コピー完了

記事TOP

転職活動の方法 | 進め方・やり方・タイミングは?準備と流れ - 在職中や辞めてからどうする?

最終更新日:
転職活動といっても、いつから何を始めればいいかわからない点が多いですよね。働きながらやるのか、辞めてからやるのかは人それぞれです。成功させるために必要な準備や進め方、上手くいくための流れまですべて解説していきます。また年代別のおすすめ転職サイトも紹介しています。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトおすすめランキングをチェック
>>>転職エージェントおすすめランキングをチェック

近年転職市場が活況となっており、多くの業界で求人数が軒並み増加しています。それに伴って、転職を考える人の数も増加傾向にあります。

転職活動を始めるにあたって、やり方や準備、いつからやればいいのかのタイミングを知る必要があります。転職活動の方法や流れ、進め方を理解して、転職を成功させましょう。

転職活動の一般的な方法・進め方

転職を思い立ったら何をすべきなのかを理解し、効率的に活動を進めましょう。

会社に勤めながら転職活動をする場合は、使える時間に限りがあります。事前にしっかりと計画を立てて、無駄のない活動をすることがポイントになります。

1.転職の全体像を把握する

限られた時間のなかでスムーズに転職活動を進めるには、なによりも事前準備が欠かせません。

まず「自分がなぜ転職したいのか、どのようなキャリアを目指したいのか」などといった転職の全体像を把握し、明確にしておく必要があります。

ほとんどの方が現状への不満から転職を考えますが、重要なのは「○年後にはこうなっていたい」という目標です。

2.情報収集

対象とする業界や企業、どのような求人があるのか情報収集をします。自分が応募したい業界や会社を調べ、気になった企業や具体的な求人案件を調べましょう。

業界全体の状況を知るには、定期的に発行される雑誌やネットからの情報が有効であるとされています。また、転職エージェントやサイトに登録するのも一つの手です。

>>>人気の転職エージェントTOP3をチェックしてみる

3.書類作成・応募

業界・企業研究によって応募したい企業が決まったら、応募書類を作成します。

応募書類は転職希望者にとって重要なアピール資料です。前職までの経歴が素晴らしくても、それが対象企業の人事担当者にとって魅力的にみえなければ選考で弾かれてしまうでしょう。

就職活動や転職活動といえば面接と考える方も多いですが、そこに至る前の段階では、応募書類こそが転職希望者に代わって人事担当者にアピールするための媒体だということを意識しましょう。

4.面接

書類選考を通過できれば、いよいよ面接となります。提出した書類が評価されていたとしても、面接でアピールできなければ採用される可能性は低くなります。

転職を希望する理由や対象企業への志望動機など、質問はある程度決まっているものです。あらかじめ質問の答えを用意しておきましょう。事前に何度もシミュレーションをしておけば、本番で緊張しづらくなるでしょう。

5.内定

見事面接を通過して内定をもらえたら、転職する準備を進めていきます。今勤めている会社を円満に退職するための手続きや、社内での引き継ぎを行います。

ただし、内定が出たからといって油断してはいけません。忘れずに入社条件を書面で確認しておきましょう。

給与や労働時間などの条件に関しては書面で伝えることになってるため、いざ入社してからトラブルに遭わないためにも、事前に確認しておく必要があります。

>>>人気の転職エージェントTOP3をチェックしてみる

転職活動のタイミング

転職までの流れを把握したところで、次に転職活動のタイミングについて考えてみましょう。

転職活動は、会社を辞めずに仕事と並行して活動を行う場合と、先に今の仕事を辞めてから活動する場合があります。

多くの方は働きながら転職活動をしますが、さまざまな事情から退職後に転職活動をしなければならない方もいるでしょう。どちらを選択するにせよ、それぞれのメリットとデメリットを理解することが重要です。

転職活動にかかる時間

転職活動にかかる時間は、平均2か月から3か月程度といわれています。当然、個人差はありますが準備期間を含めると、場合によっては半年ぐらいかかることもあるようです。

転職活動は事前にしっかりと準備をしてタイミングを考え、実現可能な計画のもとで動く必要があります。新卒での就職活動とは違い、転職活動をはじめる時期は自分次第であるため、今の仕事との兼ね合いを考えながら、地に足のついた活動をすることが重要です。

