Article square balloon green
2017-12-25

オンライン英会話とは | 英語力を伸ばすのに最適なレッスンを選ぶポイント

グローバル化が加速する現代では、さまざまな場面で英語のスキルが求められていますが、現代人に最適なサービスで注目を集めるのがオンライン英会話です。マンツーマン中心で日常会話からビジネス英語まで対応するその実態を解説します。
人事eラーニング(システム)
Large

オンライン英会話とは

Skypeなどの無料通話ソフトを活用し、ネットワークを介した英会話レッスンを受けることができるサービスがオンライン英会話です。

Webを利用する柔軟な予約や、マルチデバイスに対応したレッスンが可能なケースがほとんどであるオンライン英会話は、その手軽さや時間と場所を問わない受講で話題になりました。
2013年頃から多様なサービスが登場し、ここ数年でユーザー数が大幅に増加しており、大きな注目を集める英会話学習スタイルになっています。

オンライン英会話の特徴

英語を公用語とし、コールセンターの拠点として世界中から注目されるフィリピンに着目、人件費の安い現地の講師を活用することによって、圧倒的な低価格を実現するのがオンライン英会話最大の特徴といえるでしょう。

また時差を逆手に取り、日本時間の早朝や深夜でもレッスンが受けられるのも特徴であり、24時間対応のサービスも珍しくありません。

多様化するライフスタイルにマッチしたサービス提供が求められる現代において、オンライン英会話は、急速に進んだネットワークインフラの整備を活用する優れたビジネスモデルを持っていることがわかります。

オンライン英会話のサービスを探している方は、以下の記事をご覧ください。

オンライン英会話比較 | 多彩なサービスからの選択ポイント・おすすめサービスを紹介 | ボクシルマガジン
現代のライフスタイルにマッチしたことで、オンライン英会話が注目されています。しかし、その選択肢は多数存在しており、...

オンライン英会話と教室型英会話スクールの違い

それでは、従来の教室型英会話スクールとオンライン英会話では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。ポイントごとに挙げてみましょう。

料金

すでに解説しましたが、オンライン英会話の最大のアドバンテージが受講料金です。

その多くは定額制となっており、毎日受講しても月5,000円〜10,000円程度に費用を抑えることができるだけでなく、サービスによっては月額料金のみで無制限にレッスンを受けることができるものもあります。

一方、教室型英会話スクールでは1回のレッスンで5,000円程度になってしまうケースもあり、月に50,000円以上になる場合もあります。

レッスン時間

オンライン英会話では1レッスン25分前後となっている場合がほとんどですが、受講者の都合によって短く切り上げることも可能など、柔軟性には富んでいるといえます。

1レッスン40分程度が多い教室型英会話スクールの方が、長時間英語を話す機会があるといえるかもしれません。

1日あたりの受講可能数

教室型英会話スクールでは1日1レッスンが基本となりますが、上述したようにオンライン英会話では2レッスン以上の受講が可能であり、サービスによってはそれ以上のレッスンを受けることも可能です。

受講可能な時間帯

教室型英会話スクールは、19〜20時前後から終電くらいまでの営業がほとんどであり、必然的に受講可能な時間帯もこの間に限られます。オンライン英会話では多くの場合で、受講可能な時間帯がより長くなっており、上述したように24時間受講可能なサービスも多くなっています。

レッスン形式

オンライン英会話ではマンツーマンによるレッスンが基本ですが、ディスカッション目的のグループレッスンが可能な場合もあります。

教室型英会話スクールでは、マンツーマン・グループレッスンどちらも可能ですが、マンツーマンレッスンの場合は料金が高額になる場合がほとんどです。

受講に必要なもの

教室型英会話スクールでは、テキストを使用しなければ、ほとんどの場合何も用意する必要がありません。

一方、オンライン英会話では受講にあたり、レッスン用のコンピューターやタブレット、マイク・カメラなどのデバイスが必要となり、インターネットに接続できることが大前提となります。

また、Skypeなどを使用する場合は、ソフトウェアのインストールや設定を事前に行う必要があり、一部のユーザーには障壁になってしまうかもしれません。

オンライン英会話のメリット・デメリット

その特徴や教室型英会話スクールとの違いを踏まえ、英語を学ぶにあたり、オンライン英会話を利用するメリットにはどのようなものがあるのか、またデメリットはあるのかを解説していきましょう。

オンライン英会話のメリット

オンライン英会話のメリットは大きく3点になります。

  • 料金設定の安さ
  • 時間と場所を問わない
  • マンツーマンレッスン

英語を話せるようになりたい、と考える方にとっての障害となる「料金」「時間」「場所」の問題を解決し、多様なライフスタイルに対応できることが大きなメリットです。また、マンツーマンが基本になるため、他者に気兼ねなく思う存分会話ができることも大きいでしょう。

