{{ message }}
Article square balloon green
2018-03-29

在宅勤務に多い求人は?在宅勤務の実態やメリット、求人サイトを紹介

近年、アメリカなどでは在宅勤務が一般化しており、多くの会社員が在宅勤務を経験しているようです。本記事では、ここ数年、特に注目されている在宅勤務の概要やメリット、そして在宅勤務を探すうえで便利な求人サイトの紹介をしていきます。
その他その他ビジネス
Large

近年、アメリカなどでは在宅勤務が一般化しており、世論調査会社ギャラップが調査したところによると、約1万5,000人の会社員を対象に実施した調査において、その43%がこの1年で少なくとも何度かの在宅勤務を行ったと回答しているそうです。

それに対してフルタイムの在宅勤務を行っていると回答した会社員は20%としています。それだけ在宅勤務のメリットが認知されてきたということでしょう。

日本でもこの動きが広がっており、これまでフリーランサーや主婦(主夫)が中心だった在宅勤務に、企業に所属する会社員が従事する姿が見られるようになってきました。それに伴って、在宅での勤務スタイルにも注目が集まるようになっています。

そこで、在宅勤務の概要とメリット、在宅での仕事に多い求人について紹介していきます。

在宅勤務とは?

在宅勤務とは、その名のとおり会社のオフィスに出勤して仕事をするのではなく、自宅にいたまま業務をこなすスタイルのことです。

最近はインターネット環境やそれを基盤とした情報通信機器が普及しており、それに伴って在宅勤務をはじめるビジネスパーソンが増えています。フリーランスとして在宅勤務をする場合や、会社がスタッフに在宅勤務を許可しているケースもあります。

特に在宅勤務をしている会社員の場合は、週に2~3日といった具合に、あらかじめ決められた日に在宅勤務をするなど、企業によって柔軟な働き方ができるケースが増えているようです。

在宅勤務はリモートワークの一形態

在宅勤務はいわゆるリモートワークと呼ばれることもあり、事実上、同じものとして考える方も少なくないでしょう。

厳密にいえば、リモートワークは在宅勤務の形態よりも広い概念であり、オフィス以外の場所で自由に働くスタイルのことを指すのが一般的です。たとえば、モバイルワークと呼ばれるスタイルやサテライトオフィスで仕事をする場合もリモートワークの範ちゅうとなります。

リモートワークに関しては、以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

リモートワークとは?在宅勤務のメリットや実例をご紹介 | ボクシルマガジン
時間や場所に縛られないリモートワークという働き方を、すでに実現している会社があります。社員から見たリモートワークの...

また、サテライトオフィスに関しては、以下の記事で解説をしています。

サテライトオフィスとは|地方支社・拠点開設から始まる柔軟な働き方 | ボクシルマガジン
IT企業がサテライトオフィスを開設したというニュースが近年注目を集めています。サテライトオフィスは働き方をどのよう...

テレワークとの違いは?

リモートワークに似た概念としては、いわゆるテレワークというものもあります。

このあたりの定義上の違いは必ずしも明確でないことが多いですが、テレワークとは、パソコンやスマホなどの情報通信機器を活用することで、時間や場所に囚われずに柔軟に働くスタイルのことを指します。

したがって、リモートワークと定義上の違いはほとんどないといってよく、在宅勤務はもちろん、モバイルワークなども含む概念と捉えておけばよいでしょう。

テレワークに関しては、以下の記事で詳しく解説をしています。

テレワークとは | ノマド・モバイルワーク・在宅勤務との違いや歴史・メリット・事例を紹介 | ボクシルマガジン
テレワークとは会社に出社せずに働くことです。同様の意味を持つノマドワークやモバイルワークとの違い、メリットとデメリ...

在宅勤務が増加した理由・背景

近年、インターネットを中心とした情報インフラの整備・定着により、自宅でもオフィスと同じような環境を整えられるようになってきました。

そのため、これまで在宅ワークの中心を担ってきたフリーランサーや主婦(夫)層だけではなく、企業に所属する社員でも、毎日オフィスに勤務することなく自宅で仕事ができるようになってきています。

当然、企業の在宅勤務に対する理解が必要とはなりますが、IT業界などを中心に、さまざまな事情により通勤が困難なスタッフでも仕事ができるように、在宅での勤務やサテライトオフィスでの仕事を許可する企業も増えています。

