Article square balloon green
2018-02-07

今おすすめの副業は? | 副業の実態と成功させるためのポイントについて解説

近年、会社員の間でも増加傾向にある副業について、その実態と今注目すべき代表的な副業についていくつか紹介するとともに、副業を成功のための考えるべきことについて解説していきます。
採用・転職
Large

副業の実態は?

近年は、これまで長引いていた不況の影響で収入が安定せず、複数の収入源を持ちたいと考える人が増えているようです。企業に勤めながら週末にアルバイトをする人や、自分でビジネスを立ち上げる人が増加傾向にあり、社員の副業を認めるところが多く出てきています。

政府も「働き方改革」を掲げ、そのなかで副業や複業(同時に複数の事業を営むこと)、兼業などを国民の多様な働き方の一環として推奨するような動きをみせています。

今後もリモートワークの推進など、時間や場所に囚われない柔軟な働き方が推奨されるようになれば、多くの人が複数の収入源をもつために副業をはじめるようになるはずです。

そこで、今注目すべき副業について紹介するとともに、副業を成功させるためのポイントについて解説します。

会社員の副業が増えている?

今年(2018年)は副業元年といわれるほどに、多くの会社員が副業を始めるようになるのではないかと予想されていることをご存じでしょうか?

日本の企業はまだまだ副業を認めているところが少ないのが現状ではありますが、そんななかでも、すでに多くの会社員が多様な副業を営んでおり、自分のビジネスを立ち上げる人や、飲食店を営む人、あるいはインターネットを用いたアフィリエイトやネットショップなどを運営している人もいます。

いわゆる「終身雇用制」が崩壊しつつあるなかで、多くの会社員が会社に頼らずに自分なりに収入源を確保しようと動き出しているのです。

会社員の副業の状況については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

副業・兼業元年到来 | 現状と促進背景 - 企業が許可に消極的なワケ | ボクシルマガジン
本業以外に職を持ち、副業・兼業で報酬を得ることは、雇用主である企業側からは歓迎されませんでした。しかし厚生労働省の...

スマートフォンやネットの影響で進化する副業

これまで一つの企業に勤めて収入を得るというスタイルから、副業によって複数の収入源を得るというスタイルを好む人が増えている背景として、インターネットの発達やスマートフォンの登場によって、時間と場所を選ばずに仕事ができる環境が整ってきたことが挙げられます。

いわゆる「IT革命」以前の副業といえば、休みの日にレストランなどでアルバイトをしたり、内職のような単純作業をしたりすることがほとんどでした。

しかし、インターネット環境が整備されるにしたがって、徐々にアフィリエイトのような副業が台頭してきました。

時間や場所に囚われずに副業をする時代に

それがネットショップの運営や輸入ビジネス、せどりといった転売系ビジネスに広がり、ウェブサイトの制作やネット記事のライター、イラストレーターといった、パソコンを使ったクリエイティブな仕事へと進化してきました。

今ではスマホアプリを利用したものやクラウドソーシングなどの副業が伸びており、時間と場所に囚われずに効率的に収入を得るスタイルが人気となっています。全体の市場規模も拡大し続けており、今後もこのトレンドは続いていくことが予想されます。

副業とリモートワーク

このように、インターネットを用いて効率的に収入を得ようとする動きは、新しい仕事のスタイルも登場させています。それがオフィスに出社することなく、自宅をはじめとして好きな場所で仕事をする「リモートワーク」です。

最近はリアルタイムでの情報交換や、データのやりとりができるチャットツールなどが登場しており、そういったツールを用いて、遠隔地にいながら同じオフィス内で仕事をするような環境を整えている企業が増えています。

こういった新しい働き方が広がってきたことも、副業が増えている一因といえるでしょう。企業に勤めてオフィスワークをすることと、副業の垣根が低くなってきているのです。

リモートワークについて詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

リモートワークとは?在宅勤務のメリットや実例をご紹介 | ボクシルマガジン
時間や場所に縛られないリモートワークという働き方を、すでに実現している会社があります。社員から見たリモートワークの...

副業のタイプと注目すべき副業

副業の現状について説明したところで、副業のタイプと今注目すべき副業についていくつか紹介していきます。

副業のタイプ

一口に副業といっても、今では本当にさまざまな副業が存在します。
会社勤めなどの本業をもっていれば、単純に居酒屋やレストランでアルバイトをするのも副業になりますし、株などの証券投資を行うのも副業の範囲といえます。

ただし、副業は収入の額やそれを得るタイミングによって、以下の2つに分類することができるでしょう。

  • 比較的早く収入につながるが稼げる金額が大体決まっている
  • すぐに収入にはつながりにくいがあとから収入が伸びる

どちらのタイプの副業を選択すべきか、自分の経済状況やキャリアプランに照らして適切に判断することが必要となります。

短期間に収入を得られる副業

まずは、稼げる金額に上限はあるものの、比較的短期間に収入を得られる副業の代表例をみていきましょう。

<データ入力>
資料やデータの内容を、ワードやエクセルなどに入力していく作業です。必要なのはパソコンのタイピング能力だけですから、今やだれでもできる簡単な副業として多くの人が従事しています。音声データやセミナーなどの文字おこしも、ここに含まれます。

