就活写真の重要性 | 履歴書証明写真で押さえておくべき髪型・サイズ・スタジオなどのポイント

最終更新日:
新卒の就職活動や転職活動で第一印象は非常に重要です。当然、よい第一印象を植え付けるためには就活写真の段階から気をつけていかなければなりません。撮影前の準備として理解しておくべきことや表情の作り方、おすすめのフォトスタジオなどを紹介します。
求人・転職求人・転職情報(マナー)

就活で使う写真、スマホで撮っていませんか?

就活では、多くの場合、履歴書やエントリーシートに自分の証明写真を貼ります。

しかし、就活の写真が担うあなた自身の印象を決めるうえで重要な役割を理解していない方も多く、知らないうちにマイナスなイメージを与えてしまうことがあります。

就活で使用する写真の特徴や写り方について紹介します。

就活で使用する写真の特徴

就活で使用する写真の特徴は、人事担当者があなた自身に会う前に、あなたの印象を決めるものであると言えるでしょう。多くの就活生は面接でのアピールに力を注ぎますが、面接前にマイナスの印象を持たれてしまった際のスタートダッシュほど難しいものはありません。

そのため、就活で使用する写真ではあなたの印象を正しく伝えられるものを用意しましょう。

就活で使用する写真はフォトスタジオで

現在では証明写真を撮影するためには、無人の撮影機などがいろいろなところに設置されています。
しかし、就活で使用する写真は、証明写真機ではなく、フォトスタジオや写真屋で撮ってもらうことが一般的です。

フォトスタジオ一例

銀座SILKIA

銀座SILKIAでは、それぞれ、撮影は人物撮影・ライティング技術に精通したスタッフが、ヘアメイクは、サロン・ブライダル経験のあるスタッフが担当。肌質に合わせたライティングを行い、ポージングや表情の作り方もアドバイスしてくれます。

履歴書に貼る写真のサイズ

履歴書の証明写真のサイズは4.0cm×3.0cmです。就活用に売られている履歴書の写真の枠に入れば問題ありません。

しかし、あまりにも写真のサイズが大きかったり、小さかったりすると「細かなところに気を遣えない」と判断される可能性があります。万が一のためにも、写真のサイズにも気を配りましょう。

就活の写真が重要な理由

就活の写真が重要な理由は、主に印象の判断に利用されるためです。その重要性をさらに詳しく解説していきます。

第一印象が決まる

就活は面接が始まる前に、履歴書やエントリーシートの内容によってある程度評価された段階からスタートします。

そこの評価の内容として、第一印象があるため、面接をポジティブな印象でスタートさせるためにも、良い第一印象となる写真選びが必要です。

志望業界に合わせた髪型がある

就活ではあなたが志望している業界や業種に適した髪型があります。

たとえば、営業職の場合には見た目の爽やかさが重要であるため、おでこを出した髪型の方が良く、前髪は横に流すなどの工夫が必要です。

男女関係なく、髪型によって印象は大きく変わるので、自分が志望する業種ではどのような髪型がベストなのかを調べておきましょう。

>>>人気転職エージェント6選をチェックしてみる

証明写真の写り方で意識する4つのポイント

どのような点を意識することで印象の良い写真になるのかを解説し、証明写真の写り方で意識するポイントを説明します。

口角を上げる

表情は口角を上げるだけで印象が大きく変わるため、男性であればキリッとした表情で、女性であれば少し微笑むことを意識することがポイントです。

口角が下がり、むすっとした硬い表情では、相手に怖い印象を与えてしまうので注意が必要です。もし表情を作るのが苦手な場合には鏡を見ながら口角を上げる練習をしましょう。

目力を入れる

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、目は表情を作るうえで最も重要な要素と言えます。

特に、目力が入っていないはっきりとしない表情ではやる気が伝わらないため、目力を意識することがポイントです。

こちらも口角を上げる練習同様に、どのようにすれば目力が入っているように見えるか練習することが大切です。

姿勢を良くする

たとえ写真とはいえ、猫背な姿勢では自信がないように写ってしまいます。

そのため、誠実な印象を持ってもらうためには、軽く胸を張るくらいに背筋が伸びた姿勢で、顎を少し引いた状態を意識することがポイントです。

服装は社会人同様の状態にする

フォトスタジオや写真屋で撮影する写真は、無人の撮影機以上にはっきりと映るので、ヨレヨレのワイシャツを着るのではなく、きちんとアイロンがけされているシャツを着て撮ることがポイントです。

