Article square balloon green
2018-02-07

ワーケーションとは | 我が国の有給消化率の現状とJALの試み

ここでは、現在JALや和歌山県が導入を始めている旅(旅行)先でも仕事ができるワーケーションについて解説します。また、仕事後にリフレッシュするために、ワーケーションの人がコワーキングスペースを利用する背景についても解説し、オススメのコワーキングスペースを紹介します。
その他職種
Large

ワーケーションとは

ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせて作られた言葉で、帰省先や旅先などでの仕事を認めるというものです。

これはテレワークの仕組みと似ているシステムですが、いわゆる在宅勤務ではなく、働き場所を特定せずに仕事ができるというのが特徴です。

本記事では、実際にワーケーションを導入している日本航空(JAL)や和歌山県のワーケーションの試みについて紹介し、ワーケーションのメリットを解説します。今後自社にワーケーションの導入を検討している企業の方は必見です。

テレワークとは | ノマド・モバイルワーク・在宅勤務との違いや歴史・メリット・事例を紹介 | ボクシルマガジン
テレワークとは会社に出社せずに働くことです。同様の意味を持つノマドワークやモバイルワークとの違い、メリットとデメリ...

日本の有給消化率の現状

厚生労働省が発表した平成28年の「就労条件総合調査」によると、日本の有給休暇の取得率は48.7%という半分に満たない結果でした。

しかし、これは上昇傾向にあり、以前はもう少し低いというのが現状でした。
日本では有給の消化率が他国に比べて低く、世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアが行った、世界30か国の約15,000名を対象にした有給休暇の国際比較調査によると、日本がダントツの最下位という結果もでています。

そのため、これを改善するために近年ワーケーションという概念の導入につながっているのです。

日本航空(JAL)の試み

日本航空(JAL)は他社に先駆けて実験的にワーケーションを導入しようとしています。

それは、パイロットや客室乗務員などを除く従業員の、7月から8月の2か月間のうち、最大5日間をワーケーションとして認めるというものです。

具体的には、就業開始と終業のタイミングで、電話での進捗共有ができていれば出勤として扱い、会議があれば電話会議システムを利用して参加することが認められています。

和歌山県の取り組み

和歌山県では、和歌山県内にある観光施設を利用してもらえるようにする取り組みの一環として、ワーケーションの普及活動を始めています。

これは、ワーケーションをPRすることで企業誘致につなげて、白浜温泉などの観光スポットをワーケーションの場所として選んでもらおうという取り組みです。

和歌山県知事や県を代表する観光地である白浜町の町長などが、自らワーケーションに関するフォーラムでプレゼンをするなど積極的に活動をされています。

ワーケーションのメリット

ワーケーションでは、社員のモチベーションを高めるというメリットがあります。以下ではそのメリットについて詳しく解説していきます。

日常業務への活力となる

日々の業務を遂行していくなかで、何か変化を作らないことには社員のモチベーションを保ち続けることは難しいものです。

そこで、早朝や夕方以降の時間を社員が自由に過ごすことで、業務への活力につなげることができます。ただの休暇を与えるという方法ではなく、場所を特定せずに自分の好きな場所にいながら仕事ができるという新しいスタイルが活力を見出すきっかけになります。

旅行の機会が増える

通常の週休二日制などでは、なかなか旅行へ出かけるというのも難しいですよね。

しかし、旅先でも働くことができるようになれば、旅先で仕事をするというスタイルにより旅行の機会が増え、心身ともにリフレッシュできます。

社員に長く働いてもらうためには、給与という形以外でもこのような還元方法があります。

家族と過ごす時間が増える

家族を持つ社員にとっては、週末以外にも家族との時間を作りたいと考えています。

しかし、前述のように有給取得率も50%未満であるため、なかなか家族との時間を作りたくても作れないという現状があります。

そこで、ワーケーションによって自由に使える時間を増やすことによって、家族と過ごす時間が増え、ワークライフバランスが取れるようになります。

すぐ近くにリフレッシュ・スポットがある

旅先で仕事ができるので、仕事が終わればすぐにバケーションスポットでそのままリフレッシュをすることができます。

そのため、いつもと違う仕事環境ということもあり、仕事へのオンとオフの切り替えがしっかりできるというメリットもあります。

コワーキングスペースの増加

現在ではワーケーションという新しい働き方が注目されるとともに、全国各地に「コワーキングスペース」が増加しています。

その理由は、旅先での仕事をしなくてはいけないけれど、ホテルや家では仕事はしたくないという方が多いため、ノマドで働ける場所としてコワーキングスペースを活用する人が増えているからです。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとはどんな場所なのでしょうか?コワーキングスペース(CO-WORKING Space)とは、共同で仕事をする場所という意味を持ち、シェアオフィスの種類の一つです。

コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースのメリットは、オフィスを借りたり備品を用意したりする必要がないことなどから、コスト削減のメリットがあります。

それに加え、何かを成し遂げようという熱い想いを持った方やクリエイティブな方たちと自然に出会える場所ということを期待して利用する人も多いようです。

有名なコワーキングスペース

ここでは、日本を始めとした有名なコワーキングスペースについて紹介します。また、以下の記事では東京都内のオススメのコワーキングスペースを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コワーキングスペースとは | 東京都内のオススメを地域ごとに価格や特徴も紹介 | ボクシルマガジン
オフィス環境が共有できる?今話題の「コワーキングスペース」を都内で人気の地域ごとに紹介していきます。そもそもコワー...

秘密基地(福岡市小倉)

ここは、福岡市小倉にあるコワーキングスペース「秘密基地」です。秘密基地は、「集めて 混ぜて 繋げて 尖らせる」をコンセプトに運営されており、それぞれ仕事を持つ人たち同士が自らコミュニケーションを取り合える環境を提供しています。

富士見 森のオフィス(長野県)

ここは、長野県の富士見にあるコワーキングスペース「森のオフィス」です。森のオフィスは、個室型オフィス8部屋、コワーキングスペース、会議室、食堂を備えた複合施設であり、都心部の喧騒から離れてテレワークをしたいと考えている方にオススメの場所です。

ワーケーションと新しい働き方

最近では「働き方改革」という言葉が広まりつつあり、このワーケーションをきっかけにさまざまな新しい働き方を模索し始める人が増えています。ワーケーションが実現することによって、「自分らしい働き方」や「自分の生活に合わせた働き方」を考える機会が増えました。

「ブリージャー」の増加

現在では、ワーケーションと似たワークスタイルとして認知され始めている「ブリージャー」という言葉があります。

この「ブリージャー」とは、「ビジネス(Business)」と「レジャー(Leisure)」の二つが組み合わせて造られた言葉で、出張先で業務を終えた後に会社に戻らず、そのまま休暇の取得を認めるという制度です。

vanlifeとは何か

欧米ではすでに認知されており、最近日本にも増えている働き方が「vanlife」です。このvanlifeは、キャンピングカーで旅をしながら仕事をする働き方のことです。

このように生活の仕方と働き方を自分の好きなように実現する人は年々増えています。今後このような新しい働き方が増えていき、これまでの毎日必ずオフィスへ出社しなかればいけないというスタイルは変化していくでしょう。

ワーケーションを参考に、新しい働き方を模索してみる

以上がワーケーションを導入している日本航空(JAL)や和歌山県のワーケーションの試みについての紹介と、ワーケーションのメリットについてでした。

もし現在の自分の働き方に不満がある方や、社員に働き方の選択肢を増やしてあげたいと考えている企業の方は、ぜひワーケーションを参考に、新しい働き方を模索・導入してみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事