会社を辞めずに転職活動をする場合

メリット

実際、多くの転職希望者が働きながら転職活動をしています。

その理由として、安定した収入があるため転職活動期間が長くなっても生活できることや、働いていないとみなされる期間がないこと、などのメリットが挙げられます。

転職活動が失敗しても、今の仕事を続けながら時期をみて活動を再開することもできます。経済的・時間的な制約がないことが、多くの転職希望者は魅力的に感じています。

デメリット

今の仕事が忙しくなると、まともに転職活動の時間がとれません。そのため、情報収集などの準備にかけられる時間が限られ、さらに面接でも日時の調整が難しくなる可能性があります。

特に転職希望先の企業が早期入社を望んでいる場合、このような方は選考で不利になってしまう可能性も</あります。

活動が勤務先の企業の状況に大きく左右されてしまうことが、会社を辞めずに転職活動をする際のもっとも大きなデメリットといえるでしょう。

先に仕事を辞めてから転職活動をする場合

メリット

一方、転職のために以前の会社を辞めてから活動を始める方もいます。

全体の数としては少数ですが、転職のためにゆっくりと情報収集をする時間をとれることや、面接の準備を万端にして臨めることなどのメリットがあります。

これまで転職活動との両立が難しい職場だった場合や、個人的な事情によって前の職場を退職せざるを得なかった方などは、仕事を辞めた状態で転職活動に臨むことになります。自由に使える時間を活かし、余裕をもった活動を心がけましょう。

デメリット

仕事を辞めた状態で転職活動をするデメリットとしては、やはり収入面が安定しないことです。

経済的な事情から、長期間の転職活動は難しく、希望する転職条件を妥協してしまい、不採用になったときの精神的な負担も大きくなります。

また日常的に仕事をしているわけではないため、転職活動の期間が長引いてしまうと、どうしても自己管理が甘くなってしまいます。

生活リズムが乱れ、転職の意欲そのものが減退してしまう可能性もあるので、自己管理を徹底し計画的に活動を続ける意思が必要になります。

>>>人気の転職エージェントTOP3をチェックしてみる

転職活動の方法は大きく3つ

転職活動を開始するには、その方法としては自分一人でやる方法、スカウトサービスに登録する方法、転職エージェントのようなプロにサポートしてもらう方法の3つしかありません。

転職サイトを使って自分で進める

新卒での就職活動と同様、転職活動でも専用サイトを使って自分ですべてを進める方法があります。

転職までの流れを自分だけで行うことになるため、誰からの干渉も受けずにマイペースで活動したいという方や、自分で立てた計画どおりに動きたいという方にはおすすめです。

ただし頼れるのは自分だけであるため、相応の自己管理能力が必要とされ、かつイレギュラーな事態があっても自分一人で解決しなければなりません。

また、転職サイトで公開されている情報だけを頼りにするので、プロの転職エージェントのもとに集まってくるような特別な求人に触れる機会はほとんどないといっていいでしょう。

スカウトサービスに登録する

スカウトサービスに登録し、プロフィールに興味を持った企業からのスカウトを待つ方法があります。

具体的には、はじめに自分の経歴や履歴書などを登録しておき、興味のある業種や業態、希望年収、自己PRを書いておくと、そのプロフィールに興味を示した企業から直接、面談依頼のメッセージが来るという流れになります。

自分の市場価値を知りたい方や、いままで自分の知らなかった魅力的な企業を知りたい方に向いている方法といえます。


代表的なスカウトサービスであるビズリーチの詳細はこちら

転職エージェントにサポートしてもらう

転職エージェントにサポートしてもらいながら転職活動を行う方法があります。

転職プロセスをプロの視点からサポートしてくれたり、場合によっては代行したりすることもあります。

どのような活動をすればいいのかわからない方や、今の仕事との兼ね合いのなかでも良質な求人案件を探したいという方に向いている方法です。

また、転職エージェントのもとには非公開の案件を含めた多くの求人情報が集まってくるので、自分で案件を探すよりも効率的に情報を集められることは間違いありません。

各プロセスで重要となる部分を的確にアドバイスしてくれるのも、転職に慣れていない人にとっては嬉しいところでしょう。

転職活動の方法がわからなかったらエージェントに相談を。人気ランキングTOP3を紹介

転職活動が初めてであったり、回数が少なかったりするとどのように進めていいかわからない場合が多いです。そんなときは無料で転職の相談ができるエージェントに登録してみましょう。

