Article square balloon green
2018-02-01

就活の面接対策 | 質問に隠された意図と答え方・面接時のマナー・一連の流れ

ここでは、就活の面接での基礎知識や答え方など、準備すべきことを紹介します。就活の面接では、社会人としてのマナーも理解していて当然として見られるため、社会人として恥ずかしくない態度・対応を理解しておきましょう。
採用・転職
Large

就活の面接…一体どうすればいいの?

就活では、内定までにエントリーシート、面接、履歴書作成など多くのステップがあります。その中でも、特に重要なのが面接です。なぜなら、あなた自身の人となりは、面接である程度相手に伝わるからです。

そこで本記事では、面接で聞かれる質問の答え方とマナーについて紹介します。これから就活をスタートさせる方は必見です。

就活は面接対策が必須!

就活の面接には対策が必要ですが、初めて就活を行う方は、何から始めればいいかもわからないと思います。しかし、就活の面接では、質問の傾向がある程度決まっているため、その傾向さえ掴んでしまえば、対策は難しくありません。

自己分析と企業研究も必須

まず企業面接に挑む際には、自己分析と企業研究が必須です。ここでいう自己分析とは、あなた自身がどのようなキャリアプランを形成し、「どのような人材になりたいのか?」を分析することです。

企業研究は、あなたが志望する企業がどのような業界に属しており、どのような人材を求めているのか?ということを調べることです。

面接は2種類

就活の面接では、個人面接と集団面接の2種類があります。個人面接は、あなた一人に対して一人もしくは複数の面接官が対応し、行われるものです。集団面接は、面接者複数人で一度に面接を受けるものです。

よく聞かれる質問に隠された意図

ここでは、就活の面接でよく聞かれる質問の意図について解説します。「何を基準に判断してるのかよくわからない」というようになりがちな就活の面接ですが、質問には明確な意図があってしているものです。それぞれ意図を解説していきます。

志望動機でこだわり判定?

志望動機はどれほど自社へのこだわりがあるのかを知るための質問です。

ここでは、「なぜ数ある企業の中からこの会社にこだわるのか?」という部分まで落とし込んで話せなければ、面接官を納得させることはできません。企業側としては、入社したいという熱意ある方を採用したいので、「絶対にここで働きたい!」という強い意思が伝わる内容を考えましょう。

自己PRで〇〇〇〇〇しているかを判断

自己PRは自社の求める人物像とマッチングしているかどうかを知るための質問です。

いくらあなた自身がとても優秀な人材で、スキルが豊富にある場合でも、もし自社の必要とする人材とマッチしなければ、その価値は評価されません。そのため、あなた自身のアピールを一方的に行うのではなく、志望する企業の求める人物像とどうマッチするかを考えることがポイントです。

業界の志望理由で熱意が伝わる

業界の志望理由は、どれほどの熱意を持ってその業界で働きたいと思っているのかを知るための質問です。

数ある業界の中で、なぜこの業界にこだわるのか?この業界で何を成し遂げたいと考えているのか?を話せなければ、やる気や熱意は伝わりません。これまでの経験や学んできたことを生かせるのであれば、それを理由にしても良いでしょう。

何か質問はありますか?という逆質問

面接の「肝」とも言える質問がこの逆質問です。

面接への対策をまったくしていない方は、この「何か質問はありますか?」という問いに対して、「特にありません」と答えるのが正攻法だと勘違いしてしまいがちです。

しかし、この逆質問はどれほど自社に興味を持っているのか?という熱意を図る為の質問であるため、ホームページを見てもわからないような内容の質問を用意しておきましょう。

就活の面接のマナーとは

ここでは、就活の面接のマナーについて解説します。

ここでは扱いませんが、就活は身だしなみも見られています。以下の記事では就活のスーツについて解説しています。もし、不安な方はこちらも合わせてご覧ください。

就活用「リクルートスーツ」とは | 選び方・着こなし・マナー・ルールを解説 | ボクシルマガジン
ここでは、リクルートスーツの基本について紹介します。リクルートスーツに関する、色の選び方・お手入れの方法について解...

受付

面接予定の会場に着いたらまず最初に受付を行います。そのため、面接予定時間の10分前には会場に到着して受付を済ましておくようにしましょう。ここでは、受付の方に「面接予定時間」と「担当者」と「名前(所属先)」を伝えます。

待機

面接の待機中からもすでに選考が始まっているという意識を持ちましょう。そのため、待機中もスマホをいじったり、寝て待ったりせずに静かに座って待っておくようにしてください。

入室

面接会場への入室にも細かいルールやマナーがあります。入室をする際のノックは3回が基本でゆっくり行い、中から「どうぞ」や「入室ください」などの合図があってから入室をします。

面接

入室が完了したら、面接官の指示に従って着席を行います。その際にカバンは足元に置くのではなく、カバンを持っている手の方(右でも左でも可)に置きましょう。面接がスタートしたら、男性は手を軽く握りしめて膝に置き、女性は手を重ねて膝の上に置いて座り面接を行います。

退室

面接が終了した際には、着席した状態で「本日はありがとうございました」と伝え、再度椅子の横に立ち、「ありがとうございました」と一礼をしましょう。

そして、ドアの前で面接官に対して「失礼いたします」と一例をしてから退室をしましょう。面接が終了して安心してしまいがちですが、退室するまで面接は続いているため、最後まで気を緩ませないようにしてください。

就活の面接を攻略することが内定への近道

以上が就活の面接の質問の答え方とマナーについてでした。就活を行ううえで面接は切っても切り離せない項目であるため、質問の傾向を理解し、アピールできる答えを用意しておいてください。

ぜひこれから就活をスタートさせる方は、就活の面接を攻略することが内定への近道であることを理解し、準備を進めていきましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事