第二新卒とは | 期間・新卒との違いや求められるもの - 転職は厳しい?

最終更新日:
第二新卒とは、一般的に新卒入社から3年未満の転職者を指します。新卒とちょっと違う観点で評価される第二新卒の、違い実績や即戦力が求められる第二新卒が、採用時に注目されるポイントや失敗しないためのコツを解説します。また、転職の際におすすめの転職エージェントも紹介します。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(20代)

第二新卒とは

第二新卒は、実は造語で明確な定義はありません。一般的に第二新卒とは、新卒で入社して3年未満の求職者(大卒であれば25歳前後まで)を指します。

「一般的に」と表現する理由としては、離職までの年数が企業やサイトによって異なるからです。その中で多くの解釈に共通するのは、短期間でも社会人経験があるという点です。

第二新卒と新卒の違い

年齢による区分ではなく、職務経歴をもとに分類するため、第二新卒は社会人経験のない新卒と、前職での経験を生かせる社会人との中間として扱われています。

増加している第二新卒向けの求人

第二新卒の採用を行っていない企業も多いですが、一方で第二新卒の転職市場は年々大きくなっているため、今後企業としても見過ごすわけにはいかない状況となっているのも事実です。

厚生労働省のデータによると、大卒の3年以内の離職率は30%を超えており、そのせいもあってか昔に比べて第二新卒に対して良い求人が増えているようです。

第二新卒市場と採用の現状については、次の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

第二新卒の転職事情 | 失敗・成功を分ける!採用時に重視されるポイント | ボクシルマガジン
大学卒業後の新卒採用を経て社会人経験を持つ、第二新卒の採用意欲が高まっており、多くの企業が求人を掲載を増やしていま...

第二新卒が転職しやすい時期とは?

通常の転職活動と同様に第二新卒にも転職しやすい時期が存在します。第二新卒が転職しやすい時期と、いつ頃から転職活動を始めるべきなのかを紹介します。

4月入社が一番狙い目

志向性と周りの状況次第ではありますが、第二新卒の方が転職をするにあたって、一番おすすめなのは4月入社です。

企業側にとっては、この時期に入社してもらえると新卒の社員と一緒に研修や事務処理を行えるといったメリットがあり、2月頃から求人が増えます。

そして転職者側にとっても求人が増える以外に、新卒社員と合わせて研修を受けられるメリットがあります。

しかし4〜6月ごろは転職者が多いため、ライバルが多い可能性もあるので、早めに動きましょう。

転職時期、有利なタイミングはいつ?月別・年齢別傾向「1月がベスト」は本当か | ボクシルマガジン
転職に有利な時期・タイミングは、実は人それぞれです。いつから転職活動をすべきかは年齢・年代で異なりますし、転職に有...

第二新卒の転職は厳しいとされる理由

どの業態においても転職者優位の市場になっており、第二新卒の求人数も増加傾向にあります。しかし、いまだに第二新卒の転職は場合によっては難しいとされています。その理由を紹介します。

仕事での実績が少ない

転職するときに、新卒にはない観点を加えられることが第二新卒での転職の強みの一つです。

しかし、実際に社会に出て働いた経験は多くないので成果と呼べる実績を残せていない場合がほとんどです。そのため、採用のハードルが高くなってしまい、これが第二新卒での転職を妨げる要因の一つになっています。

転職をする明確な理由が必要

第二新卒での求職者に対して、企業から「入社後すぐに転職するのではないか?」という疑問を持たれてしまうこともあるでしょう。前の仕事を辞めた理由が正当だということを理解してもらう必要があります。

1社目の入社理由と退職理由に一貫性がない場合や、退職理由を他責にばかりしていると、「甘い」「諦めるのが早い」「やりきらない」と判断がされるので注意しましょう。

転職してすぐ転職はOK?入社後に退職・辞めたいなら取るべき手段【中途・新卒】 | ボクシルマガジン
入社後・転職後に、明確な目的があり転職先を決められそうな場合はすぐやめても問題ない場合があります。転職してすぐに転...