とても細かい点ではありますが、服装は社会人同様の状態にして撮るようにしましょう。

>>>人気転職エージェント6選をチェックしてみる

就活写真での髪型の注意点

人事のほとんどの方は新卒採用時に就活生の髪型を気にしています。自分の今の髪型が人事の方にとって悪い印象を与えないか確認しましょう。

髪型に関して多くの就活生が不安だと感じている点を男女別に解説します。

髪の色

現在、髪の毛を染めている人にとってこの項目は非常に気になるのではないでしょうか。人事の方は髪の色が最も気になる点です。

髪の色は男女関係なく、染めているか、明るすぎないかという点が見られています。髪の毛を染めている人や色は落ちてきたけど不安な人は美容室で地毛に近い自然な色に染め直してもらいましょう。

髪の長さ

次に人事の方が気になる点が髪の長さです。髪の長さは相手に清潔感を感じさせる点でもあります。男性も女性も、就活にむけて髪を整えたいということを美容師の方に伝えましょう。

男性の場合

清潔感を伝えるためには短くカットしましょう。前髪は眉より上で、もみあげの長さは耳までにします。襟足は襟にかからない長さにします。また、横の髪でこめかみが隠れないようにしましょう。

女性の場合

女性の場合は髪の長さよりも、自分の顔が髪で隠れていないかという点が重要になります。前髪は横に流し、眉毛と額も少しは見えるようにしましょう。耳も隠れないようにしてください。

髪の乱れ

次に人事の方が気にする点として、髪の乱れが挙げられています。寝癖のままや、髪型にハネなどがある人は身だしなみを整えられない人として見られてしまいます。

男性の場合

まず、しっかりとブラッシングをしましょう。上手くまとまらないときは、水で濡らすなどして、ブラシでとかしましょう。

女性の場合

女性の場合も、ブラッシングが重要です。また、ロングヘアーの方はポニーテールやハーフアップにするのがおすすめです。ヘアアクセサリーは使わないほうが良いです。

就活の写真のおすすめサービス4選

就活生におすすめの就活写真の撮影できるフォトスタジオ、写真屋について紹介します。

カメラのキタムラ

  • 予約不要ですぐ対応できる
  • 撮影から完成まで最短で5分
  • 履歴書写真用にシール加工も可

カメラのキタムラは、全国に店舗を構えるプリントサービスのチェーン店です。
事前予約なしで撮影をしてくれるため、急に写真が必要になった時でもすぐに就活用の写真を入手できます。
証明写真と焼き増し用のCD-Rをもらえるので、一度撮影ができたら次回からはデータを持ち込むだけで入手できるのも人気の理由です。

フォトスタジオセルフィット

  • 証明写真を1年間保存
  • 無料でWEBエントリー用データを提供
  • 就活の有資格の専任アドバイザーが在籍

フォトスタジオセルフィットは、2016年卒の就活生が26,000人利用した実績を持つ、就活証明写真のプロとも言えるサービスを提供しています。
ただ単に写真を撮影するだけではなく、カウンセリングから始まり、ヘアメイク、写真選びなども手伝ってくれます。

スタジオ728

  • 全プランデータ付焼き増しも即対応
  • プロのヘアメイクで就活をサポート
  • スマホへのデータ送信も無料

スタジオ728は、低価格で利用できるため、就活生に特に人気を集めています。
プランがいくつかあるので、そこから適したプランを選ぶことによって必要な写真を手に入れられます。
特に女性はプロのヘアメイクによってプロデュースしてもらえるため、就活中ずっと使い続けられる写真を撮れます。

Recru(リクル)

  • 衣装を無料貸し出し
  • 就活生応援キャンペーンあり
  • 修正技術が高い

Recru(リクル)は、衣装が無料で貸し出しされているので、手ぶらでも就活に必要な写真を撮影できます。
就活生応援キャンペーンとして割引なども行っているので、できるだけコストを下げたい方にオススメです。

