Article square balloon green
2018-09-25

在庫管理システムとは | 方法・システム - 強固な経営基盤を築くためにすべきこととは

業種・業態を問わず、モノが介在する企業に必須なのが在庫管理であり、在庫管理システムです。しかし、強固な経営基盤を築く企業の根幹にもかかわらず、その重要性は浸透していません。おすすめのシステム紹介とともに、在庫管理の重要性を解説します。 ※初回公開日 2018/01/17
ECサイト在庫管理システム
Large

在庫管理とは

商品や製品など「モノ」がビジネスモデルに介在する企業では、それらを適切に管理する「在庫管理」を避けて通れません。

これはBtoC・BtoBや、製造業・小売業などの業種・業態を問わず、共通した事実です。在庫管理とは、こうしたビジネスモデルを持つ企業が、在庫という「現金化を待つモノ」を適切に管理することです。

人々の嗜好が多様化し、少品種大量生産から多品種少量生産に移行する現代では、数多くのアイテムを取り扱う必要があり、在庫管理はますます重要なものとなっています。

なぜ在庫管理が必要なのか

上述したように、在庫は「現金化を待つモノ」であり、企業にとってはそれを仕入れるための資金が必要となります。つまり、多くの在庫を抱えるということは、その分の資金が必要になることを意味し、現金化されていない在庫が多ければ、企業の資金繰りに大きな影響を与えます。

一方で資金繰りを考慮し、企業が在庫を持たなかった場合はどうでしょう。

クオリティの高い製品とスピーディーな対応が求められる現代では、顧客はすぐに競合他社へ流れてしまい、大きな機会損失を招いてしまいます。

このように、資金繰りの悪化を避けて経営の健全化をはかるとともに、機会損失を排除して利益を最大化するという、相反する要素のバランスを取り、マネジメントすることが重要となり、在庫管理が必要な理由となるのです。

在庫管理の対象とは

すべての業種・業態で重要な在庫管理ですが、その対象となる在庫はさまざまであり、企業によって千差万別だといえるでしょう。

たとえば、小売業では販売するための製品そのものが在庫となりますが、製造業では少し様子が異なります。

「完成した製品」が出荷されるまで在庫となるのは当然ですが、そこにいたる複数の工程がある製造業では、仕入れを行った「原材料や部品」、製造途中の半完成品である「仕掛品」も在庫として見なされます。

基本的な在庫管理方法

扱い商品がさまざまな小売業、製造業が多数存在し、その規模もさまざまなことから、最適な在庫管理は企業によって異なり、まさに100社あれば100通りの方法があるともいえます。

しかし、在庫を適切に管理してマネジメントするという大原則からすれば、基本となる方法と実施タイミングはおのずと共通してくるともいえるでしょう。

現物管理とロケーション管理

基本となるのが現物管理ロケーション管理です。

つまり、材料や商品などの在庫が「なにが、どこに、どのような状態で、いくつあるのか」を現物で管理することです。

これに有効なのがロケーション管理であり、保管場所を細かく区切ったうえで、決められた場所以外に在庫を置かないようにする手法となります。

このようにして把握した在庫を、紙、エクセル、システムなどに記録し、移動などの変化があった場合、現物に則したアップデートを行っていくとともに、整合性を持たせる必要があるのです。

こうしたアップデートが必要になるタイミングとしては、以下のケースが考えられます。

入庫管理

材料や商品などの在庫が新たに入荷してきたケースです。一般的には伝票とともに荷受けし、検品、検収、入荷処理という流れを経て、新たな在庫として登録することになり、出庫がなければ在庫が増えます。

取引先から入庫した在庫だけでなく、企業内の他拠点から移動になった在庫も管理が必要でしょう。

出庫管理

材料や商品などの在庫を出荷し販売するケースです。出荷検品を行ったうえで伝票を添付して発送、もしくは顧客に引き渡し、登録された在庫から出庫処理されることにより、入庫がなければ在庫が減ってしまいます。

