Windows10のタスクバーカスタマイズ方法まとめ | 非表示隠す・位置変更・便利設定

公開日:
Windows10のタスクバーをカスタマイズしてPCを使いやすくするには?タスクバーは位置を変えたり非表示にしたりと設定の自由度が高く、これまで以上に便利で快適な設定に変更できます。 生産性を何倍も高めるカスタマイズ法4選を紹介します。
経営企画・マーケティング

意外に自由、Winodws 10のタスクバー

Windows 10ではタスクバーに多少の変更点はありますが基本的な機能は変わらず、これまで慣れ親しんだタスクバーを利用できます。

しかし、以前のOSを長年利用しているほど微妙な変化が気になり、「タスクバーが使いづらい」と感じる方もいいでしょう。

そんなときは、タスクバーをカスタマイズすればいいのです!

Windows 10のタスクバーはカスタマイズの自由度が高いので、やり方によってはこれまで以上に快適なタスクバーを作ることができるかもしれません。

そんな使いづらいと感じるタスクバーを何倍も便利にするカスタマイズ法4選を紹介していきます。

Windows 10大型アップデート情報まとめ | 新機能・変更点・不具合【最新版】 | ボクシルマガジン
2018年10月2日、最新バージョンOctober 2018 Update(バージョン1809)が提供開始されるも...

タスクバーを何倍も便利にするカスタマイズ方法

(1)タスクバーの位置を変える方法・手順

デフォルトでは画面下部にあるタスクバーですが、実はこの位置を自由に変えられるのです。

まずはタスクバーで右クリック>「タスクバーを固定する」をクリックしてチェックをはずします。

するとこれまで動かせなかったタスクバーが、ドラッグをする要領(マウスで左クリックをしたまま動かす)で移動できるようになります。

移動後再びタスクバーで右クリック>「タスクバーを固定する」をクリックしてチェックを入れましょう。

タスクバーを移動すると初めは慣れないかもしれませんが、上部にしておくとブラウザのタブ切り替えもアプリケーションの切り替えも上部でできるので意外と便利かもしれません。

(2)タスクバーを非表示にする方法・手順

現在利用しているデバイスの画面が小さかったり、表示される領域を拡大したいのならタスクバーを非表示にしてしまいましょう。

手順はタスクバーを右クリック>「プロパティ」をクリック>プロパティが表示されたらタスクバータブの「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れる>最後に「適用」をクリックするとタスクバーを非表示にできます。

試してみると適用をクリックした瞬間からタスクバーが非表示となり、「えっ、どうやったら表示できるの!?」とあたふたしますがカーソルをタスクバーの位置に持っていけば表示されるので安心しましょう。
タスクバー以外の領域をクリックすると再び非表示となります。

完全に非表示となるわけではないですが(完全に消えたら困ります)、タスクバーの位置にカーソルと持っていかない限り表示されないのでこれまでより広い画面を楽しむことができます。

タスクバーをスッキリさせる方法・手順

デフォルトで利用している場合、タスクバーがごちゃごちゃしていて何だか使いづらくはないですか?
そんなときは不要なアイコンなどを非表示にしてタスクバーをスッキリさせましょう。

クイック起動を非表示にする

タスクバーを右クリックして「プロパティ」をクリック>プロパティが表示されたらタスクバーで「クイック起動を表示する」のチェックを外す>最後に「適用」をクリック。

これでタスクバー左部にあったクイック起動のアイコンが非表示となり、タスクバーが少しスッキリします。

デスクトップから起動すれば必要ないので、気にならない方は非表示にしておきましょう。

システムアイコンを非表示にする

システムアイコンとはツールバー右部にある時計、ボリューム、ネットワーク、電源などのアイコンです。

タスクバーを右クリックして「プロパティ」をクリック>プロパティが表示されたら通知領域タブで任意のアイコンのチェックを外す>最後に「適用」クリック。

システムアイコンの表示は何一つ必要ないという方はツールバーをかなりスッキリさせることができます。

ツールバーを非表示にする

タスクバーにアドレスバーが挿入されている場合など、ツールバーの設定変更で非表示にすることができます。

タスクバーを右クリックして「プロパティ」をクリック>プロパティが表示されたらツールバータブで任意のツールバーのチェックを外す>最後に「適用」をクリック。

アドレスバーなんか挿入されているとかなり場所を取られるので不要なら非表示にしておきましょう。

「7+Taskbar Tweaker」を利用する

「7+ Taskbar Tweaker」は、Windows 10を公式サポートしているタスクバーの機能を拡張してくれるプログラムです。

このプログラムで出来ることはタスクバーの空白部分でをクリックした際の動作を変更したり、タスクバーに表示されているアプリケーションをグループ化する方法の変更などができます。

カーソルをタスクバーに合わせるとマウスのホイールで音量を調節できるなどの変更もでき、タスクバーの利便性が格段に上がるのでおすすめです。

日本語化もされているので安心して利用できます。

「7+ Taskbar Tweaker」 日本語対応版セットアップファイル
※クリックするとダウンロードが開始されます

タスクバーを何倍も便利にするカスタマイズ法4選のまとめ

デフォルトでも自由度の高いWindows 10のタスクバー、最後に紹介した7+ Taskbar Tweaker 日本語対応版を利用するとより高度なカスタマイズが可能ですね。
これで使いづらいタスクバーとはもうさよならです。

また、次のページに番外編でその他のWindows10に関するTipsを紹介した記事21選をまとめていますので、そちらも是非ご覧ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事