と判断の迅速化を実現、生産性の向上をはかります。

以下の記事では、NetSuiteについてより詳しく解説しています。

NetSuite(ネットスイート)の導入事例、基本機能・使い方 | クラウドERP解説 | ボクシルマガジン
「NetSuite(ネットスイート)」は、ERP、財務会計、CRMといった機能を持つクラウド型業務アプリケーション...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

事例:新総企

会社名:新総企業種:管理業
事業内容:コインパーク事業、駐車場管理請負事業、駐車場管理機器・システム販売・設計・施行、駐車場サポート事業

課題:投資ファンドを満足させる情報の提供不足

新潟県に本拠地を持つ同社は、競争の激しいコインパーク事業を生き抜くためには県外進出が必須と判断。投資ファンドを満足させるべく情報提供を行ったが、Excelと手作業による集計では十分なデータを提供できず、リアルタイム性に欠ける点も指摘されることとなった。

効果:7年間で3度のM&Aに成功する成長企業へ

NetSuiteで情報の共有を行い、設定したKPI(重要業績評価指標)の中から駐車場の稼働率、台数、新規の立ち上がり状況などを業務に活かしてリアルタイムでの改善を行った結果、競争力が認められてファンドから投資を引き出すことに成功。その後も7年間で3度のM&Aに成功し、長野・埼玉・千葉・宮城に進出する成功企業へと変貌した。

ALL-IN(オールイン)の事業承継戦略事例

ALL-INは、スタートアップ企業、中小企業、上場を目指すベンチャー企業などが「これさえあれば、何もいらない」という状態を目指したオールインワンのクラウド型ERPです。
「コックピット」「顧客管理(CRM)」「営業支援(SFA)」「集客ツール」「グループウェア」「チームビルダー」「人事/給与」「会計/財務」「販売/仕入/在庫」「経営ナビ」
という経営に必要なシステムが統合され、1回の入力で経営に必要なすべてが連動することを実現しています。
初期費用なく導入が可能で、定額ですべての機能を利用できるコストパフォーマンスも魅力です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ALL-INの資料を無料DL

事例:UMEHARA&CO.

会社名:UMEHARA&CO.業種:製造業
事業内容:野球グラブ製造・販売事業、鞄・財布・高級皮革製品企画・販売、ブランドマネジメント事業

課題:すべてがアナログだった3代続く家族経営

「社長の鞄 プレジデントギア」という最高級の革製品ブランドを展開している、1968年創業の同社は、3代目となる代表が事業承継した時点で、すべての管理がアナログで行われているという家族経営の企業だった。現代表は、損失機会を減らしたいという想いを持ち、クラウドERP導入による経営の可視化をはじめることとした。

効果:会社のすべてを可視化、共有可能に

いいものを作れば売れるという時代ではないことを痛感している現代表は、中小企業でもロジック化されたビジネスモデル、およびシステムが必要だと感じており、会社のすべてがALL-INの導入により可視化され、従業員との共有が可能になった現在、クラウドによる恩恵を感じている。


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPの資料を無料DL

クラウドERP注目サービス6選

企業に競争力という付加価値をもたらし、効率化によって生産性の向上を実現するERPは、紹介してきたようなM&Aでの企業成長や、事業承継を行ったばかりの中小企業が生き残っていくために活用すべきツールといえます。

上述したNetSuiteやALL-IN以外にも、効果的なクラウドERPが存在します。その注目すべきサービスをいくつか紹介していきます。

クラウドERP ZAC

ZAC Enterpriseは、販売管理購買管理在庫管理勤怠管理工数管理工程管理、経費管理の7つの機能を統合することで、案件・プロジェクト別の収支管理を中心に可視化や予測を進めることを可能とするクラウドERPです。管理会計レポートや売上・利益予測など、経営判断を容易にする豊富なレポートをリアルタイムに行うことによって、タイムリーな経営を実現します。
また、請求や支払管理も連動しているため、二重入力や管理の煩雑化、請求漏れなどの業務を削減し、効率化と生産性の向上も実現します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERP ZACの資料を無料DL


こちらの記事では、ZACとNetSuite、SuperStreamを徹底比較しています。導入事例も紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

クラウドERPのNetSuite・ZAC・SuperStreamを徹底比較 | 評判・機能・価格 | ボクシルマガジン
バックオフィスの業務効率化を実現するERPはクラウド化が急速に進んでおり、オンプレミスからの移行も進んでいます。ク...

