コピー完了

記事TOP

転職面接での質問例と回答の手本|人事担当にウケる逆質問でのアピールと対策

最終更新日:
転職面接で聞かれる質問にはお決まりのものや、企業によって変わった質問もあり、事前に準備していないとスムーズに答えられない場合があります。本記事では転職面談での質問や答え方を例付きで紹介し、また、逆質問でのアピール方法や対策を紹介します。

転職面接の質問の流れ

転職面接で聞かれる質問はだいたい決まっており、内容の流れは次のとおりです。

  • 自己紹介・自己PR
  • 転職理由・志望動機
  • 活かせる経験・スキル・実績
  • 面接官への逆質問

企業によっても質問される内容や流れは異なりますが、基本的には上記の流れで面接は進むので、段階ごとの質問例と回答例を解説します。

自己紹介・自己PRの質問例と回答例

面接は基本的に自己紹介・自己PRから始まります。この質問で面接官は企業で活躍できる人材かどうかの大まかな判断をするので、面接官の熱を入れるためにもハキハキと話しましょう。

  • 自己紹介をお願いします
  • 自己PRをお願いします
  • あなたの長所(強み)・短所(弱み)は?
  • プライベートで熱中している趣味などはありますか?

それぞれの質問について回答例・コツを紹介します。

自己紹介をお願いします

面接官から「自己紹介をしてください」とストレートに質問されることが多いです。自己紹介では、自身の所属・人柄などを簡単に面接官に伝えましょう。

伝える内容としては、氏名、現職について(会社や部署、職種など)、趣味・特技を簡単にまとめ、1分ほどで伝えられるのが理想です。

自己PRをお願いします

「自己紹介をしてください」ではなく、最初から「自己PRをしてください」と言われることもあります。その場合は、最初に自己紹介を簡単にしてから、自己PRをしましょう。

自己PRでは、自身の強みや長所をまとめ、資質・スキルを企業側にアピールすることが重要です。

あなたの長所(強み)・短所(弱み)は?

この質問では、自己分析能力があるかを見極めようとしています。自身の強みを理解するのは意外と難しいことです。また、自身の弱みを理解し、それをどのように克服するのか説明できるようにしましょう。

プライベートで熱中している趣味などはありますか?

これは単純にあなたの趣味を聞きたいと思っての質問ではなく、「仕事とプライベートでのオンとオフが取れているか?」ということを知るための質問です。

プライベートで熱中している趣味を聞くことによって、あなたのワークライフバランスを見ようとしているのです。

転職理由・志望動機の質問例と回答例

自己紹介・自己PRの次は 転職理由・志望動機について質問されることが多いです。具体的には次のような質問をされるでしょう。

  • 当社に応募した理由は?
  • 転職をしようと思った理由は?
  • 数ある企業の中でなぜ当社を選びましたか?
  • 今後のキャリアプランを教えてください
  • なぜ未経験業界に挑戦しようと思いましたか?

それぞれの質問の回答例・コツを解説します。

当社に応募した理由は?

この質問をする意図としては、企業側が自社に対する転職希望者の関心・意欲を見極めようとしていることが挙げられます。いくら能力があっても、入社意欲や自社への関心が低ければ、入社は難しくなります。

転職に前向きな姿勢を見せつつ、自身の知識をアピールできるような理由を考えましょう。

転職をしようと思った理由は?

企業側はなぜ転職しようと思ったのかを知ることで、転職希望者の人となりを分析します。入社後、すぐに退社してしまわないか、会社のなじめるか、ということを企業は知りたいのです。

こちらの記事では転職の理由ランキングと面接にて転職理由を話す際のコツを具体的に解説しています。あわせてご覧ください。

数ある企業の中でなぜ当社を選びましたか?

これは「なぜ自社にこだわるのか?」というあなたの志望度を図るための質問です。当たり障りのないような、どの企業にも当てはまるような回答ではあなたの志望度は伝わらないので、「この企業でなくてはいけない理由」を考えておきましょう。

今後のキャリアプランを教えてください

これは、あなたがどれほど将来を見据えて今のやるべきことを考えているのかを知るための質問です。

企業側としては少しでも長く働いて欲しいと考えているため、あなたの考えるキャリアプランが自社では実現が難しいと考える場合には、採用しない方が良いと判断されることがあります。

志望する企業で働くことがキャリアプランの実現の近道であることをアピールしましょう。

なぜ未経験業界に挑戦しようと思いましたか?

これまでの経験を生かした職種ではなく、未経験の業界へのチャレンジを選んだ際に聞かれる質問です。

この質問の意図は、「未経験業務でも前向きに取り組めるのか?」という姿勢を見ることにあるので、前職の仕事が向いていなかったなどのネガティブな言葉ではなく、チャレンジする職種に対してポジティブな思いを持っていることを伝えるようにしましょう。


未経験の業界のチャレンジするなら、未経験でも対応してくれる転職エージェントに、転職理由の答え方や面接練習をしてもらうことが重要です。

活かせる経験・スキル・実績の質問例と回答例

転職理由・志望動機を質問したあと、実際に企業にどんな貢献ができるのかを知るために次のような質問をします。

  • 今までもっとも成果をあげた経験は?
  • 今までに大きなミスや失敗はありましたか?

