コピー完了

記事TOP

BIツール導入事例 | データ分析ツール活用のポイント - 注目サービス紹介

最終更新日:
BIツール(ビジネスインテリジェンス)の導入事例を、課題と効果とともに解説。企業内に存在する情報を分析し、意思決定を容易にするレポート作成で企業の競争力を左右するBIツールのメリットや活用するためのポイントも解説していきます。

BI(ビジネスインテリジェンス)とは、組織内にあるデータを収集・蓄積・分析することにより、経営の意思決定に活用できる指標を得る手法や技術のことです。

経営判断を迅速化し、リアルタイムに状況判断を行うためにBIツールが注目されています。

BIツールというと、専用の分析技術やソフトウェアが必要になると思われるかもしれませんが、従来からDSS(Decision Support System)という意思決定支援の考え方は存在しており、近年登場した技術や手法ということではありません。

そんなBIツールを導入した企業の活用事例を紹介します。

BIツール導入事例:MotionBoard Cloud

まずはMotionBoard Cloudを導入した企業の事例を紹介します。

MotionBoard Cloudはさまざまな環境上に存在するデータを一元的に統合して「価値ある情報」として可視化する、クラウド型BIツールです。

リアルタイムなデータ分析と、豊富なチャート表現や地図機能などでオリジナルのダッシュボードを瞬時に作成。社外でもモバイル端末から時間や場所を問わない活用が可能となり、経営や現場の意思決定に役立ちます。エクセルを用いてデータ作成していたものがレポーティング機能としてそのまま可視化され、点在するデータを最大限活用可能です。

導入企業事例:ビットアイル

会社名:ビットアイル業種:IT
事業内容:安定したITインフラを24時間365日提供するiDCサービスほか

課題:Salesforceを最大限活用できるBIツールの模索

ビットアイルでは、リード獲得が案件化・受注につながった割合を分析し、マーケティング活動に活かすべくSalesforceを導入していたが、標準のレポーティング機能ではこれを実現することが難しく、データを抽出したうえで、エクセルでの二次加工を行っている状況であり、これを解決するためのBIツールを模索していた。

効果:マーケティング/営業が視点を共有可能に

MotionBoard Cloud導入により、データ入力の省力化、現状の可視化がされたことで、市場変化に俊敏な対応ができるようになったほか、マーケティング/営業部門が同様のデータを元に、営業活動の視点を共有し、運用していけるようになった


>>MotionBoard Cloudの事例・使い方の詳細はこちら

BIツール導入事例:Actionista!

Actionista!は、だれでも簡単に本格的なデータ分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有できるオールインワンのBIツールです。

データ取り込みから分析まで一連の操作をノンプログラミングで実現し、集計方法や分析手法を選択していくだけで簡単に高度なデータ分析が可能なほか、1ライセンスの購入で企業内すべてのユーザーが利用できるという、明快でリーズナブルな価格設定がされています。

国内で開発されているBIツールであるというメリットを最大限生かした、手厚いサポートを受けられることも大きな魅力です。

導入事例企業:THKリズム

会社名:THKリズム業種:製造・販売
事業内容:ステアリング、サスペンション、ブレーキ、エンジン・トランスミッション関係部品等の開発設計、製造販売

課題:グローバルで導入完了したERPを活用するBIツール模索

タイ・中国・メキシコなどに拠点を持つTHKリズムでは、各国にERPシステムを導入、収集・蓄積されたデータの有用性と正確性が重視される状況に。
次の段階として、これらを営業やマーケティングに活用していく必要が生まれ、最大限活用できるBIツール模索がはじまった。

効果:全拠点の数字が瞬時に把握できるダッシュボードで経営の可視化を実現

紙の資料で分散されたデータを、ニーズに応じて組み合わせてデータ作成していた従来から、リアルタイムで自由自在に数値が可視化されるダッシュボードが作成できたことにより、経営の可視化を実現するとともに、判断の迅速化を可能とした。

BIツールのその他導入事例

上記の事例以外にも、BIツールを導入して経営の可視化をした企業は数多くあります。BIツール導入前の課題と導入後の効果について、飲食業界や製造業界などさらに4社紹介していきます。

導入事例企業:K社(飲食業界 10,000人以上)

K社は日本を代表する飲料メーカーで、健康やコミュニティ、環境などの社会課題への解決に貢献するため、食と医薬で経済的・社会的価値創造に取り組んでいます。

また、価値創造を支える人材力が重要な経営資源だと考えていたK社は、独自の面談により社員の本音を聞き取る活動を行っていました。

課題:タレントマネジメント用のツールがないため面談に時間と手間がかかる

K社では人材がいきいきと働くための環境づくりを行うため、独自の面談を行っていた。人事担当者4人のみで2,000〜2,500人いる対象の面談を半年かけて実施するので、事前に情報を集めて読み込む必要も。1人の情報を整理、把握するためにおよそ10分かかっていた。

