Article square balloon green

「越境ECパッケージサービス」の提供開始、ミニマル・テクノロジーズとジグザグが業務提携で実現 

18日、WEBサイト多言化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を運営するミニマル・テクノロジーズと、越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を提供するジグザグは業務提携を発表。多言語化・決済・発送の課題を最短1日で可能にする、越境ECパッケージサービスの提供を開始する。
ECサイトECサイト構築
Large

越境ECの業務効率化が実現、注文受付から最短1日で発送へ

インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引、いわゆる越境ECの世界市場規模が年々拡大している。一方で海外対応にかかるシステムや人材を配置する時間やコストなど、課題を抱える企業も多い。

今回2社が業務提携をすることで、最短1日で越境EC対応が可能になり、スピーディーにかつ低コストでその課題を解決することが可能になるという。

「WorldShoppingBIZチェックアウト」×「WOVN.io」の連携

「WorldShoppingBIZチェックアウト」
国内ECサイトにアクセスする海外からの注文受付~不正決済対応、125か国への海外発送まで自動対応可能にするサービス。

● 海外IPアドレスとブラウザ言語を識別し「かな入力不要」なフォームなど海外ユーザーに最適化されたWorldshoppingチェックアウトが表示され主要クレジットカードの他、Paypalや銀聯カードAlipayなど、多様な決済手段に対応

● 海外ユーザーからの注文受付購入代行・海外発送対応・顧客対応までをすべてWorldshopping(ジグザグ社)が行う。

「WOVN.io」
● 開発者の手を借りることなく、最大30か国語まで多言語化することが可能。ログインやレコメンドを含む全動的ページも多言語化でき、新しく追加される商品を自動で翻訳・公開する機能も搭載。必要に応じて海外検索エンジンにもインデックスさせることも可能。

両社の連携により、ECサイト事業者は既存の自社ECサイトにJavascriptのコードを1行設置するだけで、越境ECに必要なサイトの多言語化と、海外ユーザー用に最適化されたショッピングカートが設置することができる。

また商品注文受付から決済、海外発送、カスタマーサポートまでECサイト事業者の手間をかけることなく海外対応を行うことが可能になるという。

拡大する越境EC市場に乗り遅れないために

経済産業省が発表した「平成 28 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2016 年の世界の BtoC 電子商取引市場規模は 1 兆 9,200 億 USドル。対前年比成長率については、2016 年 23.7%の伸びがあり 2020 年まで対前年比 2 桁成長が見込まれている。

巨大EC市場を擁する中国や米国のインターネットユーザーからみて、製品の信頼性が高い日本製品の期待値は高い。今後、自社販路拡大のためには、越境EC対応ははずせないキーワードになるだろう。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事