Article square balloon green
2019-03-19

女性におすすめ転職エージェント比較ランキング - 20代〜40代年代別にポイントを解説

女性の就業率が高まり、生涯正社員として働く女性も増えてきています。女性のキャリアはライフイベントに左右されやすく、ワークライフバランスを実現した働き方を求める女性も多くいる一方で、キャリアアップを目指して思いっきり働きたい方もいます。 労働力不足が問題になる現在でも、事務職は女性にとって人気の職種に変わりなく、転職には信頼できる転職エージェントのサポートが必要です。 本記事では女性の転職事情について説明し、おすすめの転職エージェントや転職サイトを紹介しています。転職を希望する女性は必見です。
求人・転職情報
Large

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

知っておきたい女性の転職事情

女性が働く環境が改善され就業率も高まってきました。しかし、女性が転職を考えるきっかけは昔からあまり変わっていません。

出産や育児、介護などに対する会社の理解やそれを支える制度の有無、夫の転勤、キャリアアップへの不安など、女性が転職を考えるタイミングは何度か訪れ、男性とは違う転職事情の中で、働きづらさや将来への不安を解消するために転職を選ぶことがあります。

M字カーブとは|理由・対策・現状・国別比較 - 女性の労働力率向上 | ボクシルマガジン
女性の労働力率をグラフ化した際、出産・育児を迎える30代で減少するMの曲線となることをM字カーブといい、結婚を含め...

女性の転職に心強いおすすめエージェント

転職を決めたら、まずは女性の転職に特化した転職エージェント・転職サイトに登録することをおすすめします。

数ある転職サイトから自分に合ったサイトを選ぶには、理想の職場環境譲れないポイント(希望条件)いつまでに転職したいか(転職期間)を明確にしておくと選びやすいでしょう。

ここで紹介するサイトは、一人の転職希望者に対して選任の担当がつくサポート型の転職サイトです。転職相談から企業紹介、応募先での面接同行など、不安になりがちな転職をサポートしてくれるため、忙しい女性も利用しやすくなっています。

マイナビ転職 女性のおしごと&マイナビエージェント

>>>マイナビ転職 女性のおしごと&マイナビエージェント公式サイトをチェックする<<<

  • 一人ひとりに丁寧なサポート
  • 第二新卒や20代層向けの求人が多い
  • 中小企業の求人に強い

人材系大手企業のマイナビは「女性のための人材紹介サービスWomanwill」で女性の転職支援、「マイナビエージェント」ではエージェントからのサポートが受けられます。

他社に比べて登録者が少ない分、転職者にかけられる時間も多く、担当者が丁寧にアドバイスとサポートが期待できます。また、営業職、人事、経理などさまざまな求人紹介を受けれることも特徴です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

リクルートエージェント&とらばーゆ

>>>リクルートエージェント公式サイトをチェックする<<<

  • 知名度・求人数・実績No.1
  • 20歳~30代半ばの女性が多数利用
  • 年収や条件の交渉力が強み

業界最大手のリクルートは、女性の転職支援サイト「とらばーゆ」とエージェントサポートサイト「リクルートエージェント」を運営しています。リクルートのブランド力が後ろ盾となり、キャリアアドバイザーは企業と対等な交渉力を持っています。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

リブズキャリア

>>>リブズキャリア公式サイトをチェックする<<<

  • 年収400万円以上の求人を紹介
  • 20代半ば~30代女性を中心に仕事を紹介
  • 育児ママ層も多数登録

LiBが運営する「リブズキャリア」は、キャリアやスキルのある女性をターゲットにしたキャリア女性特化型の転職サービスです。
ワークライフバランスを実現した職場の提供だけでなく、年収アップ・時間単価アップ・未経験へのチャレンジ・復職の4つの約束を掲げており、高い顧客満足度を保持しています。

RUNWAY(ランウェイ)

>>>ランウェイ公式サイトをチェックする<<<

  • すべての求人が未経験者歓迎
  • 若い層向けの販売、事務、美容業界の仕事が多い
  • 求人エリアは首都圏のみ

アウローラが運営する「ランウェイ」は、社会人・業界未経験の女性向けの就職支援サービスです。求人数は少なめですが、主に20代向けに経験やスキルではなく、意欲や価値観などのパーソナリティを基準に仕事の紹介をしています。

Woman Career(doda)

>>>Woman Career公式サイトをチェックする<<<

  • 管理職などの高収入案件あり
  • 転職者に寄り添った手厚いサポート
  • キャリアアップ志向の若手女性に特化

人材業界2位のパーソルキャリアが運営する「Woman Career」。キャリアアップしたい女性をターゲットに、希望に合わせて求人を紹介しています。求人数は少ないですが、高収入、ワークライフバランスの実現など良案件を揃えています。また手厚いサポートで満足度の高いエージェントです。Woman Careerの親サイトであるdodaにはさらに多くの求人が掲載されています。