それぞれの質問の回答例・コツを解説します。

今までもっとも成果をあげた経験は?

この質問では、成果をあげた理由を自分なりに分析できているのかを見極めようとしています。しっかりと成功体験を自己分析し、論理的に話せるようにしましょう。

今までに大きなミスや失敗はありましたか?

この質問をする意味としては、失敗をどのようにカバーしたのか、またその経験をどう活かせるのかという意図があります。

質問に答えるときは失敗事例は簡潔に話し、カバーした部分の内容を具体的に伝え、その経験が今後に活かせることをアピールしましょう。

面接官への逆質問の例

面接の最後には「何か質問はありますか?」と質問されることが一般的であり、これを「逆質問」といいます。

逆質問の内容は選考結果に大きく影響することはありませんが、なにもしないのはNGです。逆質問はとっさには浮かびにくいので、面接の前にあらかじめ考えておきましょう。

逆質問の例をいくつか紹介します。

例文1:入社した際にやれる仕事について質問する

「私が入社した際に、すぐに携われるプロジェクトや仕事がありますか?」

これはあなたのこれまでの実績や持っているスキルを紹介した後に、企業側がもし自分を採用してくれた場合にはどのような人事配置を検討しているのかを聞くための質問です。いかに入社後をイメージしているかをアピールできます。

例文2:入社する前にやれることはないか質問する

「入社するまでに経験しておくべきことや、勉強しておくべきことはどのようなことがありますか?」

これは入社後にすぐに活躍するために、空き時間を有効活用して、スキルや経験を作りたいという向上心があることをアピールできます。

もし経験不足やスキル不足が感じられる際には、会社に貢献したいからこそ勉強して準備するというポイントをアピールしましょう。

例文3:実際に働いてい人のリアルな声を質問する

「〇〇さん(面接官)が貴社で働かれていて、どのようなところが魅力でしょうか?逆に大変だと感じるところはありますか?」

これは実際に会社で働く人のリアルな声を聞くことによって、会社に興味を持っているということをアピールできます。またこの質問をすることによって、自分自身も働くイメージを作りやすくなります。

逆質問のポイントと注意点

最後に求められることの多い逆質問は転職の面接においてはアピールの場となり得ます。適切な逆質問ができるよう、ポイントをおさえ準備をしておきましょう。

逆質問の意図を理解する

逆質問であなたのやる気と熱意を図る面接官も少なくありません。

あなたが、企業に対して興味を持っていることや、しっかりと調べて準備をし、面接に挑んでいることをアピールするチャンスでもあります。

質問するうえでの注意

逆質問で「何か質問しなくては」と、焦ってしまい、自分で調べればわかる内容や、説明会で話していた内容などを聞くと面接官に悪いイメージを与えてしまいます。

自分で調べてみてもわからなかったことを面接官に教えてもらう時間にしましょう。

「特にありません」は避ける

逆質問はたいてい面接の最後に行われることが多いです。すべての質問への受け答えを終え、無難に面接を終えたいという気持ちはわかりますが、逆質問で「特にありません」と言うのはおすすめできません。

どのような質問をするかあらかじめ準備し、最後までしっかり自分をアピールしましょう。以下では逆質問の例文をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

押さえておきたい質問例まとめ

転職面接で問われる質問は大体決まっているとはじめにお伝えしましたが、基本編・発展編で紹介した質問が一言一句違わず問われるわけではありません。

内容はほとんど同じでも、聞かれ方が違うと用意していた内容をうまく答えられないということも考えられます。また、想定外の質問を尋ねられ、パニックになってしまう可能性もあります。

転職面接で聞かれるさまざまな質問をまとめます。面接の前に一度目を通し、どんな質問が来ても落ち着いて答えられるよう準備を整えましょう。

この業界を選んだ理由は何ですか?
この業界に今後必要なことは何だと考えますか?
当社の製品を使用したことはありますか?
現職を選んだ理由は何ですか?
現職ではどのようなことに力を入れて働いていましたか?
現職では周囲にどのような評価をされていますか?
現職での成功談を教えてください
現職での失敗談を教えてください
当社の印象を教えてください
入社後はどのような業務につきたいですか?
将来的にどのような人になりたいですか?
将来的にどのような役職につきたいですか?
当社の強みはどこにあると考えますか?
当社の弱みはどこにあると考えますか?
当社の弱みに、あなたはどのようにアプローチしますか?
給与はどのくらいもらっていますか?
残業についてどう考えていますか?