新卒に比べると求人数が少ない

第二新卒の採用枠は、新卒採用に比べて多いとは言えません。よって、応募できる企業が少なく内定獲得が難しい場合があります。

また、現在就いている仕事が地方勤務の場合、平日の日程調整が難しく、面接を行うこと自体が難しいケースもあります。

>>>第二転職におすすめの転職エージェント5選をチェック

第二新卒者が求められるもの

では今、企業が第二新卒に求めているものは何でしょうか?一度社会を経験してきている第二新卒だからこそ、求められるものをまとめてみました。

入社への意欲が高いかどうか

第二新卒や若手に限らず、前向きなマインドや熱意はビジネスパーソンとしての最低条件です。「なんとなく辞めてどこでもいいから応募している」と思われないようにする必要があります。

また、あからさまに社風に合わせアピールしてしまうのも柔軟性に欠けた印象を与えます。

一緒に働ける人材であるかどうか

入社後、一緒に働いていけるかどうかということは第二新卒、若手、新卒に限らず、ビジネスパーソンとして求められます。

採用側がこの人と一緒に働いてみたいと思わせる強い思いがあるか、そのような熱意はその他のデメリットを差し置いても採用に大きく響く部分です。

社風や社内の雰囲気に合っているか

判断が難しい点ではありますが、いくら有能でも、社風や社内の雰囲気と合わず、組織やチームを壊してしまうような人材はマネジメントが困難です。

もちろん、社風や雰囲気は企業によってさまざまなので事前によく調べて置く必要があります。

即戦力になるかどうか

即戦力になるかどうかのアピールは重要です。しかしよくある例として、やったことがないこと、できていないことを、つい背伸びして「できます」と言いたくなりますが、実はできていない部分を今後どう補っていくかを伝えることも逆のアピールとして有効です。

ビジネスパーソンとしての基礎ができているか

基本的なビジネススキルや、会社や組織で働くということを暗黙的に理解していて、ビジネスパーソンとして即戦力だということもアピールになります。実績だけでなくビジネススキルも身についていないなら新卒採用でいいと人事担当者は考えるでしょう。

ある程度の実績、経験があるか

ある程度の仕事を通じての成功体験は採用側は注目します。しかし、それだけでなく、失敗体験もアピールになります。棚ボタで再現できない成功よりも、要因分析がきちんとできている失敗のほうが意味があるとも言えます。

成功、失敗、いずれのケースでも要因を説明できることで、あなたの客観性や視野の広さを示せます。


第二新卒が大手に就職するためのコツは次の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

第二新卒が大手企業に転職成功するためのポイントとは | 採用されやすい転職理由 | ボクシルマガジン
近年、第二新卒が新卒と違って即戦力として期待できることや、新卒内定者がすぐに辞める傾向にあるため、第二新卒の需要が...

>>>第二転職におすすめの転職エージェント5選をチェック

第二新卒の転職で失敗しないためのコツ

転職には、これまでの経験を活かして、給与や条件を上げる「キャリアアップ」、これまでの経験は重視せず新たな仕事に挑戦する「キャリアチェンジ」があります。

キャリアチェンジしたいという方の場合は、ポテンシャルが最重要となるため、自身の適職について真剣に考えるなら20代が最もいいとされています。

新卒ではない、第二新卒として転職する際の失敗しないための心構えやコツを紹介します。

プロのビジネスパーソンであるという意識をもつ

第二新卒として採用される、という考えは悪くはありません。企業の求める人物像に自分が適しているというアピールは確かに効果的です。

しかし、それ以前に自分は前の企業ですでに一通りの経験をしてきたプロであるという意識をもちましょう。その自信が自分の熱意や伝えたいことをより効果的に示すことを後押しし、よりよい就職活動になるはずです。

転職前に実績を残しておく

採用側として、前の会社で実績がある人と、そうでない人を選ぶとしたら間違いなく多くの人が実績がある人を採用するでしょう。実績というのは動かぬ証拠です。

そういった実績がない場合は今の職場で、少しでも何か書類にかけそうなことにチャレンジしてみましょう。

なるべく同業種・同分野の企業を選ぶ

全く別分野に就職するよりも、同業種・同分野の企業を選ぶほうが良いことは間違いありません。第二新卒に求められるものの一つとして即戦力ということがあります。

前職と同分野であれば即戦力となりますが、前職が異分野であると企業側としては一から教育をすることなり、第二新卒を雇うメリットが薄れてしまいます。したがって、できるだけ同業・同分野の職のほうが採用されやすい傾向にあります。

20代が未経験職種・業界に転職するときの注意点・ポイント | 転職エージェント・サービスのおすすめ | ボクシルマガジン
20代の未経験者が転職するときの注意点やポイントを解説。転職しやすい職種や業界、おすすめ転職サービスも紹介します。...

