コピー完了

記事TOP

【事例:トリドール】スマホで人事評価フロー円滑化を実現。適材適所の人材配置・教育体制の強化を目指す

最終更新日:
讃岐うどん専門店「丸亀製麺」を主力に、さまざまな飲食店を企画・運営しているトリドールホールディングス(以下、トリドール)。今回は、カオナビ導入の背景と現場主体の人材評価・教育体制の強化についてお話を伺いました。

現場主体の人事評価フロー円滑化をスマートフォンで実現。適材適所の人材配置・教育体制の強化を目指す

トリドールは讃岐うどん専門店「丸亀製麺」を主力に、さまざまな飲食店を企画・運営している。現在は27の国と地域で1000以上の店舗を展開中。日本の外食産業のリーディングカンパニーとして、さらなるグローバル展開も視野に入れ、計画的な人事評価フローや社員一人ひとりの教育環境を強化しています。

今回は、カオナビ導入の背景や今後の人材評価・教育体制の強化方法について、営業サポート部の現場統括担当者に話を伺いました。

会社名:株式会社トリドールホールディングス業種:飲食店運営
事業内容:讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開する外食チェーン

●目次
・カオナビ導入の背景
・サービスの選定理由、期待した効果
・今後の活用方法
その他、トリドール以外にもカオナビで評価制度運用の効率化を実現した事例をご覧いただけます。

「カオナビ」とは

カオナビ - 株式会社カオナビ

カオナビ - 株式会社カオナビ 画像提供:カオナビ

人口不足による労働力減少の中、社員一人ひとりの労働生産性をあげるために必要なのはマネジメントの力。適材適所に人材を配置し、ワークライフバランスを実現するために、現場の見える化は重要です。そこで今回は、4年連続「人材管理システム」シェアNo.1の「カオナビ」
を導入した企業の事例をご紹介。導入前と導入後で、どのように変わるのか具体的に解説していきます。

カオナビは、顔写真を用いて直感的に人材情報を把握することができるクラウドベースのタレントマネジメントシステムです。初期費用は無料で、申込みから最短1日で利用が開始できます。管理したいデータを自由に作れるので、タレントマネジメントをこれから始める企業で使いやすいシステムです。

特徴

  • 人事部門に加え、現場のマネジメントでも使える人材データベース
  • リアルな視点で人材戦略をイメージ可能
  • 簡単な操作で評価シートや評価ワークフロー作成

人事評価システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
人事評価システムの最近更新された記事