CAM MACS(キャムマックス)


CAM MACSは、最低限の機能によるコスト管理を目的にしたCAM MACS Lite、生産管理・原価管理機能を追加して販売力強化をはかれるCAM MACS Middle、大規模企業の要望に柔軟なカスタマイズで応えるCAM MACS Premiumなど、スタートアップ、成長期、発展期という企業ニーズに応えたクラウド型ERPを提供しています。
中でもCAM MACS Liteは月額25,000円からというリーズナブルな価格を実現しており、事業承継を視野に入れた中小企業にも導入しやすい設定となっているほか、将来的に自社専用のクラウドERPを実現できる柔軟さをあわせ持っています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CAM MACSの資料を無料DL

Odoo

Odooは、機能を絞り、最小単位での構成で使用開始が可能な、オープンソースベースのクラウドERPです。ユーザが操作・運用に慣れてきたところで徐々に機能を追加することで、計画的に導入範囲を拡張し、業務のシステム化を実現できます。

全世界のパートナー企業によって日々新しい機能が追加されており、販売管理購買管理、製造管理、在庫管理の基本機能を持っています。さらに78の言語、169の通貨に対応しており、すでに海外での導入実績が5万社以上を誇るため、海外との拠点間連携に対しても柔軟に対応が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Odooの資料を無料DL

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)

Reforma PSAは、販売管理、購買管理、勤怠・工数管理、経費管理という4つの管理機能を統合することで、案件・プロジェクト別の収支を可視化するクラウド型ERPです。これによって売上・利益予測にもとづく経営判断が可能となり、タイムリーな経営管理を実現します。それと同時に、請求や支払管理も連動していることで二重入力や管理の煩雑化、請求漏れなどの業務も削減します。
Reforma PSAは、クラウドERP「ZAC Enterprise」をスタートアップに最適化したシステムであり、用途に合わせ、リーズナブルなプランも用意されています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Reforma PSAの資料を無料DL

FutureStage

FutureStageは、短期間で手軽に利用できるクラウド型のERP(生産管理システム)です。機能がコンパクトかつ低価格なため、生産管理をExcelなどで運用されているユーザーにもフィットしています。
また、製造業の主要な生産形態向けのモデル(個別受注生産管理システム、繰返し生産管理システム、ハイブリッド生産管理システムなど)から、ユーザーの業態に合ったモデルを選択可能となっているほか、個別受注生産に適したシステムのため、導入・運用開始前に品目マスタや部品表マスタの登録が不要となっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
FutureStageの資料を無料DL

Workday

Workdayは、財務会計と人事管理に特化したクラウドERPです。会計、集計、プランニング、調達、プロジェクト、報告、分析を一元化した財務管理として扱うことにより、ビジネスの全体像を正確かつ迅速に把握することを可能とし、意思決定のためのアクションを生み出します。
また、限られたリソースである人材をいかに有効に活用するかを実現する、ヒューマンキャピタルマネジメントやプロフェッショナルサービスオートメーション機能を持ち、その独自性が注目されています。

注目のERP(基幹システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめERP(基幹システム)をまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

ERP(基幹システム)の各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。販売管理、在庫管理、生産管理の効率向上などさまざまな目的で導入されるERPの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

今回紹介したクラウドERPをまとめて比較したい方はこちらからどうぞ!


こちらの記事でもクラウドERPのサービスを紹介しています。

ERPシェア・市場規模 | 世界調査と国内最新動向・注目クラウドサービスも紹介 | ボクシルマガジン
クラウドERPが大きな注目を集め、企業の基幹システムとして不可欠なものとなりましたが、その市場規模やERPシェア・...

クラウドERPの選び方ガイド

クラウドERPを選ぶときのポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 会社の規模に合わせた適用範囲
  • 管理画面のUIが使いやすそうか
  • 導入目的に合っているかどうか

クラウドERPの選び方ガイドでは、より詳しいクラウドERPの選び方や、関連する時事ニュース、メリット・デメリット、導入事例、サービスの詳細などの情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPの選び方ガイドを無料DL

中小企業の生き残りにこそERP活用を

自社の経営を可視化し、リアルタイムな状況把握と判断が可能になるERPは、変化の激しい市場経済の中で、中小企業が生き残っていくためにこそ必要なシステムであるといえます。
なぜならば、少しばかりのタイムラグが機会損失につながる現状は、中小企業によりダメージを与え、企業価値を高めることを阻害してしまうからです。

事業承継にクラウドERP活用で対応するということは、すなわち企業価値を高めることであり、結果的に企業存続と成長の機会を大幅に広げるものに他なりません。
まだ事業承継は先のこと、と考えている企業にも、いずれはそのときが訪れます。

その時に慌てないためにも、ぜひともERPを活用されることをおすすめします。


こちらの記事では、クラウドERPの導入事例を紹介しています。導入を検討している方は参考にしてみてください。

ERPの導入事例 | 種類とメリット・オンプレとの比較・クラウドが選ばれるワケ | ボクシルマガジン
ERP導入事例を徹底解説。変化の激しい市場経済の中、企業が生き残っていくためにビジネスを加速させるには、クラウドE...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPの資料を無料DL

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
ERP(基幹システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社オロ、shearwater
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事