Article square balloon green

第二新卒とは?転職活動に失敗しないためのコツとおすすめエージェント5選

第二新卒が転職市場で内定を勝ち取るためのポイントとは?新卒と違い実績や即戦力が求められる第二新卒が、採用時に注目されるポイントや失敗しないためのコツを解説します。また、転職の際におすすめの転職エージェントも紹介します。ぜひ参考にして転職を成功させてください。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(20代)
Large

| 1位 マイナビエージェント | 2位 リクルートエージェント | 3位 パソナキャリア |
|-----------|------------|------------|
| | | |
| 累計32万人の転職成功実績を誇り、20代に1番信頼されている転職エージェント(※)| 20万件以上の非公開求人をもつ、はじめて転職する方にもおすすめの転職エージェント |3分で登録できマンツーマンの書類添削をはじめとした充実サポートが魅力の転職エージェント |

(※ 2018年1月楽天リサーチによる調査。20歳代で転職意向があり、転職エージェントに登録している(いた事がある)人が調査対象。)

第二新卒は、実は造語で明確な定義はありません。第二新卒とは、一般的には新卒で入社して3年未満の求職者を指すことが多いです。

多くの解釈に共通するのは短期間でも社会人経験があるという点です。社会人経験のない新卒と、前職での経験を生かせる社会人との中間として扱われています。

増加している第二新卒向けの求人

昔に比べて、第二新卒に対して良い求人が増えているようです。背景には、採用する側の企業にとってメリットがあるためです。

第二新卒のメリットは、新卒と比べて新人研修や教育にかけるコストを削減できる、社会人経験のない新卒と比較して就業後のミスマッチが少ない傾向がある、などです。

こちらの記事では第二新卒の現状について詳しく紹介しています。

第二新卒の転職で失敗しないためには | おすすめ転職サイト・エージェントを紹介 | ボクシルマガジン
大学卒業後の新卒採用を経て社会人経験を持つ、第二新卒の採用意欲が高まっており、多くの企業が求人を掲載を増やしていま...

第二新卒が転職しやすい時期とは?

通常の転職活動と同様に第二新卒にも転職しやすい時期が存在します。第二新卒が転職しやすい時期と、いつ頃から転職活動を始めるべきなのかを紹介します。

4月入社が一番狙い目

第二新卒の方が転職をするにあたって、一番おすすめなのは4月入社です。企業側にとっては、この時期に入社してもらえると新卒の社員と一緒に研修や事務処理を行えるといったメリットがあり、2月頃から求人が増えます。

転職者側にとっても求人が増える以外に新卒社員と合わせて研修を受けられるメリットがあります。

第二新卒の転職は厳しいとされる理由

第二新卒の求人数は増加傾向にあります。しかし、いまだに第二新卒の転職は難しいとされています。その理由を紹介します。

仕事での実績が少ない

転職するときに新卒にはない観点を加えられることが第二新卒での転職の強みの一つです。

しかし、実際に社会に出て働いた経験は多くないため成果と呼べる実績を残せていない場合がほとんどです。そのため、採用のハードルがただ高くなってしまい、これが第二新卒での転職を妨げる要因の一つになっています。

転職をする明確な理由が必要

第二新卒での求職者に対して、企業から入社後、すぐに転職するのではないかという疑問を持たれてしまうこともあるでしょう。前の仕事を辞めた理由が正当だということを理解してもらう必要があります。

転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか | ボクシルマガジン
転職面接時に「なぜ転職したのですか?」と理由を聞かれるのがほとんどです。企業は転職理由を聞くことで、転職希望者とこ...

新卒に比べると求人数が少ない

第二新卒の採用枠は、新卒採用に比べて多いとは言えません。そのため、応募できる企業が少なく内定獲得が難しい場合があります。また、現在就いている仕事が地方勤務の場合、平日の日程調整が難しく、面接を行うこと自体が難しいケースもあります。

>>>第二転職におすすめの転職エージェント5選をチェックしてみる

第二新卒者が求められるもの

では今、企業が第二新卒に求めているものは何でしょうか?一度社会を経験してきている第二新卒だからこそ、求められるものをまとめてみました。

入社への意欲が高いかどうか

第二新卒や若手に限らず、前向きなマインドや熱意はビジネスパーソンとしての最低条件です。「なんとなく辞めてどこでもいいから応募している」と思われないようにする必要があります。