オンライン英会話のデメリット

メリットの反面、以下のポイントを不安に思う方がいるかもしれません。

  • ネイティブの講師が少ない
  • 日本語を話せる講師が少ない
  • ネットワーク状況が不安定になる場合がある

英語初心者であれば、相手が日本語を話さないというのは不安な要素でもあるでしょうし、ネイティブが少ないということで、イントネーションや訛などを気にする場合も考えられます。

この点はデメリットとなるかもしれませんが、ネイティブでも訛のある講師はいますし、正確な発音やイントネーションを望むより、まずコミュニケーションがとれるようになることが重要です。

ネットワークの影響で満足にレッスンが受けられなかった場合も振替してもらえる、というサービスがほとんどであり、1レッスンがコーヒー1杯分程度なことを考えれば、挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか。

オンライン英会話のカリキュラム

リーズナブルな料金設定とライフスタイルにあわせたレッスンで、英語学習のハードルを大幅に下げてくれたといえるオンライン英会話ですが、何も考えずに挑戦してみても費用対効果があるのか疑問です。

どういった目的を持って英語を学びたいのか、この点を明確にしたうえでオンライン英会話に望むのが理想でしょう。オンライン英会話では豊富なカリキュラムが用意されているケースがほとんどであり、目的に応じたチョイスが可能となっています。

主に実施されているカリキュラム例を、以下に挙げてみましょう。

日常英会話

オンライン英会話の基本的なカリキュラムであり、多くのユーザーが活用しているのが日常英会話です。

マンツーマンでのフリートークというスタイルが一般的であり、街を歩きながらスマートフォンで講師とのレッスンを楽しんでいるユーザーも多いようです。

とにかく英語に慣れ親しんで、リスニングやスピーキング力を身につけたいという場合に有効ですが、目的意識が希薄になることも否定できないため、複数のカリキュラムを併用して楽しんでいくのがおすすめです。

ビジネス英会話

専門用語が頻繁に登場し、複雑な言い回しや敬語などの丁寧な表現も必要となるビジネス英会話は、日常英会話とは違った学習方法が必要です。

外資系に限らず、グローバル化が進む市場経済で生き残っていくためには、ビジネス英会話のスキルが必要になっており、さまざまなオンライン英会話でカリキュラムを提供しているほか、ビジネス英会話に特化したサービスも存在します。

カランメソッド

カランメソッドとは英語を母国語としない人に向けた直接教授法です。英語に対して英語で考える「英語脳」を養うことを目的にイギリスで開発されました。

その内容については、イラストや写真を見ながら講師が2回にわたって質問し、生徒が正確な回答をするまで高速で繰り返されるというものです。

ネイティブ以上の速さで会話が繰り返されるため、日本語で考える間を与えないことが特徴であり、通常の4倍のスピードで英語が習得できるといわれています。教室型の英会話スクールではほとんど実施しておらず、オンラインならではの特徴を活かした学習方法といえるでしょう。

DMEメソッド

カランメソッドを進化させたといえるのがDMEメソッド(Direct Method for English)です。

カランメソッドの方法を基本としながらも、テキストを併用したグラマー習得も重視しており、タイムリーな話題を元に学習できるよう、3〜4年に1度の割合でアップデートされているのが特徴です。

TOEIC対策

日本での英語資格試験の中で、もっとも知名度が高いといえるのがTOEICですが、スコア向上に焦点をあわせたカリキュラムが多く存在します。

どちらかというとリスニング・リーディングを中心としたコミュニケーション能力が重視されており、特に日本国内での就職活動などに有利に働くことが多いようです。

TOEFL対策

TOEICと並ぶ英語資格試験がTOEFLですが、世界的にはこちらのスコアが重視される傾向にあり、TOEFL対策のカリキュラムも多くなっています。TOEICよりも英語への反応速度が重視され、スピーキング能力への比重が高いことが特徴であり、海外への転職などに有利に働く場合が多いといえるでしょう。

オンライン英会話で英語力を伸ばすには

低料金でありながら豊富なカリキュラムを揃え、時間と場所を問わないレッスンで英語学習のハードルを大幅に下げてくれたオンライン英会話ですが、高い柔軟性を持っているがゆえに、その効果を最大化するのは受講者本人にかかっているともいえます。

そのためには明確な目的意識を持ってオンライン英会話を活用することが重要ですが、費用の負担が少なくなったとはいえ、貴重な時間も費やす必要もあり、できる限り効果的に英語力を伸ばしていきたいものです。

そのポイントはどこにあるのか、簡単にまとめてみましょう。

わからないことは聞き返す

対面ではないオンライン英会話の場合、音声の品質の問題もあり、会話の中で「聞き取れない」「わからない」ことが出てきます。

日本人の感覚だと「聞き返すのは相手に失礼」という意識があるためか、そのまま聞き流してしまうことがあるかもしれませんが、それではわからないことを覚えるチャンスを逃していることになります。

