コピー完了

記事TOP

会社・仕事を辞めたい | 4つの理由と対処法 ・時間が無い人におすすめの転職サービス

最終更新日:
会社・仕事を辞めたい人に向けて、辞めたいと思う理由別にすべき対処法を徹底解説します。「給料が低い」「仕事がつまらない」「残業が多い」「人間関係に疲れた」と感じている方はぜひご覧ください。また、在職中で時間が無い方におすすめの転職サービス4選を紹介します。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

現在では、新卒で入社した会社に定年まで働き続けるという終身雇用制度は珍しくなりつつあり、転職を繰り返してスキルアップを図ることも珍しくなくなりました。

しかし、さまざまな理由によって会社を辞める人が増えていることもまた事実です。「でも、マイナスの理由でそんな簡単に辞めて大丈夫なの…?」と思いますよね。会社を辞めたいと思ったときにすべき対処法を理由別で解説していきます。

会社・仕事を辞めたくなる4つの理由

会社を辞めたくなる理由としては以下の4つが挙げられます。

給料が低く、福利厚生も悪い

まず理由の1つ目として、給与や福利厚生などの金銭的な待遇の問題があることです。

成果を出していたり、長年勤めているのに給料が上がらないと、働く側にとって不満が溜まっていきます。

また、福利厚生などいった「労働に対する対価」に納得がいかない場合は、会社・仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

仕事内容にやりがいを感じない

2つ目の理由として、仕事の内容が自分に合わない、自分のやりたい仕事ではなかったという不一致が起こることです。

いくら面接前に企業側とのすり合わせを行っていても、いざ入社したら会社内の人事によって、自分の思っていたことと違う部署や業務に就くことは珍しくありません。

自分のやりたい業務内容ではないので辞めたいと思うのは当然ですよね。

労働時間が長い

3つ目として、労働時間の長さも、会社を辞めたい理由の大きなウェイトを占めています。

労働基準法によると、労働時間は1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはならないとなっていますが、始業から終電まで帰れないという話をよく耳にするのではないでしょうか。

結果、慢性的な長時間労働に嫌気がさし、辞めたいと感じる方が増えています。

人間関係のトラブル

前述のような理由も会社を辞めたいと思う理由としてよく挙げられますが、多くのビジネスパーソンが現在の会社を辞めたいと思うもっとも大きな理由として人間関係の問題があります。

実際に仕事の悩みは人間関係が8割と言われるほど、仕事と人は密接に関連しており、たとえ自分に合っている仕事でも人間関係の悩みによって辞めてしまう方も少なくありません。

会社・仕事を辞めたいと思う理由別の対処法

会社・仕事を辞めたいと思ったときの対処法を理由別に解説します。

給料アップを目指す方法

今の会社からもらえる給料に不満がある場合、給料を上げる方法を模索する必要があります。

その際は主に、自身のスキルアップを図ったり、上司や人事に思い切って昇給交渉を行ったりするのが手段としてあります。

しかし、上記のような努力をしても給料アップが望めない場合には、今の会社を辞めて転職を考えたほうがいいかもしれません。

ただ、転職したからといって必ずしも給料が上がるとは限らないということには注意が必要です。

仕事のやりがいを生む方法

仕事にやりがいを感じなかったり、仕事をどうしても好きになれないときは、まずは目の前の仕事で成果を出すことに集中すべきです。

仕事の充実感は成果が出せるかにかかっていると考えるようになると、嫌いだと感じている仕事だとしても、成果を出せれば仕事に対しやりがいが生まれるかもしれません。

しかし、それでもやりがいを見いだせない場合は、自身にとっても会社にとっても良い方向には進まないので、会社を辞めて転職を考えるのもいいかもしれません。

労働時間の不満を解消する方法

労働時間が不満で会社をやめたい場合は、上司や人事に労働時間について相談を持ち掛けてみるのも一つの手です。

残業や長時間労働で社員が辞めることは会社にとっても痛手であるため、改善してくれる可能性が高いです。

人間関係を改善する方法

仕事を辞めたい理由が人間関係の場合、相手の存在が自分の精神状態にどれぐらいの悪影響を及ぼしているかに注目する必要があります。

精神的に病んでしまった場合には、復帰するまでに時間がかかるので、その前に自分と向き合う時間を作ることが大切です。

社内の環境を一人の力で変えることは困難であるため、もしそれが深刻な影響だった場合は、思い切って転職も視野に入れることが必要です。

転職を踏み切る際に必要な3つのポイント

転職活動を在職中にするか、退職後にするか考える

在職中に行う場合は、収入があるので転職が決まらなくても妥協せず活動を続けられます。

しかし、仕事が忙しいと転職活動が二の次になるデメリットがあります。

一方、退職後の転職活動はスケジュール調整や早期入社についての悩みがないので、資格取得の勉強や情報収集に集中できます。

しかし、収入が途切れる焦燥感によって、転職先をじっくりと吟味せずに決めてしまう恐れがあります。

双方のメリット・デメリットを確認し、自分に合っている転職方法を選んでください。

自分の価値を高める準備をする

転職先の選択肢を増やすためにも、資格を取ったり英語を勉強したりするなど、努力は怠らないようにしましょう。

転職成功につながるアクションは、可能な限り取っておくことが望ましいです。

転職サービスに登録しておく

転職の開始時期については、上記でも述べたように考える必要がありますが、転職サービスの登録は在職中から行うべきです。

キャリアアドバイザーとの相談を行い、転職を希望する会社に目星をつけておくことは収入に困らないうちにやっておくべきことだからです。

時間が無い人におすすめの転職サービスTOP5

実際に、今の会社を辞めて転職しようとする際に役立つサービスについて紹介します。

在職中で時間が無いという方でも、おすすめなサービスを選出したのでぜひ参考にしてください。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

4位:doda(デューダ)

■Point1:業界2位のエージェントで沖縄求人も多数保有
リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントで沖縄の求人も多数保有しています。

■Point2:非公開求人のレベルが高い
扱っている求人の80%~90%は非公開求人で、質が高い求人を保有しているといわれています。

■Point3:3つのサービスが一度に使える
転職サイト・エージェント・スカウトの機能が集約されており、登録するだけで3つのサービスを同時に利用できます。3つを使いわけることによって自身の転職スピードに合わせた活動を行いやすいです。

5位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

業界に特化した求人媒体を紹介

以下の記事で業界に特化した求人媒体の紹介を行っています。転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

冷静に現状を見極め、計画的に考えることが重要

会社を辞めたいと思う理由はさまざまですが、勢い任せに辞めることはリスクも大きいため、まずは会社を辞める際は冷静に現状を見極め、計画的に考えることが必要です。

会社を辞めることはけっして悪いことではありませんが、勢い任せに行ってしまうことは後悔につながりかねないため、自分の人生を無駄にしないためにも、計画的に行うことがポイントです。

いずれにしても、会社を辞めても転職ができれば働き続けられるので、本記事で紹介している転職サービスを利用し、新たな就職先を探してみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
社会人向けおすすめプログラミングスクール7選を比較|失敗しない選び方や学習方法
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】
「とりあえず3年」転職のタイミングとしてあり?第二新卒の転職で失敗しないために
フリーターは正社員へ転職すべき?活動で感じる困難と成功の秘訣