また、あからさまに社風に合わせアピールしてしまうのも柔軟性に欠けた印象を与えます。

ともに働ける人材であるかどうか

入社後、一緒に働いていけるかどうかということは第二新卒、若手、新卒に限らず、ビジネスパーソンとして求められます。

採用側がこの人と一緒に働いてみたいと思わせる強い思いがあるか、そのような熱意はその他のデメリットを差し置いても採用に大きく響く部分です。

社風や社内の雰囲気に合っているか

判断が難しい点ではありますが、いくら有能でも、社風や社内の雰囲気と合わず、組織やチームを壊してしまうような人材はマネジメントが困難です。

もちろん、社風や雰囲気は企業によってさまざまなので事前によく調べて置く必要があります。

即戦力になるかどうか

即戦力になるかどうかのアピールは重要です。しかしよくある例として、やったことがないこと、できていないことを、つい背伸びして「できます」と言いたくなりますが、実はできていない部分を今後どう補っていくかを伝えることも逆のアピールとして有効です。

ビジネスパーソンとしての基礎ができているか

基本的なビジネススキルや、会社や組織で働くということを暗黙的に理解していて、ビジネスパーソンとして即戦力だということもアピールになります。実績だけでなくビジネススキルも身についていないなら新卒採用でいいと人事担当者は考えるでしょう。

ある程度の実績、経験があるか

ある程度の仕事を通じての成功体験は採用側は注目します。しかし、それだけでなく、失敗体験もアピールになります。棚ボタで再現できない成功よりも、要因分析がきちんとできている失敗のほうが意味があるとも言えます。

成功、失敗、いずれのケースでも要因を説明できることで、あなたの客観性や視野の広さを示せます。

>>>第二転職におすすめの転職エージェント5選をチェックしてみる

第二新卒の転職で失敗しないためのコツ

新卒ではない、第二新卒として転職する際の失敗しないための心構えやコツを紹介します。

プロのビジネスパーソンであるという意識をもつ

第二新卒として採用される、という考えは悪くはありません。企業の求める人物像に自分が適しているというアピールは確かに効果的です。

しかし、それ以前に自分は前の企業ですでに一通りの経験をしてきたプロであるという意識をもちましょう。その自信が自分の熱意や伝えたいことをより効果的に示すことを後押しし、よりよい就職活動になるはずです。

転職前に実績を残しておく

採用側として、前の会社で実績がある人と、そうでない人を選ぶとしたら間違いなく多くの人が実績がある人を採用するでしょう。実績というのは動かぬ証拠です。

そういった実績がない場合は今の職場で、少しでも何か書類にかけそうなことにチャレンジしてみましょう。

なるべく同業種・同分野の企業を選ぶ

全く別分野に就職するよりも、同業種・同分野の企業を選ぶほうが良いことは間違いありません。第二新卒に求められるものの一つとして即戦力ということがあります。

前職と同分野であれば即戦力となりますが、前職が異分野であると企業側としては一から教育をすることなり、第二新卒を雇うメリットが薄れてしまいます。したがって、できるだけ同業・同分野の職のほうが採用されやすい傾向にあります。

第二新卒におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

求人随時更新 >リクルートエージェント公式サイトをチェック

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計37万の転職成功
リクルートエージェントは、累計37万人の転職成功実績があり、年間3万名以上の転職を成功に導いています。

■ポイント2:非公開求人が約18万件で業界トップクラス
リクルートエージェント登録者限定の非公開求人が約18万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:キャリアアドバイザーによる充実したサポート
約470名のキャリアアドバイザーが面接の受け方や書類の書き方、企業との条件交渉などトータルでサポートをしてくれます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

マイナビエージェント

求人随時更新 >マイナビエージェント公式サイトをチェック

■ポイント1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
マイナビエージェントは、20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績を獲得したこともあり、第二新卒に特化した求人も豊富です。

■ポイント2:転職のプロによる充実したサポート
履歴書の書き方、面接サポート、退職交渉のやり方などさまざまなサポートが受けられます。

■ポイント3:紹介できる8割が非公開求人
求人情報のうち、8割が非公開求人であり、質が高いことに定評があります。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