就活の写真は合否に直結する大切なアピールポイント

以上が就活で使用する写真の特徴や写真の写り方についてでした。

面接やエントリーシートの内容こそがすべてだと考えている方が多いですが、就活の写真は合否に直結する大切なアピールポイントです。

ぜひこれを機会に履歴書に使用する写真について理解しましょう。

【番外編】20代に注目のおすすめ就職・転職エージェントTOP6

20代の就職や転職に役立つ転職エージェントのおすすめを紹介します。履歴書の添削を行ってくれるものもあるため、積極的に活用していきましょう。

>>>転職サイトおすすめランキングをチェック

リクルートエージェント

■ポイント1:実績No.1!転職成功が累計32万人
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:業界トップクラスの求人数
リクルートエージェントは求人数が非常に多く、約10万件の非公開求人をはじめ、90%が非公開求人となっています。

■ポイント3:豊富な経験と知識を持ったキャリアアドバイザー
さまざまな職種も精通したキャリアアドバイザーが、カウンセリングを通じてキャリアプランや転職の悩み事などさまざまな相談に乗ってくれます。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

マイナビエージェント

■ポイント1:20代(第二新卒)の若手の転職に強い
20代(第二新卒)でも応募しやすい未経験の求人案件を多く保有しているため、若手の転職に強いと評判です。初めての転職でも手厚いサポートをしてくれるので安心です。

■ポイント2:中小企業の独占案件
マイナビ独自のブランド力で中小企業の独占案件を多く保有しています。そのため他の大手転職エージェントとバッティングしづらくなっています。

■ポイント3:全国の転職に対応
全国の求人案件を保有しているため、何らかの理由で地方での転職を希望されている方にも対応してくれます。

マイナビエージェントは、新卒向けの有名就職サイト「マイナビ」による転職エージェントです。

国内最大級の転職支援実績をもっており、特に若年層や第二新卒向けの求人に強く、他社では出てこないような独自の案件をもっていることも多いです。また、転職経験のない方のために、応募書類の添削や面接対策なども積極的に支援してくれるところが評価されています。

マイナビエージェントの評判・口コミはこちら

ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:積極的に転職したい人には有料プランも
無料のスタンダードプランの他に、30日間2,980円(税抜)のタレント会員と30日間4,980円(税抜)のハイクラス会員があり、より積極的に転職活動をしたい方や年収1,000万以上の求人に応募したい方は必見です。

ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。テレビCMが放映されてから地名度が一気に上昇しました。ビズリーチは非公開案件を多く扱っており、あなたの登録する情報に合わせてヘッドハンターからスカウトが届きます。これまでのスキルや実績を活かして転職をしたいと考える方におすすめです。

ビズリーチの評・口コミ判はこちら

就職Shop

就職Shopは書類選考なしで面接まで進められる就職支援サービスです。就職shopはリクルートグループの転職支援サービスで利用者数は10万人を突破しています。さらに100%取材した企業の求人なのでネットだけでは、わからない企業情報が豊富。新卒の方でも安心して応募できます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

DYM就職

DYM就職も書類選考なしで面接進める就職支援サービスです。特徴としては、第二新卒・既卒の就職支援に特化したサービス。あなた専任の担当者が就職決定まで二人三脚でサポートしてくれます。2,000社以上の厳選された求人からあなたが活躍できる職場を紹介してくれます。

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)の特徴は親身なサポート内容。具体的には、専任担当スタッフの方が就職決定後も1年間サポートしてくれます。丁寧なサポートの結果、入社後の定着率が高いことも特徴の1つです。


その他20代におすすめな転職サイト・転職エージェントはこちらの記事で紹介しています。

20代の転職サイトおすすめランキング | 第二新卒・女性向けサイト | ボクシルマガジン
20代におすすめの転職サイトや転職エージェントをランキング形式で紹介。第二新卒・既卒、女性向けの転職サービスも解説...
20代の転職エージェントおすすめ16選 | 選び方と効率的な活用方法 | ボクシルマガジン
20代の転職には転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは無料で転職活動のサポートが受けられます。本...
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事