Article square balloon green
2019-02-08

転職面接質問の回答例・答え方 | よく聞かれる質問・逆質問の例文徹底解説

転職の面接で成功するためには、質問の意図を理解し、面接官との本質的なコミュニケーションがとても重要です。転職面接で聞かれることにはある程度の傾向があり、また逆質問や回答例について理解し対策をしましょう。※初回公開日:2018/03/22
求人・転職情報
Large

人気おすすめ転職サービスTOP3

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 doda 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 「年収査定」や「キャリアタイプ診断」などコンテンツが充実 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

転職面接で高確率でよく聞かれる質問

転職面接で聞かれる質問はだいたい決まっています。その中でも高確率で聞かれる可能性のある質問を紹介しています。

当社に応募した理由は?

この質問をする意図としては、企業側が自社に対する転職希望者の関心・意欲を見極めようとしています。いくら能力が合っても、入社意欲や自社への関心が低ければ、入社は難しいようです。

転職に前向きな姿勢を見せつつ、自身の知識をアピールできるような理由を考えましょう。

転職をしようと思った理由は?

企業側はなぜ転職しようと思ったのか知ることで、転職希望者の人となりを分析します。入社後、すぐに退社してしまわないか、会社の馴染めるか、ということを企業は知りたいのです。

転職理由ランキング | 面接での回答例文・ポイントも - なぜ転職を考えた? | ボクシルマガジン
転職面接時に「なぜ転職したのですか?」と理由を聞かれることもしばしば。転職を決断する理由と、主な転職理由の例文を紹...

あなたの長所・短所は?

この質問の意図としては、自己分析能力があるかを見極めようとしています。自身の強みを理解するのは意外と難しいことです。また、自身の弱みを理解し、それをどのように克服するのか説明できるようにしましょう。

今まで最も成果をあげた経験は?

この質問の意図は、成果をあげた理由を自分なりに分析できているのかを見極めようとしています。しっかりと成功体験を自己分析し、論理的に話せるようにしましょう。

転職面接で聞かれる質問の回答例

まず、転職の面接で聞かれる質問の回答例を紹介します。ここでは特に、面接官の意図などを解説し、どのように答えるべきかを紹介します。面接が苦手な方は要チェックです。

例文1

「なぜ未経験業界に挑戦しようと思いましたか?」

これはこれまでの経験を生かした職種ではなく、未経験の業界へのチャレンジを選んだ際に聞かれる質問です。この質問の意図は、「未経験業務でも前向きに取り組めるのか?」という姿勢を見ているので、前職の仕事が向いていなかったなどのネガティブな言葉ではなく、チャレンジする職種に対してポジティブな思いを持っていることを伝えるようにしましょう。

例文2

「プライベートで熱中している趣味などはありますか?」

これは単純にあなたの趣味を聞きたいと思っての質問ではなく、「仕事とプライベートでのオンとオフが取れているか?」ということを知るための質問です。プライベートが充実していない方というのは、仕事へのやる気にも影響が出るケースが多いため、プライベートで熱中している趣味を聞くことによって、あなたのワークライフバランスを確認しています。

例文3

「今後のキャリアプランを教えてください」

これは、あなたがどれほど将来を見据えて今のやるべきことを考えているのかを知るための質問です。企業側としては少しでも長く働いて欲しいと考えているため、あなたの考えるキャリアプランが自社では実現が難しいと考える場合には、採用しない方が良いと判断されることがあります。そのため、志望する企業で働くことがキャリアプランの実現の近道であることをアピールしましょう。

例文4

「数ある似た企業が多い中でなぜ当社を選びましたか?」

これは「なぜ自社にこだわるのか?」というあなたの志望度を図るための質問です。ここでは当たり障りのないような、どの企業にも当てはまるような回答ではあなたの志望度は伝わらないので、「この企業でなくてはいけない理由」を考えておきましょう。

転職面接における逆質問のポイント

逆質問は転職の面接において重要なところでもあるので、ベストな面接ができるよう、ポイントを抑えて準備をしておきましょう。

逆質問の意図

逆質問であなたのやる気とその企業で働きたいという熱意を図る面接官も少なくありません。

あなたが、その企業に対して興味を持っていることや、しっかりと調べて準備をし、面接に挑んでいることをアピールするチャンスでもあります。

企業側はその質問内容によって、あなたの熱意や思いの強さ知ることができます。

質問するうえでの注意

逆質問で何か質問しなくては!と、焦ってしまい、自分で調べればわかる内容や、説明会で話していた内容などを聞くことは面接官に悪いイメージを与えてしまいます。

ただ質問をするのではなく、自分で調べてみても分からなかったことを面接官に教えてもらう時間にしましょう。

「特にありません」はタブー

逆質問はたいてい面接の最後に行われることが多く、すべての質問への受け答えを終え、無難に面接を終えたいという気持ちはわかりますが、逆質問では「特にありません」という答えは回答解として△です。

