Article square balloon green
2018-01-22

転職サイトで優秀人材と企業をマッチング | 目的別厳選サービス紹介・比較

即戦力となる正社員を確保し、企業の成長を促していく中途採用が活性化しており、転職サイトの持つ役割が重要になっています。コンサルタントのノウハウやサポートを活用した転職エージェントによるスカウトを含め、最適なサービスを選択するポイントを考察します。
採用・転職
Large

流動性の高まる労働市場

転職がキャリアアップの手段である欧米と異なり、日本での働き方は「終身雇用」という考え方が基本となっていたため、労働者はもちろん、企業側でも転職に対してネガティブなイメージがあったのは否めないでしょう。

しかし、市場経済の急激な変化とグローバル化、少子高齢化による労働人口の減少傾向を背景に、日本の労働市場でも少しずつ流動性が高まってきているのが現状です。

即戦力となる中途採用・転職市場が活性化しているのは、こうした状況を象徴しているといえ、多くの企業が優秀な人材を確保するのに苦慮している姿が浮かび上がってきます。

2017年12月の転職求人倍率

下図は、2014年1月からの転職求人倍率の調査結果をグラフ化したものであり、2017年12月までの実績推移を表しています。

出典:リクルートキャリア プレスリリース 2017年12月の転職求人倍率を発表

2015年5月に、一旦底を打ったように見えた転職求人倍率は、その後ほぼ右肩上がりに上昇を続けており、直近の2017年12月には、過去最高の1.92倍(1人の求職者に対し、1.92社の求人がある状態)となっています。

ここ4年間の推移を見てもわかるように、転職求人倍率が1.40倍を下回ることはなく、長期間に渡って「売り手市場」ともいえる状況が形成されているといえるでしょう。

転職希望者・求人企業ともに意識の変化

これは、単純に企業側の求人数が増えているだけの結果なのでしょうか。

当然のことながら、2017年12月における企業側の求人は、前年同月比125.2%という高い伸びを示しており、調査が行われた34職種のうち、24職種で求人が増加するという力強さを示しています。

しかし、同様に転職希望者数の増加も顕著となっており、前年同月比122.0%にも及んでいるのです。

つまり、転職市場全体の規模が拡大を続けている理由に、企業が転職市場を活用することに抵抗感がなくなっていること、労働者がキャリアアップの手段としての転職を前向きに捉えていることなどが考えられ、双方の意識が変化している現状が見てとれます。

職種による格差拡大も

その一方で、求められる職種に大きな偏向も見られるようになっており、格差が拡大している現実も浮き彫りになっています。

下図は、2008年12月以来の転職求人倍率の推移を、主要な6職種に絞ってグラフ化したものです。

出典:日本経済新聞 転職市場、モテ期のエンジニア 事務系振るわず

IoT化が加速する現代を象徴するように、インターネット専門職の転職求人倍率が6.45倍と高い数値を示しているほか、業種を問わないデジタルトランスフォーメーションの流れによって、エンジニアの求人は軒並み高倍率で推移しているのがわかります。

反面、経理・財務、事務職などのオフィス業務に対する数値は低いものとなっており、システムの普及にともなう業務効率化とともに、求められるスキルが大きく変化しているのが現状だといえるでしょう。

IoT(モノのインターネット)とは - 基本を解説 | 分野別の活用事例・サービス紹介 | ボクシルマガジン
モノのインターネット、Internet of Things(IoT)に注目が集まっています。しかし、IoTの意味や...