こちらも入庫管理同様、多拠点へ移動した在庫も管理していきます。

返品管理

モノの取引をビジネスモデルとしている企業では、必然的に顧客からの返品、逆に発注した材料を返品するなどが生じます。

入庫・出庫をともなうことであり、伝票や商品代金が絡むことでもあるため、通常の在庫管理とは別の管理方法を行い、混乱が起きないようにすることが得策です。

棚卸

日々の入庫・出庫が伴う在庫管理では、在庫の変化をできる限りリアルタイムで把握することが求められます。

しかし、実際にはさまざまな要因で記録と現物を一致させることは難しく、その整合性を確認するため、定期的にすべての在庫を対象にした棚卸が行われるのです。

モノとしての在庫を持たず、サービスの提供をビジネスモデルとしている企業では、こうした棚卸は必要ないとも思われます。しかし、SaaS型サービスを自社データセンターから提供しているケースでは、これらの機器を管理していくために棚卸が必要となり、この場合は「資産・備品管理」が目的になるという違いがあります。

なぜ在庫管理は難しいのか

上述のように、在庫管理の方法自体はシンプルであり「現物と記録を一致させ、必要な時に迅速に移動できる」ようにしておくだけです。

しかし、多くの企業が在庫管理に悩みを抱えており、「あるはずのものがない」「記録が信じられない」など現物管理が不十分で過剰な在庫に苦しめられているのです。

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

管理ルールが徹底されていない

まず在庫管理に関するルールが徹底されていない、もしくは徹底されていても守られていない、ということが考えられます。

たとえば、定められた場所に保管するべき在庫を、別の場所に移動したまま記録しない、入庫・出庫に関する所定の手続きをとっていないなどです。

データ入力などの人的ミス

リアルタイムに在庫状況を把握するためシステムを導入していたとしても、それを操作する人間がミスをしていては在庫の整合性は取れません。

在庫が入荷しているのに入庫処理がされていなかったとしたら、せっかくの引き合いがあっても売り逃してしまうかもしれませんし、逆に適切に出庫処理されていなければ、ないはずの在庫が引き当てられてしまうかもしれません。

在庫管理に対する意識の低さ

こうしたことが起こってしまう原因として、在庫管理の重要さがすべてのスタッフに共有されていない、つまり在庫管理に対する意識の低さが挙げられるでしょう。

一つひとつは細かなことでも、積み重ねれば大きな問題に発展してしまい、結果的に経営基盤が揺るいでしまうことにもなりかねないのです。

適切な在庫管理で経営を健全化するには

それでは、経営を健全化するため適切な量に在庫をコントロールし、現物と記録の整合性をマネジメントしていくにはどうすればいいのでしょうか。

管理ルールの策定と徹底

まずは適切な在庫管理を行っていく意味、重要性をすべてのスタッフと共有し、管理ルールを策定、徹底した実行が必要です。

在庫管理の方法自体はシンプルですが、それを実施していく手順は面倒なものではあります。その一つひとつに意味があることを理解させ、常に啓蒙していくことが重要でしょう。

棚卸間隔を短くする

それでも現物と記録の剥離が生じてしまう場合、在庫管理のプロセス自体になんらかの問題があることが考えられます。こうした問題を特定して改善していくためにも、短い間隔で棚卸を行っていくのは有効な手段です。

これによって、原因究明の時間を短縮し、常に改善を目指した対策を行っていくことが可能になります。

在庫管理システムの導入

多くの手間と手順が必要となる在庫管理を効率化し、確実なものとしていくためには、在庫管理システムの導入がもっとも有効です。

できれば、小売業の場合は販売管理システムと連携できるもの、製造業の場合はさらに調達管理システムなどと連携できるものが望ましいといえます。

これによって二重入力などの人的ミスを最小限にし、ハンディターミナルを活用したバーコードやQRコード管理を行うことによって、より確実な在庫管理を行うことも期待できます。

さらには、在庫総額などのデータを瞬時に把握可能なため、在庫状況の推移を分析することによって、本来の目的である「適切な在庫量をマネジメント」することが実現できるのです。

ハンディターミナルやPOSレジの利用については、以下の記事を参考にご覧ください。

ハンディターミナルとは | 事例紹介 | モバイル端末とPOSレジ連携 | ボクシルマガジン
ハンドヘルドのバーコードリーダー/スキャナと混同されがちですが、ハンディターミナルはそれ単体で柔軟な活用を実現する...