人事情報を統合しているツールがなかったため、分散した情報を収集する手間と、その手順の属人化が課題だった。

効果:面談の質向上と時間短縮を実現

これまで10分かかっていた事前の情報収集が、BIツール導入によって社員番号を入力すれば即座に表示されるようになったため、およそ半分に時間を短縮できるように。

バラバラだった人事情報もBIツールに集約し、必要な情報を切り替えながら表示できるようになったため、面談自体の時間も短縮でき、人材情報の可視化と面談の効率化を同時に実現した。

導入事例企業:H社(製造業界 10,000人以上)

H社はグループの中核を担う電機メーカーであり、世界有数の総合電機メーカーとして名を馳せています。グループ会社は国内外に900社あり、30万人もの社員の人材データベースが構築されています。

課題:データベースの分析機能が人事部の求めるレベルではなかった

BIツールの導入前は社内のIT部門がスクラッチで構築したデータベースを使用していたものの、分析や集計、使い勝手などの機能が人事部の求めているレベルには達していなかった。

分析を行う場合には既存のデータベースからデータを抽出し、 Excelで開いて集計やグラフ化する必要があったため、分析作業に半日から1日ほど時間がかかっていた点も課題になっていた。

効果:データベース分析作業にかかる時間が1日から1時間に短縮

BIツールを導入により、これまで手間がかかっていた分析や集計作業が、テンプレートを利用してワンクリック、ドラッグ&ドロップのみで完了するようになった。

作成に1日かかっていたダッシュボードやレポートが1時間程度で作成可能になり、大幅に時間を短縮した。

導入事例企業:S社(不動産業界 50〜100人)

S社は石川県、富山県、福井県を中心とした不動産仲介や買取、不動産開発会社、アパート建築の企画・設計・施工を核とした企業です。

S社では創業当初よりグループウェアを導入し、情報やデータの共有を行ってきたため、膨大なデータが蓄積されていました。

課題:豊富な蓄積データがあるのに活かしきれない

創業以来蓄積してきた20年来のデータがありましたが、目的のデータを探すのに時間がかかったり、アクセスする手順が煩雑だったり、別の場所にある複数のデータを組み合わせて編集したりするのが大変だった。

また、既存のグループウェアではデータを単一で分析する機能はあっても、複数のアプリケーションのデータとなるとバラバラに見なくてはならず、CSVでダウンロードしてExcelを用いて集計・グラフ化する必要があった。

効果:分析やレポートのデータが可視化された

BIツールは導入時のシステム構築には時間を要するが、導入後は複数データからの横断的な分析ができるため、表示されるレポートも従来より見やすくなった。また、求めているグラフをすぐに確認できるためデータを活用できないという悩みが解消もされた。

導入事例企業:Z社(製造業界 500人〜1,000人)

Z社は魔法瓶や炊飯器、電気ポット、ホットプレートなどの調理器具の製造販売を行う企業です。

Z社の基幹システムは20年前に生産統合システムとして構築されたものをベースとしており、別々に稼働していた生産システムと販売システムを統合して利用していました。

課題:新しい市場やビジネスの変化に対応できなかった

ビジネスの変化が顕著になってきた昨今では既存システムで対応しきれなくなってきたため、データ活用が柔軟に行えるBIツールの導入が検討された。

効果:データ処理を柔軟に行える

データファイルのレイアウトは変更しない運用が可能だったので、システム変更を意識することなく利用可能に。

長年データ活用を行っている現場では、自身でデータ処理を行えることがポイントだったため、帳票は必要以外作成せず、さらに多次元データベースを構築する必要がなかったため安価で導入できた。

BIツール導入時のポイント

事例にもあるように、BIツールの導入や活用に際してもいくつかポイントが存在することが読み取れます。それをいくつかに絞って解説してみましょう。

分析データをどう使うか検討する

消費者はもちろんのこと、さまざまな顧客接点がインターネットを介してつながっている現在、データの蓄積自体は難しいことではなくなりつつあります。それを「どのように使って活用されるようにしていくか」に焦点が絞られている、といえるでしょう。

新たなシステム導入には一定数の反対勢力があることも事実であり、こうした勢力をいかに取り込んで定着させ、活用されるシステムとするかが重要となります。

導入検討時に現場を巻き込む

また、BIツール導入の目的で「経営判断における意思決定を迅速化する」という点が挙げられますが、事例を見てもわかるように、BIツールの活用は現場においてより重要な事柄となっています。