転職サイトとは

こうした転職市場の拡大や一般化、細分化する専門性に大きな役割を果たしているのが転職サイトの存在です。

転職サイトとは、「企業から求人広告などを募り、求職者へ提供するサイトのこと」を指し、転職・中途採用に特化した運営を行うのものです。

従来から転職雑誌という紙の形態で情報提供されてはいましたが、だれでもがインターネットに接続できる環境を背景に、その手軽さとリアルタイム性を活かして一気に普及、転職へのハードルを大きく引き下げることに貢献してきたといえるでしょう。

転職サイトと転職エージェント

現在では、さまざまな転職サイトが運営されており、それぞれに特徴や強みが異なっている状況だともいえます。

線引きが曖昧ながらも、転職エージェントと呼ばれるサイトも存在し、転職サイトとは明確に区別されている場合があります。

その違いは、以下のようなものを挙げることができるでしょう。

  • 自身で転職先を探すか、エージェントに探してもらうか
  • キャリアアドバイザーへの相談ができるかどうか

転職サイトでは、転職活動に関する情報や履歴書作成時のアドバイスをコンテンツとして提供してはいますが、求職活動自体は自身で行うのが基本です。

しかし新卒採用と違い、まわりに相談することが難しい転職のケースでは、さまざまな判断を下す際に迷ってしまう場合も多いでしょう。

転職エージェントでは、そうした求職者の不安を軽減し、カウンセリングによって最適な転職先を探すなどのサポートを行うほか、客観的な考察と判断によって、企業とのミスマッチを避けることが可能です。

これは転職希望者だけでなく、何よりもミスマッチを避けたい企業にとっても大きなメリットですが、転職サイトよりも採用時のコストが高くなるというデメリットもあります。

採用コストの削減方法 | 新卒・中途採用にはいくらかかるのか | ボクシルマガジン
労働人口の減少が進む中、企業が必要とする一人あたり採用コストの相場は上昇傾向にあります。しかし採用コストの内訳を明...

転職サイトのメリット/デメリット

上述のような違いはあれど、転職サイト/転職エージェントのメリットは「明確な意志を持って転職活動を行う求職者にアピールしやすい」という点で共通しているといえます。

それでは、デメリットとしてはどのようなものが考えられるでしょう。
転職希望者の登録数が多いサイトは、その分求人掲載も多くなっており、転職求人倍率が高い現在では、求人を行う企業が注目される確立が低くなってしまうという点が挙げられます。

反面、転職希望者側には、こうした企業側のデメリットはメリットともいえるのかもしれません。

転職活動/中途採用の基本

コストを抑えつつ優秀な人材を確保したい企業にとって、近年では、企業内の推薦を募るリファラル採用や、退職者の再雇用などがその手段として注目されていますが、対象が限定されてしまうというデメリットが存在します。

そういった意味では、幅広い層を対象とする転職サイトが中途採用の基本であり、これを軸とした採用活動を行っていくことが必要となります。

その際には、多様化するニーズに合わせ、目的に最適な転職サイトを選んでいくことが重要といえるでしょう。

総合転職サイト2選

以下では、それぞれの転職サイトが強みとする分野をもとに「総合」「女性向け」「エグゼクティブ向け」と分類、番外編として「ITエンジニア向け」を含め、厳選して紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、20代前半〜40代後半以上まで幅広い層の転職に強みを持ち、「エントリー〜面接〜採用」という流れで活動を行うことを基本とした転職サイトです。

数多くの非公開求人を持ち、週2回という頻度で新着情報の更新を行っているほか、レジュメ登録によって企業からオファーが届くスカウトメール機能も搭載、転職エージェントによるサポートサービスも充実しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
リクナビNEXTの資料を無料DL

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は、20代前半〜40代後半以上までという、幅広い層の転職に強みを持ち、公開求人数43,000件以上を誇る最大級規模の転職サイトです。

週2回の新着情報更新を行っているほか、ニーズに応じた直接応募、転職エージェントサービスの選択、スカウトメール機能を持っており、就業条件・福利厚生などの拘り条件をもとにした求人検索も可能になっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
DODAの資料を無料DL

女性向け転職サイト2選

PASONA CAREER(パソナキャリア)

PASONA CAREER(パソナキャリア)は、20代前半〜40代以上の女性を対象に、ハイキャリアを築きたい層や理系に強みを持つ転職エージェントサービスを提供しています。

