小売業界向けERP7選 | 導入事例・メリットを解説

最終更新日:
小売業界向けERPのおすすめを導入事例もみながらメリットを解説し、主要7サービスの比較をします。ERP導入によって業務効率化、売り上げアップを目指し、経営資源の有効活用を実現しましょう。
データ分析ERP(基幹システム)

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ERPサービスの資料を無料DL

小売業界とERPの親和性は高い?

ERP(Enterprise Resources Planning)は、企業経営の基本となる経営資源(ヒト・モノ・カネ・時間・情報)の管理を最適化し、企業の基幹業務サポートをするシステムです。

小売業界に求められるERP上の機能は、店舗と通信販売〜ECサイトを統合した「販売管理」「在庫管理」「財務会計」「人事情報」「顧客管理」を企業ごとの環境や要望に応じ、柔軟な対応ができることといえます。

ECサイトも実店舗でも、小売業は商品の量・顧客の数が多い傾向にあるため、ERPを活用したデータ分析や整理は求められているものであり、親和性が高いといえるでしょう。

本記事では、ERPのメリットを説明したうえで、小売業界における導入事例・最適なサービス7選を紹介していきます。

ERP導入、3つのメリット

それでは、そのようなERPを導入すると、企業としてはどのような効果が得られるのでしょうか。

業務効率の向上

ERPを導入することで、企業活用に必要な「販売管理」「会計処理」「生産管理」「購買管理」「人事管理」「顧客情報」などのさまざまなデータを一元管理でき、格段に業務の効率化が進みます。

従来のシステムでは業務ごとに別れていたマスターデータ(製品や取引先)や取引データ(支払いサイトや仕入条件)などいくつもあったデータベースを「統合データベース」にして一元管理できます。

これにより、データを探す無駄な時間を省け、迅速な判断・意思決定につながります。

業務フローの一元管理

ERPでは、複数の業務分野をまたがり処理フローを提供しています。店舗で販売が行われた時に、「在庫情報」「会計処理」「顧客情報の更新」など、関連データの更新には整合性が必要になります。

ERPではこのデータの整合性をとりながらリアルタイムでデータベースの更新作業を行います。そのため、複数データにまたがった業務フローの一元管理が実現します。

経営資源の最適化

ERPを導入すれば、売上データのような計数データ、販売情報や入荷情報に関連する在庫情報や、店舗シフトや勤怠管理にかんする人事情報などの経営資源の配分状況が一目で把握できます。

それによりシフト変更や在庫・仕入れの変更、銀行からの借り入れなど、状況に応じた経営資源の選択と集中を素早く行えます。

ERP導入事例

それでは、小売業界のERP導入事例を紹介していきます。各企業の環境や要望に応じた柔軟な対応がどのように実現できるかのポイントを抑えつつ、解説します。

事例:菓子販売業A社

業種:食料品販売
事業内容:和菓子の製造・販売

課題:業務用端末のリプレイス

業務用端末を安定的な運用が可能なものに変えたいと考えていたA社はより低コストで導入可能なサービスを模索していた。その上で、大画面化により、操作性向上を考えていた同社は某ERPシステムを導入。

効果:低コストで高機能な業務用端末

低コストで導入ができただけでなく、大画面化による操作性向上も実現しました。また、同社は同サービスを活用して、店頭での顧客からの問い合わせにも即座に対応できるようにさらなるITシステム活用へとシフトすることを示唆しています。

事例:スポーツブランドB社

業種:小売販売
事業内容:スポーツアパレル・トレーニング、フィットネス用品・格闘技用品の販売

課題:状況把握と運用管理上の不都合

システム連携が悪く迅速な状況把握ができないことと、 運用管理の負荷増加が問題になっていました。

効果:システム一元化による処理能力の向上

これまで個別に導入していた販売管理システム、Webサイトのシステム、クレジットカードのシステムなど、あらゆるシステムが一元化されたことにより、業務処理にかかる時間を大幅に短縮できました。

特に、注文後の事務処理や掲載商品の入れ替えにかかる作業時間が5分の1に短縮されました。

小売業界におすすめのERP7選

最新の小売業界におすすめのERPを7つ、紹介します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ERPの資料を無料DL

クラウドERP ZAC

  • プロジェクトベースでの収支・工数管理が可能
  • 経営予測・経営モニタリング
  • 市販の財務会計システムと連携

クラウドERP ZACは、プロジェクト別の収支管理を中心としたERPです。案件・プロジェクトを軸にした販売・ 購買・勤怠・経費管理機能を備えています。これにより、「プロジェクト収支の見える化」「管理会計」「内部統制」「決算早期化」を実現できます。

市販の財務会計システムとの連携を可能にするため、シームレスに連携でき、小売業への導入もスムーズにできるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERP ZACの資料を無料DL

クラウドERP freee


  • 会計・人事労務のバックオフィス一元管理
  • 現場の業務・管理業務まで、全社で効率化実現
  • 経営状況を可視化し、意思決定の早期化を支援

クラウドERP freeeは、中堅企業向けのクラウドERPです。会計・人事労務領域のデータを一元管理し、業務効率化を実現します。人工知能を活用し、経理部門だけでなく、全社規模での経理・会計の業務をシンプルにします。また、内部統制の権限管理やワークフロー機能をあわせて利用することで、ミスや手間を減らせます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERP freeeの資料を無料DL