このため、システム導入時には現場を巻き込んで意見や課題を汲み取り、それを解決するための策としてBIツールの導入を検討することが必要となってきます。

小さく始めて大きく成長させる

「どう活用されるか」ということにも関連しますが、一つ便利なダッシュボードを作成して小さく活用することからはじめる手法が有効です。

これが便利で有用であるということが浸透すれば、自然に多くのリクエストがでてくるようになるはずであり、自然発生的に大きく成長させられるようになります。

BIツールを活用するポイント

BIツールの導入・活用を開始する企業も多く、広がりを見せてきていますが、十分な活用ができていない場合も少なくありません。

その多くの場合は、「導入してはみたもののBIツールで何をどのように分析するのかがわからない…」というケースであり、実務での活用が進んでいるとはいえません。

BIツールを実務で活用するためのポイントをまとめてみました。

BI活用の基本

「経営判断を行う」「営業上で必要な判断を行う」には、BIダッシュボードに表示される、データの分析結果がわかりやすくシンプルに可視化されている必要があります。

しかし、ツールによってはさまざまなデータ分析に対応するため、200以上の定型フォーマットを有しているものも少なくありません。

定型フォーマットを整理する

人間が一度に認知して把握できるのは40項目程度だといわれています。

このため、多くの定型フォーマットが存在すると利用者が把握できず、結果的に活用されないツールになってしまいます。

まずは定型フォーマットを整理して数を絞り、利用者が活用しやすい環境を整えること、どうしてもフォーマット数を減らせないのであれば、カテゴリ分けするといった方法で整理をしておく必要があります。

探索型検索(ドリルダウン)に活用する

「どの製品の売上が伸びていないのか」「それを購入していない取引先はどこか」「その取引先は何を購入しているのか」など、探索型検索による分析にBIツールは向いているといえます。

こうした特性を踏まえた分析を行うことによって、効果が明らかになり、活用が進んでいくといえます。

管理データ分析の基本

ドリルダウンにBIツールを活用するには、管理データ分析の基本を押さえておく必要があります。

経営モデルを理解する

さまざまな経営モデルを理解することによって、適切な分析を行えるようになります。

たとえば、製品サイクルの原理を理解していれば、成長前期は在庫が多め、成長後期には値崩れがはじまるといった判断ができ、時期に応じて適切な分析を行うことによって、判断を正確なものにできるでしょう。

さまざまな分析技術を習得する

こうした分析を行うにあたって、単純に在庫と流通だけを管理するのは片手落ちになるといえます。

この場合、財務関係を含んだコストをデータに含めていく必要があり、正確な判断を行うに必要となる、さまざまな分析技術を増やしていく必要もあります。

分析のアプローチ

さまざまなデータを用いて分析を行っても、それがどのように表現されたかによって、正反対の判断が下されてしまう場合が考えられます。

正確な判断を行うためには、分析結果をどのように表現するか、というアプローチも重要になります。

ひとつのデータを多面的に分析する

たとえば、全国各拠点での販売状況をグラフにする場合、商圏の大きな大都市では当然実績が大きなものになります。

しかし、それぞれの拠点での一人あたり販売額という表現を同時に行えば、単純な販売額だけではない事実も見えてくるでしょう。

このように、販売額というひとつのデータでも、多面的に状況を捉えられるような分析を行うことがポイントです。

関連データをセットで分析する

BIツールで分析を行う場合、対象となるデータに関連したデータをセットにして分析することが有効です。

上述の販売額のデータであれば、目標値に対する達成度、前年同期との比較/伸び率、次年度の予測、製品カテゴリー別などを盛り込み、あらゆる角度から販売額を可視化できることが望ましいといえるでしょう。

BIツール注目サービス

あらゆる業種でインターネットを活用したマーケティング/営業活動が活発化し、スマートフォンの普及によって消費者動向に関するビッグデータが収集しやすくなったという状況が、BIツール導入拡大の背景にあります。

しかし従来の方法では、多様化する消費者の嗜好にあわせた対応が難しく、リアルタイムかつスピーディな分析をもとにした経営/営業判断が求められてきているのです。

迅速な経営判断を実現するBIツールの注目サービスを紹介していきます。

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

MicroStrategy 2020 - マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

MicroStrategy 2020 - マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 画像出典:MicroStrategy 公式サイト

MicroStrategy 10は、ドシエ、ダッシュボード、ピクセルパーフェクトな定型帳票、ビジュアライゼーション、セルフサービスBI、高度分析/予測計算、多次元分析、アラート機能、配信機能、MS Officeとのダイナミックな連携など、すべての機能をカバーするBIツールであり、セルフサービスBIは無料で提供しています。
アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを1つの統合プラットフォームでシームレスに提供し、ニーズに応じてクラウドオンプレミスを問わない展開が可能です。