ウズキャリ第二新卒

求人随時更新 >ウズキャリ第二新卒公式サイトをチェック

■ポイント1:第二新卒の内定率86%以上
ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の内定率86%以上を誇る転職エージェントです。(ウズキャリ調べ)第二新卒の転職に特化しているため、新卒とは違った転職対策や求人別にカスタマイズされた面接対策を受けられることが特徴です。

■ポイント2:キャリアカウンセラー全員が元既卒や元第二新卒
ウズキャリ第二新卒は相談に乗ってくれるキャリアカウンセラーの全員が元既卒や元第二新卒で構成されているため、経験者の視点から第二新卒ならではの悩みに的確に応えてくれます。

■ポイント3:個別サポート形式と集団サポート形式を選べる
個別サポート形式と集団サポート形式を自由に選べるため自分に合った支援を受けられ、また紹介する求人もブラック企業を排除しているため、短期離職をしてしまった方も安心して利用できます。

ハタラクティブ

求人随時更新 >ハタラクティブ公式サイトをチェック

■ポイント1:高い正社員成功率
ハタラクティブは、80.4%の高い正社員成功率を出しており、豊富な実績があります。未経験に特化しているため、未経験に絞った求人や、未経験歓迎の求人を豊富に取り揃えております。

■ポイント2:カウンセリングや面接対策など手厚いサポート
カウンセリングや書類添削、面接対策など、一人ひとりに寄り添ったサポートが充実しています。また、ハタラクティブが実際に取材した求人のみしか取り扱っていないため安心して利用できます。

■ポイント3:累計15万人の転職支援実績
20代の若年層を中心に約15万人の転職を支援してきた実績があります。

ハタラクティブの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

パソナキャリア

求人随時更新 >パソナキャリア公式サイトをチェック

■ポイント1:顧客満足度調査転職エージェントNo.1の実績
利益よりも社会貢献を掲げており、専門アドバイザーの親身かつ丁寧なサポートに定評があります。また、履歴書の添削から

■ポイント2: 転職のプロによるカウンセリング
キャリアアドバイザーがカウンセリングをしながら進めてくるので、転職が初めての方でも安心して活動を進められます。

■ポイント3:■ポイント3:女性の転職にも強い
パソナキャリアは女性の転職に親身に向き合ってきた女性のキャリアアドバイザーが何人も在籍しています。女性からの評価が非常に高いのも特徴です。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら


第二新卒で転職をお考えの方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

20代の転職サイト・転職エージェントおすすめランキング | 第二新卒・女性向けサイト | ボクシルマガジン
20代におすすめの転職サイトや転職エージェントをランキング形式で紹介。第二新卒・既卒、女性向けの転職サービスも解説...

第二新卒は慎重にタイミングを見極めよう

転職活動においては企業が求めるものを把握し、そこに自分の経験を重ね、より良いアピールをすることが重要です。

しかし、第二新卒である前に一人のビジネスパーソンであることもしっかり意識して、転職する場合は慎重に取り組みましょう。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

「マイナビエージェント」

大人気のネット系ベンチャー企業は、積極採用を行っており、マイナビエージェントではベンチャーへの求人が数多く掲載されています。就職や転職に関する相談会が随時開催されているので自分にあった企業を専門家と相談した上で就職先・転職先を見つけることができます。

「キャリアチケット」

キャリアチケットでは利用者全員に転職市場のプロであるアドバイザーがつき、採用側の視点で的確なサポートを提供してくれます。人材サービスを中心に発展し続けているレバレジーズ株式会社が運営しているので、サポートの質には定評があります。ひとりでの就活に不安を持っている人、優良企業に内定したいと思っている人におすすめなのがキャリアチケットです。

「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職や経理・財務・人事職種、メディカル業界への転職に強い転職エージェントです。業界・職種別スペシャリストによるサポートを提供しています。専門性が求められるキャリア採用市場に対応するため、転職希望者のキャリアや想いを、直接企業へアプローチができる、リクルートメント・コンサルタント制を導入。採用決定プロセスの早い外資系企業への転職支援もより確実にスピーディにおこなえます。

「若者正社員チャレンジ 登録プロモーション」

若者正社員チャレンジは「働きたい」という想いを持ちながらも、さまざまな事情からそれが叶わず、ニート、フリーター、派遣社員、無職状態になっている29歳以下の求職者を対象とした転職エージェントです。カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、実習期間中は最大10万円の支援金支給をしてくれます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事