シネックス、G Suiteへの移行ツール「MigrationWiz」販売開始

最終更新日:
公開日:
シネックスジャパンは、G Suiteなどクラウド環境下へのデータ移行ツール「MigrationWiz」の国内販売を開始した。メールボックスやドキュメントなどの移行をサポートする。
クラウドサーバー
Large

シネックスジャパンは、米国BitTitanと販売代理店契約を締結、7月29日よりG Suiteをはじめとするクラウド環境へのデータ移行ツール「MigrationWiz」の国内販売を開始した。製品名はMigrationWiz User Migration Bundle、希望小売価格は1ユーザーあたり1,800円。

MigrationWizは、G Suiteをはじめとするクラウドプラットフォームに対応。メールボックスやドキュメント、個人用アーカイブなどを移行する機能をクラウドで提供する。主な機能と特徴、対応サービスは次のとおり。

<主な機能と特徴>

  • メールボックス、ドキュメント、パーソナルアーカイブの移行機能をクラウドで提供
  • 移行元・移行先にG Suiteを含め主要なプラットフォームをサポート
  • 中断なく使い続けながら移行ができる、ダウンタイムゼロの移行
  • 移行状況の共有により、全社的な移行の効率性を向上
  • PCI DSS、HIPAAをはじめ、さまざまなセキュリティ規格に準拠 (出典:プレスリリース)

<対応サービス>

  • メールボックス:G Suite、Microsoft Office 365、Exchange、Gmail、IMAPなど
  • ドキュメント:Google Drive、Dropbox、OneDrive for Businessなど

世界中の企業でクラウド化が広がっており、関連領域への投資額は増加している。ただし、日本はデジタル化が遅れており、デジタルトランスフォーメーション(DX)後進国と指摘する国際調査もある。またITRが2019年3月に実施した国内調査では、自社システムのうち50%以上をクラウド化している企業は31%にとどまる。

同調査では、約95%ものユーザー企業がクラウド利用にあたって何らかの課題を認識しており、サイバー攻撃への不安や、ユーザー自身が根強いデジタルへの苦手意識を払拭できない面もある。現場のサポートを含めた対応が必要になるだろう。

▼関連記事
G Suite追加機能まとめ - OKグーグルでカレンダー呼び出し、ビデオ会議に字幕を自動追加など11選

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事