「登録〜面談〜面接〜採用」という流れのなかで、ノウハウの蓄積されたキャリアアドバイザーのサポートを受けることが可能であり、社風も含めたマッチングを重視、充実した転職活動を行うことができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
パソナキャリアの資料を無料DL

女の転職@type

女の転職@typeは、20代〜40代の女性を対象にした転職サイトであり、事務系や販売系などにも強みを持っています。

スカウトメール、女性視点でのレポート追加などの充実機能を搭載するほか、PC版とスマートフォン版が連動していることにより、幅広い層の女性求職者へアピールすることが可能、精度の高いマッチングを行うことができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
女の転職@typeの資料を無料DL

エグゼクティブ向け転職サイト2選

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)は、現在の年収が500万円以上である30〜40代を中心に、エグゼクティブ/ハイクラス求人に強みを持つ転職エージェントです。

情報登録後は、ヘッドハンターによるスカウト、企業によるスカウトによる採用の流れとなっており、ダイレクトリクルーティングの手法が採用されており、管理職、専門職、プロフェッショナル/グローバル人材確保に最適です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BIZREACHの資料を無料DL

JAC Recruitment(JACリクルーメント)

JAC Recruiment(JACリクルーメント)は、20代後半〜40代後半以上のエグゼクティブ層を対象に、管理部門や外資系企業、海外転職に強みを持つ転職エージェントです。

イギリスおよびアジア8か国に独自のネットワークを持ち、500人以上のコンサルタントがきめ細かい転職サポートを実施、英語や中国語での面接対策や、英文レジュメの無料添削サービスなども提供されています。

転職サイトのサービス比較

それぞれに特徴を持つ転職サイトを挙げてみましたが、提供しているサービスもそれぞれに異なっているのが現実です。

以下は、簡単なサービス比較表となりますので、検討の際の目安として活用ください。

公開求人数 エージェント代行 拘り検索機能 診断ツール 個別スカウト
リクナビNEXT 9,000 ×
DODA 35,000
PASONA CAREER 40,000 × × ×
女の転職@type 6,000 × ×
BIZREACH 32,000 ×
JAC Recruiment 7,000 × × ×

番外編:ITエンジニア向け転職サイト2選

Geekly

Geeklyは、大手の非公開求人を多く持つ、ITエンジニア向けの転職エージェントサービスを提供しており、求人件数4,000件以上という豊富さを誇っています。

10年以上におよぶ業界での実績と豊富なノウハウを元に、スキルや経験を多角的に分析したマッチングを実施、業界との太いパイプを持っているため、求人票だけでは読み取れない、社風などを含めたコンサルティングが可能となっています。

R-Stone

R-Stoneは、Webやゲーム業界のエンジニア、クリエイター/営業などに特化したITエンジニア向けの転職エージェントサービスを提供しています。

若手からベテランまで幅広い層に対応する2,000件以上の求人を持つほか、キャリアアップやハイクラスに強みを持っており、業界を熟知したコンサルティングにより、転職2年目には年収145万円アップを実現という、驚きの実績を誇っています。


エンジニア向け採用サイトは以下から。

エンジニア採用の手法とおすすめ媒体16選 | 成功させるポイント | ボクシルマガジン
採用担当者を悩ませるエンジニア採用について、採用を成功させるポイントや採用手法を解説します。さらに、エンジニアを採...

転職サイトは目的と状況で使い分けよう

さまざまな特色を持つ転職サイト/転職エージェントが存在するなか、転職希望者側もより良い結果を得るため、複数のサイトに登録を行うことがほとんどとなっています。

しかし上述のように、転職サイトにも強みを持つ分野がそれぞれ異なっており、中途採用を行う企業側としても、求める人物像を明確にしたうえで、最適なサイトへの掲載を考慮していく必要があるといえるでしょう。

労働者と企業のミスマッチを可能な限り排除し、採用コストを抑えながら企業の成長を支えていくには、目的を明確にし、自社の状況を見極めた転職サイトの活用が望まれます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事