第二新卒におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計37万の転職成功
リクルートエージェントは、累計37万人の転職成功実績があり、年間3万名以上の転職を成功に導いています。

■ポイント2:非公開求人が約18万件で業界トップクラス
リクルートエージェント登録者限定の非公開求人が約18万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:キャリアアドバイザーによる充実したサポート
約470名のキャリアアドバイザーが面接の受け方や書類の書き方、企業との条件交渉などトータルでサポートをしてくれます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

マイナビエージェント

■ポイント1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
マイナビエージェントは、20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績を獲得したこともあり、第二新卒に特化した求人も豊富です。

■ポイント2:転職のプロによる充実したサポート
履歴書の書き方、面接サポート、退職交渉のやり方などさまざまなサポートが受けられます。

■ポイント3:紹介できる8割が非公開求人
求人情報のうち、8割が非公開求人であり、質が高いことに定評があります。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

ウズキャリ第二新卒

■ポイント1:第二新卒の内定率86%以上
ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の内定率86%以上を誇る転職エージェントです。(ウズキャリ調べ)第二新卒の転職に特化しているため、新卒とは違った転職対策や求人別にカスタマイズされた面接対策を受けられることが特徴です。

■ポイント2:キャリアカウンセラー全員が元既卒や元第二新卒
ウズキャリ第二新卒は相談に乗ってくれるキャリアカウンセラーの全員が元既卒や元第二新卒で構成されているため、経験者の視点から第二新卒ならではの悩みに的確に応えてくれます。

■ポイント3:個別サポート形式と集団サポート形式を選べる
個別サポート形式と集団サポート形式を自由に選べるため自分に合った支援を受けられ、また紹介する求人もブラック企業を排除しているため、短期離職をしてしまった方も安心して利用できます。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちら

ハタラクティブ

■ポイント1:高い正社員成功率
ハタラクティブは、80.4%の高い正社員成功率を出しており、豊富な実績があります。未経験に特化しているため、未経験に絞った求人や、未経験歓迎の求人を豊富に取り揃えております。

■ポイント2:カウンセリングや面接対策など手厚いサポート
カウンセリングや書類添削、面接対策など、一人ひとりに寄り添ったサポートが充実しています。また、ハタラクティブが実際に取材した求人のみしか取り扱っていないため安心して利用できます。

■ポイント3:累計15万人の転職支援実績
20代の若年層を中心に約15万人の転職を支援してきた実績があります。

ハタラクティブの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

パソナキャリア

■ポイント1:顧客満足度調査転職エージェントNo.1の実績
利益よりも社会貢献を掲げており、専門アドバイザーの親身かつ丁寧なサポートに定評があります。また、履歴書の添削から

■ポイント2: 転職のプロによるカウンセリング
キャリアアドバイザーがカウンセリングをしながら進めてくるので、転職が初めての方でも安心して活動を進められます。

■ポイント3:■ポイント3:女性の転職にも強い
パソナキャリアは女性の転職に親身に向き合ってきた女性のキャリアアドバイザーが何人も在籍しています。女性からの評価が非常に高いのも特徴です。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら


第二新卒で転職をお考えの方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

第二新卒向け転職サイトおすすめ5選 | 就職活動時の注意点 | ボクシルマガジン
初めてや2回目の転職活動で不安な方向けに、充実したサポートやコンテンツを提供する転職サイトもあわせて紹介します。ま...

第二新卒は慎重にタイミングを見極めよう

転職活動においては企業が求めるものを把握し、そこに自分の経験を重ね、より良いアピールをすることが重要です。

しかし、第二新卒である前に一人のビジネスパーソンであることもしっかり意識して、転職する場合は慎重に取り組みましょう。

【正社員】第二新卒の転職サイト | 成功・失敗を分けるポイント - おすすめ転職エージェントも | ボクシルマガジン
第二新卒とは学校を卒業して働き始めて3年以内で転職したい方のことを指します。第二新卒は社会人の基礎を身につけながら...

第二新卒向けのおすすめ記事一覧

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>転職サイトランキングをチェック
>>>転職エージェントランキングをチェック

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
Large
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事