MicroStrategy 10の特徴や使い方の解説記事はこちら

Data Knowledge - 株式会社クロスキャット

Data Knowledge - 株式会社クロスキャット 画像出典:Data Knowledge公式サイト

  • 多彩な分析レポート
  • 分析ノウハウを共有する機能を搭載
  • 30年間もの持続的機能開発

Data Knowledgeは、多彩な分析レポートで経営を見える化してくれるBIツールです。各個人が必要なタイミングで必要な視点のデータ分析を行え、だれでも簡単にレポートの作成が可能です。純国産のデータ活用ツールとして1987年に開発され30年もの間、現場の声を反映した本当に必要な機能を実装しています。ドラッグ&ドロップの直感的操作のみでデータ統合やデータ加工、レポート作成でき、Excel・CSV・PDFなどに出力可能です。

BOARD Software - Board Japan株式会社

BOARD Software - Board Japan株式会社 画像出典:BOARD Software公式サイト

BOARD Softwareは、シンプルで非常に効果的な方法で、組織が業績の単一の見方に達するように支援し、ビジネスインテリジェンス、業績管理、アナリティクス、データディスカバリーをシームレスに単一製品に統合するBIツールです。
さまざまな発生源から生じた情報は、組織全体で共有される仮想データリポジトリに統合されるため、カスタマイズされながらも単一の見方をユーザに提供し、セルフサービスのデータディスカバリー環境で容易に情報を検索し、直感的なデータのやり取りで詳細な分析を行えます。

BizSpread(ビズスプレッド) ※サービス提供終了

BizSpreadは、表計算ソフトウェアを使って、集計や分析の業務の定型作業を行っている多くのビジネスパーソンに向け、簡単なデータ加工を実現するクラウドベースのBIツールサービスを提供します。
実際の業務で役立ちそうなサンプルを多数用意し、定型の集計作業をデータを読み込ませるだけで作業が完了、初めての人たちにも使いやすいBIツールを実現しています。
長年BIシステムを構築・サポートしてきた経験を元にしたサポート体制も充実しています。

BIツール ソリューション - 株式会社バルク

BIツール ソリューション - 株式会社バルク 画像出典:株式会社バルク

BIツール ソリューションは、長年の専門領域で培った経験とノウハウで、効率的なデータ連携とセルフサービスBIの設定・運用をサポートするサービスを提供します。
社内に点在しているさまざまなデータを連携・整理し、見やすく共有しやすい帳票を短時間で作成、顧客データ、販売データ、商品データ、各種統計データなど、複数ソースのデータ連携をセキュアな通信で行えるWeb APIを用意可能、長年のマーケティングリサーチで培った分析と可視化のノウハウで対応します。

GoodData (グッドデータ) - 株式会社サムライズ

GoodData (グッドデータ) - 株式会社サムライズ 画像出典:GoodData公式サイト

GoodDataは、クラウド上のデジタルデータやソーシャルデータ、またマーケティングや販売データの豊富な解析体験を提供するクラウドベースのBIツールです。
デジタルマーケティングを加速したい場合有効な機能が多数実装されており、SalesforceSugarCRMNetsuiteZendeskMarketo、Google Analytics、Webtrends、Compuware-Gomez、Facebook、TwitterなどとのPreBuildコネクタが用意されています。
既存のSaaSソリューションに専門的な分析ツールや分析ノウハウおよび分析サービスを追加し、必要なビジネス解析の追加カスタマイズが簡単に実現可能です。

Zoho Analytics - ゾーホージャパン株式会社

Zoho Analytics - ゾーホージャパン株式会社 画像出典:Zoho Analytics公式サイト

  • さまざまなツールを連携させ自動でデータ取得・レポート化
  • AI(人工知能)も標準搭載
  • 圧倒的な低コスト+無料スマホアプリ

さまざまなデータソースからデータを集め、自動的にリアルタイムデータでレポートを作成するクラウド型BIツールZoho Analytics(ゾーホー・アナリティクス)。機能のアップデートも頻繁に行われ、クラウドサービスのため追加料金なしで利用できます。

BIツールを扱う専門的な知識がなくても、ドラッグ&ドロップ操作で簡単にレポートを作成でき、一般的なレポートテンプレートも豊富に用意されています。2ユーザー、1万行のデータレコード制限でレポート・ダッシュボードを無制限に作成できる無料プランもあります。有料プランの場合は月額2,640円(税別)から利用できます。


本記事で掲載しきれなかったBIツールについては、こちらの記事で紹介しています。さらに多くのツールを比較したい場合は、あわせてご覧ください。

BIツールによるデータ分析で競争力の向上を

デジタルトランスフォーメーションの実現に向け、加速が進む市場経済の中では、データを持つものが競争力を発揮します。

しかし、データは収集するだけでは意味を持たず、分析して活用することによってはじめて競争力を維持できる、といえるでしょう。

そのためにはBIツールによるリアルタイムかつスピーディーな分析が必要となり、それをもとにした正確な経営判断が必要になってきます。

目的と用途にあったBIツールの導入を進め、いかに活用していくかの方策を整えること、それが重要になってくるといえるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
BIツールの最近更新された記事