ウィメンズワーク/エン転職WOMAN&エンエージェント(エン転職)

>>>ウィメンズワーク公式サイトをチェックする<<<

  • オフィスワーク・事務職の求人率が高い
  • 正社員からパートまで幅広い雇用形態を掲載
  • シンプルでわかりやすいデザインの検索サイト

エン・ジャパンが運営する女性専用の転職サイト「ウィメンズワーク」は未経験OKの求人も多く、「エン転職」の姉妹サイト「エン転職WOMAN&エンエージェント」は、エン転職に集まる女性向け求人だけを掲載しています。

パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトをチェックする<<<

  • 外資・大手企業の求人が多い
  • 第二新卒から管理職までキャリアアップをサポート
  • 理系職種の転職も対応

パソナキャリア」の女性専用転職サイト「ウーマンキャリア」。20代~40代の女性のライフステージに合わせた仕事を紹介しています。管理職や高収入案件もあり、大手企業の求人が多くあります。

スマートキャリア

>>>スマートキャリア公式サイトをチェックする<<<

  • 主婦層に特化した転職サービス
  • 求人エリアは首都圏のみ
  • 高時給の時短勤務を多数紹介

ビー・スタイルが運営する「スマートキャリア」は、管理職や専門職を経験した主婦層向けに、時短勤務ながら高時給の仕事など、女性のライフステージに合わせた求人を紹介しています。

自分でマッチする企業を探す求人型転職サイト

ここからは自分の希望条件に合わせて企業を探していくタイプのおすすめ転職マッチッングサイトを紹介していきます。

日経ウーマンキャリア

  • 日経ウーマンオンラインと強力タッグ
  • 大手転職サイトから求人を多数紹介
  • 転職お役立ち記事が満載

日経HRが運営する「日経ウーマンキャリア」。日経が厳選した女性向けの仕事を多数掲載しています。全国エリアのあらゆる職種を効率よく探せるサイトです。

はたらこindex

  • サイトへの会員登録が不要
  • 事務系の求人が多い
  • 求人掲載件数多数

はたらこindex」は、バイト情報の「バイトル」を運営するディップが提供する女性向け転職サイトです。事務職を中心に、販売や軽作業まで、幅広い職種を紹介しています。

特定の業種に特化した転職サイト

しゅふJOBパート

  • 主婦層向けパート・アルバイト情報
  • 求人情報は毎日更新
  • こだわり条件で簡単検索

しゅふJOBパート」はスマートキャリアと同じ会社が運営している主婦層向けの求人サイトです。雇用形態が正社員ではなく、パートが多いので注意が必要です。

アイデムスマートエージェント

  • 女性営業職に特化
  • 親身で丁寧なサポート
  • 20代~30代前半向けの求人が豊富

アイデムスマートエージェント」は、求人広告を手掛けるアイデムが運営する転職サイトです。販売を含む営業職に特化し、未経験歓迎の仕事も多数あります。東京、名古屋、大阪にオフィスがあり、東名阪中心に仕事を紹介しています。

女性が転職したいと思うとき

女性が転職を考える、実際によくある転職理由について紹介していきます。現在転職すべきかどうか悩んでいる方は、どれに当てはまるのかを確認しておきましょう。

ワークライフバランスへの認識の齟齬

ワークライフバランスは政府が支援していることもあり、制度の充実など職場環境は改善されてきています。

しかし女性と男性では、出産や育児などのライフイベントに対する認識や、仕事への影響度がいまだに大きく異なります。今までの慣習から、女性のほうがライフイベントを機にワークライフバランスが取りづらくなり、転職を考える一因になってしまっているのが現状です。

キャリアアップ志向

アベノミクスで女性の活躍が注目されている中でも、団塊の世代やそれ以上の世代では、女性は家で家事をし、男性を支えて過ごすことが美徳だと考えている方も多くいます。

そういった思想が強く浸透している会社では、バリバリ働き、キャリアアップしたいと考えている女性は働きにくく、転職という言葉がちらつくことでしょう。

夫の転勤

これは上記2つとは異なり、ライフイベントがストレートに現れる例です。夫婦の場合、夫の転勤が決まれば妻である女性も転勤先についていくという選択も起こり得ます。

転勤は内示から赴任までの時間が短く、新居探し、引っ越しの準備、子どもの転校手続きだけで精一杯になってしまいがちです。そのような慌ただしい状況で転職先を見つけることは難しく、一旦退職してから新天地で仕事を探す方法を選ぶ女性が多いのが現実です。