在宅勤務の6つのメリット

続いて、在宅勤務のメリットについて解説しておきます。

自由に使える時間が増える

在宅勤務に従事する方の多くがメリットとして挙げているのが、自由に使える時間が増えるということです。通勤にかかる時間や、出勤の準備にかかる時間などが節約できます。

特に、出勤の時間を別の活動にあてることができる点を評価する方は多いようで、通勤ラッシュによるストレスを回避できる点も大きいと感じているようです。通勤に1時間以上かけているビジネスパーソンも多いですから、その時間を自由に使えることは大きなメリットといえます。

好きなタイミングで休憩できる

在宅勤務では、休憩時間などを好きに設定できるため、自分のペースで仕事ができるのも大きなメリットです。

自分の好きなタイミングで休憩をとって、自由に息抜きをしたり食事に行ったりできるため、もっとも生産性の上がる働き方を自分で設計できるようになります。

仕事に行き詰った際などに、たった30分でも好きなように過ごすことができるというのは、特にデスクワーカーにとっては非常に貴重な時間となります。

人間関係のストレスが緩和できる

周囲に人がおらず、自分ひとりの環境で仕事ができるため、余計な人間関係のストレスが溜まりにくい点も魅力でしょう。

その人の性格によっては賛否が別れるところかもしれませんが、周囲との人間関係が仕事にパフォーマンスに直結してしまうような方は、基本的にだれとも関わらずに仕事ができる環境はありがたいといえます。

仕事上のやりとりはメールやチャット、Webカメラによるビデオ通話などがメインとなりますから、これまで人間関係に煩わしさを感じていた方にとっては大きなメリットを感じられるはずです。

仕事環境を自由につくれる

自宅が仕事場となるわけですから、当然、デスク周りなど仕事環境を自分の好きに作り上げることができます。

好きなものをデスクに置いたり、業務中は好きな音楽を聞いたりなど、自分にとって生産性の上がる仕事環境を自由につくることができる点も魅力です。

居住場所に左右されない

住む場所に左右されず、自分の好きな場所で仕事ができる点についても大きなメリットとなるでしょう。

オフィス勤務の場合、少なくとも電車で通勤できる範囲内に居住する必要があります。そこでもし個人的な事情によって実家に戻るなど、居住場所を変えなくてはならない場合は、退職しなければなりませんでした。

そういった住み場所に関する問題を一様に解決できる点も在宅勤務の魅力といえます。

子育てや介護と両立できる

自分の好きなタイミングで休憩できるということは、仕事の途中で任意のタイミングで仕事を中断できるということでもあります。

そのため、子育てや介護などで急な離席が必要になっても差支えがなく、これまでそういった理由で仕事を辞めざるをえなかった方も、問題なく仕事を続けることができます。特に在宅勤務を認めてくれている企業の場合は、これまでの自分のキャリアを継続させることが可能です。

在宅勤務の4つのデメリット

在宅勤務にはメリットがたくさんある一方で、デメリットとして挙げられる要素もあります。

すべて自己責任になる

仕事の進め方や時間に関する要素の多くが自由になるということは、逆にいえば収入も時間管理もすべて自分次第であり、オフィス勤務以上に自己管理と自制心が必要となるということです。

これは一概にデメリットということはできませんが、常にある程度の仕事のパフォーマンスを維持しておかなければならず、月々の収入に直接影響が出てくる点は注意する必要があります。きちんと収入の目標を立て、毎日の業務時間の計画に落とし込むようにしましょう。

仕事時間が曖昧になりがち

同様に、しっかりと毎日の時間管理をしておかなければ、どうしても時間に関する認識が甘くなりがちなのが在宅勤務の特徴です。

オフィス勤務のように同僚や上司に見られているわけではありませんから、短い時間で気を抜いてしまうのがクセになってしまうと、納期前にもかかわらず仕事がほとんど終わっていないということにもなりかねません。

定期的に仕事のパフォーマンスを測定するなどして、生産性が落ちていないかチェックしましょう。

意思疎通が難しい

企業に所属して在宅勤務をしている場合や、チームで仕事をしている場合など、遠隔地のため双方の意思の疎通が図りにくいことがあります。

たとえネット回線で常にコミュニケーションができる状況だったとしても、双方の状況を詳細に把握することは難しく、情報の行き違いなどが発生することもあるでしょう。特に遠隔地にいる複数のメンバーでプロジェクトを回している場合などは、スムーズなコミュニケーションをするための工夫が必要となります。