おすすめの在庫管理システム

このように、経営の健全化に欠かせないともいえる在庫管理システムですが、上述したように企業の数だけ最適な在庫管理方法が存在し、システム選定もその点を考慮する必要があるでしょう。

以下では、おすすめの在庫管理システムを紹介します。また、今回紹介する在庫管理システムのさらなる詳細や、今回紹介しきれなかったサービスについては以下からご覧になれます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
在庫管理システムの資料を無料DL

iDempiere(在庫管理)

iDempiereは、オープンソースでありながら購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理など、一連の業務機能がすでに実装されているERPシステムです。

在庫管理だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能であり、オープンソースのためライセンス費用は無料です。

ERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるほか、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高いため、企業に合わせたカスタマイズ実装を柔軟に行うことが可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiere(在庫管理)の資料を無料DL

クラウドSaaSのERP・在庫管理 CAM MACS

CAM MACSは、スタートアップ、成長期、発展期という企業ニーズに応えた3つのクラウド型ERPを提供しています。CAM MACS Liteでは、最低限の機能によるコスト管理を目的としています。ほかには生産管理・原価管理機能を追加して販売力強化をはかれるCAM MACS Middle、大規模企業の要望に柔軟なカスタマイズで応えるCAM MACS Premiumの2つがあります。

なかでもCAM MACS Liteは、月額25,000円からというリーズナブルな価格を実現しており、在庫管理を確実に行いたい中小企業にも導入しやすい設定となっています。また、将来的に自社専用のクラウドERPを実現できる柔軟さも併せ持っています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CAM MACSの資料を無料DL

ロジクラ

  • 商品画像を見ながらピッキング
  • ECカートとAPI連携
  • すべての物流データをクラウドで管理

ロジクラは、EC受注からピッキング、検品、送り状の発行まですべての作業をクラウドで一元管理します。 アナログ物流作業の70%を削減できる、スモールEC向けのソリューションです。

ロジクラの専用アプリで、商品画像を見ながらピッキングできるので、作業スピードが上がります。また、ロジクラはShopity、カラーミーショップSTORES.jpと提携しているので、ピッキングリストは印刷不要です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ロジクラの資料を無料DL

スマート在庫管理

スマート在庫管理は、スマートフォンを使用した管理が可能な販売在庫アプリケーションです。

スマートフォンでのデータ入力後、離れた拠点や遠隔でのパソコンなどのブラウザを通した在庫データの入力もできることから、リアルタイムでの情報更新が可能です。

また、シンプルかつ簡単な操作方法で実現するQRコードの読み取りなどは、わずか数日で利用方法を覚えられるなど、あらゆる業種・業態でのシンプルな在庫管理を実現します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
スマート在庫管理の資料を無料DL

Odoo

Odooは、海外で5万社以上の導入実績を誇る、販売・購買・製造・在庫管理のすべてが可能なクラウドERPです。グローバル対応のため、導入・運用において内部統制や一元管理が実現できます。また、45もの機能を標準搭載しており、必要に応じて機能を追加することもできるため、自社にマッチしたERPにすることが可能です。新機能も日々開発されています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Odooの資料を無料DL

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、5,000社のユーザーに直接販売から運用、保守までを一貫して行っている実績を元に、豊富な知識とノウハウが詰め込まれた販売管理・在庫管理パッケージソフトです。

在庫一覧表にて商品の在庫状況を確認できるのはもちろんのこと、商品の適正在庫割れ数を管理する適正在庫一覧表も確認することができます。また、日別予定在庫一覧表や滞留在庫一覧表など、ニーズに応じて必要な機能をカスタマイズで加えることも可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
アラジンオフィスの資料を無料DL

INTER-STOCK

INTER-STOCKは、業務用途に合わせた柔軟なカスタマイズ・拡張が可能な在庫管理システムです。月額料金でコストを抑えた運用が可能なクラウド版、自社にデータベースを構築するオンプレミス版、外部データセンターを利用するPaaS版の3つの中から選択できます。

ハンディターミナルを活用したピッキングシステム、本格的BIツールを活用した在庫分析・作業分析や、iPadを活用した業務の可視化など、オプションの機能も充実しています。

徹底した在庫管理が強い企業をつくる

在庫管理は企業の根幹を成す業務であり、市場に影響力を持つ強い企業では、例外なく完璧な在庫管理が徹底して実行されているといえるでしょう。

なぜなら、こうした強い企業は在庫管理の持つ意味と重要性を理解し、すべてのスタッフが徹底して実行していくことによって、経営基盤が強化されることを知っているからです。

在庫管理システムを導入して有効活用することは、強い企業へと成長するための第一歩でもあり、そのためにも、強い意志を持って自社内の意識改革をしていくことが必要になります。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
在庫管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社キャム
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事