Article square balloon green
2018-04-27

好印象な異動の挨拶とは | メール・スピーチで行う際のポイントを徹底解説

転勤や退職などで異動をする際には、お世話になった方々へ挨拶(スピーチ)をしなくてはいけません。異動の挨拶をする際には、ビジネスマンとしてふさわしい伝え方やマナーを理解しておくことが必要です。メール・スピーチで行う際の好印象な異動の挨拶の仕方を紹介します。※初回公開日:2018/02/22
その他その他ビジネス
Large

異動の挨拶で話すべき内容とは

異動が決まった際には、これまでお世話になった方々に向けて異動の挨拶をしなくてはいけません。頻繁に起こるものではないため、もし自分が急に異動が決まった際には、「どのような挨拶をするべきか?」ということがわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、好印象を与える異動の挨拶(スピーチ)とメールで送る場合のコツについて解説します。これから異動の挨拶を控えている方は必見です。

異動先について紹介

自分が異動後には「どこの部署にいるのか?」もしくは「退職してどうするのか?」ということを紹介しましょう。異動することをネガティブに捉えるのではなく、異動先での目標や抱負を交えることによって、前向きな印象を与えることを意識しましょう。

後任の紹介

自分が異動した後には、後任としてだれが業務を引き継ぐのかということを関係者に伝えるようにしましょう。

これをきちんと行っておかないと、後任に迷惑がかかるだけではなく、取引先などにも迷惑がかかる可能性があるため、業務が滞らないように配慮しましょう。

直接伝えるもしくはメールで送る

異動の挨拶は直接伝えるのが礼儀ではあるものの、諸事情によりメールで伝えざるを得ない場合があります。

その場合にはメールで異動の挨拶を行いますが、メールの場合には感情が伝わりにくいため、より注意しなくてはいけません。以下では、スピーチとメールそれぞれのケースでのポイントと文例を紹介します。

メールでの異動の挨拶の仕方

メールでの異動の挨拶の仕方と文例について紹介します。ここでは、メールで伝える際の注意点も含めて、書き方のポイントを解説します。

こちらの記事では異動挨拶メールが作成できる無料テンプレートについて紹介しています。

異動挨拶メールが作成できる無料テンプレート | 書き方・ポイント【社内・社外向け】 | ボクシルマガジン
突然の異動!そんな時には異動の挨拶メールを送り、スムーズな仕事の引き継ぎをしましょう。社内・社外のどちらにも対応可...

一人ひとりに送る

業務で直接関わっていた方にメールで挨拶する場合には、一人ひとり送ることがポイントです。

手間がかかってしまうから面倒であると感じる方も多いかもしれませんが、直接お世話になっている方へのメールは個別で送るのがマナーです。

社内で面識のない相手に対してはBccなどでの一斉送信でもいいですが、基本的には一斉送信は避けるべきです。

思い出やエピソードを入れる

一人ひとりに違う文面を考えることは大変であるため、思い出やエピソードを簡単に入れることがポイントです。ここでは、お世話になった思い出話や、助けていただいた際のエピソードなどを盛り込み、あらためて感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼と今後の抱負を入れる

異動の挨拶で絶対に忘れてはいけないのがお礼の言葉です。
多くの関係者に送らなくてはいけないということもあり、ついつい事務的になってしまいがちですが、直接会って挨拶ができないことのお詫びと感謝の言葉を入れることを忘れてはいけません。

そして、もし異動後のことが決まっているのであれば、その報告と今後の抱負も伝えるようにしましょう。

メールでの異動の挨拶の文例

ここではメールでの異動の挨拶の文例を紹介します。

お世話になった上司へのお礼の文例

お疲れ様です。〇〇部の〇〇です。

〇月〇日付で、〇〇部から〇〇部へ異動することになりました。

〇〇さんは、私が営業成績が伸び悩んでいるときにいつも話を聞いてくださり、親身になって励ましてくださいました。そのおかげで仕事をここまで続けることができ、月間売上一位を獲得することもできました。

〇〇さんから教えていただいたことを〇〇部でもしっかりと活かせるように努力していきます。

今後またお仕事でご一緒する機会もあるかと思いますが、成長した姿をお見せできるように頑張ります。

〇年間(〇か月)大変お世話になりました。ありがとうございました。

〇〇部 〇〇

好印象を与える異動の挨拶(スピーチ)とは

好印象を与える異動の挨拶(スピーチ)について紹介します。ここではメールと違い、スピーチの際に気をつけるべきポイントやNGなポイントについて解説します。

形式的なものではなく自分のなりの言葉で伝える

現在ではインターネットで探せば、さまざまなテンプレートを参考にできます。しかし、異動のスピーチは形式的なものではなく、上手でなくてもいいので自分のなりの言葉で伝えることがポイントです。

あまりかしこまった文章では自分らしさがなく、事務的になってしまいやすいため、感謝の気持ちを自分なりの言葉で伝えるようにしましょう。

悲観的な内容はNG

現在の職場に愛着があるあまりに、別れを惜しむ言葉を悲観的なものにしてしまう方がいますが、次へのステップとしてポジティブで前向きな言葉で伝えることがポイントです。

異動が決まった以上は未練を語るのではなく、聞いている方々が応援したくなるような未来への抱負や目標などにしましょう。

時間は2、3分程度を意識する

スピーチでは長々と話をしてしまうと、ダラダラとした雰囲気になってしまうので、時間は2、3分程度に収めることがポイントです。

多くの思い出を振り返りたいという気持ちは大切ですが、限られた時間内でのスピーチであるため、2、3分程度を意識して話すようにしましょう。

異動のスピーチの文例

ここでは異動のスピーチの文例を紹介します。

本日は、私のためにこのような素晴らしい会を開いていただき、誠にありがとうございます。

◯月◯日付で〇〇支社への異動となりました。支社長である◯◯さんをはじめ、皆さまには大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

私の◯◯支店での4年間にわたる就業は、皆さまのサポートがあったからこそで、特に◯◯さんと〇〇プロジェクトを成功させられたことが、現在の私の自信になっています。

これからも〇〇支社で学んだことを生かして〇〇支社でも頑張りたいと思います。

今後の皆さまのご健闘をお祈り申し上げます。本日はこのような会を開いていただき本当にありがとうございました。

ビジネスマンとして相応しい異動の挨拶を

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、去り際はスマートにこなすのがビジネスマンとして必要なスキルです。

異動はお世話になった職場や社員の方たちと別れ惜しい気持ちがあるものですが、寂しさを引きずるのではなく、前向きに進む姿勢を見せるのが送り出してくれる方々へのマナーでもあります。

初めての異動でどのような挨拶をするべきわからない方は、本記事で紹介しているポイントを理解し、ビジネスマンとして相応しい異動の挨拶を準備しましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事