セキュリティ上の問題がある

在宅勤務の場合、オフィス環境で仕事をする環境とは違って、情報漏えいのリスクが高まることもデメリットとして挙げられるでしょう。

仕事ではどうしても他者の個人情報を扱ったり、所属企業やクライアントの情報に触れたりすることが多くなります。在宅勤務でもそれは変わることはありませんが、自宅のセキュリティ環境は企業のオフィスよりも高いことはほとんどなく、そのため重要な情報が人為的なミスやマルウェアなどにより流出してしまう危険もあります。

可能性としては高くはありませんが、企業のオフィス環境よりもセキュリティ面はどうしてもぜい弱になってしまうことは注意しておきましょう。

以下の記事では、情報漏えい対策のポイントについて解説しています。

情報漏洩対策のポイントを徹底解説!【2017年最新データ】 | ボクシルマガジン
近年、急速により重要視されている個人情報の保護。そんな個人情報が漏洩するのをどのように防げばいいのか、また、漏洩し...

在宅勤務に多い仕事

それでは、在宅勤務で求人の多い仕事について、代表的なものを簡単に紹介しておきましょう。

データ入力業務

データ入力やテープおこしなど、パソコンを使って数字や文字を入力していく仕事は在宅ワークの定番といえます。未経験からでも従事できるため、幅広い層の在宅勤務者に人気の仕事です。

ライター

Webサイトに掲載する記事やメルマガなどの文章を作成するライター業務も人気の業務です。作成した記事数に応じて報酬が支払われるシステムが一般的であるため、文章作成能力が高ければ高いほど稼げる仕事といえるでしょう。

デザイナー

Webサイトのデザインやバナーの政策、あるいは名刺やチラシなどのDTPデザイン業務もあります。当然、それなりの専門知識とスキルが必要となりますが、在宅勤務として常に人気のある分野です。

プログラマー

在宅でのSE業務やソフトウェア開発に従事する方も多いです。企業に所属しながらプログラマーとして在宅勤務をしつつ、必要に応じてオフィスに出勤する契約で仕事をしている方も多いです。

CADオペレーター

CADを使った各種図面の作成や、設計業務に従事している方もいます。建築業界やインテリア業界、CG業界など幅広く活躍されているようです。

在宅勤務の代表的求人サイト

最後に、在宅勤務の案件が多いといわれている求人サイトをいくつか紹介しておきます。

PARAFT(パラフト)

PARAFTは、自律した個を尊重する企業・団体の求人情報と、世界に点在する多様な価値観を取り上げる情報記事の発信をコンセプトとした求人サイトです。在宅勤務に関する求人が豊富で、企業に所属しながら在宅勤務をしたい方やフリーランサーが求人を探すのに適したサイトです。

エンジニアの求人が多いですが、デザイナーや編集者など、さまざまな職種の求人が充実しています。

Remote Style(リモートスタイル)

Remote Styleは、デザイナーやエンジニアがフレキシブルな働き方を実現できる案件を紹介しているサイトです。週2日から可能な案件を専任でき、本業や他の案件を受けながらでも受託可能な案件を多数取り揃えています。

常駐スタイルのものもありますが、多くは自宅からでも請けられる求人がたくさんありますから、地方で暮らしながら仕事をしたり、常駐とリモートを組み合わせて仕事をしたりと柔軟なワークスタイルを実現できます。

Rework(リワーク)

Reworkは、リモートワークや時短勤務、フルフレックススタイルなど、新しい働き方の求人のみを紹介するWebメディアです。特にリモートワークの求人案件が多数紹介されており、フリーランサーを中心に人気を集めていますが、中途採用の社員として正式に採用することを前提に求人を出している企業も多くあります。

在宅専門で勤務するにせよ、将来的にオフィス勤務に移行するにせよ、柔軟な働き方のきっかけを与えてくれる案件が多数あります。

在宅勤務の特性を理解し、自分に合った求人を探す

在宅勤務の概要とリモートワーク、テレワークとの違い、そして在宅で勤務するスタイルのメリットとデメリットについて解説してきました。

冒頭でも述べましたが、最近ではアメリカを中心に在宅勤務をメインのワークスタイルに据える方が増加傾向にあり、日本でも積極的に取り入れる企業が増えています。これから在宅勤務をやってみたいと考えている方は、ぜひそのメリットとデメリットをしっかりと理解し、理想のワークスタイルを実現しましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