どのような質問をするかあらかじめ準備しておくことが大切です。以下では逆質問の例文をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

逆質問の例文

転職時にかぎらず面接の最後には「逆質問」をされることが多々あります。そこで、逆質問の例文について紹介します。これから面接を控えている方は、どのような逆質問が効果的であるかを参考にしてみてください。

本記事で紹介しきれなかった逆質問の回答例などはこちらの記事で詳しく解説しています。

転職面接の逆質問「何か質問はありますか」対策 | 中途ならではの例文・NG | ボクシルマガジン
「何か質問はありますか?」ほぼ必ずされるといっても過言ではないこの逆質問。実は目的と対策方法を知ると、面接を有利に...

例文1

「私が入社した際に、すぐに携われるプロジェクトや仕事がありますか?」

これはあなたのこれまでの実績や持っているスキルを紹介した後に、企業側がもし自分を採用してくれた場合にはどのような人事配置を検討しているのかを聞くための質問です。いかに入社後をイメージしているかをアピールすることができます。

例文2

「入社するまでに経験しておくべきことや、勉強しておくべきことはどのようなことがありますか?」

これは入社後にすぐに活躍するために、空き時間を有効活用して、スキルや経験を作りたいという向上心があることをアピールすることができます。もし経験不足やスキル不足が感じられる際には、貴社に貢献したいからこそ勉強して準備するというポイントをアピールしましょう。

例文3

「〇〇さん(面接官)が貴社で働かれていて、どのようなところが魅力でしょうか?逆に大変だと感じるところはありますか?」

これは実際にその会社で働く人のリアルな声を聞くことによって、会社に興味を持っているということをアピールできます。またこの質問をすることによって、自分自身も働くイメージを作りやすくなります。

転職面接の質問への回答のコツ

転職活動を進める際に、面接対策は非常に重要になります。実際に質問に対してどのように答えれば面接官に好印象を与えられるのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

これから面接対策を始めようと考えている人は、質問の傾向や回答例、逆面接での質問を理解しましょう。

面接における質問の意図を考える

転職面接の質問で聞かれることに対して、何も考えずにただ答えを伝えるだけではいけません。

転職の際の面接の質問にはすべて意図があり、その意図を汲み取らなくては、面接官の求める回答をするのは難しいです。

基本的な個人情報に関してではなく、過去の経験や仕事に関連する質問の場合には「なぜこの質問をするのか?」という意図を考えることが重要です。

聞かれる質問の傾向や内容

転職の面接ではどのような質問されるかわからないため、準備をしてもあまり意味がないと考える方もいるかもしれません。

しかし、転職の際に聞かれる質問の傾向や内容はある程度決まっているため、事前に答えを準備しておくことで、スムーズに面接を進めることができます。

業界によって質問内容はある程度絞れるため、対策をすること自体は難しくありません

転職面接の逆質問

転職の際の面接の最後には何か質問はありますか、という逆質問があります。

これは面接の流れの一部であり、特に意味を持たないと感じる方は多いと思いますが、実は合否を分ける重要な項目の場合もあります。

転職の面接でされる質問内容の意図を理解し、転職を成功させよう

転職活動では、あなたのスキルや実績も重要視される情報の一つですが、面接を通してあなたの人間性や人当たりもチェックされています。そのため、面接を成功させるために、きちんと面接の準備しておくことで、あなたの熱意や思いを伝えやすくなります。転職の面接でされる質問内容の意図を理解し、転職を成功させましょう。

「いい就職.com」

いい就職.comでは未経験でも応募できる求人が多く、職種の選択肢が広いのが特徴です。またサービスは全国対応なためどこにいても利用可能です。いい就職.comの最大の特徴としては入社前に1~4週間ほど、入社予定の企業に、体験入社できるインターンシップ制度があります。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用している社会人向けの大手転職サイトです。掲載人数は9,000件超、新着・更新求人は毎週2,000件以上となっています。求人の幅も業種・業界ともに広く、どの年代であっても利用できるのが強みとなっています。料金プランとオプションは情報量と表示順に応じて5段階のオプションがあるので、好みに応じて好きなように選択できます。

「DODA(デューダ)」

DODA(デューダ)は、転職サイトとしての機能以外に、転職エージェントのサービスも充実しています。そのため、あなたの適正年収を教えてくれる「年収査定」やどんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」などのコンテンツが充実しています。

「ウズキャリ既卒」

ウズキャリ既卒は既卒者に対してたくさんの求人を紹介してくれるのが最大の特徴です。また、ウズキャリ既卒は「他社の20倍サポートに時間をかけます」と宣言していますがこれは決して誇張ではなく、献身的でかなり充実したサポートを受けることが出来ます。離職率の高い企業は紹介しないというポリシーもあり、その結果カウンセリングを経て就職した人の離職率は極めて低いです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事