Article square balloon green
2018-02-15

会社・仕事を辞めたいなら | 理由とすべきこと・増加の背景 ・転職サービス

仕事を辞めたい人必見!辞めたい理由別に、辞めるときには何を考え、何をすべきなのかを徹底解説。また転職時におすすめのサービス4選を紹介します。「人間関係に疲れた」「給料が低い」「待遇が悪い」「仕事がつまらない」「残業が多い」と感じている方はぜひご覧ください。
その他その他ビジネス
Large

人気おすすめ転職サービスTOP3

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 doda 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 「年収査定」や「キャリアタイプ診断」などコンテンツが充実 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

現在では、新卒で入社した会社に定年まで働き続けるという終身雇用制度は珍しくなりつつあり、転職を繰り返してスキルアップを図ることも珍しくなくなりました。

しかし、さまざまな理由によって会社を辞める人が増えていることもまた事実です。「でも、マイナスの理由でそんな簡単に辞めて大丈夫なの…?」と思いますよね。会社を辞めるためにやっておきたいことを理由別で解説していきます。

会社を辞めたくなる理由

会社を辞めたくなる理由としては以下の4つが挙げられます。

給料が低く福利厚生も悪い

まず理由の1つ目として、給与や福利厚生などの金銭的な待遇の問題があることです。

現在の日本では、残業をすることが当たり前のような風潮ができ上がっており、手当てが出ないという会社も多く存在します。

働いている分の対価として受け取る給料に不満があり、辞めたいと思う人が増えています。

仕事がつまらない

2つ目の理由として、仕事の内容が自分に合わない、自分のやりたい仕事ではなかったという不一致が起こることです。

いくら面接前に企業側とのすり合わせを行っていても、いざ入社したら会社内の人事によって、自分の思っていたことと違う部署や業務に就くことは珍しくありません。

自分のやりたい業務内容ではないので辞めたいと思うのは当然ですよね。

残業が多い

3つ目として、労働時間・勤務時間の長さも、会社を辞めたい理由の大きなウェイトを占めています。

労働基準法によると、労働時間は1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはならないとなっていますが、始業から終電まで帰れないという話をよく耳にするのではないでしょうか。

その結果、慢性的な長時間労働に嫌気がさし、辞めたいと感じる方が増えています。

理由の8割を占める人間関係の問題

前述のような理由も会社を辞めたいと思う理由としてよく挙げられますが、多くのビジネスパーソンが現在の会社を辞めたいと思うもっとも大きな理由として「人間関係」の問題があります。

実際に仕事の悩みは人間関係が8割と言われるほど、仕事と人は密接に関連しており、たとえ自分に合っている仕事でも人間関係の悩みによって辞めてしまう方も少なくありません。

会社を辞めたい人が増えたワケ

多くのビジネスパーソンが上述の理由で会社を辞めたいと思うようになった理由や背景について解説します。

不況による給与水準の低下

現在の日本では、長引くデフレ不況により給与水準が低下してきたことが理由として挙げられます。

国税庁の発表するデータによると、1997年には平均年収は467万円だったのに対し、2016年には422万円と年々下がっています。

しかし、ここ数年単位でみれば景気の回復傾向により給与水準は上がりつつあります。

ブラック企業の増加

近年では「過労死」や「自殺」や「うつ病」にまで追い込んでしまうほどの、いわゆるブラック企業が増加してきたことも一因となっています。

労働環境が自分の力では変えられないということもあり、ストレスを抱えたまま働き続け、結果的に自分の体や精神を壊してしまうまで働き続けてしまう環境の企業が増えてしまっています。

労働基準監督署が認めるブラック企業とは?企業が守るべき労働基準法 | ボクシルマガジン
近年話題となっているブラック企業、どのような特徴があるのでしょうか。

職場のストレス要因の増加

多くのビジネスパーソンが前述のような理由でストレスを感じていることもあり、社内での人間関係も悪くなりがちです。

そのため、上司や同僚との関係において、近年ますますストレスを抱える職場環境となっている企業が増加傾向にあるのが現状です。

会社を辞めたいと思ったときは?