GEN(ジェン)クラウドERP

  • ノンプラグラミングで自由にカスタマイズ
  • 誰もが使いやすい機能と洗練されたUI/UX
  • 業種に合わせた7つのクラウドサービス

GEN(ジェン)は、バックオフィス業務を効率化する中小向けのクラウドERPです。

AI技術がノンプログラミングでのカスタマイズを可能にし、管理体系の変化や帳票の仕様変更も柔軟に対応できます。管理レベルは高く、運用ハードルは低くなるように複雑な仕様を一掃したことに加え、ECサイトのような親しみやすいUIを採用することで、多くのユーザーが満足する高い定着度を実現しました。現在は7つの業種にフィットするクラウドERPを提供しており、どんな業種でもほぼ思いどおりに利用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GEN クラウドERPの資料を無料DL

iDempiere(アイデンピエレ)

  • 必要な機能がすべて標準実装
  • 世界でも数少ない「オープンソースERP」
  • スモールスタートによる無理・無駄のない導入

iDempiere(アイデンピエレ)は、ライセンス料が無料で使用する事のできるオープンソースのERPです。商用のERPと比較しても機能的に見劣りしないほどの業務管理機能を提供しており、ERPに必要な機能はすべて標準実装されています。「低コスト導入」「低コスト運用」を実現し、無理・無駄のないスモールスタートを可能にします。また、多言語・多通貨に対応しているので、グローバルに使用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiereの資料を無料DL

CAM MACS(キャムマックス)


  • 低コスト導入
  • クラウドによる自社開発が実現する高い拡張性
  • 強固な情報セキュリティ機能

クラウドSaaSのERP CAM MACSは、企業の成長・発展に合わせてシステムを拡張できるクラウドERPです。販売・購買・在庫・EC・店舗・財務会計を一元管理し、それらすべて低コストでの導入が可能です。クラウド型によるセキュリティの危険性も、高い情報セキュリティ機能によって安心です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CAM MACSの資料を無料DL

NetSuite

  • 総合ソフトウェアパッケージによるソリューション
  • 海外展開への柔軟な対応とコスト削減化
  • 圧倒的な導入実績

NetSuite(ネットスイート)は、ビジネスの成長に合わせた拡張性やミッションクリティカルな業務プロセスの標準化を実現するために開発されています。企業は事業に集中し、迅速かつ的確に新たな市場機会に対応できるようになります。

NetSuite ERPは、高度な財務管理からサプライチェーン管理、請求プロセスなどの分野に至るまで、スピーディーな成長とイノベーション促進に必要なツールを提供します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

GRANDIT

  • 日本初コンソーシアム方式Web-ERP
  • 統合オールインワン環境と優れた拡張性
  • ニーズに合わせて選択可能な導入形態

GRANDITは、複数企業がコンソーシアム方式で集まり、日本企業の使い勝手を考慮して開発されたWeb-ERPです。

製造・販売・調達在庫はもちろん、経理・資産・経費、債権・債務、人事・給与にいたるまでのオールインワンシステムを実現し、あらゆる規模のあらゆる業種に対応する柔軟性、拡張性も備えています。

SaaS型のみならず、企業ニーズに合わせてIaaS・PaaS・オンプレミスでの環境構築も可能、スマートデバイス対応で時間と場所を問わず、あらゆるデータにアクセス可能です。

ERPを導入し、小売業界の無駄をなくそう!

これまで説明してきたとおり、ERPは企業の経営資源の管理を最適化し、企業の基幹業務をサポートするシステムを指します。データを一元管理することで、小売業界での無駄をなくし、データ分析やデータ整理にもつなげられます。

ぜひこの機会にERPシステムの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

ERPの人気記事ランキング

ERPとは | 導入メリット・デメリット - クラウド製品&システム徹底比較 | ボクシルマガジン
ERPは「Enterprise Resource Planning」の略で、経営・業務資源計画を意味する単語です。...
顧客情報管理はなぜ必要?名刺管理ツールでセキュアに収集・共有を進める方法 | ボクシルマガジン
競争の激しい現代では顧客情報管理がビジネス成功のカギを握っており、それを実現するための名刺管理ツールが注目されてい...
ERPパッケージとは | 概要やメリットを解説 - クラウド19サービス比較 | ボクシルマガジン
ERPパッケージとは、従来バラバラだった業務システムを統合し、一括管理するパッケージです。ERPパッケージのメリッ...
ERPシェア・市場規模 | 世界調査と国内最新動向・注目クラウドサービスも紹介 | ボクシルマガジン
クラウドERPが大きな注目を集め、企業の基幹システムとして不可欠なものとなりましたが、その市場規模やERPシェア・...
ラインオブビジネス(LoB)とは | ERPとの違い・導入のメリット | ボクシルマガジン
LoBとは、「企業が業務をするうえで主要な、基幹アプリケーション」という広義な意味を持っています。LoB自体の詳し...
基幹システムのクラウド化 - 再構築や移行時の課題と導入事例 | サービスも紹介 | ボクシルマガジン
基幹システムは社内に存在する情報を共有し、ITによる統制を可能とします。近年は基幹システム再構築にあたってクラウド...
NetSuite(ネットスイート)の導入事例、基本機能・使い方 | クラウドERP解説 | ボクシルマガジン
「NetSuite(ネットスイート)」は、ERP、財務会計、CRMといった機能を持つクラウド型業務アプリケーション...
クラウドERPのNetSuite・ZAC・SuperStreamを徹底比較 | 評判・機能・価格 | ボクシルマガジン
バックオフィスの業務効率化を実現するERPはクラウド化が急速に進んでおり、オンプレミスからの移行も進んでいます。ク...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社オロ、株式会社デジタルスフィア
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事