英会話を学ぶために受講しているのですから、遠慮なく聞き返し、疑問を疑問のままにしておかないことが重要であり、それが次の「聞き取る力」に活かされます。

レッスンのためのインプット

学校の勉強でも予習・復習をきちんと行うことで成績があがるのと同様、英会話でも予習・復習は大切です。

特に日本人の場合、学んだことをアウトプット(スピーキング)する機会が少ないため、なかなか英語が話せるようにならないという一面があります。

オンライン英会話のレッスン中は、アウトプットする機会に恵まれているという状況であるため、それを最大限活かすため、予習・復習というインプットが上達への近道となります。

何があっても継続

日本に帰国して英語を話さなくなるうちに、うまく話せなくなる、忘れてしまうというのはよくあることです。

特に学び始めはモチベーションがあがらず、さぼってしまいがちになることが考えられますが、自身の英語力が向上しているという成果が感じられ、楽しさが増して積極的な姿勢になれるまで、何があっても継続していくことが必要です。

フリートークは控えめに

英語力を高めるための目的意識が重要なことは解説しましたが、これを持たずにフリートークレッスンばかり受講するのはおすすめできません。

これは話題が流されてしまうことが多くなるためであり、間違いを訂正されないままになってしまう危険性があるからです。英語を能動的に話す、ということでは有効な手段であるため、他のカリキュラムと併用しながら活用してくことが望ましいといえるでしょう。

オンライン英会話選択のポイント

オンライン英会話の特徴やカリキュラムの紹介とともに、活用の際のポイントまで解説してきましたが、ユーザー数の拡大とともにそのサービスは多様化しており、その数は200を超えるとまでいわれています。

多数のサービスの中から最適なオンライン英会話を選択するには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

予約やスケジュール調整の容易さ

時間と場所を問わないレッスンを実現するオンライン英会話では、5分前や15分前まで予約可能な場合が多く、キャンセルも直前まで可能なことがほとんどです。

こうした予約やスケジュール調整の容易さがオンライン英会話の利点でもあり、有効活用したいところです。

しかし、事前連絡なしのキャンセルをした場合、有効期限などを減らされてしまうサービスもあります。予約の振替などを含め、自身の都合に最適なサービスを見極める必要があります。

目的にあったカリキュラムがあるか

自身の英語スキル、目的にあったカリキュラムが存在しているかは重要な選定ポイントです。

リスニングやスピーキングなど、強化したい目的意識を明確にすることが英語上達の近道となるため、何を最優先するのかをはっきりさせ、それにあったカリキュラムが存在するサービスを選ぶことが重要でしょう。

料金体系はどうなっているか

月額料金になっているのか、その中でどのくらいのレッスンが受けられるのかや、追加料金などの海を確認する必要があるでしょう。

たとえばカランメソッドやネイティブ講師を希望する場合などは追加料金となることが多く、希望するカリキュラムを絞ったうえで、一回あたりの金額がどのくらいになるのかを把握することが重要です。

講師がチェックできるか

オンライン英会話では、柔軟な予約が可能な反面、お気に入りの講師を常に指名できない可能性が大きくなります。そういった場合でも講師がどのような人物なのか、わかりやすく紹介されているサービスがおすすめです。

中には紹介ビデオが公開されているサービスもありますので、考慮に入れておくといいでしょう。

無料体験レッスンで最適なオンライン英会話を選択

現代のニーズに合致したサービスが提供されているオンライン英会話サービスは、今後も加速するグローバル化に備えて、ますます注目を集める存在です。

しかし、サービスによるクオリティにバラツキがあるのも事実であり、効果的に英語力を養うためには、目的にあった最適なサービスをチョイスすることが重要です。ほとんどのサービスでは無料体験レッスンが用意されていますので、できる限りのサービスを試したうえで判断することをおすすめします。

英会話に限らずオンライン学習の市場か拡大しています。以下の記事も参考にご覧ください。

eラーニングシステムとは | 徹底比較37選 | 機能・費用比較表 | ボクシルマガジン
eラーニングシステムの定義や導入メリットや機能・価格を一覧にまとめました!2017年度の大人気クラウドサービスを解...
教育産業の市場動向を解説 | eラーニングの市場規模は?【2017年最新版】 | ボクシルマガジン
教育業界の市場動向と市場規模から現状と課題を解説。今後導入される教育産業であるeラーニングについても市場規模や抱え...

オンライン上で学習ができる、eラーニングシステムをご紹介!
サービスの比較をしたい方は、以下のチャートをご活用ください。

注目のeラーニング(システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめeラーニングをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

eラーニングの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。資格取得や社内研修における時間やコストを削減し、効率的な学習を可能にするeラーニングのサービス比較にお役立てください。サービス比較はこちら


ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
eラーニング(システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
セレブリックス、株式会社ジージー、Mogic株式会社、株式会社manebi、株式会社Gifted
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事