企業と契約して専属で行う場合もあれば、クラウドワークスなどの仲介業者を通して、その都度一つの案件として引き受けることもあります。完全に作業系の業務ですから単価自体は高くありませんが、タイピングのスピードによって確実に収入が上げられる副業といえます。

<ポスティング>
指定されたエリアの家やアパート・マンションなどを巡回してチラシを投函していく仕事です。企業に所属して時給制で働く場合と、スポット業務として決まった枚数を投函する枚数制があります。

こちらも単純作業ではあるものの、好きな時間に働けることが多く、根強い人気のある副業といえるでしょう。おおよその単価としては、100枚の投函で400~500円程度となっています。

<覆面モニター>
情報誌などにレストランや各種ショップのサービスについて掲載するため、お客として尋ねて実際のサービスの内容をチェックして依頼元に報告する仕事です。今注目されている人気ショップなども調査対象となることが多く、楽しんで取り組める副業のひとつといえます。

レストランの調査の場合、そこで飲食した料金の何十パーセントかが報酬として戻ってくることもあるので、気になる店がある人は定期的に案件のチェックをしておきましょう。覆面調査・ミステリーショッパー専用の情報サイトがたくさんあります。

<アンケートモニター>
専用サイトから定期的に紹介されるアンケートに回答していくことでポイントを獲得し、それを現金や商品券などに交換していくことができます。モニターとしての登録は基本的に無料であり、だれでもスキマ時間などにお小遣い稼ぎができるシステムとして人気があります。

パソコンやスマートフォンなどがあればどこでも作業でるため、副業としてのハードルは非常に低いです。ただし毎日アンケートに答えていったとしても、月に数百~数千円程度しか稼げないことがほとんどなので、収入を上げたければ、さまざまなポイントサイトに登録して大量の作業をこなす必要があります。

<運転代行>
副業としての認知度はそこまでありませんが、運転免許さえあればできる業務として、さまざまなタイプの運転代行があります。

たとえば、深夜に飲酒して帰宅するドライバーの代わりに自宅まで運転を代行したり、朝と夕方に要介護者を送迎したりする仕事が一般的な運転代行業ですが、飲食店の出前やレンタカーの回送を専属で行う業務などもあります。

派遣業者に登録しておくと紹介してくれるケースや、就職情報誌などで募集していることがあるので、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

<家事代行>
家事の代行も副業として注目されつつあります。

単身赴任のサラリーマンや共働きの夫婦、高齢者や要介護者のいる家庭など、年齢や時間的な制約によって家事ができない人々に代わって、食事の用意や、掃除、洗濯などの家事を行います。

これも派遣業者が仲介してくれることもありますし、そういった家事代行サービスを紹介してくれる専門のサイトなどの登録しておけば紹介してもらえます。有名なサイトとして「家事代行ひろば」があります。

<治験参加>
治験とは、製薬会社が新薬を販売する過程において必要となる臨床試験のことであり、専門の医療機関が実施します。

被験者は数日から数週間の間、対象医療機関に入院し、実際に新薬を飲んで身体に異常がないかどうかを血液検査などを通じて調べられることになり、その対価として報酬をもらうことができます。

報酬額は拘束される期間が長くなればなるほど高額になるので、学生やフリーターなどに人気のアルバイトとして知られていますが、会社員でも休暇中などで日程が会えば参加することが可能でしょう。

<記事のライティング>
ブログ記事の執筆や企業の有するWebメディアの記事を書くことによって報酬をもらう副業です。書いた文字数に単価を掛けた額がそのまま報酬となる案件もありますが、基本的には事前に決められた文字数と報酬額が決まっているケースが多いです。

文字単価の相場としては、1文字あたり0.5~1.5円程度と固定されていますが、執筆した記事が評価されれば単価を上げてくれる依頼主も多いので、記事作成能力が高ければ比較的高額な報酬を得ることもできるようになります。

長期的に収入が上がっていく副業

続いて、すぐに収入を得ることは難しい代わりに、成功すれば大きな報酬を得ることができる副業を紹介します。

<アフィリエイト>
自分のブログやWebサイトで対象商品を紹介し、それを見た人が実際にその商品を購入した場合に報酬をもらえるシステムです。

一時期はネットを遣った副業といえばアフィリエイトと言われるほど注目されていましたが、現在は多くのアフィリエイターが競争している状態であり、それなりの報酬を得られるようになるまでには、かなりの時間と工夫が必要になるといわれています。

それでも成功して会社員の月収以上の報酬を得ている人はたくさんいますから、厳しい副業分野ではあるものの、実力次第で大きく稼ぐことのできる分野といえるでしょう。


<せどり>
簡単にいえば「転売ビジネス」であり、本や家電などを安く仕入れて、別の店やフリーマーケットなどで高く売ることを繰り返すことで利益を上げることです。

はじめに商品を購入する必要があるため、元手はかかりますが、その商品に関する知識と相場を理解していれば、高い確率で儲けることができるといわれています。

はじめは上手くいかなかったとしても、売買を繰り返すことでその市場に関する知識と経験が蓄積されるため、徐々に成功確率が上がっていくようです。そういう意味では長期的に収入を上げていくことのできる副業といえるでしょう。


