IoTとクラウドの関係性 | 活用事例・方法・今後の展望とは

公開日:
現在IoTが爆発的に普及しています。その背景にはIoTが抱えていた課題が解決されたことが挙げられます。IoT普及の後押しになったクラウドとの関係性や、その活用法、両者の今後の展望を解説していきます。
データ分析BIツール
Large

IoTとは

IoTとは、Intrenet of Things(モノのインターネットという意味)の略語で、モノとインターネットをつなぐことによって、新しい価値を生み出すというものです。

これは、1990年代末から行われるようになり、現在ではITが普及・発展してきたことにより、さまざまなものがインターネットにつながるようになりました。

IoTについての詳細の説明は以下の記事で解説しているので、こちらをご覧ください。

IoT(モノのインターネット)とは - 基本を解説 | 分野別の活用事例・サービス紹介 | ボクシルマガジン
モノのインターネット、Internet of Things(IoT)に注目が集まっています。しかし、IoTの意味や...

IoTが抱えていた課題

IoTが抱えていた課題のなかには、ネットワークの速度とコストの問題、膨大なデータのリアルタイム処理などに問題があり、これまで一般企業にとってはIoTの導入はハードルが高く、なかなか普及していきませんでした。

特に、クラウドを開発するためにかかる費用と、それを運用するためのコストが高くなってしまうこともあり、企業にとってコスト的にも技術的にも利用しづらいという状況でした。

IoTが爆発的に普及した"ワケ"

そんな数多くの課題を抱えていたIoTも、現在では爆発的に普及し、私たちの生活や仕事には欠かせないものになりました。

その背景には、センサーや通信機の小型化、通信費の低価格化を実現できたことをきっかけに、通信会社がIoT向けプランを作成し、だれもが低価格の通信サービスを利用できるようになったことがあります。

実は農業でもIoTが活用されている

現在IoTが活躍する業界というのはいわゆるIT企業に限らず、その業種は多種多様です。

一見、ITとは程遠い存在であると思われている農業においても、実はIoTの導入が進んでおり、もはやネットワークとは無縁の世界ではなくなりました。

農業においては、水やりや温度・湿度の管理などをIoTの活用によって管理することで、経営全体の最適化を実現するスマート農業が実現しました。

スマート農業に関連して、プレシジョン・ファーミングについて紹介しています。あわせてご覧ください。

プレシジョン・ファーミング(精密農業)とは | 課題・技術・日本のスマート農法 | ボクシルマガジン
精密農法や精密農業といわれるプレシジョン・ファーミングは、GPSを活用した21世紀型の農業生産システムです。その基...

クラウドとは

クラウドとは、クラウドコンピューティングのことで、コンピューターの利用方法の一つです。

現在では私たちの生活の中には数多くのクラウドが存在・利用されていますが、クラウドはコンピューターの所在地が意識されていないため、多くの人がそれに気づかずに利用しています。

クラウドの詳細については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

クラウドとは?今更聞けない言葉の定義からサービスの分類まで | ボクシルマガジン
「クラウド」とは、インターネット経由でWebサービスを利用する環境の総称です。本記事では、クラウドの概念・種類や具...

最新トレンド「クラウドサービス業界」の現状とは?SaaS業界レポート/カオスマップ(2016-2017)は以下のページからダウンロードできます。

クラウドの普及背景

クラウドが普及した背景には、CPUの高速処理化などの技術的革新が行われたことによって、ネットワークの高速化と低価格化を実現したことがあります。

さらに利用者側にとっても、IT投資コストの削減につながり、莫大なデータの運用が楽になったことも理由として挙げられます。

これまでは手元にあるコンピューターでデータの保存などが行われるのが一般的でしたが、現在では手軽にネットワーク上にデータを保存でき、どこにいてもサービスを利用できるようになりました。
  

クラウドの具体例  

実際にクラウドという言葉は聞いたことはあっても、それが具体的にどういったものに使われているかわからないという方もまだまだ多いのではないでしょうか。

しかし、実は普段私たちが公私ともに利用しているWebメールは、クラウドサービスの代表的な一例です。

わかりやすく比較をすると、Gmailなどはソフトウェアをダウンロードしなくても利用できますが、Outlookなどのメールサービスではソフトウェアを使いますよね。

このGmailのように、自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードせずに、ネットワーク上だけで利用できるWEBメールは実はクラウドサービスの一つなのです。

Gmail(Googleメール)の使い方【基本から応用・裏技まで】 | ボクシルマガジン
Gmail(Googleメール)のアカウント作成から基本的な使い方、応用的な使い方、裏ワザまで一挙大公開していきま...

