Article square balloon green
2015-10-20

「ビッグデータ」「データデータマイニング」現代の企業が求めるスキルをアピールする資格【データ解析士】

データ分析データマイニングツール
Large

はじめに

日々ビジネスパーソンに役立つ情報を発信しているボクシルマガジンですが、今回スポットライトを当てるのはデータ解析士という資格です。

あまり聞きなれない資格ではありますが、今最需要のある資格のようです。それでは見ていきましょう。


データ解析士視覚が必要な理由

企業が日々蓄積している膨大な情報はビッグデータと呼ばれ、企業のサービス向上や業務効率化において現在最も重要視されているものの一つです。

ERPなどビッグデータを自動的に集計し解析するシステムも普及していますが、やはり最終的にビッグデータを企業にとってより有益のなものにするのは人間の頭脳であり、データ解析士はこの頭脳を有している者であることの証明なんです。


データ解析士の概要

正式名称は統計データ分析士であり、一般的にはデータ解析士として知られています。
統計科学研究所が運営している資格であり、日本国内における統計学教育の促進が目的とされ、データ解析士の資格が発足しました。


開講講座に関して

講座に関しては統計学の権威がオープンに行っており、少人数での受講となるので統計学を一から学びたいという人にはお勧めできます。
特にビッグデータが注目されている現代、データ解析の分野に自身の進むべき道を見出している人も多いのではないでしょうか?

社会人学校のような雰囲気で受講できることから人気を集めている講座でもあります。

こちらに講座受験までの流れがこちらにまとまっています。
参考にご覧になってみてください。

参考サイト:文部科学省認定 社会通信教育 多変量解析実務講座


データ解析士の試験内容

データ解析士の資格は1種、2種、3種とわかれており、それぞれに異なる試験内容が設けられています。
3つで共通しているのはまず習得科目の認定、レポート提出、口頭試問となります。

試験内容の詳細は以下のサイトから確認できますので、ご覧になってみてください。

参考サイト:みらい資格.net データ解析士 試験内容


習得までの期間と魅力

かなりの量の取得科目がありますが、習得期間はおおよそ4カ月程度です。

データ解析に関わる基礎を学べる他、グラフの作成方法やデータ解析の手法など、ビジネスシーンにおけるデータ解析を学べるのはかなり魅力ですね。


資格の難易度

データ解析士の難易度は、講座の受講を怠らなけらばさほど難しい資格ではないようです。
データ解析の知識がまったくない状態からでもチャレンジできる資格なので、しっかりと学習していけば誰でもデータ解析士としてビッグデータの解析等を行えるようになります。

ちなみに第1種に関しては、第2種を取得している人でないと受講資格がないので、データ解析士資格取得を目指す人はまず第2種から目指すのがいいようです。


まとめ

試験は随時行われているので、いつでも資格取得に向けての勉強を始めることができます。
「何かスキルアップしたい」「今の時代に沿った資格が欲しい」というビジネスパーソンにはおすすめできる資格ですね。

今後さらに加速するビッグデータの解析、データ解析士の資格を取得し、データ解析のスキルを見せつけアピールすることで企業からの評価が上がることは間違いないでしょう。


ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事