結婚・出産

結婚や出産などのライフイベントは転職に関わらず、女性にとって仕事を続けるか否かを見つめ直す大きなきっかけとなります。

女性はライフイベントの影響を大きく受けるので、ライフスタイルを変えなければいけなくなり、今までと同じように働くことが難しくなります。ライフスタイルを変えても働ける会社かどうか、制度が整っているかが転職の判断ポイントとなります。

グローバル志向

上記以外でも、仕事に精を出し心身を注いで働いてきたキャリアウーマンの方なら、海外で働きたいと考えることも十分にあり得ます。

そのようなときに海外支店がない企業やグローバル志向のない企業だと、本当にやりたい仕事ができないことに気づき、転職へのきっかけになるでしょう。

海外求人を探せる転職サイト・エージェントおすすめと働く注意点 | 語学不問や未経験まで | ボクシルマガジン
海外就職のハードルは大きく下がりつつあり、グローバルで働きやすくなりました。「転職を考えているが英語が話せない」と...

「女性の転職」の難しさ

転職を望む女性は増えていますが「女性の転職」が簡単でないということも事実です。その妨げになっている要因について説明していきます。

あらゆる職種で進む機械化

昨年三大メガバンクは、AI(人工知能)を活用して今後10年間で窓口業務など3万人分の業務を削減すると発表しました。

近年進むAI化により、単純労働だけでなく豊富な知識や精密さが必要な仕事でさえ、AIに代わられ始めています。機械化される仕事は、女性に人気が高いバックオフィス業務など事務職に多く、仕事自体が少なくなるため転職が難しくなります。

AI(人工知能)のビジネスモデル | データ分析活用、売上向上の事例を解説 | ボクシルマガジン
AI(人工知能)技術を自社の戦略やサービスに活用している事例を紹介しながら、長期的な利益に結びつくビジネスモデル構...

求められる付加価値

転職では、新卒入社と違って即戦力を期待されます。そのため、前職で身につけたスキルや経験などの付加価値を求められることがあります。

女性に人気の事務職にも専門性が求められるので、資格取得を応募条件にしている会社もあります。

社会人おすすめ資格7選 | ビジネススキル・転職に直結する資格とは - 取得のポイント | ボクシルマガジン
社会人におすすめな資格取得の基本を解説!近年、社会人の資格取得への機運が高まっています。人気の資格を取ることで自身...

【年代別】女性の転職のポイント

女性は、男性以上に結婚、出産など人生のライフステージによる変化が大きいものです。したがって年代によって転職で大切になるポイントも大きく変わります。

20代女性の転職のポイント

女性の20代といえば、これから結婚や出産など大きなライフイベントを控えているケースが多いものです。大きなライフイベントを機会のジョブチェンジやキャリアチェンジを視野に入れることも多いでしょう。

ポテンシャルを重視される年齢なので、こうした人生の変化を視野に入れて、「仕事を中断しても再開できる」「自らのスキルで仕事をしていける」といった仕事を視野に転職することがポイントになります。

30代女性の転職のポイント

晩婚化が進む現代では、30代女性もこれから結婚・出産という大きなライフイベントを控えるケースも少なくありません。

しかし、20代と大きく違うところは、「経験や実績が重視される」という点です。30代の場合、企業での経験もある程度経たうえでの転職となるため、実績や経験を踏まえて希望する条件などをキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進める必要があります。

40代女性の転職のポイント

一般的に40代以降の転職は難しいと言われています。しかし、40代以降の転職も決して不可能ではありません。企業が条件として求めていることを満たせば転職は可能です。

また、マネジメント経験などが豊富な場合は、その経験を生かして転職することは十分可能です。キャリアアドバイザーは、自覚していない自分の価値に気づいて求人を紹介してくれることもあります。ぜひ相談してみましょう。

「女性の転職」注意したいポイントは?

転職の際に知っておきたいポイントをまとめて紹介します。転職希望の方はぜひ参考にしてください。

転職サイトはどう選ぶ?

看護師や保育士など特殊な職業を志望するわけでないなら、まずは大手の求人サイトを見て、興味のある職業を見つけてみましょう。

まだ考えがまとまっていない場合や、転職アドバイザーと相談しながら進めたい場合は、エージェントサービスのあるサイトを選ぶとサポートを受けられます。

エージェントに会う前に考えておきたいこと

どのエージェントにするにしても、自分のキャリアプランを考えておくことが重要です。

前述したように女性は男性よりもライフイベントの影響を受けやすいので、細かく決めないまでも「出産したら時短勤務で働きたい」「子どもが7歳になったらバリバリ働きたい」など、転職先に対して具体的なキャリアプランを持っておくことをおすすめします。

自分がどこまでキャリアアップしたいのか

転職を考える女性の中には、ライフイベントをいくつか経験した方もいるでしょう。社会人経験を経て自己分析も深まった今、あらめてキャリアのゴールをどこにするのか考える良い機会です。マネジメント職を目指すのか、目指すのであればどのレベルまで目指すのか、あるいは専門性を追求していきたいのか、事前に決めておきましょう。