会社を辞めたいと思ったときに「何をすべきか」を解説します。

辞めたい理由を冷静に分析

まずは「なぜ今の会社を辞めたいのか?」を冷静に自己分析してみることが重要です。

人それぞれ辞めたいと思う理由は異なりますが、その辞めたいと思う理由が人間関係にあるのか、それとも業務に関することにあるのかによって、その後の取るべき行動は変わります。

そのため、まずは辞めたい理由を冷静に分析することがポイントです。

金銭的理由の場合

「転職後の給与について考える」

仕事を辞めたい理由が金銭的なものだったり、仕事内容に関するものの場合、転職後に自分の理想とする給与体系や業務内容の仕事に転職できるかどうかを見極める必要があります。

その際には、自分自身の希望的観測ではなく、あくまでも客観的なデータや情報をもとに判断すべきであり、勢い任せに仕事をやめて困らないためにもきちんと考えることが大切です。

人間関係の場合

「自分の精神状態に注目する」

仕事を辞めたい理由が人間関係の場合、相手の存在が自分の精神状態にどれぐらいの悪影響を及ぼしているかに注目する必要があります。

社内の環境を一人の力で変えることは困難であるため、もしそれが深刻な影響だった場合は、思い切って転職も視野に入れることが必要です。

精神的に病んでしまった場合には、復帰するまでに時間がかかるので、その前に自分と向き合う時間を作ることが大切です。

結婚や介護などが理由の場合

「退職後のキャリアを考える」

もし会社を辞める理由がネガティブなものではなく、結婚や介護などが理由なのであれば、その後の自分のキャリアを冷静に考える必要があります。

現在の日本の社会では、キャリアが途切れるリスクは非常に大きく、空白のキャリアがあることが理由で再就職に時間がかかるケースも多々あります。

そのため、退職後のキャリア形成を辞める前に考えておくことが重要です。

オススメの転職サービス4選

実際に、現在の会社を辞めて転職しようとする際に役立つサービスについて紹介します。

キャリコネ転職

  • 職種と勤務地を入力して簡単に検索
  • 細かいカテゴライズによりピンポイントで探せる
  • 面接対策も実施

キャリコネ転職は、利用者のアンケートを利用して集めた独自のデータをもとに企業の年収や評判を情報化しています。

一般的には転職サービスでは、企業についての基礎情報のみしか掲載されないものですが、キャリコネ転職の場合には、企業のホームページなどには載っていないような社員から提供されたコアな情報も紹介されています。

そのため、事前にある程度会社の内部事情を知っておきたいという方にオススメです。

リクナビNEXT

  • Uターン、Iターン情報も扱っている
  • 写真による職場見学が可能
  • 無料の強み診断による自己分析が可能

リクナビNEXTは、毎週水曜日と金曜日に更新をしているので、常に最新の転職情報を調べられます。ただ単に企業を紹介するのではなく、U・Iターン特集なども行い、プライベートも仕事も大切にしたいという方に向けての特集なども組まれているので、自分の理想の仕事を探せます。

もしまだまだ自己分析が足りていないという方は、リクナビネクストでは「強み診断」というサービスも提供しているので、それを利用して自己理解を深めることをオススメします。

doda(デューダ)

  • 非公開求人を多く扱っている
  • キャリアカウンセリングの実施
  • 企業からのスカウトサービスあり

doda(デューダ)は、一般的なエージェントサービスの他に、企業からのスカウトを受けられるスカウトサービスも充実しています。自分が登録した情報に対して企業が興味を持ってくれた場合には非公開求人のオファーなども受け取り可能です。

また、dodaはキャリアカウンセリングも行ってくれたり、登録から面接までをワンストップでサポートしてくれるため、初めての転職で不安がある方にオススメです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

  • ハイクラス転職サービス
  • ヘッドハンターからのスカウトあり
  • 個人情報は企業に見られる心配がない

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は、リクルート社が運営するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向けの転職サービスです。

そのため、もともと肩書きのある方が利用することが多いため、企業側には個人のレジュメが公開されることはなく、ヘッドハンターが代わりにスカウトや求人を探してくれます。

自分の経験を生かしてより年収アップをさせたいという方や、今後のキャリア形成のために新たにチャレンジしたいという方にオススメです。

業界に特化した求人媒体を紹介

以下の記事で業界に特化した求人媒体の紹介を行っています。転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

業界に特化した求人媒体まとめ55選 | IT・Web・観光・ホテル業界など | ボクシルマガジン
IT・Web業界や観光ホテル業界など特定の業界に特化した求人サイトを紹介していきます。一般の求人媒体では探しにくい...

冷静に現状を見極め、計画的に考えることが重要

以上が社会人にとって会社を辞めたい主な理由と、会社を辞めたい時にはどうすればいいかについてでした。

会社を辞めたいと思う理由はさまざまですが、勢い任せに辞めることはリスクも大きいため、まずは会社を辞める際は冷静に現状を見極め、計画的に考えることが必要です。

会社を辞めることというのはけっして悪いことではありませんが、勢い任せに行ってしまうことは後悔につながりかねないため、自分の人生を無駄にしないためにも、計画的に行うことがポイントです。

いずれにしても、会社を辞めても転職ができれば働き続けられるので、本記事で紹介している転職サービスを利用し、新たな就職先を探してみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ECC
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事