転職を前向きに考えている場合は、相談からキャリアカウンセリング、転職先の紹介から履歴書添削、面接対策まですべて行ってくれます。

1位:リクルートエージェント

  • 業界ナンバーワンの規模と紹介実績
  • 充実した転職サポート
  • 非公開求人数最多

リクルートエージェントは、転職サイトといえばリクルートといわれるほど有名な、業界最大手の転職エージェントです。その規模や紹介実績ともに業界ナンバーワンであり、経験豊富なプロのアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれます。

非公開の求人数も業界最多であり、10万件以上の非公開求人を誇るといわれています。はじめての転職で不安な方も、転職のプロがマンツーマンで転職のプロセスを総合的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

  • 専任のキャリアアドバイザーがしっかりサポート
  • 豊富な求人案件
  • 非公開求人・独占求人多数

マイナビエージェントは、大手求人サイト「マイナビ」や「マイナビ転職」で定評のあるマイナビグループの人材紹介サービスです。

25~35歳ぐらいの求人案件が多数あり、専任のキャリアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。非公開の求人やマイナビだけの独占求人が多数あるのも魅力です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

■ポイント1:ハイクラス人材向けの転職エージェント
経営幹部などのプロフェッショナル人材向けのハイクラス転職エージェントです。管理職や専門職をはじめ、一般職の高額案件などを多数抱えています。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:キャリアアップを望むビジネスパーソンにおすすめ
これまでのキャリアや経験を活かして一歩を踏み出したい方におすすめです。キャリアアップ・年収アップを実現したビジネスパーソンが多くいます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

【年代別】20代・30代の転職活動におすすめの転職サイトをお探しなら

次の記事では、年代ごとにおすすめの転職サイトをまとめて紹介しています。また年代ごとでの転職におけるポイントも紹介しているので、あわせてご覧ください。

転職活動の進め方を理解し、準備を徹底しよう

転職活動が初めてという方は、実際に何からはじめればいいのかがわからないと思います。まずは、自分が「なぜ転職したいのか?」「将来どうなりたいのか?」を現在のキャリアと照らし合わせながら考えることが重要です。

自分で転職活動を行うにせよ、プロの転職エージェントを利用するにせよ、自分に合った方法で計画的に活動していく必要があります。

元転職エージェントが語る転職活動のコツ

転職活動のスケジュールとしては、書類応募から内定まで1か月~1か月半くらい、さらに入社まで3か月〜4か月月くらいかかると考えておくといいでしょう。

在職中の方であれば夜の面接に偏ることが多いため、一気に多くの企業は受けられません。年齢や職種にもよりますが、書類選考通過率がおおよそ35%程度なので、自身のスケジュール感も考慮しながら応募しましょう。

よって、希望度が高いものから順番に受けていくと、面接なれしていないと一気に落ちててしまうことがあるので、企業の転職難易度や行きたい度合いをバランス良く受けることが大事です。

  • 合格率(低)、希望度(高)
  • 合格率(中)、希望度(中)
  • 合格率(高)、希望度(低)

の3つの分類を3:4:3ぐらいの割合で受けると、ちょうどいいと思います。

転職活動への準備も万全にしておこう

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備をしておくことがおすすめです

まずは転職に最適な時期を把握し、自身の年齢や職業に合わせたサイトに登録、履歴書や職務経歴書の準備をして、面接マナーなどを知っておきましょう。

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(マナー)の最近更新された記事
転職の履歴書・職務経歴書の書き方は?学歴・職歴・志望動機の記載内容
退職挨拶はメールでOK?7つのポイント
就活メールの正しい書き方は知っていて当たり前!? | 例文やマナー・参考サイトも紹介
就活の面接対策 | 聞かれる質問の意図と答え方・マナーから一連の流れ
転職エージェントの面談内容と回答の仕方 | 服装や事前準備 ・成功させるポイント
退職願の書き方を詳しく解説!気をつけるポイントはこの3つ!
職務経歴書テンプレート | 書き方例・サンプル - ダウンロード無料のフォーマット
転職志望動機の書き方・例文 | 面接・履歴書で熱意を伝えるコツ【NG回答も】
面接マナーの基本を覚えて転職を有利に | 受付・入室・退室のポイントと注意点
好印象な転職面接マナーは?受付・入退室・挨拶・服装から名刺の扱いまで【中途採用】