海外で働きたいという志向はあるか

海外で働きたい方は、外資系やグローバル企業がに転職するのがいいでしょう。国内にしかオフィスがない企業や、グローバル志向がない企業に転職すると、海外で働くのは難しいでしょう。

ライフイベントのフェーズについて

結婚や出産、育児、夫の転勤、介護などライフイベントのフェーズで、仕事をどうするのかある程度決めておきましょう。

上記以外にも突発的なライフイベントが出てくるかもしれません。女性はライフイベントに左右されやすいので、事前に決めておいた方がライフイベントを楽しみながら働けます。

担当エージェントについて

転職において最重要ともいえるのが担当エージェントの存在です。能力はもちろん、性格的な相性も大切になってきます。転職という人生を左右する決断に際してふさわしいサポート役を見つけましょう。

エージェントとの相性は見極めるべき

担当エージェントには「転職」という人生の転機を任せるので、信頼関係が築ける相手か、しっかりと見極めなければいけません。

そしてもし相性が合わないと感じたら、遠慮せずに担当を変更することが大切です。変更したい理由は隠すことはありません。「話を聞いてくれない」、「希望条件に合わない求人ばかり紹介する」、「態度が高圧的」など、ちゃんと理由を伝えましょう。

正当な理由がなければ、エージェント側も「転職希望者のわがまま」と判断し、あなたの人間性に悪印象を持ち企業に紹介することを躊躇してしまうかもしれません。

自分から頻繁に連絡を取る

担当エージェントから仕事の紹介がなくても、2週間に1度以上は連絡しましょう。転職エージェントの多くは、最終連絡日が古いと「転職済」もしくは「転職意思なし」と判断します。

最終連絡日の直近の人から仕事を紹介するので、頻繁に連絡して記録される「連絡日」を更新してもらいましょう。

嘘をつかない

エージェントでの面談、登録内容は記録に残ります。

履歴書や職務経歴書はもちろんですが、転職理由など嘘を書かないでください。調査をする場合もありますし、本当のことがわかったときに虚偽報告をするモラルのないリスキーな人材と判断され、貴重な案件の紹介の機会を逃してしまうかもしれません。

推薦書は確認する

多くの転職エージェントでは、担当が1,000文字以内の推薦書を書いてくれます。しかしこの推薦書の作成レベルは、担当者によって大きく差が出ます。

単なるミニ履歴書になるのか、採用のひと押しをする推薦書になるのか、事前に確認させてもらいましょう。「面接のときに相違があっては困るので」と付け加えれば、嫌味なくお願いできます。

ひとつの企業に複数応募しない

複数の転職エージェントが、同じ案件を紹介することはよくあります。しかしひとつの案件に複数のエージェントから応募しないでください。

必ず応募先企業から、複数のエージェントに登録していることが伝わります。「応募した仕事も管理できない人」、「社会的モラルのない人」と認定され、企業には悪印象を与えてエージェントとの信頼関係は崩れてしまいます。

転職を考えているあなたへ

女性は結婚や出産が30歳前後であることから、長らく「30歳転職限界説」が定説でした。しかし、共働きが主流となって生涯働き続ける女性が増えてきた今、30歳を超えての転職も増えてきました。

プライベートやライフステージの変化、現職の雇用条件によって「転職したい」と考えることは自然なことです。経験の有無、ブランク、年齢といった不安要素に捕らわれず、振り返ったときに「あのときに転職してよかった」と思えるように冷静に判断してください。

転職では情報弱者にならないことも重要です。自分にあった転職エージェントと出会えると、とても心強い存在になるので、迅速性、情報量、客観的アドバイス、サポート力を頼りに、できる限り希望に近い仕事を見つけて新たな明るい人生の一歩を踏み出しましょう。

「希望にそった求人がみつからない」、「応募した求人に書類選考・面接が通らない」という方のほとんどは、転職サービスの選び方に失敗をしています。転職サイト・転職エージェントは、サービスごとに得意不得意があるため、3つのポイントから自分にあっているサービスを賢く活用する必要があります。

  • 年齢
  • 性別
  • 希望職種

登録、利用する転職サービスの数は、2~3サイトに絞ると、最新の求人情報のチェックや企業からのスカウト管理がしやすいです。
最新の求人を見逃さないように、大手転職サイトで1つ、自分の年齢にあっているサポートが受けられる転職エージェントを最低1つ以上活用がおすすめです。年齢やサービスの特徴別にサービスを比較記事から、自分に当てはまるものから選び、登録・活用してください。

年齢・特徴別 おすすめ転職サービス一覧 

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事