答えにくい質問と変わった質問

転職面接でよく聞かれる質問は上記でまとめましたが、会社によっては答えにくい質問やユニークな質問であなたの人となりや適性を見極めようとすることがあります。

ユニークな質問や答えづらい質問例をまとめました。自分が受ける会社の性質を考え、聞かれそうな質問があったら、事前に回答を準備しておきましょう。

あなたの信念を教えてください

信念以外にも、生きがいや仕事観など漠然とした質問をされることがあります。事前に調べていた会社の求める人材像からヒントを得つつ、回答を作成しましょう。

他にはどのような会社を受けていますか?

こういった質問では具体的な社名を出さずに、「~業界の会社を見ています」などぼかして答えましょう。

血液型は何型ですか?

質問の意図は会社によってまちまちですが、社長や役員が「〇型の人は当社と相性が良い」と考えている場合があります。

正直に答え、時間に余裕があれば、一般的な血液型の特性に照らし合わせた自分の強みをアピールしてみましょう。

100万円あったら何に使いますか?

こうした会社や仕事に直接関係ない質問では、発想力が試されている場合が多いです。

突然奇抜な質問をされても戸惑わずに、今まで回答してきた内容との整合性を持たせながら自分らしく答えましょう。

あなたを動物にたとえると何になりますか?

「当社を動物にたとえると何ですか?」と尋ねられたケースもあるようです。難しく考えず、「問題点を即座に見つける嗅覚があるため犬だと考えます」「世の中に広く人気があるから猫です」など身近な動物にたとえ話を広げていくようにしましょう。

転職面接の質問への回答のコツ

転職活動を進める際に、面接対策は非常に重要になります。実際に質問に対してどのように答えれば面接官に好印象を与えられるのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

これから面接対策を始めようと考えている人は、質問の傾向や回答例、逆面接での質問を理解しましょう。

面接における質問の意図を考える

転職面接の質問で聞かれることに対して、何も考えずにただ答えを伝えるだけではいけません。転職の際の面接の質問にはすべて意図があり、意図を無視した回答は、面接の失敗に直結します。

基本的な個人情報に関してではなく、過去の経験や仕事に関する質問をされた場合には「なぜこの質問をするのか?」という意図を考えることが重要です。

聞かれる質問の傾向や内容

転職の面接ではどのような質問されるかわからないため、準備をしてもあまり意味がないと考える方もいるかもしれません。

しかし、転職の際に聞かれる質問の傾向や内容はある程度決まっているため、事前に答えを準備すれば、スムーズに面接を進められます。

業界によって質問内容はある程度絞れるため、対策をすること自体は難しくありません。

面接でのマナーや服装

面接は質問への対策も大事ですが、事前の準備やマナー、服装についても確認しておく必要があります。

訪問時の基本的なマナーや遅刻しそうになったときの対応など、失礼に当たらないマナーについては次の記事をご確認ください。

転職面接は「転職サイト・エージェント」で対策

転職活動では、あなたのスキルや実績も重要視される情報の一つですが、面接を通してあなたの人間性や人当たりの良さもチェックされています。

面接の前に適切な準備を整えれば、あなたの熱意や思いを伝えやすくなります。転職の面接でされる質問内容の意図を理解し、転職を成功させましょう。

また、転職サイトに登録すると無料のフェアで面接対策、エージェントに登録するとエージェントが直接面接対策を行ってくれます。転職の相談も受けてくれるため、ぜひ一度利用してみてください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 マイナビエージェント 2位 パソナキャリア 3位 ビズリーチ
非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収アップ率67.1%を誇り、2019年オリコン満足度No.1のサービス 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

1位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

2位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら


薬剤師や医師、看護師といった業界特化の転職サイトランキングはこちらから。

転職活動への準備も万全にしておこう

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備をしておくことがおすすめです

まずは転職に最適な時期を把握し、自身の年齢や職業に合わせたサイトに登録、履歴書や職務経歴書の準備をして、面接マナーなどを知っておきましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
求人・転職情報(マナー)の最近更新された記事
職務経歴書テンプレート | 書き方例・サンプル - ダウンロード無料のフォーマット
転職志望動機の書き方・例文 | 面接・履歴書で熱意を伝えるコツ【NG回答も】
転職の履歴書・職務経歴書の書き方は?学歴・職歴・志望動機の記載内容
面接マナーの基本を覚えて転職を有利に | 受付・入室・退室のポイントと注意点
好印象な転職面接マナーは?受付・入退室・挨拶・服装から名刺の扱いまで【中途採用】
入念な転職準備が成功につながる | 期間の目安や独自のチェックリストを紹介
転職エージェントの面談内容と回答の仕方 | 服装や事前準備 ・成功させるポイント
【例文集】自己PRの書き方とポイント | 履歴書・経歴書・面接で長所を伝えるには
退職挨拶メールの送り方&書き方 | マナー・時期・注意すべき7つのポイント【無料テンプレート4種】
転職面接の服装 | 注意点と男女別・季節別マナー - 私服や服装自由・指定なしの場合