<オンラインコンテンツ販売>
インターネット上でさまざまな分野の専門家しか知らないような情報、あるいは自分だけしか知らないような貴重な知識・ノウハウを電子書籍やPDF、動画などのコンテンツにして販売する副業です。

特に専門的な職業に就いている人や特殊な技能をもっている人は、それをコンテンツ化して販売することによって、ほとんど元手がかからずに高い利益を上げられる可能性がある分野として長い間注目されてきた分野でもあります。

ただし、今では多くの情報コンテンツがネット上で販売されているので、そのなかで注目を集めるにはマーケティングや集客の力が必要になります。


<輸入ビジネス>
外国から商品を仕入れて国内で販売する仕事です。昔から根強い人気のある副業で、多くの国からさまざまな商品が輸入されており、特にインターネットが定着してからは、自分でネットショップを立ち上げて販売する人がたくさん出てきました。

国内で高値で売れる商品を見極めることができ、海外でそれが安く売られていることを知っていれば、だれでも参入できるビジネスといえます。しかし安定して利ざやを稼ぎ続けるには、高い情報収集力と商売感覚が必要となるでしょう。

高収入の可能性もあるがリスクがある副業

最後に、高収入の可能性がある一方で、損をしてしまうリスクもある副業について紹介しておきます。このあたりは副業というよりも「投資」と表現した方がしっくり来る人もいるかもしれません。

<仮想通貨>
インターネット上での決済や送金の際に使われるデータ(仮想の通貨)のことです。私たちが普段使っている通貨のように、政府や中央銀行などの保証機関をもたず、専門の取引所を介して円・ドルなどの通貨と交換できるものです。

仮想通貨に関しては、以下の記事で詳しく解説しているのでこちらをお読みください。

仮想通貨とは?代表的なビットコインとその投資法を紹介 | ボクシルマガジン
代表的なビットコイン以外にも、仮想通貨は現在1,000種類以上の銘柄があるとされています。今回はビットコインを始め...

FX
簡単にいえば、為替差益を稼ぐことであり、ドルやユーロといった外国通貨が安いときに購入し、高くなったときに売って儲ける金融商品のことをいいます。

上手くいけば会社員の月収の何倍もの収入を得ることができることもありますが、為替相場の予測には豊富な知識や経験が必要であり、相場を読み違えることで大損をしてしまう可能性もあります。

安定的に運用できる経験やスキルがないうちは、副業というよりは、むしろハイリスクハイリターンの投資と考えた方がよいかもしれません。


株式・証券投資
資産運用の分野では、株などの証券や投資信託を購入することは一般的になっていますが、デイトレードなどで利ざやを稼ぐことを副業にしている人もたくさんいます。当然、それなりの知識と経験が必要になってきますし、相応のリスクが付きまとうことになります。

FXほどではないといわれますが、人によっては一日で数十万~数百万円損をしてしまうことも考えられますから、資金的に余裕がある場合に投資額を決めて計画的に投資するようにしましょう。

副業を成功させるためのポイント

最後に、副業を成功させるコツについて簡単に解説しておきます。

副業をする目的を明らかにする

上述のように、代表的なものだけでも多種多様な副業がありますから、まずは自分が何のために副業をするのかを明確にしておく必要があります。

多くの人が収入源を増やすために副業を始めていますが、副業によって、新しいスキルの獲得や、これまでにない経験を積むことができるようになります。

せっかくの機会ですから、ぜひ自分のキャリアプラン全体を見通したうえで、今の自分に最適な副業は何かを考えてみましょう。

長期的な計画を立てる

副業には、今現在自分がもっている知識やスキルを活かすものや、趣味や特技を使って業務を行うものがあります。どちらが自分に合っているのかを見極め、長期的な計画のもとで副業をはじめましょう。

無計画のまま目の前の仕事にばかり気をとられていると、いざイレギュラーな事態が起こった際に焦ってしまうことになるでしょう。

逆に、しっかりとした計画が立てられていれば、今の副業が上手くいかなくなったときに代わりの仕事を探すこともできますし、別の案件に取り組んだりと柔軟な対応ができるようになります。

本業をおろそかにしない

会社勤めの人など、本業をもっている人は副業とのバランスを考えなければいけません。あくまでも収入のメインは本業から得ているわけですから、副業に時間をとられるあまり本業を疎かにしないように気をつけましょう。

特に会社勤めの場合は、雇用保険や厚生年金などの多くの恩恵が受けられているわけですから、こういったメリットをしっかりと維持することによって、副業にも取り組みやすくなります。

副業の実態を理解し、自分に合った副業プランを立てる

近年、ますます副業が注目されている背景と、代表的な副業について紹介してきました。一口に副業といってもさまざまな種類があり、収入に結びつくまでのプロセスや労力に違いがあります。

現状、どれが自分に合っているのかをしっかりと見極め、長期的な視点からどんな副業をやるのかを判断するようにしましょう。特に本業をもっている人は、副業とのバランスを考えて計画的に取り組むようにしてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事