IoTとクラウドの関係

現在のITの発展と普及には、IoTとクラウドの関係を抜きには語ることはできません。

それは、IoTにより今まで得られなかった多くのデータが得られるようになり、その膨大なデータを効率よく処理するためにクラウドが必要だからです。

この二つの連携があるからこそ、双方の特性が活かされるわけであり、どちらか一方でもかけていれば、どちらの発展も見込めなかったでしょう。

ビッグデータで市場開拓も

これまでは大規模なデータは技術的な問題により対応することができませんでしたが、IoTとクラウドの革新によって、ビッグデータの利用が可能になりました。

そのため、ビッグデータにより新しい市場、商品を見いだすことができるようになり、今後はこれまで開拓できなかった新たな市場を開拓することができるようになります。

ビッグデータ活用方法とは | 活用での留意点や事例・BIツール徹底解説 | ボクシルマガジン
膨大な情報を収集し、それを自在に分析可能になった現在、さまざまな業種や自治体などでビッグデータ活用が進んでいます。...

IoTとクラウドがもたらすメリット

IoTとクラウドのそれぞれの技術だけでも十分にビジネスを支えるものではありますが、この二つが連携することによって新たなビジネスモデルの誕生につながります。

特に定量・定性的に数字をみるマーケティングの観点から見ると、IoTにより生まれるビッグデータはクラウドと非常に相性がよく、ビジネスの可能性が大きく広がっていきます。

IoT・クラウドはどう活用すべきか

IoTにより得られたデータをクラウド上で処理し、それを既存サービスの改善や新サービスリリースに活かすことでそれぞれの強みを最大限に発揮することができます。

IoTとクラウドの双方を組み合わせて、実際にどのような活用・利用をすべきなのでしょうか。以下では実際に活用されている事例を紹介します。

障害予測に活用

ここでは、米ゼネラル・エレクトリック社(以下GE)のインダストリアル・インターネットの事例を紹介します。

GEでは、産業機器から得たデータをクラウド上で分析し、それらのデータをもとに障害予測に役立てています。

そうすることによって、航空や鉄道などの分野で障害予測に活用でき、ネットワークを通してデータの共有を行うことができます。 

業務の効率化

パンの製造・販売を行うキングスハワイアンでは、IoTを導入したことによって、これまで現場で行っていた作業のデータをインターネット経由で閲覧できるようにしました。

その結果、オートメーション技術により、業務上の無駄を見つけやすくなり、業務効率化とメンテナンスコストの削減に成功しました。

IoT・クラウドの今後は?

今後は、 IoT・クラウドにより企業の業務効率化や、人々の日々の生活の利便性の向上がしていきます。

どの領域においてもIoT・クラウドの連携は欠かせなくなり、企業はもちろんのこと、私たち一般人も恩恵を受けることになるでしょう。

IoTとクラウド導入は大きなビジネスチャンス

これからの時代は IoTとクラウドがビジネスにおいても生活においても欠かせないインフラになることは間違いないでしょう。

そのため、IoTとクラウド導入は大きなビジネスチャンスであり、早くから利用しておくことで、チャンスを取りこぼす可能性を減らすことができます。

ぜひこれを機会に自社への IoTとクラウド導入を検討してみてはいかがでしょうか。

BIはサービスによって、機能や価格もさまざまです。目的に沿ったサービスの比較で効率的なサービス活用が可能になります。以下チャートでは、厳選したサービスの特徴や価格を比較できます。

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
BIツール
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ジャストシステム、株式会社レジェンド・アプリケーションズ
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事