Article square balloon green
2018-10-15

重たいWindows10のPC(パソコン)を軽くする設定!イライラしたら試したい裏技テク10選

動作の重たいWindowsのPC(パソコン)を軽くする!パソコンの動作が重い・遅いと作業のスピードが下がってしまいます。Windows10にアップデートしてから動作が遅くなってしまったという方も多いことでしょう。ひとも覚えておきたい設定・裏技を解説します。※初回公開日:16/10/01
人事eラーニング(システム)
Large

Windows 10の重たいパソコンを軽くする10の裏技

パソコンが動作が遅いと仕事が滞ってしまいますよね。Windows 10にアップデートしてから動作が遅くなってしまったという方も多いことでしょう。

データ分析や資料作成などの複雑な仕事は、、パソコンへの負荷を下げ、動作を軽くして一つひとつの動作を早くしたいものです。

今回は、簡単な設定を行うだけでパソコンがかなり軽くなる方法を紹介します。

あわせて読みたい!

▼Windows10の便利設定をまとめのおすすめ本はこちら

できるWindows 10パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 改訂3版 (できるパーフェクトブックシリーズ)¥ 1,598 パソコンの基本操作もWindows 10の最新機能の解説も収録。初心者から上級者まで、長く使えて頼りになる圧倒的ボリュームの解説書。スマホでも見られる動画解説で設定作業を効率的にできます。

(1)パフォーマンス優先にする

「コントロールパネル」の検索ボックスで「システムの「詳細設定」を検索

「システムの詳細設定の表示」を選択

「パフォーマンス」を設定する

「パフォーマンスを優先する」を選択し、「OK」をクリック

どのように設定が変更されるかは、下のチェックボックスから分かります。
残したい設定があれば、チェックボックスにチェックを入れましょう。

(2)不要なスタートアップを無効化する

パソコンを起動したときに、不必要なソフトウェアまで起動していると、動作が遅くなってしまいます。
不要なスタートアップは無効化しましょう。

「スタートボタン」から、「タスクマネージャー」を起動する

「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブを選択し、不要なスタートアップを選択。右クリックから「無効化(D)」を選択。

(3)アニメーション処理を無効化する

視覚オプションの「アニメーションを再生する」もオフにする。

「設定」から「簡単操作」を選択

「その他のオプション」から、「Windowsでアニメーションを再生する」をオフにする

(4)サーチ機能をオフにする

サーチ機能はバックグラウンドで無駄にシステムのパワーを使っています。
オフにしてみましょう。

コマンド・プロンプトを実行する

「Windowsキー+X」でメニューから、「コマンド・プロンプト(管理者)」を実行します。

「net.exe stop "Windows search"」と入力します

「Windows Search サービスは正常に停止されました。」と表示されます。

(5)電源プランを「パフォーマンス」に設定する

電源を使う代わりに、パソコンのパフォーマンスを上げます。

「電源オプション」を選択する

「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」「バッテリ設定の変更」を選択。

「パフォーマンス」を選択

(6)不要なサービスを無効にする

不要なサービスを無効に設定するのも、動作の重いパソコンを軽くするのに効果的です。

「管理ツール」を起動する

「コントロールパネル」の検索ボックスで「管理ツール」を検索し、起動する。

「サービス」を選択する

不要なプログラムを無効にする

しかし、どのプログラムが不要か分からないかもしれません。
使わなさそうなプログラムをリストアップします。

  • 「Bluetooth Handsfree Service」(Bluetooth機器を使用しない場合)
  • 「Bluetooth Support Service」(Bluetooth機器をしない場合)
  • 「Diagnostic Policy Service」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic Service Host」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic System Host」(自己診断関連サービス)
  • 「Diagnostic Tracking Service」(自己診断関連サービス)
  • 「Fax」
  • 「HomeGroup Provider」(ローカルでファイル共有しない場合)
  • 「HomeGroup Listener」(ローカルでファイル共有しない場合)
  • 「Hyper-V」(これが冒頭につくものが8種類あります。)(仮想マシーンを使わない場合)
  • 「Remote Desktop」(これが冒頭につくものが2種類あります。)(リモートデスクトップを利用しない場合)
  • 「Remote and Remote Access」(リモートでの作業をしない場合)
  • 「Smart Card」(カード認証を行わない場合)
  • 「Telephony」(ビジネスフォンなどの制御を行わない場合)
  • 「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」(タッチ機能を使用しない場合)
  • 「Windows Biometric Service」(生体認証は使わない場合)

(7)Windows 10の更新設定の変更

「Windows Update」では、度々更新が行われ、その度に動作が重くなってしまします。
更に、設定次第では、自分のパソコンがサーバー代わりとなり、他人のパソコンに更新データを送っているため、また重くなってしまいます。

「設定」から「更新とセキュリティ」を選択

「詳細オプション」を選択

「更新プログラムの提供方法を選ぶ」クリック

赤枠の部分をオフにする

Article whitepaper bgS3 0
eラーニング(システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
セレブリックス、株式会社ジージー、Mogic株式会社、株式会社manebi、株式会社Gifted
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事