Article square balloon green
2018-05-16

5月病とは?こんな人がなりやすい!注意すべきチェック項目や対策方法

入社から1か月を過ぎ、やる気が起きない、よく寝れないなどの症状が気になる新入社員が、病気なのでは?と思う頃。現に今「やる気が出ない…」と感じていませんか。自分の症状が5月病に当てはまるかのチェック方法や対策、予防方法、また5月病になった場合の対処法を解説します。
その他その他ビジネス
Large

5月病はさとり世代が陥りやすい?

1990年代生まれのさとり世代は、5月病になりやすいと言われています。

なぜならこのさとり世代とは、「夢を見ることをせず現実主義」や「ストレスを感じやすい」といった特徴があると言われており、実は5月病になる原因を複数抱えているからです。

そこで、「この時期にやる気が出ないのは5月病のせいかも?」と感じるあなたに向けて、5月病のチェック方法や対策・予防方法、また5月病になった場合に絶対に知っておくべき対処法を解説します。

5月病にかかりやすいさとり世代の5つの特徴

現実主義でストレスを感じやすいさとり世代は5月病に陥りりがちです。まずは自分がさとり世代に当てはまるのか、もう少し詳しく特徴を見て判断しましょう。

一般的にさとり世代の特徴として、以下の5つが挙げられます。

欲求があまりない

さとり世代の多くは「高級車が欲しい」や「高級腕時計が欲しい」などというような、物欲がない傾向にあります。

これは物欲だけに限らず「彼女または彼氏もいらない」といったように、異性に対して消極的な面もあるため承認欲求なども強くないのが特徴です。

アウトドアよりもインドア派

「休日には外出して遠出しよう!」という考えがさとり世代には多くありません。基本的には家でスマートフォンやパソコンを使って時間を過ごすことを好み、旅行などの遠出は好まない傾向にあります。

これは、さとり世代が生まれた時にはすでにインターネットが普及しており、自宅での過ごし方に慣れてしまっているからといえます。

夢を見ず現実的

最近では「ミニマリスト」という言葉が流行っているように、必要以上にモノを持たない生き方をする人が増えています。

物自体にあまり価値を感じないこともあり、ブランド品や高価な物に興味がわかないため、使い勝手のいいものを選ぶ傾向があります。

その結果、「〇〇になりたい」という夢を持つことさえも辞めてしまい、自分の身の丈に合ったことを考えるような傾向があります。

無理に努力をしない

「絶対に一番になる」という強い思いを持った人が少ない傾向にあり、多くが平均的であればいいという考えを持っています。

また、就職氷河期を経験しているということから、努力は必要最低限に抑えようとする傾向が見られます。

結果にコミットする

前述のように、さとり世代は過程よりも結果が重要であることを理解しています。

就職活動において、いくら過程がうまくいっていたとしても最終的に内定を勝ち取れなければ意味がないことを知っているので、どのようなことでも結果にコミットする傾向があります。

そのため、IT関連のビジネスをしている20代では、すでに年収1,000万円以上を稼ぐ人も数多くいます。

そもそも5月病とは?こじらせるとうつ病にも!

5月病という言葉はよく耳にしますが、そもそも5月病とはどのような症状で、何が原因なのか?ということをきちんと知らない人も多いのではないでしょうか。

そもそも5月病は、5月に限って起こるものではありませんが、多くの方はゴールデンウィーク明けごろから強い倦怠感や脱力感に襲われ、朝起きれなかったり、やる気が出なかったりという症状が出ることからこのような名称が主流となっています。

5月病になりやすい方はうつ病にもなりやすく、悪化するとうつ病になる可能性もあるため、あまり軽視してはいけません。

多くの場合には日ごろの慢性的なストレスや過労により起こってしまうため、原因を解明し、改善しないことには症状は悪化してしまいます。

5月病の代表的な症状とは!当てはまるかチェック

5月病の症状は大きく分けると、「こころに表れる症状」と「体調に表れる症状」の2つに分けられます。

こころに表れる症状

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 何かに追われているような不安な気持ちになる
  • いろいろなことが気になってしまい落ち着かない
  • やる気が出ず行動したくない
  • ぼーっとしてしまい判断力が低下する

体調に表れる症状

  • ずっと体がだるい
  • 寝ても寝ても疲れが取れない
  • 食欲がない
  • なかなか夜寝付けずに夜更かしがち
  • めまいがする

5月病予備群かどうかを5つのチェック項目で診断

もし自分自身が「5月病なのでは?」と感じるような体調や心の症状が現れた際には、自分が置かれている環境や状況を冷静に分析してみましょう。

もし以下のような状態や環境が長く続いているようであれば、それは5月病予備群の可能性が高いので注意が必要です。

  • 残業が多い
  • 悩んだり愚痴があっても人に言えない
  • 運動していない
  • 食事が不規則
  • 寝るのが遅い

もしこれらの項目から3つ以上当てはまっているのであれば要注意です。その状態が長く続いてしまうと最悪の場合うつ病にまで発展してしまう恐れがあるので、早めの状況改善が必要です。

5月病の予防・対策方法

もし自分自身が5月病だと思ったら、早くから意識して予防することが大切です。少しでも疑いがある場合には無理をすることなく、予防と対策をするようにしましょう。

以下では、具体的にどのようなこころの対策・環境の対策をするべきかを紹介します。

こころの対策

できるだけストレスを溜めない

うつ病も5月病もストレスにより症状を引き起こすことがあります。そのため、日ごろの生活や仕事の中で可能な限りストレスを溜め込まないように、発散できるようなものをなにか見つけるようにしましょう。

バランスの良い食事を心がける

食事と身体と心は密接につながっているので、特にセロトニン分泌量の増加に効果的な食事を心がけるようにしましょう。特にトリプトファンが含まれる肉・魚・大豆類はセロトニンの材料になるものであるため、食事の中で積極的に取り入れるようにしましょう。

ゴールデンウィークの過ごし方に気をつける

ゴールデンウィークに羽目を外しすぎて遊びすぎると、その反動で体が疲れると同時に、いつもどおりの時間の過ごし方とのギャップで心が病んでしまいかねないので、ゴールデンウィークの過ごし方も一つの注意するポイントです。

環境の対策

残業をしない

残業をするのが当たり前になっている方は特に注意が必要です。慢性的な疲労は5月病やうつ病の原因になるので、「残業は週に何回まで」というようにルールを設定して仕事をすることで、体に負担をかけすぎないようにすることが大切です。

早寝早起きをする

朝早く仕事に行って夜遅くに帰ってくるという生活リズムでは、いつか身体に限界がきてしまいます。そのため、できるだけ早寝早起きができるような生活リズムを作れるようにしましょう。

セカンドプレイスを作る

自分の所属する場所を会社だけに限定してしまうと、会社で問題が起きてしまった際に、心の拠り所が無くなってしまいます。そのため、自分の所属を会社以外にも作っておくことで、社会とのつながりを感じられるため、セカンドプレイスを意識的に作るようにしましょう。

5月病は深刻化する前に対処しよう!

5月病はさとり世代が陥りやすく、その症状は悪化するとうつ病にまで発展してしまいます。

今回、5月病予備群かどうかを診断する5つのチェック項目で3つ以上該当してしまった方も多いのではないでしょうか?

しかし、3つ以上該当したからといってすぐに焦る必要はありません。対策さえすれば悪化する心配もなく、従来のやる気を取り戻すことも可能です。

そのためには前述のように、適切な対処方法を用いて早急に対処することが重要です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事